はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

4月に、60代の夫婦でロンドンとパリにいきます。
いままで、米国、カナダ、アジアは旅行したことがありますが。
ヨーロッパは初めてです。
ネットで見ると、ヨーロッパのお手洗いは苦労すると書いてありますが、実際はどうなんでしょうか?
良い対処法があったら教えてください。
年齢的に近くなっています。

A 回答 (4件)

ここ20年ちょっと、海外旅行はヨーロッパ中心ですがトイレで困った経験はありません。


「有料の場合がある」ということを知っていればどうということはないです。
ただ、小銭をお忘れなく。
また、街歩き中ならカフェでお茶をしてその際にトイレを借りるという方法もあります。もちろん食事の際のレストランでも。
あと、博物館や美術館などに入った際はそこのトイレを使えますし、街中の大きなホテルのトイレを使わせてもらうという方法もあります。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。
美術館や博物館はかなり行く予定にしています。
助かります。

お礼日時:2019/02/25 09:56

既出ですがロンドンやパリの人もトイレには普通に行きます。

基本的には目についたらトイレに行っておけばいいと思います。

例えば空港なら確実にあります。飛行機や特急列車にも付いています。大きな駅だと小銭が必要なところも多いですがトイレはまずあります。飲食店ならまず確実にトイレがあるので、飲食したついでに使わせてもらうと良いと思います。

街中どこにでもカフェ(バー)やマクドナルドのようなファストフードがあります。街中で緊急事態があったら、最悪コーヒー(紅茶でもOKです)1杯頼んでトイレを使わせてもらえばいいと思います。

英語ができるフランス人がわざと英語を使わないと言う都市伝説を個人的には支持しませんが、念のため。フランス語で「トイレどこですか?」は「Où sont les toilettes?」(ウ・ソン・レ・トワレット)と言います。

フランス語はカタカナ通り読んでもまず通じないことで定評がありますが、「ボンジュール、ウソン・レ・トワレット」で多分通じます。

楽しんできてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。
カフェに入るはいい手ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/25 09:56

私は長年ドイツに住んでいて仕事でヨーロッパ中を飛び回っていましたが、苦労はしなかったですよ。


ただ、有料トイレや有料ではないけどチップが必要なトイレは多いですね。
下記回答にもあるわかりにくい場所とゆうのは日本の感覚で見るからです。
彼らにとっては当たり前の場所ですから、自分もイギリス人やフランス人の感覚で見れば分かりにくくはないでしょう。
分からなかったら聞けば良いしね。
フランス人はフランス語しかしゃべらないので、英語が分かっても返事はフランス語で返ってきますよ。英語や日本語で近づいてくるのは詐欺かひったくりと思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。
ひったくり予防もかなり気をつけています。

お礼日時:2019/02/25 09:57

日本が目立つ場所にトイレがありすぎなので、外国では、見つけるのに苦労するかと。

すでにアメリカ/カナダに行かれているのなら、ヨーロッパも同じと思えばいいです。目立たない場所にトイレはありです。人間様が行き来する幅の広い通路に殺風景な2メータほどの幅の通路が直角に10メータほど、そこの奥の突き当りの曲がったところにトイレが。

日本人でも西洋人でも、トイレに行く回数は同じ。当然、人口当たりのトイレの数も同じ。ただ、日本感覚で想像がつかないところにトイレがあるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。
そういう道の見方あるんですね。

お礼日時:2019/02/25 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三ヶ月までは、ビザが必要ないのであれば、三ヶ月おきに、移住すれば、何年か、ヨーロッパにビザなしでいる

三ヶ月までは、ビザが必要ないのであれば、三ヶ月おきに、移住すれば、何年か、ヨーロッパにビザなしでいることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

それはできません。というか、そういう考えの人が必ず出るので、それができないようになっている、のです。

ヨーロッパの殆どの国は「シェンゲン協定」という条約を結んでいて、この範囲内は「国内」として扱われます。日本から行く場合「最初のシェンゲン協定国に入国した時点で入国審査を受けること」になっています。

そして日本人はビザ免除プログラムでの大罪が90日とされています。これがご質問の3か月の由来でしょうが、厳密には90日です。そしてこれには条件があって「あらゆる180日間における最長90日」が本来の規定です。

「あらゆる180日間における最長90日」というのは「180日という枠の中で90日までは滞在できる」ということで、たとえば1/1日から30日滞在し、次に3/1から30日滞在すると、1/1から180日目の6/29までの期間は最大30日までしか滞在できないのです。

だから「シェンゲン協定の外に一旦出て、またすぐに入国すればまた90日滞在許可がでる」というわけではないので「何年か滞在できる」ということにはならないわけです。

この制度はアメリカなどでも同様ですし、バックパッカーの多い東南アジアなどだと「陸路の場合と空路・海路の場合の滞在日数と制限日数は異なる」なんてこともあります。

だから長期滞在できる国はほとんどありません。

それはできません。というか、そういう考えの人が必ず出るので、それができないようになっている、のです。

ヨーロッパの殆どの国は「シェンゲン協定」という条約を結んでいて、この範囲内は「国内」として扱われます。日本から行く場合「最初のシェンゲン協定国に入国した時点で入国審査を受けること」になっています。

そして日本人はビザ免除プログラムでの大罪が90日とされています。これがご質問の3か月の由来でしょうが、厳密には90日です。そしてこれには条件があって「あらゆる180日間における最長90日...続きを読む

Qヨーロッパに行きの旅行を調べたところ、中国の航空会社の航空券は往復で中国では約10万でした。 他の国

ヨーロッパに行きの旅行を調べたところ、中国の航空会社の航空券は往復で中国では約10万でした。
他の国の航空会社は15万でした。
こんなに差があるのはなぜでしょうか?
トランジットは両方同じような条件でした。

また、墜落確率を教えてくださいませm(_ _)m
調べ方が悪いのかいまいちわかりずらかったです。

Aベストアンサー

航空会社によって運賃はかなり異なります。
総じて日本や欧米の航空会社の航空券は高く、中国(本土や香港)、台湾、韓国、中東、ロシアや一部の東南アジアの航空会社の航空券は安いです。

また、航空券には予約クラス(エコノミーやビジネスという区別ではなく、発売時期やキャンセルなどの条件による違い)というものがあり、それによって値段が大きく異なります。
もちろん利用時期や曜日などによっても異なります。
加えて正規割引運賃と包括運賃(団体や個人向けの航空券と宿がセットになった旅行商品に使用する航空券)という区別もあり、後者は前者よりかなりお安いです。

なお、「旅行を調べた」というのが「航空券の値段を調べた」ということでしたら中国(本土でしょうか?)の航空会社で往復10万円というのはお高い時期の値段のように思います。
年末年始・ゴールデンウィーク・旧盆といった繁忙期以外であれば、日本 / ヨーロッパのエコノミーの往復航空券は10万円以下がたくさんありますので。
特に1月、2月は安いです。

ちなみに「墜落率」などというデータは緒の中にありません。
会社別、路線別などの欠航率・遅延率などのデータは以下で参照できます。
欠航や遅延は天候だけでなく故障によるものも含みますから、同じ路線に複数の会社が就航していてそこから選ぶ場合、欠航率・遅延率が低い会社を選ぶというのは予定通りの旅を行うという点だけでなく安全という面でも意味のあることかもしれません。あくまで「かも」ですが。

https://www.flightstats.com/v2/

で。墜落率を気にされるより、候補とする会社がここ何年かの間に重大事故を起こしているかどうかをチャックする方が有益な気がします。
例えばWikipewdiaなどでその会社の情報を取得するとかして。

参考まで。

航空会社によって運賃はかなり異なります。
総じて日本や欧米の航空会社の航空券は高く、中国(本土や香港)、台湾、韓国、中東、ロシアや一部の東南アジアの航空会社の航空券は安いです。

また、航空券には予約クラス(エコノミーやビジネスという区別ではなく、発売時期やキャンセルなどの条件による違い)というものがあり、それによって値段が大きく異なります。
もちろん利用時期や曜日などによっても異なります。
加えて正規割引運賃と包括運賃(団体や個人向けの航空券と宿がセットになった旅行商品に使用...続きを読む

Qノイシュヴァンシュタイン城に行くには

ノイシュヴァンシュタイン城に行きたいと思っています。
しかし予約が間に合わず、当日券を買いたいです。
3月は何時からチケットセンターが開くのでしょうか?
また3月に予約なしで行った方がいらっしゃったら、何時のチケットが取れたかを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

11月ですがとりあえずミュンヘンからの始発(日本人率が高い)で行ったらあっさり取れました。
ちなみに、近くのホーエンシュバインガウ城とセットにするとノイシュバンシュタイン城の入場時間がその後になってしまい待ち時間のロスがあるので、少し割高になりますが別々に買うのがお勧めです。

Q海外でよく他国の旅行者に質問されるのはなぜですか?

私は一人で様々な国を旅するのが好きです。
私は日本人顔なので、韓国や中国以外では一目で現地の人ではないということがわかるかと思うのですが、ヨーロッパや南米など、明らかに私が外国人だとわかる環境の中で旅行客に質問されます。

「この鉄道は何時から何時まで動いているの?」とイタリアでポーランド人に聞かれたり、チリの空港で「チェックインはいつからはじまるか知ってる?」とドイツ人に聞かれたり、国籍は聞かなかったのですが、「どこにいけばレストランがある?」「 この博物館の入り口はどこ?」と聞かれます。

私が他人に質問する時は、現地人らしき人を狙ってきくので、なぜ明らかにその土地の外国人である私に質問してくるのか謎です。

このようにその土地の外国人に色々聞くのは普通なのでしょうか?それともアジア顔の女性には質問しやすいなどの風潮があるのでしょうか?

Aベストアンサー

戦略的に行動してるだけだと思います。

私は現地語が堪能なら現地っぽい人(なるべく清潔感があって頭の回転が速そうな人)に話しかける時もありますが、そうでない場合は英語喋れそうな旅行者(清潔感がある若いカップルなど)を狙って話しかけますね。圧倒的に有名な観光地以外は、そもそも現地人より旅行者の方が知ってる可能性が高いというのもあります。

パッと見て旅行者なら、観光地などは行く場所がかぶってる場合も多いし「旅行者同士で知ってる情報を共有し合って助け合おうよ」って話です。
若くて英語喋れそうで賢そうな風貌なんだと思いますよ。老人で英語喋れなさそうで頭が鈍そうな人をわざわざ選んで訊かないので。アジア女性って優しそうなんで敷居が低いのも関係してるとは思いますが。誰もいなきゃ、仕方ないからいる人に訊くってのもありますし。

私もよく訊かれますが、別に私が特別なんじゃなくて、そもそも日本以外の国(文化圏)で道を訊く(赤の他人とコミュニケーションする)事の敷居が異常に低い国って沢山ありますから。中国とかは、電車で隣り合ったら話しかけない方が滅茶苦茶失礼という文化があったりしますし(シャイな中国人友達は頑張って話しかけてるって言ってました)他人に何かを訊いたり頼んだりすることがカジュアルに行われてるんで。関西のオバちゃん的なノリがスタンダードな人も多いです。

戦略的に行動してるだけだと思います。

私は現地語が堪能なら現地っぽい人(なるべく清潔感があって頭の回転が速そうな人)に話しかける時もありますが、そうでない場合は英語喋れそうな旅行者(清潔感がある若いカップルなど)を狙って話しかけますね。圧倒的に有名な観光地以外は、そもそも現地人より旅行者の方が知ってる可能性が高いというのもあります。

パッと見て旅行者なら、観光地などは行く場所がかぶってる場合も多いし「旅行者同士で知ってる情報を共有し合って助け合おうよ」って話です。
若くて英...続きを読む

Q海外に移住するなら、マルタが一番いいと、調べて思ったのですが、どう思いますか?休み時間にヨーロッパに

海外に移住するなら、マルタが一番いいと、調べて思ったのですが、どう思いますか?休み時間にヨーロッパに行けて、英語国のマルタがいいと思うのですが。治安もいいですし。

Aベストアンサー

マルタに移住すると、毎年2万から2万5,000ユーロの居住税がかかります。 さらに40万ユーロ以上の不動産を買うか、家賃2万ユーロ以上の賃貸契約が必要です。 これだけの経済的余裕がありますか?

Q海外旅行、欧州の人気が今ひとつなのはなぜ?

12月22日~27日まで、ウィーンへ行こうと思い、先週から「もう、格安は売れたよなあ」と諦めモードで格安航空券をネットで探したら、あるある!昨日の日曜日(16日)でも、ルフトハンザはたくさん空きがあるし、安い(往復10万円台から)、向こうの宿もなかなかよいところが空いてる空いてる・・・クリスマスはいつもいっぱいなのに。
しかし、フィンエアだけは全く出てなかったです。

海外渡航情報を見たら、ロシア全土が黄色になっており、国際空港でのテロが多いと書いてあります。
この時期にこんなに空席が、しかもルフトハンザでたくさんあり、フィンエアが全く無いのはなぜでしょうか?フランスのテロも関係ありますか?

たまたま偶然にしては、ベルリンや他の国際都市もガラガラでビックリしています。
ちなみにエアトリ(旧 Denaトラベル、スカイゲート)です。多少高いですが、安心して使えるのでこの10年、ここを利用しています。

なぜクリスマス1週間前なのにこんなに空いているのか教えてください。

Aベストアンサー

・22日発、27日帰着だと一般的な年末年始の休みにはちょっと早い
・時間の掛かるヨーロッパより手近なアジアなどが人気
・冬のヨーロッパは昼間がとても短くて寒く街観光向きでない(イメージも含めて)
・数年前からの移民問題と度重なるテロによる死傷事件。最近のパリの大規模デモの報道もあって手控え状態が続いている
etc.etc.

ちなみに我が家の場合は年末年始をヨーロッパでというのは結構あるパターンです。以前はクリスマスマーケットとかを見にこの時期にも何度か行きましたが、最近は気が済んだので行かなくなりました。(^^;
今年は家の事情で年末年始も行けませんが。(;_;)

なお、フィンエアーはヨーロッパへ行くには乗っている時間が短いし、ヘルシンキ空港はコンパクトで乗り継ぎがしやすくかつ、フィンランドはシェンゲン協定に加盟しているのでシェンゲン協定加盟国へ行く場合はヘルシンキ乗り継ぎの際に入国審査が済むため便利。
加えて同じように所要時間が短いアエロフロートほど安くは無いが会社のイメージがよく、同じように所要時間が短いポーランド航空と違って毎日運航でスケジュールの自由度が高い。
あとマリメッコ塗装の機体があったり、ヘルシンキ空港にはムーミンショップがあったり。
そんなわけで人気です。
それとルフトハンザ系(ルフトハンザ、オーストリア、スイスインターナショナル)は事前座席指定が有料ですが、フィンエアーは無料ですね。

参考まで。

・22日発、27日帰着だと一般的な年末年始の休みにはちょっと早い
・時間の掛かるヨーロッパより手近なアジアなどが人気
・冬のヨーロッパは昼間がとても短くて寒く街観光向きでない(イメージも含めて)
・数年前からの移民問題と度重なるテロによる死傷事件。最近のパリの大規模デモの報道もあって手控え状態が続いている
etc.etc.

ちなみに我が家の場合は年末年始をヨーロッパでというのは結構あるパターンです。以前はクリスマスマーケットとかを見にこの時期にも何度か行きましたが、最近は気が済んだので行...続きを読む

QEU圏内の複数国に旅行に行く際、ビザは必要ですか? どれも1.2週間程度のつもりなのですが、やはり国

EU圏内の複数国に旅行に行く際、ビザは必要ですか?
どれも1.2週間程度のつもりなのですが、やはり国によって違いますか?

Aベストアンサー

EU加盟国で日本人が短期(多くは3ヵ月以内など)の観光旅行をする際にビザを必要とする国はありません。
「ヨーロッパで」という視点で見てもロシアくらいでしょう。
具体的に行かれる国々について確認されたい場合は外務省の海外安全ホームページが便利です。

http://www.pubanzen.mofa.go.jp/

なお、EU加盟とは関係なくシェンゲン協定加盟国間の移動では国境審査(入国審査と出国審査)がありません。
ですので例えば日本からドイツ国内の空港乗り継ぎでスペインへ行くといった場合(両国ともシェンゲン協定加盟国)の入国審査はドイツの空港で行い、スペインの空港では税関を通過するのみとなります。帰りも同様で出国審査はドイツの空港で行います。
空港の建物の作り自体がそれに対応したものとなっていますので、ヨーロッパ内の各空港で利用者は自分が乗る便の搭乗ゲートを目指せば必要な場所をちゃんと通ってゲートへ着くようになっていますので心配は不要です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E5%8D%94%E5%AE%9A

参考まで。

EU加盟国で日本人が短期(多くは3ヵ月以内など)の観光旅行をする際にビザを必要とする国はありません。
「ヨーロッパで」という視点で見てもロシアくらいでしょう。
具体的に行かれる国々について確認されたい場合は外務省の海外安全ホームページが便利です。

http://www.pubanzen.mofa.go.jp/

なお、EU加盟とは関係なくシェンゲン協定加盟国間の移動では国境審査(入国審査と出国審査)がありません。
ですので例えば日本からドイツ国内の空港乗り継ぎでスペインへ行くといった場合(両国ともシェンゲン協定加...続きを読む

Q60歳以上の男女が海外にいく時に重宝するもの

親しい60代と70代のカップルが海外旅行(北欧)に行くと仰るので
旅に重宝するものをプレゼントしたいのですが
どんなものが喜ばれますか?

Aベストアンサー

予算は?
限りなければ、飛行機のグレードアップ。

Q3月末から4月上旬にかけて友人と3人でプラハ、ウイーンにツアー旅行します。私は初めてのヨーロッパ旅行

3月末から4月上旬にかけて友人と3人でプラハ、ウイーンにツアー旅行します。私は初めてのヨーロッパ旅行でドキドキしてます。
プラハとウイーンで一日づつ自由な日があります。
どなたかオススメのレストランを紹介して頂けませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ウィーンだけですが。
昨年の6月初旬にウィーンで3泊しました。
1日目の夕食は、シュテファン寺院傍にある、巨大シュニッツェルで有名な「フィグル・ミュラー」へ行きました。本店と支店がありますが、ビールを飲まれるなら支店の方にしかありません。日曜日の夜でしたので、店の公式サイトで予約をしました。かなり大きいので2人くらいでシェアされるのがおすすめです(味はいいのですが、単調な味なので飽きてしまいました。ウスターソースが欲しかったです)。4人(夫婦2組)で、シュニッツェルを2皿、サラダにビール等で4人で62ユーロ(少しのチップ含め)
2日目の夜は、グリンツィングにあるホイリゲ(ワイン・レストラン)へ行きました。たくさんのお店がありますが、著名人も多く訪れている「バッハ・ヘングル」にしました。店の雰囲気も良く、テラス席もあり、バイオリンとアコーディオンの生演奏もありました。メイン2皿、サラダとビールやワインで、4人で48ユーロ。リンクのショッテントーアからトラム38番1本で行くことが出来ます。
3日目の夜は、地下鉄ヘレンガッセ駅傍の「カフェ・ツェントラル」へ。王宮あたりからなら徒歩でも行けます。重厚な雰囲気ですが、とてもフレンドリーな対応が好印象です。お茶したり、ケーキを楽しむのもいいですよ。グラーシュを2皿、ターフェル・シュピッツを1皿、ビールと食後のコーヒーを含めて4人で100ユーロでした。
ランチは、いたるところにある「カフェ」を選んで入ってみてはいかがでしょうか。

良いご旅行を。

こんにちは。

ウィーンだけですが。
昨年の6月初旬にウィーンで3泊しました。
1日目の夕食は、シュテファン寺院傍にある、巨大シュニッツェルで有名な「フィグル・ミュラー」へ行きました。本店と支店がありますが、ビールを飲まれるなら支店の方にしかありません。日曜日の夜でしたので、店の公式サイトで予約をしました。かなり大きいので2人くらいでシェアされるのがおすすめです(味はいいのですが、単調な味なので飽きてしまいました。ウスターソースが欲しかったです)。4人(夫婦2組)で、シュニッツェ...続きを読む

Qパスポートナンバーについて

来月4/14からフジトラベルツアーで、母親と海外ツアーに行くものです。
料金は既に払ってあるそうです。
母親から、旅行会社からパスポートナンバーを早く知らせて下さいと連絡があったそうですが、
仕事の都合上まだ取りに行けてません…
来週月曜日か火曜日に仕事に休むか遅刻してでも取りに行く予定ではありますが…
どちらにせよパスポート取りに行っても
パスポートナンバー分かるのって1週間先以上かと思われるので10日辺りにはなってしまうかと思います…

パスポートナンバーがないと飛行機の予約がとれやいと母親が言っていたのですが、
本当なのでしょうか?
私も遅くなるのが悪いのですが、
搭乗日の数字前とかに知らせたら遅いのですか…?
母親からすごく急かされるので最悪旅行行けないのくと不安です…

Aベストアンサー

↓のNo.2です。補足拝見しました。

日本からフィンランドへ直行便で行く観光目的で日本籍であれば、かつて現地で犯罪を犯した等の事情が無い限りVISAは不要です。

フィンランドを含むシェンゲン協定加盟国の入国には、残存期間が半年以上残っているパスポートが必要です。今パスポートを申請中なら、発行日から最低5年は有効なはずなのでその心配もないでしょう。

No.2には渡航書類の確認と曖昧に回答しましたが、旅行会社(は手数料商売です。販売単価が高くても儲かるとは限らない薄利多売な業界です)は、パスポート上のアルファベットと、手配する航空券の綴りを一致させる必要があります(一致していないと搭乗できませんし、国際線なら基本的に発券後の名義変更不可です)。

その確認を目視でするため、できるだけ早くパスポートのコピーを送れ、もしくは名前の綴りを口頭で正確に言えという事が多いです。お母様には恐らくその連絡の事を伝えていたのだと推察します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング