「どですかでん」は黒澤監督の壮大な(?)実験作といわれているようですが、上映当時の各層の反応・反響はどうだったのでしょうか?また、製作にあたって黒澤監督がめざしたものとは何でしょうか?ビデオで見ましたが、凄く前衛的で強烈なインパクトのある映像に感じました。内容は多岐にわたり、筋立てて理解することはできませんでした。それから、この映画のイメージキャラクター(?)の電車の車掌になりきる少年は何者なのでしょうか?俳優ではないのでは・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

黒澤監督の映画作品はすべて壮大な実験作です。

(ご本人の言葉です。)まずは山本周五郎の原作「季節のない町」読んでください。この原作と、黒沢監督の画家としての色彩感覚が織り成す幻想的な物語です。電車の運転手(車掌ではありません)になりきる少年と、彼に向かって電車馬鹿となじる少年たちを比べてください。電車馬鹿には永遠に変わらない、信じるものがあります。今の子供たちにはそれがあるのでしょうか。心の奥底に電車馬鹿をうらやむ気持ちがないでしょうか?
それを否定したいがために、石を投げつけるのではないのでしょうか。
 自分の生活とこの映画の複数の主人公たちの生活を比べてください。彼らは外界のことは知らずに、狭い空間の中を、精一杯生きています。人殺しや詐欺などが起こる空間でしょうか?皆さんの周りはいかがでしょう?この特殊な空間で生きる人々を象徴しているのが電車馬鹿六ちゃんです。そこへ、日本独特の落語の味付けが加味されているように思えます。
 「どですかでん」は黒澤監督初のカラー映画です。黒澤監督は、周りの映画がすべてカラーになったあともいつまでも、白黒映画を撮っていました。(確か20年近く) その間カラーで撮らなければならない題材をずっと暖めていたのだと思います。しかし、興行的には失敗でした。このこともひとつの原因と思いますが、その後自殺未遂を起こしました。それまでの白黒時代劇が(世界的に)あまりにすばらしかったので、その期待とは全く別物の作品だったからでしょう。黒澤監督は、時代劇にこだわりを持たずに多方面の映画を作ろうとされていたようです。
電車の少年は「赤ひげ」ですばらしい子役を演じているので是非見てください。
黒澤監督はこの作品を機に、当たり続けた時代劇から脱皮し、次の方向へ向かって行ったのだと思います。そのひとつが山本周五郎の世界と黒澤明の世界の融合なのだと思います。「雨あがる」と最後の脚本がそれにあたるのでしょうか。
絵画と映画の融合ということが可能ならば、「どですかでん」「夢」がそれにあたるのでしょうか。「影武者」にもそんなシ-ンがあります。
 話が広がってしまいましたが、黒澤明は世界に誇れる日本人です。是非1本づつ作品をご覧になってください。
 
    • good
    • 3

1970年当時に行われた座談会で、以下のような発言がされています。



熊井啓〔映画監督〕:「赤ひげ」も同じ原作者で、りっぱな写真なんですが。ちょっとりっぱすぎて、何か戸惑いを感じました。が、今度の映画は、見ていまして、ぼく自身のことをいわれているような、冷や汗をかきながら笑っているという、感じで見ていました。紙一重でぼくなんか、あの世界に入っていく人間ですから。親近感がある。それでいてねらうものをねらっておられるので、ぼくは十何年来の黒澤さんの作品中で一番よかった。
山田宏一〔映画評論家〕:その意味では、ぼくは「素晴らしき日曜日」に一番近いと思う。
白井佳夫〔映画評論家〕:フランスのジャン・ルノワールが、ある年齢に達してから融通無碍な境地に達して、描く世界がポーンと自由な世界に抜けた時代がある。「どですかでん」は、いわばそれと似ている、という気がしますね。…今度の黒澤さんの作品は、カラーを得て一つ上昇した、という感じがする。自由な世界につき抜けたから早く撮れたし、ストレートにいったんだ、という気がするんですがね。
黒澤明:カラーが使えたので、とてもおもしろかった。…こんなにリラックスして撮った作品はありませんね。
熊井啓:ぼくは、「生きものの記録」なんかをもう一度思い浮かべながら見て、こうも感じました。これは、原爆か水爆が落ちたあと、ささやかに生き残った人間たちのドラマで、一種のSF映画なんじゃないか、と。こういう人間たちだけが生き残って、こういう世界を作るだろう、という予感映画ですね。単なるメルヘンじゃなくて、黒澤さんがこの映画を作った背後には、そういうものがある、という気がします。今までの黒澤作品のエネルギッシュな迫力とはまた違った、新しい世界ですね。
白井佳夫:これだけ新しい映画ができたのだから、新しい宣伝を東宝にお願いしたいですね。いい日本映画を見たがっている人たちの、待望の映画ですよ。みんなに、胸を張って見せられる作品です。成功させなければ、いけない作品だな。〔「黒澤明集成3」キネマ旬報社より抜粋〕


頭師佳孝 1955年生まれ。新藤兼人監督「母」で子役として注目され、目をつけた黒澤が「赤ひげ」の長次役に抜擢。「どですかでん」の電車狂・六ちゃん役では、チャップリンやマルセル・マルソーのパントマイム劇を参考にしたり、都電・荒川車庫で電車の運転を練習中、電車を脱線させてしまい、黒澤に「危ねえなあ」と言われた。その後「乱」の武士、「夢」の第四話「トンネル」の野口一等兵役がある。〔「黒澤明集成2」キネマ旬報社より〕
    • good
    • 1
この回答へのお礼

驚きました!ありがとうございます。こんなに詳しく書き込んでいただいて。そうですか、黒澤監督初のカラー作品というのがキーポイントかも知れませんね。それから頭師さんってれっきとした俳優さんなんですね。勉強になりました。

お礼日時:2001/07/29 16:52

少年役は、頭師佳孝さんのようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます。それから頭師さんて・・・?わかります?

お礼日時:2001/07/27 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒澤明監督”どですかでん”の主演俳優

先日、レンタルビデオで”どですかでん”を観ましたが主演の彼の顔があまりにもインパクトがあり忘れられません。坊主頭で額の大きな人です。宇宙人みたいです。
 あの方はいったい何者なのですか?今も俳優業を続けられているのでしょうか?他にはどんな作品に出演されているのでしょう?
 どんなささいな情報でも結構ですので教えてください。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どですかでんの主演というと六ちゃん役の「頭師佳孝」さんでしょうか。
それなら参考URLのような作品に出演されています。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/cast/91313/index.html

Q黒澤明監督の脚本

黒澤明監督の映画の脚本が読みたいのですが?
どの本を読んだら良いのでしょうか?
「月刊シナリオ」とか「キネマ旬報」に出ているのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~iwamatsu/kurosawa5.html
AKIRA KUROSAWA'S BOOKS

参考URL:http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~iwamatsu/kurosawa.html

Q左とん平さんの曲

今日のTV番組(NHK18時からのふれあいホール)に左とん平さんが出ていたらしく、その時左とん平さんが歌っていた曲を知りたいのです。
TVを見ていた親がとてもいい曲だった・・・というのですがふれあいホールの番組で検索しても載っていません。どなたか番組を見ていて曲名をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

私も番組は見ておりませんが、左とん平さんであれば、「とん平のヘイユウブルース」でしょう。
人生をすり鉢に見立て、自分の人生を磨り減らされて行くすりこぎに擬えた切ない歌詞は今聴いてもグッときます。

Q黒澤明監督の映画のことで

取引先の方から「僕とつきあうんだったら黒澤明の映画見てよ」って言われました。

現代のサラリーマンに連想して、何か思い当たることってありますか? 「七人の侍」や「蜘蛛巣城」とかで。。。

私は見たことないので全く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんはー。

黒沢映画の基本は集約すると以下の点なのかなと思ってます。

自分のバックボーンを尊重し、揺るぎない信念を持ちつつ、規律には従うが自分の特色を生かした行動を取る。
しかしながら、人生は「無情(無常)」な事もあるんだというのを自覚する事も必要なんだと。

あまり映画には詳しくないのですが(^^;)
私はそんな印象を持っています。

回答になっていなければ申し訳ありませんです。

Q笑点のこん平さんは?

今日、笑点のエンディングしか見れなかったのですが今まで空席になっていたこん平さんの席にオレンジの着物を着た人がいましたが、こん平さんではなかったようでした。
この方は誰だったのでしょうか?
また、当初復帰まで空席でといっていたと思いますが、代理を立てたということは、復帰までまだまだかかるのでしょうか?
代理の方が出てきた状況を見ていなかったのでご存知の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

あの方はこん平さんの弟子のたい平さんという方で
復帰までのピンチヒッターです。
http://www.narinari.com/Nd/2004113700.html?xml

参考URL:http://www.narinari.com/Nd/2004113700.html?xml

Q黒澤明監督作品「隠し砦の三悪人」の中で、、、

役者として殺陣師の久世竜さんが出演していると効いたことがあるのですが、一体どこのシーンに出ておられたのでしょうか? ご存じの方がおられましたら詳しく教えて下さいませ。

Aベストアンサー

まだ私自身は未確認なんですが、
話によると、
馬上の殺陣のシーンで、真壁六郎太(三船敏郎)と対する山名の兵が、久世竜氏らしいです。

…もっと詳しい情報が必要ですか?

Qすぐ回答欲しいです。2016年の24時間テレビマラソンランナーに林家たい平さんが選ばれたそうですよね

すぐ回答欲しいです。2016年の24時間テレビマラソンランナーに林家たい平さんが選ばれたそうですよね(*´ω`*)ちなみにご本人好きですか?

Aベストアンサー

いつも、ニコニコしてて割と好きな方です!なんか、親近感が湧きます

Q熊井啓監督、黒澤明脚本「海は見ていた」について

熊井啓監督で黒澤明脚本「海は見ていた」を映画化すると聞きました。
どんな情報でもよいので、このプロジェクトに関してご存知の方が
いらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

今晩は。ooieiさんの質問には、私が実際にここで回答を始めた1週ほ
ど前に気が付いていました。その時点で、既に読売新聞夕刊の芸能欄には
監督へのインタヴュー記事が掲載されていました。しかし、既にその所在
も判らず、そのままとなりました。
 結局今となれば、既にあちこちの新聞や雑誌で取り上げれていて、回答
の必要も無いのではないでしょうか。しかし、回答が全く無いままで質問
を締め切るわけにも行かず、きょうに至ったのだと思います。言うなら
ば、少々質問をするのが早過ぎた、と言う事かもしれません。
 さて、2日、日曜の日本経済新聞25ページに本作品の撮影風景等の記
事がかなり大きく載っています。よろしかったらご覧下さい。

 それと、折角ですから熊井監督とのちょっとした出会いを書いておきま
す。
 京橋のフィルムセンターが火事で閉鎖された後、数年にわたって竹橋の
近代美術館の講堂で上映会が行われていました。ある年の、定例の催しの
「逝ける映画人をしのんで」で、石原裕次郎主演の「黒部の太陽」が上映
されました。私の知る限り、この作品はそれ以前の10年間ほどで、16ミリ
版がただ1度上映されたことが有るだけでした。そういうわけで会場はほ
ぼ満員で、多少は早目に行った積もりでしたが、席は最後列になりまし
た。
 その日、上映に先立って場内にアナウンスが有り、「本日は熊井監督が
見えておりますので、一言挨拶していただきます。それでは、お願いしま
す」。その時席を立ったのは、私の隣りの人でした。
 手持ちの本などを読んでいて、そのことには全く気が付かず、内心
「し、しまった・・・」。というのも私は、「サンダカン八番娼館 望
郷」以来、初期の日活時代の作品等で、熊井さんが好きだからなのです。
 やがて、1部、2部の休憩の間に二言、三言話をしました。その際に、
何故この作品が上映されないのかに付いても言及が有り、要するに石原プ
ロダクションがプリント(上映用フィルム)を売り止めにしてのだという
ことが明らかになりました。
 ともあれ、本人の隣りの席でその監督の作品を観るという、今後もまず
無いだろう経験をした日でした。勿論新作も期待しています。それでは。

今晩は。ooieiさんの質問には、私が実際にここで回答を始めた1週ほ
ど前に気が付いていました。その時点で、既に読売新聞夕刊の芸能欄には
監督へのインタヴュー記事が掲載されていました。しかし、既にその所在
も判らず、そのままとなりました。
 結局今となれば、既にあちこちの新聞や雑誌で取り上げれていて、回答
の必要も無いのではないでしょうか。しかし、回答が全く無いままで質問
を締め切るわけにも行かず、きょうに至ったのだと思います。言うなら
ば、少々質問をするのが早過ぎた、と言う事...続きを読む

Q真打ち?(林家こぶ平さん)

先日、林家こぶ平さんと弟の林家いっつ平さんの二人が真打ちに昇進されましたが。あのお二人ってそんなに頻繁に落語をされていますか?なんかバラエティ番組に出演していて「パネルをポン」っとか、「リポーターでここです。」みたいな印象しかないのですが。真打になれたのは親の影響力のおかげだと思ってしまいます。それとも東京の落語ってそういうものかなあとふと疑問に思います。詳しい方お教えください。

Aベストアンサー

最近真打に昇進したのは、いっ平です。

こぶ平は、林家正蔵を平成17年(2005年)の春(3月下席)より襲名します。

二つのニュースが重なったので誤解されているようですが、こぶ平は、1980(S63)年4月4日に新宿・末広亭で真打披露をしています。

親の影響力だけでなれるものではありません。

バラエティ番組でどんなに活躍していても、寄席での実績がなければ真打にはなれません。
席亭(寄席の経営者)や幹部の師匠方の判断でそろそろ真打にしても良いのではないかと声が掛かりますので、寄席に出ていなければ話になりません。

寄席の数も少なくなりましたので、ホールその他での落語会も催されています。

また、真打制度があるのは東京だけで、大阪には真打制度はありません。

なかには、何年も落語をやったことのない「落語家」もいますが、笑福亭鶴瓶は落語もしっかりやっています。

参考URL:http://www.kinokuniya.co.jp/05f/d_01/back/no21/essay/essay03.html

Q黒澤明監督の映画は、凄いとよく聞くので前々から興味はあったのですが、つ

黒澤明監督の映画は、凄いとよく聞くので前々から興味はあったのですが、つい新作映画を借りてしまって結局今まで一作品も見た事がありませんでした…
でも、この前「椿三十郎」のリメイクで織田裕二さん主演のを見て凄く面白かったので、お勧めがあれば教えて下さい。
松本潤さん主演の「隠し砦の三悪人」は見ました。

Aベストアンサー

何と いい時期のご質問なのでしょうか?
釣られましょう。

東京は今月末、大阪は4月いよいよ
大映、松竹などの協力で、全30作品が映画館に戻ってきます。

ただねぇ・・・・全作品入れ替え制で1500円はチト高い・・・・いやしかし
もともと映画館のスクリーンサイズを想定して作られた作品達なので
後学のためにも是非、1本くらいは映画館で見てください。


黒澤明 -生誕100周年記念 特別上映は
3月27日から4月の16日まで
TOHOシネマズシャンテにて
http://www.tohotheater.jp/theater/034/info/event/kurosawa.html
4月17日から5月7日まで
大阪 千日前 敷島シネポップ にて 
http://www.tohotheater.jp/theater/047/info/event/kurosawa.html
関西では何故か「デルス・ウザーラ」の上映がありません。

お勧めの作品としては「蜘蛛の巣城」「天国と地獄」「野良犬」「生きる」「七人の侍」「酔いどれ天使」
「どん底」「用心棒」辺りから・・・・「八月のラプソディー」なんてかなり地味ですが、私は好きです。

何と いい時期のご質問なのでしょうか?
釣られましょう。

東京は今月末、大阪は4月いよいよ
大映、松竹などの協力で、全30作品が映画館に戻ってきます。

ただねぇ・・・・全作品入れ替え制で1500円はチト高い・・・・いやしかし
もともと映画館のスクリーンサイズを想定して作られた作品達なので
後学のためにも是非、1本くらいは映画館で見てください。


黒澤明 -生誕100周年記念 特別上映は
3月27日から4月の16日まで
TOHOシネマズシャンテにて
http://www.tohotheater.jp/theater/034/in...続きを読む


人気Q&Aランキング