はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

外国人です。
いつもお世話になっています。

私の国では「日本語」は入学試験に出る外国語の一つです。
ときどき難しすぎて選択肢のどれが正しいかよくわからない問題もあります。

今気になっている問題があって質問させていただきたいと思います。

問題
Aさん:今晩パーティーに行きませんか。
Bさん:Aさんが_____、わたしも_____。

① 行くなら,行きます
② 行ったら,行くと思います
③ 行けば,行くかもしれません
④ 行かなければ、行かないかもしれません

①~④のうち、どれが正しいですか?

ついでに聞きますが、「⑤ Aさんが行くと、わたしも行きます」は使えますか?

よろしくお願いします。

A 回答 (17件中1~10件)

No.7の回答した者です。


私は、理論的・文法的な回答をしたわけではありませんが、英会話の先生(オーストラリア人)がおっしゃった、英会話の講師に資格はいらない、という言葉を思い出します。

今回のご質問が日本語の入試に使われているというのは、もう論外というか、私には正解を選びようがありませんが、それ以外にも難しい障壁のようなものが見えてくるのです。それは、性別・年齢・経験だけでなく、その地方独特の言い回しなどが混じり合って、言葉と気質が作られるのではないでしょうか。どんなに標準語に直しても、気質は変わりません。

4択(➄は除外)の中で、そういう言い方はないとおっしゃる人は、それはそれで事実だというべきなのかもしれません。日本の教育では、英語の仮定法も時制も教わるけれども、日本語については、格助詞と動詞・形容詞・形容動詞の変化ぐらいは教わりますが、それ以外はまったく教わっていません。だから、今回のような表現の一部は存在しないと言う人もいるぐらい、またその表現の幅を広げない人もいます。この、表現のバリエーションは、独特の方言の一種だと認識したほうがよいかもしれません。事実、方言の中には、古い表現方法を残している地域があります。逆に、都市ほど、表現のバリエーションが消失してしまっている可能性が高いです。

今、改めて英語の仮定法なんていうものを参考していますが、学校では機械的に当てはめても、なかなか自分の気持ちを英語に乗せることができません。

② Aさんが行ったら,わたしも行くと思います
If Mr.A should go, I will go there, too.
英語なら、未来仮定法です。(たぶん)

https://www.rarejob.com/englishlab/column/201802 …
「英会話中級者の壁・仮定法の用法を徹底解説! 日本語と比べて分かった、会話で仮定法を使いこなすための必須感覚とは?」
//日本語はこんなに多様な仮定の形を持っているのかは、日本語の条件文に関係しています。「~したら」「~すれば」「~するなら」「~するので」「~すると」など、日本語には条件を表わす形がとても豊富に存在しているのです。これは、外国の方に日本語を教える際にとても苦労する点でもあります。//
(*そうしたバリエーションは日本語の乱れだ、という人もいます。)

③ Aさんが行けば,わたしも行くかもしれません
④ Aさんが行かなければ、わたしも行かないかもしれません

③' Aさんが来れば楽しそうですね。私も行きたいとは思うのですが、まだ決められません。
④' Aさんが来なければ残念ですね。Aさんが来なければ、たぶん、行かないつもりです。(ニュアンスが変わっています)

こういう表現は、前述でも述べましたが、相手(日本人)が怒り出すことがあるので、気をつけなくてはならないと思います。なぜ、そう咎められるのか、言われたほうはびっくりしてしまいます。表現の幅が広いから、通じるというわけではなく、曖昧な表現自体を相手が認めないことがあります。そういう場合は、上述のように、それ自体を決めかねている旨を伝えるしかありません。
    • good
    • 0

いちばん自然な日本語は①です。

②は不自然で、そういう言い方はしません。もし「行ったら」にすれば「行ったはずです」になるでしょうね。過去形です。
③の言い方もありえます。でも「行けば」ではなく「行くのなら」にするほうが自然です。④の表現もありえます。
「Aさんが行くと、わたしも行きます」ではなくて「Aさんが行くのなら、わたしも行きます」が自然な表現です。
    • good
    • 1

1311tobiさんへ


私に読解力がなくすみません。やはり質問への批判でしたか。早合点でした。
    • good
    • 0

えーと。


 No.13のOKATさんへのコメントです。
 当方の書き方が言葉足らずでしたかね。申し訳ない。

 OKATさんは〈どれも正しい使いかたです〉(No.5)とお考えですよね。当方も同感です。
 選択肢が4つあって、どれも「間違いではない」というのは(問題が)ヒドすぎます、ということです。
 日本語学習者向けのトンデモ参考書の類いは〈多数見てきましたが、ここまでヒドいのは……〉という意味です。

 リンク先をご確認ください。
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12443727667.html
 本題とはあまり関係ないので省略した部分をひきます。
===========引用開始
 なんてコメントしたらいいのだろう。
 あまりにもヒドい。これが「入試問題」なんだから気持ちが暗くなる。書き方も黒くなる。(←オイ!)
 いままでにも、日本語学習者向けのトンデモ参考書のことは何回か書いてきた。
【トンデモ参考書……なんだろうな】
(URL略)
【トンデモ参考書2──味見の話 ☆日本語教師☆】
(URL略)

 それにしても選択肢が4つあって、どれもOKってあまりにもメチャクチャ。
 ただ、これがなぜどれもOKなのかという話になると、説明するのは相当むずかしい。当然だけど、微妙なものになると、「これは×」とする説明もむずかしい。「あまり使わない」という理由では×にできない。だから選択肢のなかにまぎらわしいものを入れてはいけない。「あえて言えば……」というのは試験問題としてどうなんだろう。  
===========引用終了
    • good
    • 0

>選択肢が4つあって、どれも「間違いではない」というのはヒドすぎますね。


1311tobiさんに、ここまで言われるとは、思わなかった。この並べ方を見たら「仮定条件」の問題だろうと、思って普通じゃありませんか。
 ① 行きます
 ② 行くと思います
 ③ 行くかもしれません
 ④ 行かないかもしれません
この部分に違いがあるのは分かります。どれが正しいですか?と聞かれたら、どれも正しい言い方です。
④は③の否定だから除いて、「行ったら、行きます」「行くなら、行きます」「行けば、行きます」…
くどくど言うまでもなく、どの組み合わせで答えても正しいわけです。
 このような並びで、どれか一つが正しいと言うことにはなりません。(質問の仕方を指摘するのが本来でしょうけれど)「行きます」「行くと思います」「生くかもしれません」のどれが正しいですかも、また変な話です。
    • good
    • 0

選択肢が4つあって、どれも「間違いではない」というのはヒドすぎますね。


 こういう事例は多数見てきましたが、ここまでヒドいのは……。

 さて、本題の〈「ば」「なら」「たら」の使い分け〉と、〈「と」が使えない理由〉に関して。
 ちゃんと書こうとするとたいへんなことになります。
 詳しくは下記をご参照ください。
【「行くなら」?「行ったら」?「行けば」?「行くと」?(外国での入学試験の問題から」 教えて!go】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12443727667.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 平均的な日本語学習者向けということなら、下記くらいしか実践的なのでは。「なら」「たら」「ば」の使い分けの話なので、日本人だってなかなかうまく説明できない。まぁ、たいていの日本人は、感覚では理解しているだろうが。通常は、これに「と」を加えて考える。
【「と」「ば」「なら」「たら」の使い分け】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12227801747.html

 庭三郎さんにすすめられた『日本人のための日本語文法入門』は、日本語教師の原沢伊都夫さんが書いた良書です。
 P181の〈さまざまな内容で主節を補足する「副詞節」〉でこの問題を扱っています。いろいろな例をあげたうえで、結びは下記の一文です。暴論かもしれませんが、これはきわめて実践的な方針だと思います。
===========引用開始
この項の最初に「~たら」の使用領域の広さを確認しましたが、日本語を学ぶ外国人へのアドバイスがあるとしたら、「条件の表現で迷ったら」迷わず『~たら』を使え」と言えそうですね。
===========引用終了

(略)

「と」「ば」「なら」「たら」の使い分けに関して、日本語学習者ならおすすめなのは、下記あたりでは。
■1) 初級者向け
※「⑤ Aさんが行くと、~」がなぜ不自然かは、これでわかるのでは。
【"と ば たら なら "】日本文化研究会(日本語学習と日本語教育)
http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/991ga.htm

「と」の用法に関しては、下記のほうがいいかも。
【“この薬を飲むと治ります。”などの“と”は、なぜ使えないのですか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8998954.html

■2) 中級者向け
【goo辞書の類語辞典『使い方の分かる 類語例解辞典 新装版』】
https://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/17223/meaning …

■3) 当方の個人的な雑感
「~たら」と「~れば」をめぐって〈2〉&〈3〉 「ば」「と」「たら」「なら」
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1624. …
    • good
    • 1

仮定条件について、日本人向けの回答。


「仮定条件」を表すのは、「仮定形」ではなく、それにつく接続助詞の「ば」(仮定条件を表す)
雨がふれ「ば」運動会は中止する
雨がふるなら(ば)運動会は中止する
雨が降ったら(ば)運動会は中止する
雨が降る「と」運動会は中止する
 「ふれ」「なら」「たら」のような「仮定形」が「仮定条件」を表すことはありません。「見る」の仮定形「見れ」は「仮定条件」を表さず、「仮定条件」をあらわす「ば」に接続する役割しているだけです。「ならば」「たらば」の「ば」が省略されるようになったため、ややこしくなったのです。
「と」は最初から「接続助詞」でしたが、「ば」とは働きがちょっと違います。

 接続助詞「と」の意味 【デジタル大辞泉】
[接助]活用語の終止形に付く。
1 二つの動作・作用がほとんど同時に、または継起的に起こる意を表す。…と同時。…とすぐ。「あいさつを終える―いすに腰を下ろした」「玄関を開ける―、子供が迎えに出てきた」
 ㋐意志・推量の助動詞「う」「よう」「まい」などに付く。「何を言われよう―気にしない」「雨が降ろう―風が吹  こう―、毎日見回りに出る」
 ㋑動詞・形容動詞型活用語の終止形、および形容詞型活用語の連用形に付く。

2 ある動作・作用がきっかけとなって、次の動作・作用が行われることを表す。「汗をかく―風邪をひく」「写真を見る―昔の記憶がよみがえる」
「年がよる―物事が苦労になるは」〈滑・浮世床・初〉

◎3 順接の仮定条件を表す。もし…すると。「見つかる―うるさい」「ドルに直す―三〇〇〇ドルほどになる」
「今言ふ―悪い」〈伎・幼稚子敵討〉

◎4 逆接の仮定条件を表す。たとえ…であっても。…ても。
 ㋐意志・推量の助動詞「う」「よう」「まい」などに付く。「何を言われよう―気にしない」「雨が降ろう―風が吹  こう―、毎日見回りに出る」
 ㋑動詞・形容動詞型活用語の終止形、および形容詞型活用語の連用形に付く。
  「たのめずば人をまつちの山なり―寝なましものをいさよひの月」〈新古今・恋三〉「ちと耳いたく―聞いて下さ  れ」〈浮・曲三味線・一〉

5 次の話題の前提となる意を表す。「気象庁の発表による―、この夏は雨が少ないとのことだ」

[補説]3は中世以降用いられた。また、中古から使われていた4㋑は、現代語では4㋐のように特殊な慣用的用法として残っているだけである。
    • good
    • 0

①が正解


②は自分の行動に「思います」は非常に無責任と誤解されます、③④も同じ可能性があります
③行けば、行きます、①と似た感じですが、仮定の上での話に過ぎない、ということに?、①は条件によっては・・・・・。
④通常は①の条件を否定にするだけです(行かないなら、行きません)
⑤は物理的因果関係で必要条件の場合に使用されます、自分の行動は自分で判断します、他人が必ずそうだ、とは言えませんね、物理的因果関係→誰が見ても(判断の必要なし)。
    • good
    • 0

①が正解です。


「なら」は二分仮定で、行くか、行かないかの排他的な仮定を表し、Aさんが行くのであれば、わたしも行きますという意味になります。

②は仮想で、勧誘に対し、自分の事に対して仮想の返答は不適切です。

③は単純仮定で、これも予想なので、勧誘に対する回答としては不適切です。

④否定の単純仮定で、これも予想なので、勧誘に対する回答としては不適切です。

⑤は、他人の行動の結果に基づく自分の行動の判断で、非論理的です。■
    • good
    • 0

#6です。



入学試験なんですね。
もし選択肢がひとつだとすれば ① でしょうね。
使われる頻度が最も高いという意味で。
文法的には ②~④も間違いではありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアドバイスの「ましょう」

外国人に教える日本語文法の質問です。
ダイエットについて、医者が「昼はたくさん、夜は少し食べましょう」と言う部分があります。この「ましょう」は勧誘のましょうでもなく、申し出のましょうでもありません。
アドバイスの「ましょう」という説明ではだめですか?文法的にどういう説明をしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

以下の辞書([日本国語大辞典])よりの引用の(3)の用法 「勧誘・命令」の「う」の前に「ます」「です」などの「丁寧語」がついて「ましょう」「でしょう」になっただけで、「う」が勧誘・命令であることに変わりはありません。
「語誌」の(5)にあるように、「でしょう(です)」「ましょう(ます)」丁寧語に付いた形です。「日本語文法」では「勧誘」「命令」「申し出」などに細分化しているようですが、勧誘の発展と考えていいと想います。さらに「アドバイス」まで付け加えるのは好みかもしれませんが、そこまで話を面倒にする必要はないと思います。

う〔助動〕
(活用は「◯・◯・う・う・◯・◯」。助動詞「む」の変化したもの。古くは、「む」と同様、すべての活用語の未然形に付いたが、現代では五段活用の動詞、形容詞「…かろ」、形容動詞「…だろ」、助動詞「ます」「です」「た」「だ」の未然形に付く。⇔よう)

(1)話し手の意志、決意を表わす。…しよう。
(2)現在、または未来の事柄について、話し手の推量を表わす。…だろう。
(3)相手に対する勧誘、または命令的な意を表わす。…しよう。…しろ。       ←〇
(4)当然、適当の意を表わす。…のはずだ。…して当然だ。…のがよい。
(5)(連体修飾または準体法として)未来のこと、仮説について一種婉曲の心持ちを加える。
(6)(「…うか」の形で)疑問、質問、反語の意味を表わす。「こんなものが役に立つだろうか」
(7)(「…うとす(る)」の形で)動作、作用の行なわれる直前の状態であることを表わす。「会はもう終るだろう」
(8)条件を仮定し、それに逆接的な動作、作用が続く。「だれが何をいおうと私は行く」
(9)(「も…うに」「…うものを」などの形で)ほかの可能性も考えられるのに、とある事柄を非難する前置き的用法。「事もあろうに、教師が盗みを働くとは」


語誌
(1)(2)(3)→省略
(4)一八世紀の後半頃から、終止連体形に接続した「だろう」が推量表現に用いられるようになると、「う」「よう」は意志を表わす用法に偏るようになった。
(5)佐伯哲夫氏の国定国語読本(第一〜六期=明治三七〜昭和二四年)を対象とした調査によれば、おおむね期を追って推量の「う」「よう」は「だろう」「でしょう」等に交替している。ちなみに、天気予報の「晴れましょう」を「晴れるでしょう」に変えることを決めたのは、NHKでは、昭和三八年一二月の放送用語委員会であったという。

以下の辞書([日本国語大辞典])よりの引用の(3)の用法 「勧誘・命令」の「う」の前に「ます」「です」などの「丁寧語」がついて「ましょう」「でしょう」になっただけで、「う」が勧誘・命令であることに変わりはありません。
「語誌」の(5)にあるように、「でしょう(です)」「ましょう(ます)」丁寧語に付いた形です。「日本語文法」では「勧誘」「命令」「申し出」などに細分化しているようですが、勧誘の発展と考えていいと想います。さらに「アドバイス」まで付け加えるのは好みかもしれませんが、そこま...続きを読む

Qパフォーマンスの意味を日本語で教えてください

ただし「コストパフォーマンス」みたいな意味合いは不要です
あのスマホはコスパがいいわ(あのスマホは安かったわりに性能・動作がいいわ)
みたいな意味は不要です

Aベストアンサー

追記します。
先程日本語の意味としては「表現」として使われることが多いと書きましたが、より正確には「振る舞い」という意味が一番近いのではないかと思います。

政治家のパフォーマンスも「振る舞い」だし、ダンスや演技も「振る舞い」。「性能」の意味で使われる場合も機械を擬人化して機械の「振る舞い=性能」と捉えていると思われます。

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。 『私は教会の時

『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。

『私は教会の時計台が見える』のように、『見える』のは『私』などの人?であって、時計台は見られる方なのでは?と思ってしまいます。

中学2年生レベルで解説お願いします。

Aベストアンサー

学校の国文法では、
『教会の時計台が見える』の主語は『教会の時計台』
と教えられます。
ちなみに『私は教会の時計台が見える』は間違いで『私には教会の時計台が見える』が正しい文です。『私には』は『見える』の修飾語であり、主語ではありません。

Qこのボタンを押すと、ふたが開きます。開(あ)く と 開(ひら)くについて質問です。

このボタンを押すと、ふたが開きます。

「ふたが開きます。」の開きますの読み方は「あきます」と「ひらきます」のどちらですか。

「開(あ)く と 開(ひら)く」の使い分けはどう考えればよろしいでしょうか。

分かりやすく教えていただけませんか。

お願いします。

Aベストアンサー

この周辺の言葉を取り上げると、かなり面白いものがあります。

    自動詞              他動詞
開く(あく)            開ける(あける)
  戸が・扉が・蓋が・窓が       戸を・扉を・蓋を・窓を
空く(あく)            空ける(あける)
  席が・場所が・部屋が        席を・場所を・部屋を
明ける(あける)          明かす
  夜が                夜を
開く(ひらく)           開く(ひらく)
  戸が・扉が・窓が・傘が       戸を・扉を・窓を・傘を
開ける(ひらける)            対応する他動詞はない。
  展望が・風景が 

【注】 質問文のように「ボタンを押すと」と言った場合、仕掛け、カラクリ、モーター などの働きによって蓋が「開く」(あく)だけでなく「開く」(ひらく)あり得るかも。 ふつうは、箱の蓋が開く(ひらく)と言わないと思います。

Q国文法の助動詞と日本語教育文法の接辞と語尾について

国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)とされています。
ナ形容詞(国文法の形容動詞)の場合はいずれにしても語尾(スフィックス)ですが、
イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、語尾でしょうか。

Aベストアンサー

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

  丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思うのですが、日本語文法
  では何に位置付けられているのかを知りたいのです。

というところで、「丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思う」とありますが、ここも「繋辞ではなく」なのでしょうか。

大事な用語が違っていては、何が何だかわからなくなります。

ああ、もっと後の「コメント」で、

  この形容詞(イ形容詞)に用いられる「です」は形容詞(イ形容詞)の語尾(sufix,
  суффикс)なのか、繋辞(copulă, связка)なのかという質問です。

とありますね。「語尾(sufix」ということは、「語尾=接辞(suffix)」ですね。これではっきりしました。
しかし、この「です」はどう見ても、二つの名詞を「繋いで」はいないので、「繋辞」ではありえないでしょう。

井口厚夫の説明がわかりやすくていいですね。コピュラでなく、活用語尾とも言えない。形容詞普通体の、独立できる形にくっついているだけですから。
しいて分類するなら「接辞」でしょうか。

それにしても、

  いろいろな考え方のご紹介は結構ですので、「赤いです。」の「です」を助動詞
  という用語を使わずに外国人にどう教えるのかについてだけご存知の方のご説明
  をお願いします。

という最後のコメントは強烈ですね。

「どう教えるか」という観点から言えば、この「です」の品詞論・形態論的位置づけをごちゃごちゃ考える必要はない、でいいんじゃないですか。そんなことを学生に言う必要もないし、教師も悩む必要はない。
「形容詞の後について「丁寧」の意味を加える」、と言えば終わりです。

日本語学としてこの辺の形態論を教えるなら、何か適当なことを言わなければなりませんが、「日本語文法」での定説・通説などないし、例外的な用法なので例外として扱うのがいいでしょう。

そう言えば、初めの「日本語(教育)文法」とは何を指しているのか、という問いへのお答えはないのですね。まあ、いいですけど。

saburoo

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

...続きを読む

Q【が】についての質問です。 外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。 ☆質

【が】についての質問です。
外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。

☆質問
1.〔答えは、100円ですよ〕と〔100円が、答えですよ〕とは言えますが〔答えが、100円ですよ〕とは言えま…すか?
〔もし、次の標的が自分だったらどうしよう〕とかは言えますが、何ででしょう…?
【が】が使える理由についてご教示ください。

〔答えが100円ですよ〕
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕

Aベストアンサー

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに使う。
・100円は何ですか?
という設問に対応している。

A と B はどちらもあり得るシチュエーションなので、どちらも間違ってはいません。
ただ、B のように「100円は何ですか?」と問われるようなシチュエーションは稀であるため不自然に感じられるだけです。
稀なシチュエーションとは、たとえば、
・100円を私にくれると言ったのですか?
・いえ違いますよ。〔答えが、100円ですよ〕と言ったのです。
といった会話の場合など。

■2■
「は」の基本的用法は「主題提示」です。
「〇〇は△△」は、〇〇という主題を提示した上で、それに関して△△であると述べている。
「〇〇についてコメントを述べる」という構造なので、

【「〇〇は△△」は、〇〇について△△という コメントを表明したいとき に使う】

C.
〔答えは、100円ですよ〕は、答えについて「それは100円だ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「答え」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

■3■
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕
〔明日の天気が雨〕(+条件)という構文。

「明日の天気が雨という状態であること」を表わしている。
・いつ(何日)が雨ですか?
という設問に対応している。

■4■
以下の比較がわかりやすいかも。

[ 桜がきれいだ ]
「桜がきれいという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何がきれいですか?
という設問に対応している。

[ 桜はきれいだ ]
桜について「それはきれいだ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「桜」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

因みに、以上で申し上げてきた「設問」は「暗黙的な設問」の場合も多い。
特に聞かれなくても、そういう設問があったという前提で答える形になる場合も多い、という意味です。
あくまで、構造をわかりやすくするために想定された「設問」、というふうに捉えていただければ。

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに...続きを読む

Q重複はジュウフクと読むけど、慎重はシンジュウと読まない。なぜ?

ほんの思い付きの疑問です。

重複は「じゅうふく」という読みがほとんどOKになり、辞書にも載っています。
しかし、慎重を「しんじゅう」と読むのはほとんど聞いたことがありません。
誤字変換が多いIMEの漢字変換でも出て来ません。

「リストに重複がないかどうか、慎重にチェックしてください」を「ジュウフクがないか、シンジュウにチェックして」と言ったら、「シンジュウ?」と聞き返されるかもしれませんが、ジュウフクはおそらく見逃されます。

同じ「重」の読みなのに、なぜ変わるものと変わらないものがあるのか?と疑問に思いました。

ジュウフクは「重はジュウと読む」という固定観念からジュウフクに変わったのだと思います。
ならば、なぜ、慎重はシンジュウと読み間違えられないのか?

時の流れによって変わる言葉と、変わらない言葉は何がちがうのでしょうか?
それとも、慎重も、20年後にはシンジュウになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>学校のテストで、重複をジュウフクと書いても×にならなくなったのはいつ頃からでしょう?

良く分かりませんが、平成13年版の辞書には「ジュウフク」でも OK になっていますね。
私が学校で習った当時は「重箱読み(ジュウバコヨミ)」と云って、NG の代表とされていました。

本来の 日本語は、
「重(ジュウ)」は、主に「おもさ」を表す言葉に使います。
「重(チョウ)」は、主に「かさなる」の意味に使います。

普段使う言葉で「重」を「チョウ」と読むのは、「慎重」の他に
「重宝」「丁重」等がありますね。
尚、「自重」は、「ジジュウ」と「ジチョウ」では 意味が違いますね。

Q「出せて行ければなと思っています」の意味

いつもお世話になっております。
私にとっておかしい文法の例が見つかって「間違いがない?」と思っています。
文脈は下記です。
「恐怖の質が違うんだけどその質が違うところで恐怖感ってのが出せて行ければなと思っています。」
ゲームでの二つの恐怖の質についての話です。教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

この「いく(行く)」は補助動詞ですので、「出していく」という言葉の単位で考える必要があります。

「出していく」の可能動詞なので、「出していける」が正解。

「出せていく」という表現はありませんから、「出せていける」も間違いです。

Q敬語は人と人の間の壁を作っていますか

日本語を勉強中の中国人です。最近、敬語はちょっと嫌になりました。日本人の秘書さんの言葉遣いは敬語がばっちりですが、冷たいと機械のように感じております。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「壁」とは区切りや境界のことですよね。その意味では敬語は人と人の間に上下の区切りを付けるのですから確かに壁です。
敬語は日本の文化に由来するものだと思いますので、特に仕事の上では粘り強く学ぶ以外はありません。ただ、付き合いが深まるにつれ、言葉遣いの上でもこの壁をむしろ取り除こうとするのも良くあることです。しばらくの辛抱かと思います。
ただ事務的メールと言うことであれば、対面ではないので丁寧な表現を維持する必要はあると思います。これはどの言語も同じです。

Q歌詞です。 「出会った頃はまだ分からないことが多くて戸惑ってた 今は一つだね」 意味はわかりません。

歌詞です。
「出会った頃はまだ分からないことが多くて戸惑ってた
今は一つだね」
意味はわかりません。説明してくれませんか。

Aベストアンサー

ラブソングなのでしょうか。
最初は相手のことが全く理解できなかったにも拘らず、
今では何でも理解できる唯一無二のパートナーとなったね、という意味でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング