【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

少し、意見を聞かせてください。
今、小6の娘がいるのですが、さいきん、最後の学校行事がありました。
先週辺りから体調崩して安静が必要だといわれ、会社は休みを貰ってるのですが、、、
今日会社から電話があり、休みを貰っていて何処そこで歩いてるでしょ?と言われ、「家にいる」って事を伝えたら「学校行事に行ったりしてるでしょ」って言われました。最後だし、座ってるだけだから行きましたって伝えると、
「休み貰ってて、最後でも見に行くのはおかしい」って言われました。
学校には会社の方が何人か居たので伝わるのは覚悟して行ったのですが。。
又、来週末にはPTAやら卒業式等あるのですが、参加すれば批判受けるのは当たり前ですよね?

A 回答 (2件)

有給休暇は権利ですが、日本はご質問の風潮です。


ことさら、荒立てない方が無難なので、卒業式など
参加しない事をお勧めします。
    • good
    • 0

そもそも、休みを取るのに理由は必要ないですよ。


それが会社と社員の関係じゃないですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公理って何?

再び初歩的質問です。

「公理」を辞典で調べますと、

・数学で、論証がなくても自明の真理として承認され、他の命題の前提となる根本命題。

・論理学で、演繹的理論の出発点として、証明なしに採用される命題。

・現代においては、自明な命題ではなく、理論の前提となる仮定。

等の記述があります。

1.学問がないので、いまいちピンとこないのですが、具体的にはどのようなものがあるの
でしょうか?そして、どう理解したらいいのでしょうか?

2.「理論の前提となる仮定」から組み立てられた理論というものが、自然科学においても
検証されるとはいえ、何故、事実・真実と言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

公理で一番有名なのは、平行線公理(平行線公準とも呼ばれる)でしょう。

「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一つしかない」

この命題を証明することはできません。以前はこれを証明しようと多くの数学の天才たちが試みました。しかし誰にも証明できなかった。ロバチェフスキーが1829年に『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』を発表して、彼が1826年に発見した新しい幾何学を提示して、上記の命題が証明不可能な公理であることが明らかになったのです。

ロバチェフスキーは、上記の命題の代わりに

(1)「一つの直線上にない一点を通ってその直線は何本でも引ける」

としても、数学的に無矛盾で閉じた論理体系を構築できることを明らかにしました。それがいわゆる非ユークリッド幾何学の始まりでした。この幾何学で表現されている空間は曲がった空間なのです。

その後に、リーマンが

(2)「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一本も引けない」

としても、数学的に無矛盾で閉じた論理体系を構築できることを明らかにしました。この公理(2)が成り立つものとして構築された幾何学をリーマン幾何学と呼びます。一方、上記の公理(1)が成り立つものとして構築された幾何学をロバチェフスキー幾何学と呼びます。

さらに、リーマン幾何学の一つの具体的な例が球面状の幾何学であることもわかるようになりました。その場合この非ユークリッド幾何学を球面幾何学と呼ぶこともあります。

上記の事実の発見は、人類に多大な知的進展をもたらしました。なぜなら、自分の主張の論理的矛盾性をいかに証明しても、それでこの世界が解ったわけではないことが明らかになったからです。例えば、我々が埋め込まれている宇宙が上記のどの幾何学によって記述されている世界なのかは、論述の無矛盾性や整合性をいくら明らかにしても、判定できないことが明らかになったからです。

その判定には必ず実験や観測が必要である。すなわち論理的な理念の整合性に加え、事実はどうなのかを実験や観測で判定しなくてはならない。その判定をするのが自然科学なのです。そして数学は、命題の間の無矛盾性を論じる言語学であり、すなわち人文科学の一つであり、事実を論じる自然科学ではないことが明らかになったのです。

公理で一番有名なのは、平行線公理(平行線公準とも呼ばれる)でしょう。

「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一つしかない」

この命題を証明することはできません。以前はこれを証明しようと多くの数学の天才たちが試みました。しかし誰にも証明できなかった。ロバチェフスキーが1829年に『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』を発表して、彼が1826年に発見した新しい幾何学を提示して、上記の命題が証明不可能な公理であることが明らかになったのです。

ロバチェフスキーは、上記の命題の代わ...続きを読む

Q昔からの疑問。 なんで殴るのは駄目なのに、小さい子向けのヒーローもんは敵を殴って勇者になるんですか?

昔からの疑問。
なんで殴るのは駄目なのに、小さい子向けのヒーローもんは敵を殴って勇者になるんですか?
棒を振り回すシーンもよくあったり、そういうのがなくなればもっと平和になると思うけどな

Aベストアンサー

本当にそう思います。

私も考えを変えるきっかけがあり、それ以来子供たちにはヒーローものを見せないように努めてきました。水鉄砲も同じですよね。おもちゃとはいえ銃口を相手に向けるわけですから。

全く同感です。

Q文字を書くことで頭は良くなりますか?

文字を書くことで頭は良くなりますか?

Aベストアンサー

良くなりますよ。

書く、という動作そのものが頭の働きを
良くすることが知られています。

それに加えて、書けば覚えます。
覚えるという動作も頭を良くします。

Q社会のルールを正しく守り人にやさしく生きようという気持ちがある人と、ない人との間には個人の努力の差が

社会のルールを正しく守り人にやさしく生きようという気持ちがある人と、ない人との間には個人の努力の差があると思いますか?
前者が善人、後者が悪人とします

遺伝子、生活水準の差、生まれた環境や場所によって決められている人間関係(親、家族構成、小学校など)が人格形成に影響を与えると思うのですが、
それらが運悪く恵まれなかった結果悪人になった人と、素晴らしい環境で育った結果善人になった人とでは、その2人の間に違いはない気がしてしまいます。

その環境に生まれたのは本人の意思じゃないとしても悪人は罰せられるべきなのでしょうか

最近、性格悪いなと思う人がいて、でもその人の罪ってなんだろうとふと疑問に思ったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

努力よりも質問者様が挙げた条件の方が大きいでしょうね。

>社会のルールを正しく守り人にやさしく生きようという気持ちがある人と
ルールを守ったことで自分の生活や安全を守ることができた。恩をあだで返されることがなかった。
正直者が馬鹿を見るという展開を経験することがなかった。
こういう人生を送ることができれば、ルールを守ることや優しく生きることが正しいと思えるでしょう。
ですが、そういう人生を送れるかどうかは運とかその地域の民度によるところが大きいと思います。

なお、それでも悪人というか罪人は罰せられるべきでしょう。
どんなに条件が悪いとしても、ルールや道義に反する行動の決断は本人の意思のはず。

Q先ほどの養子縁組は特別養子縁組でした。特別養子縁組の場合娘が結婚する際養子ということはわからないので

先ほどの養子縁組は特別養子縁組でした。特別養子縁組の場合娘が結婚する際養子ということはわからないのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんを戸籍筆頭者とする戸籍に特別養子縁組で実子として養子を迎えられたので、其処には種々邪魔な記載が有ります、
前質に書いた様に知識が無ければ解りませんが、まっ、疑問点として浮かぶ可能性は有ります、

でね、
種々の記載事項を戸籍から消す手段は有ります、

質問者さんの現戸籍を本籍地記載の市区町村から出来れば丸切り関係の無い市区町村へ異動されればその本籍地から取得する戸籍には特別養子縁組で迎えた身分事項の記載は有りません、

言っても、戸籍なんで辿れば事実は解って仕舞います、
なので、
娘さんが自身の本籍地を現時点でご存知無いなら早急に本籍地の異動(転籍と言います)を済まされておくのが得策だと思います。

Q数学得意な方!! (6)の解き方教えてください!!

数学得意な方!!
(6)の解き方教えてください!!

Aベストアンサー

それぞれの分母を因数分解してから通分します。

(x+4)/(x^2-2x)-3/(x^2-3x+2)
 =(x+4)/x(x-2)-3/(x-1)(x-2)
 =(x+4)(x-1)/x(x-2)(x-1)-3x/x(x-1)(x-2)
 ={(x^2+3x-4)-3x}/x(x-1)(x-2)
 =(x^2-4)/x(x-1)(x-2)
 =(x+2)(x-2)/x(x-1)(x-2)
 =(x+2)/x(x-1)
 =(x+2)/(x^2-x)

Q人間が人間を超えるものをつくること

たとえば、情報工学の先端でAIの研究に携わっているとしましょう。
すべてにおいて人間を超える可能性を秘めているものを対象として目の前におくとき、主観は常に対象を客観視できるでしょうか。
人間が人間を超えるものをつくる、ということは、あえて極論を言いますと、人間が人間を滅ぼすというポテンシャルを含み持つことです。
IT化による効率性、利便性は今や否定できません。
ITシステムが修正を繰り返し生き延びる様は人間のようであり、自ら学習を重ねて賢くなる人工知能AIはいつか人間を超える存在になると言われます。
そのようになると想定される場合に、果たして人間は冷静に客観である対象に向き合えるものでしょうか。それとも、専門家のあいだでは人間を超えることはないという根拠があるから、冷静に研究開発を続けられるのでしょうか。
もしそうならば、それを開示して世の中の不安も同時に払拭していく責任も同時にあると思うのですが、皆様はどのように思われますか?

Aベストアンサー

#14です。お礼ありがとうございます。

>ああ、私たちはいつになったら悟るのだろう
人間を失ったことを

頭のいい人たちはすでに19世紀初頭に警鐘を鳴らしていますよ。
たとえばJ・J・トールキンは「人間らしさ」を「自然(精霊や斎もの)との交流と恐れが人間の本質である」としてそれが失われる前に指輪物語を書きました。指輪物語で人間以外が西の国に行ってしまうのは、まさに19世紀が「機械に人間が乗っ取られ、人間性を失う時期」だったからです。

同様にラフカディオ・ハーンは日本に来て「まだ人間性が残っている今のうちに記録を残そう」と小泉八雲として様々な小説を著作しました。

「メトロポリス」なんていうデストピアを描いた映画もありましたね。

どれも19世紀末から20世紀初頭の作品で、この辺りが機械を発明した第一世代から、機械と共存する第二世代に変わった時期なのでしょう。それから先はコンピューターでもAIでも機械化の延長にすぎないわけです。

人間のほとんどは「科学文明と共に生きること」を選んだのです。そのほうが「犠牲はあるかもしれないが、少なくとも自然の中で恐れて生きているよりは幸せである」と考えたからです。

実際、20世紀の科学進歩はすさまじく、それ以前の不治の病とされた天然痘は撲滅、ペストなどは激減、結核は治るようになり、飛行機を使えば1日で世界一周できるようになりました。機械を使うことによる犠牲者はあるものの、全体で見れば「機械のおかげで人は死ななくなった」のです。

ですから、今後もAI化などは「ほとんどの人が疑問を持たずに」進んでいくのだと思います。でも結局人間はそれで幸せなんだと思いますよ。

私には子供が居ますが、20世紀初頭の乳幼児の死亡率は50%以上だったわけです。つまり10人産んでも5人しか残らない社会で、ほとんどの人が「長生きできなかった兄弟」を背負って生きていたわけです。父母の、特に母親が自分でお腹を痛めた子を失う辛さと残酷さは悲劇以上のものだったでしょうが、たった100年前はそれが普通だったわけです。

今は乳幼児の死亡率は先進国なら数パーセントしかありません。

私は「人類が科学技術を捨てて『人間性を取り戻す』ことを望むのか?」と聞かれればNOだと思います。その代り人間は「機械とうまく付き合っていく」しか道はないのだと思います。

>人間はAIの奴隷。モルモット。

人間は自分で機械・技術の檻の中を選んだのです。アマゾンや砂漠地帯など一部の人間たちは拒否しています。ああ、インドに「文明を受け付けない島」があるようですが、そういう人たちはまだ「人間」なのでしょう。

でもほとんどの人間は自分たちで望んで、機械・技術に守られることを選んだのです。

#14です。お礼ありがとうございます。

>ああ、私たちはいつになったら悟るのだろう
人間を失ったことを

頭のいい人たちはすでに19世紀初頭に警鐘を鳴らしていますよ。
たとえばJ・J・トールキンは「人間らしさ」を「自然(精霊や斎もの)との交流と恐れが人間の本質である」としてそれが失われる前に指輪物語を書きました。指輪物語で人間以外が西の国に行ってしまうのは、まさに19世紀が「機械に人間が乗っ取られ、人間性を失う時期」だったからです。

同様にラフカディオ・ハーンは日本に来て「まだ人...続きを読む

Q美人だとおもいますか?

美人だとおもいますか?

Aベストアンサー

通常、男性には
『美人』とは使わないので
あえて『美形』だと
思います。

Q長幼の序とグローバリズム

私は日本のシステムの長幼の序というのは社会を安定するという面では
いいシステムだと思っています。人生経験がある年寄が若い人を
諭すのはいい面もあると思います
しかし、これだけ、世界が狭くなっている今、もちろん昔に比べて長幼の序はなくなってき
ていますが、平成の世の中がグローバリズムのせいで格差社会になった所を見ると、
若い人の自由は認めながらも、大きな社会システムとしてもう一度、日本人全体が
長幼の序や思いやりといったシステムを考えていく必要があると思います。みんなどう
思いますか?

Aベストアンサー

あたしゃ高校の山岳部出身で30Kg以上もある荷物背負って歩いたけど、高校2年生と1年生じゃあその能力に雲泥の差があったね。いわゆる新米っていうやつだ。だから、その差を身を以て経験した私にゃあ、山歩きに関して山岳部の高校2年生が高校1年生に向けて上から目線でモノ言うことに疑問を感じたことがなかったどころか、そんなの当たり前だと思っていた。

でも、1年も経つとあら不思議、自分も先輩並の歩き方ができるようになってきた。一方3年生になると受験に忙しくて山歩きをやってる暇がなくなって、荷物背負った山歩きでじゃあ、2年生も3年生も大した差がなくなってた。だからって、後輩のあたしが先輩と対等になったと思ったことがなかった。そこに来るまで、先輩は献身的にあたしを育ててくれたんで、それに関する感謝の念を持っていたからだ。

あたしの基本的な考えは、あたしのような並の人間でも運よく献身的な先輩に巡り逢え、さらに本人が努力し続けられさえすれば、どんな道でもその分野でいっぱしの人間として評価されるところまでは成長できると考えている。それが実際に世間で認められようが認められまいがだ。そして、そこまで成長できた人間は後輩の指導に必ず役に立つ人間になっていることも間違い無いと思う。これが並なあたしが経験から得られたことだ。

このことは、世の中の大多数の人に当てはまっていると思っている。そして、長幼の序を是とする社会は、このような経験則を認識できる社会なんだと思う。別な言い方をすると、若者に対して、並な人間でも石の上にも三年いれば一端の人間になれることを身をもって示して、長幼の間で信頼関係ができていることが、長幼の序の必要条件なのだと思う。

若者が未熟なのは当たり前だ。だって未経験なんだもの。若者があんたの分野に夢を持って入ってきたときに、その若者に向かって謙って

「あたしゃあんた並の初心者だ」

なんてこと言ったら、未経験な若者は混乱して若者の夢を潰してしまいうかもしれない。一日の長があるあんたが、その若者と同じ初心者であるはずがないんだから。そんなことしたら、倍倍倍と成長していつかあんたを超えて行くかもしれない若者を潰してしまいかねない。

長幼の序とは、年長者が自分の過去を省みて自分の成長を認識し、若者に対して自信を持って接することのできる状況で生まれてくるもんだ。その成長を認識できない年長者が長幼の序と言ったところで、若者を説得できないと思うよ。

あたしゃ高校の山岳部出身で30Kg以上もある荷物背負って歩いたけど、高校2年生と1年生じゃあその能力に雲泥の差があったね。いわゆる新米っていうやつだ。だから、その差を身を以て経験した私にゃあ、山歩きに関して山岳部の高校2年生が高校1年生に向けて上から目線でモノ言うことに疑問を感じたことがなかったどころか、そんなの当たり前だと思っていた。

でも、1年も経つとあら不思議、自分も先輩並の歩き方ができるようになってきた。一方3年生になると受験に忙しくて山歩きをやってる暇がなくなって...続きを読む

Q「とうもろこし」にまつわる世界観

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしから作られる添加物は何百種類に及ぶといわれます。
ドライミルと呼ばれる製粉所に対して、ウェットミル(湿式工場)があります。
ここは複雑なパイプや機械部品からなる怪獣みたいなもので、毎日大量のとうもろこしを飲み込み、反対側についている蛇口から、さまざまな製品、糖類、デンプン、アルコールや酸、乳化剤や安定剤を流し出す。そのほとんどが食品添加物として、シリアルやスナック菓子、調味料やドレッシング、チキンナゲットや冷凍食品、ありとあらゆるものに使われています。

この中で「ブドウ糖果糖液糖」これは1960年代に日本で開発されたとうもろこしを原料とする甘味料で、安価で甘味が強いので、砂糖に変わるものとして、清涼飲料水、調味料、菓子類、加工食品全般に大量に使われていて、血糖値が上昇しやすくなるという危険性があります。
また、最近よく耳にする「難消化性デキストリン」
これは消化されないデンプン。食べても消化されないので、胃も腸も通り抜けてしまう。つまりカロリーのない究極のダイエット食品。「栄養にはなりません」なんて宣伝したら逆効果ではないか、と考える人もいましたが、昨今のダイエットブームが追い風になりました。これでカロリーを考えずに安心して食べられる。ダイエットに救世主とも言える存在になったのです。いわば、栄養もなくただ人の中を通りすぎるだけという、一見役に立たないことで勢力をさらに拡大しようとしています。

人間の食料だけでなく、牛、豚、鶏の飼料として加工されます。ほとんどがアメリカ産牛肉一億頭分の飼料。
ここで思い出すのが、ケーキを作っていたときのこと。使用していた卵は海藻、青菜、木酢、かき殻、米ぬか、オリゴ糖、パプリカ、にんにくなど20種類以上を配合したえさを食べている鶏で、濃厚で味わいのある卵だったのですが、あるとき、飼料のベースを輸入とうもろこしに変えるということになって受け入れざるを得ませんでしたが、結果はやはりケーキの食味が変わり、業者を替えることになりました。

人間と同じように、食べ物にも個性があって、どんなに栄養のある良いものでも、一種類の食べ物だけを食べて生きる事はできません。主食副食バランスよく食べてはじめて、健康が支えられるように人間はできていると思います。
皆さんはどのように思われますか?

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしか...続きを読む

Aベストアンサー

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源となり、酪農製品も摂らず、ピーナッツバターやアーモンドバターを、全粉のパンに塗り、お茶も、ビーツや生姜の薄切りを煮だしたものを飲んでいます。

何が体にいいのかよくわからないのですが、キノアやケールやビーツなど、あまりおいしくない食材も、出すと喜ばれるので、頑張って調理しています。あとは、季節の野菜を、組み合わせを考えて、蒸したり、茹でたり、いためたりして、”味付けをしないで”、そのまま食卓に出しています。サラダには、ライムジュースを振りかけるだけです。

基本的に、出来合いのものを使わず、食料品店で、丸のままの食材を買ってきて、それを調理する、というやり方です。体には良いのかもしれませんが、手がかかるし、そして、食費も普通の倍以上はかかります。

これが、行き過ぎた健康志向、アメリカの意識高い系の食事の実態です。もはや、バランスが取れればよい、などという問題ではないところに来ています。

一方、80パーセント以上のアメリカ人は、現在でも、漂白された白いパンを食べ、チーズバーガーをほおばり、ビールにバーベキュー、タコスに山のようなチーズ、トウモロコシだらけのシリアルを毎日食べているような状況です。

私も、食事はバランスさえ取れていて、おいしければ、それが、ベストだろうと考えていましたが、私の家族を見る限り、何が何だか、判らなくなっている現状です。私事で恐縮ですが、お知らせまで。

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較