特許事務所で明細書技術者として働く女性は活躍しているのでしょうか?
特許事務所で明細書を書く仕事につきたいんですが、
「私は事務員さんの仕事も半分やってるけど男性はやらない」
と友達が言っていたのを思い出しました。
男女の格差ってあるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「私は事務員さんの仕事も半分やってるけど男性はやらない」


まさに、その通りのことを思っています。

でも、特許事務所は所長さん次第なので、入所される前に、所長はもちろん、他の所員の方と必ずお話されて下さい。

働く上で、男女の差が出るのは、特許事務所に限りませんが、例えば、「少人数の職場で、総務や受付なんていないけれど、お茶や掃除は女性で分担して当然と思っている」みたいな事務所もあります。
異論もあるかと思いますが、私は、大きい事務所の方が、女性の地位が確定していることが多いように思いました。
それでも小さな事務所の方がいいと思うのは、初心者でも、新願から中間手続き、国際出願関係と全体の流れから知ることができるからです。

長くなってしまいましたが、とにかく、足を運んで、事務所と人を見て決めるのが一番ですよ。
    • good
    • 0

どこか,務めたいと思っている事務所がおありなのでしょうか?



おありでしたらそこの所長さんとしっかりと話し合いましょう.

そして,自分がどんな職種で採用されたいかを明確に主張し,就職できることになりましたら,契約書を結びましょう.担当の職員か,事務員かで給料はことなりますし,就職した後で職種を変えられたという話はあまりききません.逆に,明細書作成の仕事が厳しくて辞めてしまった人の方が多いくらいです.

私の知っているいくつかの特許事務所では,特許部門では英語で明細書を書いている女性の方,もちろん専門の技術分野で国内出願を担当している方,就職中に弁理士に合格し民間の特許部の課長職で転職した方,商標部門ではチームリーダーなど,数えるときりがありません.

実力のある者はいくらでも仕事が後からついてきます.逆に実力のないものは自然淘汰で消滅します.是非,初心貫徹されることを希望いたしております.
    • good
    • 0

 男女間の格差があるかないかは、所長の人格に拠るところが大きいと思います。

以前、新聞か何か(多分、日経産業新聞だったと思う)で読んだことがありますが、明細書技術者に有能な女性スタッフが多く、その人達が出産後も安心して勤務できるようにと、その事務所専用の託児所を設けたところもあります(すみません、事務所の名前は失念しました)。そんなふうに、女性が男性と格差なく活躍できる環境が整っている事務所があるかと思えば、「出産時に長期で休暇を取られると、仕事が効率よく回転しなくなるので、明細書技術者としてはできる限り採用したくない」という事務所もあります。勿論、おおっぴらには言いませんが。
 
 女性であってもいとわない事務所では、男性であれ女性であれ、事務所に入所した後に活躍できるかどうかは本人のやる気(含能力)次第です。女性の弁理士試験合格者は年々増加傾向にありますし、臆することはないですが、決意と希望を実らせるためにも、事務所の選定は慎重に行う方が無難だと思いますよ。
 最近では、多数の特許事務所がHPを開設していますので、それを読んでじっくり比較検討するのもよろしいのでは? 所長の人格まではさすがに判りませんが、事務所の雰囲気はおぼろげながらに掴めると思います。それと、転職斡旋雑誌や「iSIZE」の転職情報ページ等で、福利厚生を参考にして見定めるという手もあるかな。

 でも、女性であっても、特許技術者として採用したからには、その人が明細書技術者としての能力を備えていないとでも判断されない限り、事務の仕事をさせることはほとんどないですよ。正直言って、給与は事務方よりも特許技術者の方が上のはずですし、そんな人件費がかかる人間に他の仕事をされて事務所全体の売り上げが減少しては、事務所としてはたまったもんではありませんもん。お友達の事務所では、事務方の人数が少なく、しょうがなしにやらされているのでは?
    • good
    • 0

(外資系の)



特許事務所なら

(やや)

期待できるのでしょうが、業界そのものが旧態依然とした地味な場所・仕事なので、期待薄です。


 医学や薬学などの特殊分野(女性が多く、男性は少ない)とか、その職場で「お局様」化するなどで無い限り、一般事務員化するのは目に見えていますし、それを拒んでいたら仕事を干されかねません。

 他の男性に比べて勝る特技・分野が有るかどうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q特許事務所は、「大きな事務所」のほうが良いでしょうか?

現在、企業の知財部に勤めています。

このたび、転職するにあたり、
特許事務所への転職を検討しています。
(転職後は、(1)特許調査、(2)明細書作成補助、
 等の仕事をしたいと思っています)

そこでなのですが、求人情報を見ると、
所員数数名の「小さな事務所」と、
数十名の「大事務所」の2つがあるようなのですが、
労働条件的には、どちらがより恵まれているでしょうか。

私としては「大事務所」のほうが、
いろいろな研修制度もあるし、
相談できる人も多いので勉強になるのかな?
と思っております。
(将来的には、なれるかどうかはわかりませんが、
 弁理士になれたらいいな、と思っています。)

どなたか、お詳しいかたいらっしゃましたら、
アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

まぁ、大事務所はすぐ潰れることもないので大事務所の方が安心でしょうね。
小さな事務所はあまり実務経験がない人しかいかないようです。

大手に就職できなければ、中小を受けられるのもいいかと思います。

大事務所:正直、単なるリーマンです。給料も年俸制ですが安定しています。
小事務所:まさに士です。仕事を取ってくれば取ってきただけ儲かりますが、仕事ができないうちは月給18万ってことも。。。

Q特許電子図書館の検索について

特許電子図書館の検索について教えてください。

公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、
出願中のものもヒットします。
そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、
どういう風に検索したらいいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「公開特許公報フロントページ検索」ではなく、そのいくつか上にある「公報テキスト検索」で検索して下さい。公報種別で特許公報を選択すれば、特許されたもののみから検索できます。尚、特許された後に、権利が消滅しているものも検索の対象となりますので、もし、現在有効に権利が存続しているか否かを知りたいということであれば、別のところで確認する必要があります。

参考URL:http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Q特許事務所に勤務している方(主に弁理士、特許技術者)、相談に乗ってください

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英語に対する学習意欲は高いと思っている。また、生涯を通じて勉強することは大変だと思うが、苦にはならないと思う。
 弁理士として働くには語学力、特に英語は必須だと聞きました。また常に最新の法改正等にも対応する必要があるため、勉強し続けることは重要で、自分はそれができると思っています。

3.勤務地が固定されている。
 私は家庭の事情で、実家に近い範囲で就職することを希望しています。ちなみに、今すぐそうする必要はなく、できれば30歳頃にはそのような就職をしたいと考えています。これは特許事務所に就職したいと思う決め手でもあります。

よろしくお願いします。

私は現在修士課程の学生で、一つの選択肢として弁理士を考えています。そこでみなさんに私の考え方の賛否、またなぜそう思うかについてお聞きしたいと思っています。
具体的に弁理士を目指そうと思う理由です。

私が弁理士を目指す理由

1.一つの分野(機械、化学等)にとらわれることなく幅広く仕事をすることができるから。
 私は、ものづくりそれ自体にあまり興味はありません。しかし、ものづくりを通して何かを知る(最新の技術動向等)ことには興味があります。

2.法律に興味があり、特に英...続きを読む

Aベストアンサー

向上心と覚悟は完璧です。
そこまで理解されているならば、弁理士を目指すのにふさわしい見識をお持ちだと思います。
また、事務所に勤めるのならば、実家から通勤可能範囲の特許事務所に勤務地をほぼ固定できます。

あえて言わせて頂くならば、想像と現実は違うということです。
私自身、弁理士試験の勉強を始めて1年であきらめた人を数多く見ていますし、10年以上勉強している人も何人か知っています。
決して楽な試験ではありませので、弁理士だけを目標にして人生を棒に振らないようにしてください。
まだ学生さんということですので、まずは試験勉強を始めてみて、それから決めるのでも遅くはないと思います。

なお、個人的には、数年間企業で経験を積むのも良いと思いますが、それはmanami0926さんの好きになさればいいと思います。

参考URL:http://dotcom.versus.jp/all/,http://benrishikoza.web.fc2.com/

Q特許検索

特許庁の「特許電子図書館」で検索した特許情報は
私はてっきり、全て特許として成立したものだとばかり
思っていました。
ところが最近そうではないことを知りました。
特許申請した(1年半?)内容がそのまま特許になっても
ならなくても公開される資料と特許となった資料とが異なる
というのです。
この特許となった資料を検索したいのですが、どうしていいのか
やってはみたのがまったくわかりません。
どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文書種別をBの特許または特許公告で検索してください。
公報テキスト検索の場合は、特許公報(公告、特許)で検索してください。(デフォルトでは公開特許公報となっています。)

Q特許事務所の事務員さん

特許事務所で事務員さん(管理でも総務でも)として働いている方ってこちらにいらっしゃいますか?^^;

みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っているのですが、なかなか知り合いもいなく様子が全く分かりません。

とらばーゆ今週号で特集されていましたが、うーん表面的・・・

よろしくお願いしますっ

Aベストアンサー

croissant_2005さんは女性の方でしょうか?

特許「事務」所と言うくらいですから、専門知識が必要な実務担当者も「事務員」です。

そういうことではなくて、一般事務員の仕事を知りたいということですか?
もう少し詳しく補足してくださるようお願いします。

>みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っている

一般事務員がどういう仕事をしているかということでしょうか?
特許事務所もピンキリです。
そして、すべての特許事務所を知ってる人間なんてこの世にいません。
自分が知ってる範囲でしかお答えできませんが、それでよろしいでしょうか?

一般的に言えば、
・受付・電話番
・接客(お茶だし)
などの基本部分と、
・顧客との手紙のやり取り他の連絡(外国クライアントも含む)
・国内手続の作業(明細書、中間書類の(オンライン)提出他)
などの本来の作業、
・場合により図面作成(コンピューター使用)、そして
・年金・期限管理、
・国内クライアントとの単純な事務上の連絡

などなどでしょうか。
いずれにしても、特許業界というのは極めて特殊な業界ですから、よほど個人的に興味を持っている人でなければ、殆どの人が「素人」と考えても差し支えありません。
一般事務員であれば、殆ど何も予備知識がなくても、実際に就職してから仕事を覚えていけば大丈夫ですよ。

そして、実務担当者であっても、20代半ば~後半ぐらいの方であれば、未経験者だって大丈夫という事務所が多いと思います。

特許事務所は、これから勉強してやろうという向上心がある人であれば、やりがいのある職場だと思いますよ。
頑張って下さい。

croissant_2005さんは女性の方でしょうか?

特許「事務」所と言うくらいですから、専門知識が必要な実務担当者も「事務員」です。

そういうことではなくて、一般事務員の仕事を知りたいということですか?
もう少し詳しく補足してくださるようお願いします。

>みなさんどんな環境で働いていらっしゃるんだろうと常々疑問に思っている

一般事務員がどういう仕事をしているかということでしょうか?
特許事務所もピンキリです。
そして、すべての特許事務所を知ってる人間なんてこの世にいません。
...続きを読む

Q特許番号による特許検索方法

こんにちは.

先日,ある製品の特許について調べていたところ,
「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」
とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました.

しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした.
そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います.

ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は
http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html
このサイトに載っていました.

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.
特許・実用新案文献番号索引照会 で、種別を「登録」にしてから、文献番号に「1875483」を入力し、「照会」をクリックする。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

2.
文献番号一覧が表示される。
出願番号 特許出願平02-160094
公開番号 特許公開平04-051906
公告番号 特許公告平05-085163
審判番号
特許番号 特許1875483

3.
そのページの下の部分で、文献種別を選択し(例えば「公告」)、「リスト」をクリックすると、その文献番号が表示される。

4.
左欄の文献番号(公告の場合は「特公平05-085163」)をクリックすると、その文献が右欄に表示される。

5.
下欄のコントロールで、ページ送りや拡大、PDFファイルなどが可能。

6.
「文献単位PDF表示」をクリックすると、次に表示される認証用番号(4桁)を入力すればPDFファイルでダウンロードできるので、文書のコピーを保存できる。

Q米国の特許事務所の事務の求人について質問です!

米国の特許事務所の事情を知る方に、質問です。

日本の特許事務所で3年近く事務をしています。

米国の特許事務所で事務をしたいと思うようになり、やるん
なら今しかないと思い、実際に応募し始めました。でも、今
までのところ、面接まで進んだことがありません。

そもそも、ビザのスポンサーになってまで日本人の事務員を
雇う特許事務所なんてあるのだろうか、と不安と焦りが募り
ます。でも、なんとしてもチャレンジしたいと思います。

実際、米国の特許事務所が日本人の事務員を雇う可能性は
どのていどのものなのでしょうか。事情を知る方、アドバイスを
お願いいたします。

Aベストアンサー

何らかのコネなり紹介がないと難しいと思いますよ。米国法律事務所はそうでなくとも買い手市場ですし。
まず米国との取引の多い大手の国内事務所で外国事務担当として働きながら、現地の事務担当や米国アトーニーも含め人脈を広げるなど、ステップを踏んでみてはいかがでしょう。

Q特許検索・無料と有料の違い。

お世話になります。
特許検索についてお伺いいたします。

有料のパトリス(PATORIS)と無料の特許庁電子図書館などがあります。
利用するなら当然、無料のほうがいいのですが特許を検索する上で何が違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

例えば、特許電子図書館の特許の「公報テキスト検索」の検索ページにある「検索可能範囲」のボタンを押すと、検索可能なデータの一覧が出てきます。例えば、特許公開公報は、平成5年以降のもののみが検索可能であることがわかります。

なお、有料のパトリスなどでも、CD-ROM公報発行前の出願について全文検索できるわけではなく、抄録検索であったり要約検索であったりします。その詳細は各データベースのオンラインヘルプや、仕様書などをご覧ください。

Q特許事務所の仕事分野に建築系はどれぐらいあるのでしょうか?

現在建築系の大学院に通っている者です。弁理士の資格に興味があります。
先日特許事務所の募集を日本弁理士会のサイトで見たのですが、化学や機械やバイオに対しての知識を期待する事務所は多いものの、私がこれまで学んだ建築系の知識を望む事務所はありませんでした。やはり建築系の特許の仕事では事務所は成り立たないのでしょうか?そうなると、もし私が資格を取得できたとしても他の分野を夜間大学に通うことによって勉強する必要がありそうです。
弁理士の試験の科目免除の割合で地球工学の免除者が非常に少数なのも気になります。
質問が多くなりましたが、この業界に疎いものですからどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり全体としては少ないと思いますが、無いことは無いというレベルではないでしょうか?
ちなみに、私のいる事務所でも建築系の仕事はあります。ただ、化学、電気電子、情報、機械等に比べれば少ないと思われます。

建築系の大学院まで行かれているのであれば、理系出身ですし、(複雑なものは別ですが)機械等の構造物は理解出来ると思われます。

せっかくですから、開発の経験を何年かされてから、弁理士の仕事をされるとよろしいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報