ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

ポイントで購入した物は確定申告するの?

A 回答 (3件)

領収書を貰えるならね...立ち入り検査で領収書を確認するはず

    • good
    • 0
この回答へのお礼

領収書貰えて経費に出来る物かどうかですね!ありがとうございました(^^)

お礼日時:2019/03/02 08:37

ポイントで購入した物。

これは早く言えば、お金で買った物です。ですから、その経済的価値は、所得ではないし贈与にもなりません。ゆえに、確定申告する必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(^^)

お礼日時:2019/03/02 08:35

「購入した物」については確定申告できません

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました(^^)

お礼日時:2019/03/02 08:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告書のダウンロード

実家が自営業なのですが、確定申告をするのに
用紙をネットでダウンロードしてほしいと頼まれました
白色と言っていたような気がするのですが、どのようなものをダウンロードすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/yoshiki.htm

申告書B様式です。

自営業なら、青色申告してないんですか?
所得税の確定申告の他に消費税の申告も必要になる場合もありますよ、小売業とかなら

青色申告なら決算書なども必要ですし

その辺、もう一度正しく確認しておいたほうがいいですよ

あと、データだけダウンロードして、自宅で印刷できますか?

プリンターが無いとかだったら、セブンイレブンのネットプリントにデータを登録して、それをコンビニで印刷してください
https://www.printing.ne.jp/index_p.html

Q競馬での儲けた金額はいくらから 確定申告の対象になるんですか?

競馬での儲けた金額はいくらから
確定申告の対象になるんですか?

Aベストアンサー

まともな回答がないので回答します。

質問は、
>確定申告の対象になるんですか?
ですよね?

下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

競馬の払戻金は一時所得となります。
計算の仕方は、
総収入金額
-収入を得るために支出した金額
-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
さらに、
一時所得の金額÷2=合計所得
この合計所得が、課税対象
となります。

一時所得には、上記の
●『特別控除』が50万あり、
●年間の『払戻金』が50万以下なら、
確実に申告する必要はありません。

50万超えたら、どうかと言うと、

①給与所得者であれば、
 給与以外で『所得20万以下』なら、
 確定申告は不要です。
 所得20万以下とは、一時所得で
 言うと、所得から逆算して
 20万×2+50万=90万となり、
 競馬の当たりが、
●年間90万までは、申告の必要が
●ありません。
 但し住民税の申告は必要です。

②年間、無職、無収入の人の場合、
 基礎控除38万が最低でもあり、
 所得38万以下なら所得税は、
 非課税で、確定申告は不要です。
 逆算すると、
 38万×2+50万=126万となり、
●126万までは所得税は非課税で、
●確定申告は必要ありません。

しかし、この場合も住民税の申告は
必要です。
住民税も非課税とするには、
地域により違いますが、
最低で所得28万以下が非課税なので
28万×2+50万=106万となり、
●106万までは住民税も、どの地域
●でも非課税となります。

これは、あくまで、
競馬の当たり(払戻金)といった
一時所得のみの場合です。

ご留意下さい。

まともな回答がないので回答します。

質問は、
>確定申告の対象になるんですか?
ですよね?

下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

競馬の払戻金は一時所得となります。
計算の仕方は、
総収入金額
-収入を得るために支出した金額
-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
さらに、
一時所得の金額÷2=合計所得
この合計所得が、課税対象
となります。

一時所得には、上記の
●『特別控除』が50万あり、
●年間の『払戻金』が50万以下なら、
確実に申告する必...続きを読む

Q過去の年の損失申告(純損失の繰越控除)をこれから行いたい!

こんにちは。

個人事業主です。
損失申告(純損失の繰越控除)について質問です。

3年前(2015年)から青色申告をしていて、
2015年分から2017年分まで全て赤字でしたが、損失申告をしていませんでした。

2018年分の確定申告で黒字になったので、過去3年間の赤字分を繰り越したいと思って調べたら、損失申告は赤字の年の確定申告の時に行わないといけないと、今知りました。

2015~2017年分の損失申告をこれから行える方法はありますか?
(調べてみたのですが、よくわかりませんでした。)

ありましたら、具体的にどのようにしたらいいのか教えてください。

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[事業所得のみの金額がマイナスだったので、その損失分を繰り越せると勘違いしていました。]
そうですね。
申告書の作成時に給与所得と事業所得のマイナスが損益通算されているはずです。
つまり給与所得額から事業所得のマイナス分が控除されていることになります。

ここで給与所得額より事業所得のマイナスが多い場合には、所得金額がマイナスとなる損失申告書と言われる申告書になります。
すでに確定申告書の提出をしているが、申告書の別表3以下の損失金額の内訳を添付してないというならば、今からでも提出すれば良いです。
というよりも既に税務署から「3表以下必要なものが添付されてない」と連絡が来ているはずです。
それが無いというならば「そもそもが損失申告書ではない」可能性大です。


損益通算しても、なお所得額が黒字というならば、損失申告書ではありません。

なお、損益通算をしないで申告書を作成してしまってる場合には更正の請求が可能です(※)。
その前に税務署から「損益通算がされてません。基本的な申告書の作成ミスがあるので、訂正し押印をして欲しい」旨の連絡がはいってるはずです。税務署では申告書審理をしますから、明白な差し引き誤り(損益通算をしてないのも、これです)があれば必ず連絡してきます。


手書き申告書の場合には、ありえる作成ミスです。
国税庁HP利用で作成してる場合には、損益通算をしないで所得計算をすることは、まず不可能。

[事業所得のみの金額がマイナスだったので、その損失分を繰り越せると勘違いしていました。]
そうですね。
申告書の作成時に給与所得と事業所得のマイナスが損益通算されているはずです。
つまり給与所得額から事業所得のマイナス分が控除されていることになります。

ここで給与所得額より事業所得のマイナスが多い場合には、所得金額がマイナスとなる損失申告書と言われる申告書になります。
すでに確定申告書の提出をしているが、申告書の別表3以下の損失金額の内訳を添付してないというならば、今からでも提...続きを読む

Q所得税の還付金について

お世話になります。


最近知人女性と所得税の話しになりました。
話してるうちに知人は本来受け取れるはずの還付金を貰い損ねているのでは?と思ったので、質問させて頂きます。


ざっくりなのですが


・知人女性の年収(総支給額)→120万

・月10万円の総支給額から、雇用保険料と所得税(約3600円くらい)が差し引かれた金額が振り込まれている


これが前提で源泉徴収を行うと


給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)、さらに知人はシングルマザーで子持ちなので特定寡婦控除(35万)が受けられると思います(実際知人はそう申請したそうです)


これらの控除を考えると課税所得金額は0になり、月々引かれていた所得税の約3600円(×12)は還付される事になりませんか?


ちなみに知人は還付金は受け取ったらしいですが、4000円くらいだったと言っていました。足りなくないですかね…?;
私の認識違いでしょうか?


詳しい方、ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

本来の所得税の引かれ方などを
ご説明しておきます。

下記にある手順で所得税を源泉徴収
するルールになっています。
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/01.htm

まず、年の初めまでに、その年の
『扶養控除等申告書』を提出して
もらうことになっています。
年末調整時に『翌年分』もいっしょに
提出してもらう会社もあるでしょう。

要は1月の最初の給料計算の時までに
提出されていれば、それに基づいて
所得税の計算をします。

計算には下記の月額表を使います。

給与所得の源泉徴収税額表(月額表)
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/data/01-07.pdf

具体的にその時点で、
『寡婦』の申告がないなら、
★扶養家族数は『0人』になります。
16歳未満のお子さんの記載があっても、
扶養控除がないので『0人』です。
しかし、寡婦控除申告があると、
16歳未満のお子さんがいれば、
有効なので、
★扶養親族数は『1人』になります。

※因みに16歳以上のお子さんがいる
『寡婦』の扶養親族数は『2人』と
 なります。

※また、扶養控除等申告書の提出が
 ないとみなす場合は、上記表の
 乙欄を使います。
 (10万なら、3,600円です。)

話を戻して、
扶養控除等申告書を提出されている
とみなしているならば、
『扶養親族数』と『給与月額』から、
上記の月額表で、源泉徴収される
所得税を求めます。

但し、その給与月額には、
●通勤手当は含みません。
●雇用保険料は差し引きます。

雇用保険料は、一般的な業種では、
総支給額の0.3%となります。

例えば、
給与総支給額(通勤手当0.5万込)で、
月額10.5万の場合
雇用保険料は、
10.5万×0.3%=315円

課税対象の給与月額は、
通勤手当を引いた10万円

10万円-315円=99,685円
で、上記の月額表から、
所得税を求めます。

給与等の金額は、
99,000~101,000
の範囲が該当し、
扶養親族数『0人』で行くと
★所得税は720
となります。
それ以上の扶養親族数では、
表のとおり所得税は『0』
となります。

1年間720円が引かれていて、
年末調整で『特別の寡婦』が
申告されたならば、
●720円×12ヶ月=8,640円
の源泉徴収されていた所得税は、
全て還付されることになります。

年末調整では、年間の収入で
課税額を計算し直します。

年間120万であれば、
先述の課税対象の10万×12ヶ月
給与支払金額120万
-給与所得控除65万
-基礎控除38万
-寡婦控除35万
-社会保険料3,780
(雇用保険料×12ヶ月分)
≦0
となるので、非課税なのです。

ですから、
本来であれば、前述の年末調整額
●8,640円が返されるはずなのです。

ずっと3,600円が引かれているなら
それも全部還付されます。

これまでの例で下記の源泉徴収簿に
記入される金額等は、
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_03.htm
総支給金額は、   100,000
社会保険料等の控除額は、315
社保控除後の金額は、 99,685
扶養親族等の数は、    0
算出税額は、      720
となるはずです。

その後ろの過不足による調整は、
よほど分かっていない限りはいじり
ません。
年末調整で過不足を調整するのが、
シンプルで分かりやすいです。

さて、このあたり、担当者がどれほど
理解できているかどうかです。

いかがでしょうか?

本来の所得税の引かれ方などを
ご説明しておきます。

下記にある手順で所得税を源泉徴収
するルールになっています。
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/01.htm

まず、年の初めまでに、その年の
『扶養控除等申告書』を提出して
もらうことになっています。
年末調整時に『翌年分』もいっしょに
提出してもらう会社もあるでしょう。

要は1月の最初の給料計算の時までに
提出されていれば、それに基づいて
所得税の計算をします。

計算には下記の月額表を使います。

給与所得の源...続きを読む

Q源泉徴収と年末調整は並行して行うものですか?

源泉徴収と年末調整は並行して行うものですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 「源泉徴収」は給与支払者が毎月、給与から所得税を天引きし、翌月の10日までに国に納めることを言います。
 「年末調整」は12月に「①その年の1~11月に源泉徴収した所得税の合計」と、「②年間の収入から各種の控除を引いた額で求めた本来の1年間の所得税の額」を比較し、「①-②」で余りがあれば還付、足りなければその分を12月の給与から源泉徴収(天引き)することです。

 つまり、1~11月については「源泉徴収」だけ、12月については「源泉徴収」と「年末調整」を並行して行うことになります。

Q公的年金4百数万円で確定申告しないとどうなる

公的年金が400万円以下だと申告しなくてもよいと書いてあります。
民間会社の退職金を年金で受け取っている為、厚生年金と合算すると400万円を数万円Overします。
該退職金年金は公的年金ですか?
この場合、確定申告をしなければどういう罰則になりますか?
74歳を超えて、頭もぼんやりし、ややこしいパソコン操作で確定申告書を作るのも困難になってきました。出さなくても良ければ助かります。厚生年金から税金、介護保険料は既に天引きされています。

Aベストアンサー

>退職金年金は公的年金ですか?
はい。そうなります。

>確定申告をしなければ
>どういう罰則になりますか?
所得税、住民税に不足があれば、
無申告課税、延滞税などが
課せられる場合があります。

退職金を年金で受け取っている場合
★7.6575%の所得税が源泉徴収
されていると思うのですが、
いかがですか?
源泉徴収票をご確認下さい。

そうすると、たぶんですが、
★多目に所得税をとられているために
損をしていると思われます。

逆に言うと、そうなっていれば、
確定申告は特に必要ありません。

具体的な各源泉徴収票の金額を
ご提示いただければ、確認できます。
その他、国民健康保険料等も。

しかし、確定申告はされた方が
よいですよ。
パソコンが苦手であれば、
手書きでもよろしいかと
思います。

いかがでしょうか?

Q確定申告又は県民税の申告時に雑所得を申告しなくてもばれませんよね?

確定申告又は県民税の申告時に雑所得を申告しなくてもばれませんよね?

Aベストアンサー

その雑所得の元になる支払いをした人が、名指しで支払っている旨を支払調書などで税務署に報告していたら、税務署が照会してバレるって事もあります...5年以内にばれなけりゃいいけど

Q天皇が大学行くってどういうことですか? 日本には貧しくて大学へ進学を断念して働いて税金を納めている家

天皇が大学行くってどういうことですか?
日本には貧しくて大学へ進学を断念して働いて税金を納めている家庭もあるのに人の税金で飯食ってる天皇が大学へ行くってどういうことですか?

Aベストアンサー

今上陛下は大学をご卒業されていません。嘘だと思うなら、宮内庁のHomePageに行って陛下のご略歴を見てご覧なさい。「大学教育ご終了」になってるでしょ。卒業された皇族の方は皆「ご卒業」となってます。ご卒業されていないから「ご終了」なのです。

 こうなったのは、皇族としてのご公務を優先されたがため、出席日数が足りず、単位取得が出来なかった科目があったからです。つまり日本国の為の公務を果たしていたが為に、卒業を犠牲にせざる得なかったのです。家業の都合により、卒業を断念せざる得なかったと言えるでしょう。陛下は公務と学業を両立される為に苦労なさった学生だったのです。

>貧しくて大学へ進学を断念して
 貧しくとも大学に行きたいなら、陛下を見習って働きながら行けばよいでしょ。陛下はキチンと余人に代えがたい公務をしながら大学に通っていたのですよ。陛下に限らず、皇族の方は学生の内からご公務をなさっています。大学をレジャーランドと勘違いしているかのようなその辺の学生とは訳が違います。貴方は何も知らずに勝手な思い込みでケチを付けているだけです。

Q確定申告でカードリーダーの役割

税務署まで遠いです。
それで、国税庁 確定申告書等作成コーナー ~
データを入力しているのですが!入力ミスなどがあれば二度手間となります。
そこで、カードリーダー経由で入力すると
税務署とのデータのすり合わせができるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

カードリーダーは確定申告の対象者の身分証明として
「マイナンバーカード(以前は住民基本台帳カード)」に
記載されている情報を送信するために使用します。
データー入力ミスをカバーするものではありませんが
身分証明のための入力過程は短縮されます。

Qクレジットカード 不正利用されました 海外で

海外でクレジットを不正利用されましたが、
カード会社はどこまで捜査してくれるのでしょうか。
カード会社に捜査権はないと聞いたことがありますが...
ニュースでもあまり逮捕者出てこないですし、本当に捜査してくれるのか心配です。
捜査しますっていってそのまますごい時間かかるんじゃないかとか不安です。

あと、クレジットは親が作ったので名義は自分かもしれませんがまず親元に新しくカード発行されたやつ来ると思うのですが、だいたいどれくらいで親元に届くのでしょうか。

詳しい回答待ってます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クレジットカード会社は捜査なんかしませんよ。

そもそもクレジットカードは「不正利用される」前提なのです。
日本はとても安全な国で、現金を持ち歩いていても襲われる心配が皆無なので、基本的に「決済(支払い)するためにどうやって安全を確保するか」という発想がありません。

クレジットカードはまさに「安全に支払うためのもの」なのです。
クレカができる前には小切手というものがありました。日本人でも海外旅行の際にトラベラーズチェックを使ったことがある人も多いでしょう。

これは「現金を持つと危ないから、紙に金額を書いて銀行で現金化してもらう」と言う発想で生まれたものです。だから支払いを小切手でして、小切手をもらった人は自分の口座がある銀行に行ってお金を入金してもらえば多額の現金を持ち歩かなくても済む、ということになります。

しかし「紙」ですから、その当時でも偽造や詐欺などがあり、小切手を使う国では「それは当たり前、でもそういうことがあるからこそ小切手のほうが安心」だったのです。

クレカも同じです。クレカの最大の特徴は「不正使用があっても、カード会社が補填してくれて自分には一切損害がないこと」です。だから新しいカードを使っていればそれでいいのです。

もちろん警察は捜査しますよ。カード会社も情報を出して摘発に協力します。だけどそれはクレカ利用者には全く関係ない話です。

クレジットカード会社は捜査なんかしませんよ。

そもそもクレジットカードは「不正利用される」前提なのです。
日本はとても安全な国で、現金を持ち歩いていても襲われる心配が皆無なので、基本的に「決済(支払い)するためにどうやって安全を確保するか」という発想がありません。

クレジットカードはまさに「安全に支払うためのもの」なのです。
クレカができる前には小切手というものがありました。日本人でも海外旅行の際にトラベラーズチェックを使ったことがある人も多いでしょう。

これは「現金を持つと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング