グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

医療控除で税金が増えた

A 回答 (7件)

会社員で年末調整を受けた者が、医療費控除をうけるだけで、追徴金額が発生することは「ない」です。


あり得るのは
1 年末調整が間違っている。
2 確定申告書の作成時に、所得控除額を受け忘れている。
 申告書Aで作成している場合には、源泉徴収票をそのまま入力しますので、この段階で「年末調整が違っている可能性があるので給与支払者に確認をしてね」というエラーメッセージが出るはず。
 申告書Bで作成している場合には、所得控除額(配偶者控除または配偶者特別控除、扶養控除、障がい者控除、生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除など)を入力するため、入力漏れがあると追加で納税額が出ることになります。
 これらの所得控除額が漏れてないかを、確認する必要があります。
なお「医療控除の対象とならない、認められないものが大量にあれば、結果として税金が増えることはあります」という記述は誤り。医療費控除の対象とならないものは、申告書作成時点では判明しません。税務調査によって否認される項目だからです。
    • good
    • 0

こんばんは。



珍しい話ですがあり得ることです。

確定申告で医療費控除を申告するとかえって税金が増えてしまうのであれば、確定申告はやめておきましょう。確定申告しなくても違法ではないでしょうから。
    • good
    • 0

そーですかー

    • good
    • 0

こんにちは。



 通常は、控除が増えて税額が増えることはありません。
 可能性としては、そもそも源泉徴収(天引き)される所得税が少なすぎたということが考えられます。つまり、確定申告書で計算してみたら、不足する所得税が、控除される所得税より多かったというケースです。
    • good
    • 0

源泉徴収されている所得税の


・記述漏れ
・記述間違い
・入力漏れ
・入力間違い

収入、所得額の
・記述間違い
・入力間違い

源泉徴収票などあるのなら、
給与収入額や
源泉徴収税額の
入力に間違いがないか?
よく確かめて下さい。
    • good
    • 0

何故?


普通控除だから税金は減るものですが・・・。(-_-;)
    • good
    • 0

医療控除の対象とならない、認められないものが大量にあれば、結果として税金が増えることはありますね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護時の医療費 ( 10割 ) の返還分も医療費控除に含めるか ?

2018 年度、それまでフリーランスとして働いていましたが、
障害のため、生活保護を数ヶ月受給しました。
数ヶ月後、障害年金が遡って支給され生活保護を終了。
これまでの保護費全額返還となりました。
医療費 ( 10割 ) の返還も含まれています。

そこで質問ですが、確定申告には、この生活保護時の医療費 ( 10割 ) の返還分も
医療費控除に含めるべきでしょうか ?

ちなみに返還決定通知は 2019 年に郵送されてきました。

Aベストアンサー

生活保護の時は、医療費が全額補助されます。
この補助された医療費を返還したわけですから、結果的にその医療費は自分のお金で支払ったことになりますね。
そうであれば、医療費控除の対象になります。
医療費控除は保険や補助金などで補填されたもの以外の(つまり自分で支払った)医療費が対象です。

Q妻のマイナンバーカードの入力欄が無いのはなぜですか?

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10987936.html
の質問の続きです。
----------------------------------------------------------------------
「平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告書作成コーナー」

「マイナンバーの入力
以下に表示された方のマイナンバーを入力してください。
マイナンバーがお分かりにならない場合は、「申告書等作成終了(次へ>)」をクリックし、表示されるメッセージをご確認ください。」
----------------------------------------------------------------------------
とありますが
妻が見当たらないのは「対象外」だからだと思うのですが?
家族の中で妻のみ対象外から外れているのはなぜでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

奥様なら「扶養控除」ではなく、「配偶者(特別)控除」ですよ。
奥様の収入(所得)はいくらなのですか?
配偶者控除の対象外なら、マイナンバー入力は不要です。

Q確定申告したら納税するように言われたのですが...

国税庁の確定申告の自動計算ページ↓
(https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl)で計算すると、
税金の還付ではなく逆に納税するように言われました

以前より収入が増えてはいたのですが、
今回のようなケースは初めてです。
還付ではなく納税というケースはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

公的年金所得者は受け取ってる額が400万円以下なら確定申告不要です。
しかし、それと知らずに確定申告書を作成すると「納税額が出る」人が結構いるのです。

「雑収入」はいくらでしょうか。
正確には収入から経費を引いた所得はいくらですか。
その額が20万円以下なら確定申告書の提出はしなくて良いです。

下手に医療費控除を受けようと申告すると納税額が出る場合もあります。

該当条文は所得税法第121条です。

QLED高速通信に54万円投資したが、未だに配当金が入らない。坂本徳子さんが社長ですが、どなたかこの方

LED高速通信に54万円投資したが、未だに配当金が入らない。坂本徳子さんが社長ですが、どなたかこの方の情報ご存知の方いらっしゃいませんか?もしかして詐欺師?

Aベストアンサー

もしや、平成電電や近未來通信にも出資されました? あれと同じですよ。

Qマイナンバーの入力で妻の配偶者が見当たりませんが?

私と子供の分はありますが!妻のが見当たりません?
追加をできない状態です。
追加しなくても大丈夫なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

配偶者(特別)控除などの対象でなければ、記入不要です。
確定申告書作成コーナーをご利用なら、対象外の人の入力欄は出てきません。

Q確定申告で「障害者控除」を申告するのですが、この内容の源泉徴収の収入で来年度の市県民税は無し(0円)

確定申告で「障害者控除」を申告するのですが、この内容の源泉徴収の収入で来年度の市県民税は無し(0円)になるのでしょうか?

※「税務署や税理士に聞いてください」等の回答はご遠慮ください。

Aベストアンサー

補足です。

確定申告で
障害者控除を申告すると、
通常で、約1.3万の還付
特別で、源泉徴収税額の
18,900円全額還付
となります。

Q税金についてお尋ね致します。 主人は会社員ですが…副業をしており年間50万円程でした。確定申告を今回

税金についてお尋ね致します。



主人は会社員ですが…副業をしており年間50万円程でした。確定申告を今回しますが、どの位の税金支払いになるか分かる方がおりましたらお願い致します。
本業では年末調整はしております。
宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

所得税は超過累進課税制度をとっており、所得額により税率が5~45%の間で変化します。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

したがって、年収がわからないことにはわかりません。

いろいろ調べるよりこちらで申告するつもりで入力したほうが早いと思います。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

Q不動産取得税の計算。なぜ宅地とわかったのでしょうか。

下記問題を解いてみたのですが、文章中には「宅地」と記載がないのに「宅地」前提で計算が進んでいます。

どこから読み取ればよかったのでしょうか?

【問題】
平成30年中に新築建売住宅(床面積95平米、固定資産税評価額1500万円、認定長期優良住宅)とその敷地(面積200平米、1平米あたりの固定資産税評価額20万円)を購入しました。不動産所得税はいくらになるでしょうか?

以上です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産取得税は、地目には関係しません。
その年の固定資産評価額によって計算されます。
その評価時点の地目が何であれ、現況として住宅が建っていれば、その税額は規定にしたがって軽減されます。

Q医療費を昨年167,000円手出ししました。

医療費控除ですが!
確定申告をした場合どれぐらい払い戻しがあるのでしょうか?
年収でも支払われる額が違うのでしょうか?
極端な話 年収が1億円と200万円等
場合、控除額は同じでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

がっかりさせて申し訳ありませんが、
ご提示の一時所得があるとしたら、
『払い戻し』はありません。

以前、年末調整やら、ふるさと納税で
ご質問があったような記憶があります。

一時所得はどういった内容でしたかね?
それによって、税金は大きく変わり
ますが、
9,873,285円から引ける費用が
なければ、
▲所得税は、約46万を
▲3/15までに納税
▲住民税で、約48万を
▲今年6月より納税
となります。

※扶養控除をフルで申告した場合を
 想定しています。

医療費控除により、
所得税は約1.4万軽減
住民税は約6,700軽減
を考慮して上記納税となります。

Q医療費控除って3年から5年前まで遡って受けられると聞きましたが、実際はどうなんですか?

医療費控除って3年から5年前まで遡って受けられると聞きましたが、実際はどうなんですか?

Aベストアンサー

所得税は法定納期限から5年で徴収権が時効により消滅します。ですから、5年以内でしたら、所得税の申告や修正ができますので、この中で医療費控除の申告ができます。

 なお、申告年と、その年に確定申告をされているかどうかによって、申告の方法が違います。

【確定申告の有無】
 その年について、確定申告をされていない場合は,確定申告(還付申告)をすることになります。すでに確定申告をされている場合は、「更生の請求」という手続きになります。

【年による違い】
 平成29年分以降については、医療費控除の明細書の添付が必要です。医療費の領収書の添付(または提示)は不要ですが、自身で5年間の保管が必要です。
 平成28年分以前については、医療費控除の明細書の添付と、医療費の領収書の添付(または提示)が必要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング