今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

心配なので教えてください。確定申告についてです。
2018年の1月末に会社を辞め、3月に再就職しましたが、
2週間務めて辞めました。(正社員ではありませんでした)
2週間分の給与は3万にみたない程度でしたがでていました。
それから体調を崩し1度もアルバイトや就職を行っていませんが、確定申告をする必要は無いという認識で合っていますか?

また自分が確定申告必要なのかどうか確認したい場合はどういった窓口に聞くのが適正なのでしょうか?

A 回答 (6件)

何か諸先輩方がいろいろ議論しておられますが、そもそも確定申告をする必要のある人とは、


-------------------------------------------------
その年分の所得金額の合計額が所得控除の合計額を超える場合・・・略・・・原則として確定申告をしなければなりません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
-------------------------------------------------
です。

ここでいう「その年分の所得金額の合計額」とは、
・1月末まで辞めた会社の給与 (12月分が1月に支払われたのならそれも含める)
・3月に 2週間勤めてもらった3万弱の給与
の合計から、給与所得控除
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
を引いた数字です。
給与所得控除は最低でも 65万円ありますので、よほどの高給取りでない限りお書きの勤務期間では、「所得」は 0 円に換算されてしまいます。

一方、「所得控除の合計額」とは、そもそも所得控除
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
は個々人によって該当するものが異なりますが、
・基礎控除 38万円
は納税者全員に等しく与えられます。
他に、
・社会保険料控除・・・健康保険や年金などの実支払額
がありますし、他にも該当するものはすべて申告要素となります。
これらを全部合計した数字が「所得控除の合計額」です。

したがって、勤務期間がもう少し長く給与が 150万あったとしても所得に換算したら 85万円。
で、「所得控除の合計額」が 90万円あれば、所得金額の合計額が所得控除の合計額を超えないので、確定申告の義務はないということになります。

つまり、猫も杓子も【年間1~12月の給与収入が103万以下なら・・・】は、間違いではないにしても、百点満点の解釈ではないことになります。

なお、以上はあくまでも「義務」があるかないかを検証しただけです。
義務と権利は別物です。
確定申告する「権利」はじゅうぶんにあります。

確定申告をすれば、給与で前払いさせられた所得税の全額が返ってきます。

もちろん、権利には行使しない自由もあります。
そんなはした金などお国にくれてやるわ、と太っ腹をお持ちならあえて面倒くさい確定申告などしなくてかまいません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

>ですから、「年間1~12月の給与収入が103万以下なら・・・」とする回答は間違いなので信用しないように。



 少し補足(反論?)させていただきますと…

 給与所得については、年収2000万円以下の場合は確定申告が扶養なのは承知していますが、これはあくまでもすべての給与所得が源泉徴収の対象になっている場合です。
 また、質問者さんのように、年末調整を受けられなかったと思われる方については、源泉徴収額が多くなっていることが多いですから、所得税がかからないボーダーラインを提示し、確定申告をすれば還付される可能性があることをお伝えするのが親切だと思います。
    • good
    • 0

給与所得者で確定申告が必要な人(国税庁HPタックスアンサーより抜粋)


1 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
2 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
3 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
(注) 給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

抜粋先↓
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

NO.3キチィちゃんが言われるように「103万円」は無関係なんです。

ご質問のケースは、確定申告義務はないが、申告すると還付金が貰えるかもよ、というレベルです。
面倒くさいからヤダというなら、しなくても叱られることはないです。

「わたしゃ、確定申告する義務があるかどうか」を聞くなら、税務署か、その辺にある税理士事務所で。
    • good
    • 0

一般論としては、その年一カ所のみに勤務し、給与が2000万円以下ならば、確定申告をする法的義務はないので、放っておいて構いません。


【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第一号

なお、二カ所に勤務した場合であっても、二カ所の勤務期間が重複しないのであれば、一カ所に勤務したものとみなされ、やはり、給与の合計額が2000万円以下ならば、確定申告をする法的義務はありません。放っておいて構いません。
【根拠法令等】所得税法基本通達121-4

確定申告をする法的義務がないのは給与が2000万円以下です。103万円以下である必要は全然ないのです。ですから、「年間1~12月の給与収入が103万以下なら・・・」とする回答は間違いなので信用しないように。

>また自分が確定申告必要なのかどうか確認したい場合はどういった窓口に聞くのが適正なのでしょうか?

税務署の税務相談室が良いでしょう。
    • good
    • 1

こんにちは。



>2018年の1月末に会社を辞め、3月に再就職しましたが、2週間務めて辞めました。(正社員ではありませんでした)
2週間分の給与は3万にみたない程度でしたがでていました。それから体調を崩し1度もアルバイトや就職を行っていませんが、確定申告をする必要は無いという認識で合っていますか?

 給与収入だけでしたら、年間所得が38万円以下(収入で103万円以下)の場合は所得税がかかりませんので、確定申告の義務はありません。
 年間所得が38万円を超えていても、社会保険料控除(健康保険料、年金保険料の控除)、生命保険料控除などの控除があればそれを引いて38万円以内であれば所得税はかかりません。
 ただし、38万円以内であったとしても、恐らく所得税が源泉徴収(天引き)されていると思われますから、確定申告をされれば全額が還付されます。

>また自分が確定申告必要なのかどうか確認したい場合はどういった窓口に聞くのが適正なのでしょうか?

 お住いを管轄する「税務署」です。

【確定申告に必要な書類】
 ・確定申告書A(税務署でもらえます。もしくは、下記の「申請書作成コーナー」でも作成できます。)
 ・源泉徴収票(1月末で退職された会社の分と3月に再就職された会社の分が必要です。)
 ・マイナンバーカードの写し
  ※お持ちでない場合は、マイナンバー通知書の写し及び身分証明書(運転免許証、健康保険証など)の写し

【申告書作成コーナー】
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bs …
    • good
    • 0

年間1~12月の給与収入が


103万以下なら
所得税は非課税となるので。
確定申告は不要です。

103万-給与所得控除65万
-基礎控除38万≦0
のため。

但し、源泉徴収票上の
『源泉徴収税額』にある金額は、
★確定申告すれば全て還付されます。

逆に言えば、確定申告しないと、
とられた所得税は戻ってこない
ということです。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社勤務ですが確定申告する場合源泉徴収票を税務署に提出義務は?

会社勤務ですが平成29年の年末調整は済です。
平成29年の医療控除を「国税庁 確定申告書等作成コーナー」
から現在作成中す。
平成29年の収入は会社の給与所得しかないのですが、
源泉徴収票が見当たりません。
※源泉徴収票は税務署に提出しなくてもいいのでしょうか?
源泉徴収票は本社しか発行できませんので遠いので郵送となります。
たぶん再発行だと思うんですが、郵送となると手間暇金がかかります。
いまさらでは3月15日に間に合わせる暇がないです。
提出しなくていいのであれば、源泉徴収票を暗号してもらいメールで送信して
もらおうかと検討中です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>平成29年の収入は会社の給与所得しかないのですが、源泉徴収票が見当たりません。
※源泉徴収票は税務署に提出しなくてもいいのでしょうか?

 源泉徴収票については原本の提示又は提出が必須です。

【国税庁 確定申告の際にご持参いただくもの】
https://www.nta.go.jp/about/organization/kantoshinetsu/topics/kakutei/01.htm

>源泉徴収票は本社しか発行できませんので遠いので郵送となります。たぶん再発行だと思うんですが、郵送となると手間暇金がかかります。いまさらでは3月15日に間に合わせる暇がないです。

 「医療費控除」による確定申告(還付申告)は確定申告の期間にする必要はありません。医療費を支払った翌年の1月1日以降、5年以内ならいつでもできます。

>提出しなくていいのであれば、源泉徴収票を暗号してもらいメールで送信してもらおうかと検討中です。

 源泉徴収票については原本の提示又は提出が必須です。「暗号してもらいメールで送信」されたものや、データを自分で印字したものは原本と認められないこととされています。

こんにちは。

>平成29年の収入は会社の給与所得しかないのですが、源泉徴収票が見当たりません。
※源泉徴収票は税務署に提出しなくてもいいのでしょうか?

 源泉徴収票については原本の提示又は提出が必須です。

【国税庁 確定申告の際にご持参いただくもの】
https://www.nta.go.jp/about/organization/kantoshinetsu/topics/kakutei/01.htm

>源泉徴収票は本社しか発行できませんので遠いので郵送となります。たぶん再発行だと思うんですが、郵送となると手間暇金がかかります。いまさらでは3月15日に...続きを読む

Q確定申告の収入の欄は、税込み支払い金額が必要なのか教えて頂きたいです、、。

フリーランスの確定申告で、質問がしたい事があります。

源泉徴収票にて、
支払金額 は税抜き金額が表示され、

別枠に
摘要 :消費税の額 
とあります。

この場合、確定申告の収入の欄には、
税抜の支払い金額+消費税の額+源泉徴収の金額を書けばよいのでしょうか??

お詳しい方何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

具体的に書かないと分かりませんよ。

ケース1
①100万請求し、
②消費税別
③源泉徴収有(10.21%)
なら、

①\1,000,000
②  \80,000
③ \102,100

確定申告の収入欄
(事業・営業等㋐)に
計上する金額は
①+②
\1,080,000
源泉徴収税額㊹に
③ \102,100
となります。

手取りは、
①+②-③
\977,900

ケース2
①108万請求し、
②消費税込
③源泉徴収有(10.21%)
なら、

①\1,080,000
②消費税込
③ \110,268

確定申告の収入欄
(事業・営業等㋐)に
計上する金額は
①\1,080,000
源泉徴収税額㊹に
③ \110,268
となります。

手取りは、
①-③
\969,732
となります。

因みに消費税の8万円は
ありがたくいただけば
よいだけです。

で、
いくら請求して、
いくらが支払金額
(手取りじゃなく、源泉徴収税含めた
相手の支出額ですよ!)
いくら源泉徴収されているので、
手取りはいくらか?
の計算してツジツマが
合ってる事が重要なんです。

どうなんですか?

具体的に書かないと分かりませんよ。

ケース1
①100万請求し、
②消費税別
③源泉徴収有(10.21%)
なら、

①\1,000,000
②  \80,000
③ \102,100

確定申告の収入欄
(事業・営業等㋐)に
計上する金額は
①+②
\1,080,000
源泉徴収税額㊹に
③ \102,100
となります。

手取りは、
①+②-③
\977,900

ケース2
①108万請求し、
②消費税込
③源泉徴収有(10.21%)
なら、

①\1,080,000
②消費税込
③ \110,268

確定申告の収入欄
(事業・営業等㋐)に
計上する金額は
①\1,080,000
源泉徴収税額㊹に
③ \110,268
となります。

手取...続きを読む

Q退職金の源泉徴収票の支払い金額の明細を窓口が提出してくれない

初めての質問をさせていただきます、よろしくお願いします。

タイトルのとおり、退職金の源泉徴収票の支払い金額の明細を窓口が提出してくれないのですが、(公務員の退職金となります)
①これは給与支払い義務の違反にあたるものと思いますが、訴えて勝てるものでしょうか?
②または訴えるとしたら、弁護士さんにどんな書類や資料が必要になるでしょうか?
詳しい方ご教授よろしくお願いいたします。

なお、不満点としましては、源泉徴収票には退職所得控除額と支払い金額の2項目しか記入がなく、
①+退職所得控除額からのいくらかの加算
②-税金の種類と金額
が見えず、算定根拠が見えなく不信感をいだいているためです。

Aベストアンサー

こんにちは。

 自分でも計算できますよ。

〇退職所得控除額
 計算方法は下の表のとおりです。
 (注)勤続年数が20年以下の場合…80万円に満たないときは80万円

〇源泉徴収額
・課税退職金所得:(退職金-退職所得控除額)×1/2(千円未満切捨)
・所得税額:課税退職所得金額×所得税率(※)
・復興特別所得税額:所得税額×2.1%

(※)所得税率
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

〇市町村民税・都道府県民税
・(支払金額-退職所得控除額)×2分の1=退職所得の金額(千円未満切捨て)
・退職所得の金額×市町村民税率(6%)=市町村民税額(百円未満切捨て)
・退職所得の金額×都道府県民税率(4%)=都道府県民税額(百円未満切捨て)

---------------------------

①+退職所得控除額からのいくらかの加算

 加障害者となったことが直接の原因で退職した場合の加算ですか? 
 でしたら、上記により計算した退職所得控除額に、100万円を加算した金額が退職所得控除額になります。

②-税金の種類と金額

 支払額から上記のとおり計算できます。
 支払金額から退職所得控除額を引いて課税される退職所得額がありましたら、所得税、住民税(市区町村民税、都道府県民税)が課税されます。

こんにちは。

 自分でも計算できますよ。

〇退職所得控除額
 計算方法は下の表のとおりです。
 (注)勤続年数が20年以下の場合…80万円に満たないときは80万円

〇源泉徴収額
・課税退職金所得:(退職金-退職所得控除額)×1/2(千円未満切捨)
・所得税額:課税退職所得金額×所得税率(※)
・復興特別所得税額:所得税額×2.1%

(※)所得税率
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

〇市町村民税・都道府県民税
・(支払金額-退職所得控除額)×2分の1=退職所得の金額(千円未満切...続きを読む

Q競馬での儲けた金額はいくらから 確定申告の対象になるんですか?

競馬での儲けた金額はいくらから
確定申告の対象になるんですか?

Aベストアンサー

まともな回答がないので回答します。

質問は、
>確定申告の対象になるんですか?
ですよね?

下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

競馬の払戻金は一時所得となります。
計算の仕方は、
総収入金額
-収入を得るために支出した金額
-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
さらに、
一時所得の金額÷2=合計所得
この合計所得が、課税対象
となります。

一時所得には、上記の
●『特別控除』が50万あり、
●年間の『払戻金』が50万以下なら、
確実に申告する必要はありません。

50万超えたら、どうかと言うと、

①給与所得者であれば、
 給与以外で『所得20万以下』なら、
 確定申告は不要です。
 所得20万以下とは、一時所得で
 言うと、所得から逆算して
 20万×2+50万=90万となり、
 競馬の当たりが、
●年間90万までは、申告の必要が
●ありません。
 但し住民税の申告は必要です。

②年間、無職、無収入の人の場合、
 基礎控除38万が最低でもあり、
 所得38万以下なら所得税は、
 非課税で、確定申告は不要です。
 逆算すると、
 38万×2+50万=126万となり、
●126万までは所得税は非課税で、
●確定申告は必要ありません。

しかし、この場合も住民税の申告は
必要です。
住民税も非課税とするには、
地域により違いますが、
最低で所得28万以下が非課税なので
28万×2+50万=106万となり、
●106万までは住民税も、どの地域
●でも非課税となります。

これは、あくまで、
競馬の当たり(払戻金)といった
一時所得のみの場合です。

ご留意下さい。

まともな回答がないので回答します。

質問は、
>確定申告の対象になるんですか?
ですよね?

下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

競馬の払戻金は一時所得となります。
計算の仕方は、
総収入金額
-収入を得るために支出した金額
-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
さらに、
一時所得の金額÷2=合計所得
この合計所得が、課税対象
となります。

一時所得には、上記の
●『特別控除』が50万あり、
●年間の『払戻金』が50万以下なら、
確実に申告する必...続きを読む

Q源泉徴収票がきません。 毎年遅くても2月半ばにはきていた源泉徴収票が今年はまだきません… 本社に聞い

源泉徴収票がきません。
毎年遅くても2月半ばにはきていた源泉徴収票が今年はまだきません…

本社に聞いてみたほうがいいですよね?
確定申告するおばさんは本社に頼んでいたらしく受け取ったようなのですが…?

Aベストアンサー

社内の連絡ルールなどを確認の上が良いと思います。

営業所(店舗)や支などですと、その中にも担当者がいるはずです。
店長さんなどが取りまとめて配布する場合もあることでしょう。
そのような人に何も確認をせずに本社へ連絡となると、立場がなくなってしまい、あなたが悪者になりかねません。

上席者や店長などに聞いてもわからず、対応しないというのであれば、それを理由に本社へ確認というのもありだと思います。

最後に源泉徴収票というものは、雇用主である会社は従業員へ速やかに交付しなければなりません。
年末調整の有無にかかわらずです。申告するかどうかは関係なく全員にということになります。
再発行などにも会社は対応しないといけません。

通常年末調整が終われば発行できる状況だと思われます。
ただ、税理士などに依頼していたり、会社組織が大きければ日数などもかかりますが、2月中旬というのは遅すぎるように思いますね。
私の会社は年末に年末調整還付も行いますし、源泉徴収票も年内に渡します。
ただ給与日が月末などですと難しいこともあると思いますが、それでも遅くても1月中であるべきとも思いますね。
給与のみの人で確定申告を行う場合には、年明け早々から税務署は受け付けます。2月16日からというものよりも早く受け付けてくれます。
混み合ってからですと大変なので、早めに源泉徴収票が必要であることを上席者などに伝えて対応を求めた方が良いかもしれません。

社内の連絡ルールなどを確認の上が良いと思います。

営業所(店舗)や支などですと、その中にも担当者がいるはずです。
店長さんなどが取りまとめて配布する場合もあることでしょう。
そのような人に何も確認をせずに本社へ連絡となると、立場がなくなってしまい、あなたが悪者になりかねません。

上席者や店長などに聞いてもわからず、対応しないというのであれば、それを理由に本社へ確認というのもありだと思います。

最後に源泉徴収票というものは、雇用主である会社は従業員へ速やかに交付しなければなり...続きを読む

Qふるさと納税で還付金

会社員です。
ふるさと納税をして確定申告したら還付金がありました。
大変ありがたいのですが、なぜ、もらえるのでしょうか?
もし、ふるさと納税しなかったら、もらえないお金です。
若い税務署員の説明が全く分からず悶々としています。

Aベストアンサー

寄付行為だからです。
もちろん寄付はどこでもいいわけではありませんが、条件を満たしたところに、条件を満たした額を寄付したら「あんたはその金を世のため人のために使ったんだから、その金の分だけ税金をかけるのはやめておこう」となるのです。

返礼品がないとしっくりくるかもしれませんね。
ただ返礼品がないと誰もやりませんけどね。

Q確定申告、国民健康保険、年金について 無知で恥ずかしいのですが、詳しい方教えて下さいm(_ _)m

確定申告、国民健康保険、年金について

無知で恥ずかしいのですが、詳しい方教えて下さいm(_ _)m


去年の2月までキャバクラでバイトをして辞めた後は働いていません。キャバクラで貰った給料は2ヶ月で25万円ほどです。
キャバクラは申告はしてないと思います。

親には去年の4月から12月まで派遣社員として働いてると嘘をついています。
派遣社員で働くと言ってから扶養は外してあります。
親には、4月から12月まで無職だった事をばれたくありません。。。

親から、去年働いていた派遣会社で源泉徴収をもらって、確定申告しに行きなさいと言われました。。


今年の2月半ばから、派遣社員で働く事が決まってます。

私は現在、一人暮らしなのですが住所変更をしたのは今年の2月頭です。

親は自営業をしています。

いくつか教えて頂きたいのですが、

① 確定申告をしないと親にバレるのか。

② 無収入だったのに収入があったように書けるのか。

③現在 国民健康保険ですが 3月から社会保険に切り替わります。 今年の1月から社会保険に切り替わるまでの保険料はどうなるのか。

④ 現在 国民年金を払ってますが、派遣会社に入ったらどうなるのか。

⑤ その他 税金などどうなるのか。


解りにくい文で申し訳ないのですが、教えてくださいm(._.)m

確定申告、国民健康保険、年金について

無知で恥ずかしいのですが、詳しい方教えて下さいm(_ _)m


去年の2月までキャバクラでバイトをして辞めた後は働いていません。キャバクラで貰った給料は2ヶ月で25万円ほどです。
キャバクラは申告はしてないと思います。

親には去年の4月から12月まで派遣社員として働いてると嘘をついています。
派遣社員で働くと言ってから扶養は外してあります。
親には、4月から12月まで無職だった事をばれたくありません。。。

親から、去年働いていた派遣会社で源泉徴収をも...続きを読む

Aベストアンサー

>① 確定申告をしないと親に
>バレるのか。
いいえ。バレません。

というか、
▲派遣社員は確定申告はしません。
親御さんは自営業なので、知らない
でしょうが、給料をもらっている人は
▲会社が代わりに『年末調整』
というものをするので、
▲確定申告は必要ないのです。

>② 無収入だったのに収入が
>あったように書けるのか。
ですので、する必要はありません。

>③現在 国民健康保険ですが
>今年の1月から社会保険に
>切り替わるまでの保険料は
>どうなるのか。
国民健康保険のままです。

>④ 現在 国民年金を払ってますが、
>派遣会社に入ったらどうなるのか。
社会保険に加入するならば、
●厚生年金に切り替わり、給料から
●保険料が天引きになります。
●国民年金の保険料は払わなくて
●よくなります。

>⑤ その他 税金などどうなるのか。
給料額に応じて、所得税が天引き
1年後から、住民税が天引きに
なります。

>キャバクラで貰った給料は2ヶ月で
>25万円ほどです。
これも課税されるほどの所得では
ないので、確定申告不要です。

以上、いかがでしょう?

>① 確定申告をしないと親に
>バレるのか。
いいえ。バレません。

というか、
▲派遣社員は確定申告はしません。
親御さんは自営業なので、知らない
でしょうが、給料をもらっている人は
▲会社が代わりに『年末調整』
というものをするので、
▲確定申告は必要ないのです。

>② 無収入だったのに収入が
>あったように書けるのか。
ですので、する必要はありません。

>③現在 国民健康保険ですが
>今年の1月から社会保険に
>切り替わるまでの保険料は
>どうなるのか。
国民健康保険のままです。

>④ 現在 国...続きを読む

Q確定申告の方法

こんにちは。
確定申告のやり方や必要なもの、事について教えてください。

昨年会社が倒産し、約1ヶ月間後に再就職しました。
一部の確定申告は新しい職場でしておりますが、
書面で退職金扱いになっている2ヶ月分の未払い給料支払いについては個人でする必要があるようです。

e-taxでしたかったのですが、
平日は仕事で、申告会場へ行けないので
明日と来週の日曜しか行ける日がないため
お助けいただきたいです。

また、ネットでできる方法があれば
(カードリーダーは持っていません)
そちらも教えてください。

お願いします。

【追加】
・個人で保険に加入していません。
・住宅ローン等はなし。

Aベストアンサー

>2ヶ月分の未払い給料支払い
>については個人でする必要
ここがよく見えません。

源泉徴収票の
給与支払金額の欄に
未払分の『内』書きがありますか?
2段になって書かれていますか?
そのあたりが申告のポイントに
なります。

それが、退職金の扱いの場合は、
退職所得の基礎控除が、
(40万×勤続年数か最低で80万)
ありますから、非課税です。
そもそも支払いがないので、
申告もできないですが…

給料未払分として手続きするなら、
その分還付も減ります。

確定申告には、まず
源泉徴収票を用意して下さい。
再就職先に倒産した会社の
源泉徴収票を渡して、
年末調整をしましたか?
それとも、
前職、現職2枚の源泉徴収票が
ありますか?

そのあたりの状況や事情が見えない
ので、正確な申告ができるかどうか
といったところがありますが…

いずれにせよ、
確定申告は、下記URLから入って
申告書を作成して下さい。
カードリーダー等要りません。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

自宅で、画面から、
源泉徴収票から
・支払金額(未払分も)、
・源泉徴収税額(未払分も)
・社会保険料
転記入力し、さらに、
無職の間の
健康保険料や年金保険料を
社会保険料控除として追加入力
生命保険や地震保険等を
年末調整で申告していないのなら
保険料控除の追加入力
扶養家族の申告が未ならば、
扶養控除、配偶者控除等を追加入力

そして、あなたの氏名、住所、
マイナンバー等を入力して、
申告表を作成し、印刷、押印します。

それに、
⑪平成30年分 源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証等)のコピー、
⑭あれば各種保険料控除証明書
を添付して、税務署に、
★郵送、あるいは持参してチェック
してもらい、提出するのが楽です。

自分ではできないと思うなら、
お住まいの管轄の税務署へ行って
相談しながら申告書を作成せざるを
えないでしょう。

持って行くものは、
上述⑪~⑭に加え、
⑳印鑑、通帳などです。

還付がある場合は、後日指定の
銀行口座に振り込まれます。

休日の確定申告会場は大混雑
でしょうが…
がんばって下さい。

いかがでしょうか?

>2ヶ月分の未払い給料支払い
>については個人でする必要
ここがよく見えません。

源泉徴収票の
給与支払金額の欄に
未払分の『内』書きがありますか?
2段になって書かれていますか?
そのあたりが申告のポイントに
なります。

それが、退職金の扱いの場合は、
退職所得の基礎控除が、
(40万×勤続年数か最低で80万)
ありますから、非課税です。
そもそも支払いがないので、
申告もできないですが…

給料未払分として手続きするなら、
その分還付も減ります。

確定申告には、まず
源泉徴収票を用意して下さい...続きを読む

Q確定申告をe-taxで申告した場合必要書類の保管期間5年というのはどの時点が始点?

今回初めてe-taxを利用して確定申告を行いました。
源泉徴収票や保険料控除証明書などは提出を省略ということですが、それらを5年間保存しておく必要があると書かれています。この5年間の起点はいつなのでしょうか。例えば平成30年分の書類の保存必要期間は平成31年1月1日から新元号5年12月31日までの5年かなのか、確定申告書を提出した日から5年間なのかどちらでしょうか(例えば今日平成31年2月27日提出なら新元号6年2月26日)?

Aベストアンサー

どちらでもありません。
「法定申告期限から5年間」です。
つまり、平成31年3月15日が申告期限ですから、その5年後の3月15日です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/iikoto.htm

Q未支給年金にかかる税金の質問です

父が今年の2月5日に亡くなりました。

母がまだ健在ですので、母には未支給年金及び遺族厚生年金が支給されます(ただし母は国民年金保険料の支払い期間が足りず、一時金で受領してしまったため、母本人の国民年金及び厚生年金はゼロです。)

私の解釈では、未支給年金は税制上一時所得扱いで、遺族厚生年金は非課税扱いとなっていると思っています。
しかし先日、母が税務署に行った際に「来年は父が死亡する前に病院に1か月間入院していたのだから、医療費控除が受けられますよ」と言われたそうです。
ちなみにその税務署員は、父が2月5日に亡くなったこと、母が自分の年金はないことを把握しているはずです(高齢者向けの確定申告窓口の担当者だったので、母が詳しい事情を話しています。)

しかし、私にはどうしても理解できないのです。
父の未支給年金額は2か月分で45万円程度です。
ならば一時所得としては課税されないし、遺族年金も非課税なのですから、税金を払っていない以上、確定申告しても意味ないとしか思えません。

そこで質問です。

1.未支給年金って、もしかして源泉徴収されて支給されるんですか?

2.税務署員の言うことって正しいですか?私は50万円以下の未支給年金は一時所得で非課税で、遺族年金は非課税なのだから確定申告する必要すらないし、確定申告しても税金を払っていない以上、控除もへったくれもないと思うのですが、いかがでしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

父が今年の2月5日に亡くなりました。

母がまだ健在ですので、母には未支給年金及び遺族厚生年金が支給されます(ただし母は国民年金保険料の支払い期間が足りず、一時金で受領してしまったため、母本人の国民年金及び厚生年金はゼロです。)

私の解釈では、未支給年金は税制上一時所得扱いで、遺族厚生年金は非課税扱いとなっていると思っています。
しかし先日、母が税務署に行った際に「来年は父が死亡する前に病院に1か月間入院していたのだから、医療費控除が受けられますよ」と言われたそうです。
ち...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

1.未支給年金って、もしかして源泉徴収されて支給されるんですか?

 未支給年金からは源泉徴収はされません。

(参考)
https://www.nenkin-kikin.jp/nhkspg/taiki/index4.php

2.税務署員の言うことって正しいですか?私は50万円以下の未支給年金は一時所得で非課税で、遺族年金は非課税なのだから確定申告する必要すらないし、確定申告しても税金を払っていない以上、控除もへったくれもないと思うのですが、いかがでしょうか?

 そのとおりだと思います。

 仮に、質問者さんが医療費を支払っておられてる場合、質問者さんとお父さんが生計を一にされていれば、質問者さんの医療費控除の対象にすることはできます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報