「なぜフェルミ粒子は同じ状態に入れないのか」
を、計算を使わずに言葉だけで説明していただけませんか?

私は同じ状態に入れないなんて、そんな不仲なことは許しません

A 回答 (6件)

読み物風に解説したい、ということでしょうか。



よく化学の分子構造などでは「手が何本ある」なんていう表現を使いますが それを使って「席が一つしかない」とか
「座る場所がすごく狭いので、並んで座れない」などという表現を使うのではいかがでしょうか。

だからちょっとずつずれて座るしかないんだと。

そういう意味ではblue_monkeyさんの回答っていいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり難しいですね~
科学の分子構造の話は確かにわかりやすいというメリットがありますが、例えでは本当のところがわからなくなるというデメリットもよく経験します
言葉による表現では限界がありますね

私は普段から数式に頼らずに理解し、現象をイメージしようと努めてるんですが
よく断念してしまいます
このくらいのレベルの話になってくると数式に頼らずに理解することは極めて困難ですね

いっしょに考えていただいてありがとうございました

お礼日時:2001/07/30 23:14

blue_monkeyです。


おちゃらけな内容になってしまいましたので、読み捨ててください。
(どうか消しゴム、鉛筆、石などは投げないでください)。
********************************************************
blue_monkeyが各粒子の代表者にインタビューしてみました。
********************************************************
フェルミオンを代表して電子(デンコ)さんの主張
(電子さん)「同じ状態(部屋)になんて他のフェルミオンと同居なんてできないわ。個人的な時間が満ちたいわぁ~。個人のプライバシーてぇ、大切よねぇ~。」
(blue_monkey)「因みに座右の銘は?」
(電子さん)「「同類相まみれず」ていう諺よ。」

********************************************************
ボゾンを代表してヘリウムさんの主張
(ヘリウムさん)「同じ状態(部屋)に、他のボゾンさんと同居はOKだょん。くるものは拒まずさ。」
(blue_monkey)「因みに座右の銘は?」
(ヘリウムさん)「「類は友を呼ぶ」という諺さぁ~」
********************************************************
(blue_monkey)「ではこれで、インタビューを終了させて~………。」
(古典粒子君)「ちょっと待った~!!!僕を忘れては困るんだな~。」
********************************************************
(blue_monkey)「ということで、各粒子さんの主張の実況を終了させていただきます。」
********************************************************
(効果音)「ベキィ~、バッコ~、パシーン」
(注:古典粒子さんが、blue_monkeyに無視され、パンチ、ゲンコツ、ケリをblue_monkeyにいれている音)
********************************************************
各粒子さんにインタビューして、猿世界にいろんな猿の部族がいるように自然界にもいろんな粒子の部族がいるんだなぁ~ということで納得‥‥。
(パラ統計で何だぁ~???)

ぶつりの専門家方から、石を投げられそうですが…………。
なにせ、素人のblue_monkeyということでご勘弁を。
誤解があったらゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はは、いくらなんでも実際は消しゴムとか石とか投げたりしませんよ
それにしてもおもしろい解説ですね
好きですよ、そういうの
こういうふうに楽しく物理を語りたいですね
でも、結局解決になってませんね・・・

お礼日時:2001/07/30 23:09

ちょっとした遊び心からの質問かもしれませんが、


質問の意図というか意義がよくわからんです。

そもそも(No.2にあるような)フェルミ粒子の定義が
理解できる人なら、なぜ二つ以上のフェルミ粒子が
同じ状態に入れないかは自然とわかるのでは…
フェルミ粒子をどう理解しているとして
話を進めればよいのでしょう????
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明るく楽しく議論しようと思ったために質問の仕方に真剣さが欠けてしまいました
すいませんでした

現象を理解するために、できるだけ言葉に頼らず、簡潔にしたいものです
ですが、No2の回答では理解するために数式を見たり、多くの予備知識が必要になると思うんです
確かに、そうするほうが理解は早いですし、しっかりと理解できるでしょうが、
それだけでいいんでしょうか
物理を知らない人も物理現象の不思議さには興味を持つはずです
そういう人に現象を紹介するために数式を見せたり
「とにかく自然界はこうなっているのだ!」
なんて言ったりすると興味は失せてしまいます
そんなわけで私は言葉による簡単な説明はないかと思ったんですが・・・
このくらいのレベルの話になってくると、簡単に説明することはできないですね

お礼日時:2001/07/29 23:14

kajuramさんもおっしゃってますが、言葉で説明しようとしたら、やはり


「パウリの排他律により」でいいのではないでしょうか。。。
でも、これでは短すぎですかね!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もし教壇で先生がそんな簡単に説明したら、私は消しゴムを投げつけるかもしれません

お礼日時:2001/07/29 00:40

認めないと言われても困りますね。



同種粒子が2つある2粒子系で考えましょう。
量子力学上では、同種粒子はその個別性を全く失っています。
このことから、2つの粒子の単なる交換によって得られる系の状態は、
物理的に全く同等でなくては行けません。

これは、系のは導関数がこのような交換の結果として重要でない位相因子
しか変えないにことを意味します。

交換を2度行うと元の状態に完全に戻らなくてはいけないという条件から、
この位相因子は、+1か-1である必要があります。
+1になる場合をボーズ粒子、-1になる場合をフェルミ粒子といいます。

この性質を満たすには、系の波動関数は定常状態の波動関数の積の反対称
結合で表されなくては行けません。
1つの定常状態を2つの粒子が占有した場合、系の波動関数は恒等的に0
となってしまい、そのような状態は存在しないことになります。
これがパウリの原理です。

したがって、フェルミ粒子の系は、2つの粒子が同時に同じ状態を占有する
ことはできないのです。

難しいですね。
数式を使うと、4行ぐらいですみそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局そうなりますか・・・
位相因子やパウリ原理からは逃れられないんですね・・・

お礼日時:2001/07/29 00:35

安定しないから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、そんなことじゃなくて・・・

お礼日時:2001/07/29 00:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBose粒子系における基底状態と励起状態の粒子数の比

 エネルギー0≦ε<∞のBose粒子系において、T<T_〔C〕(T_〔C〕:臨界温度)ではN'=N'|_〔μ=0〕であるとして

 N_〔0〕/N=1-{(T/T_〔C〕)^(3/2)}

を確かめようと思っています。
 全粒子数Nを基底状態(ε=0)の粒子数N_〔0〕と励起状態(ε≠0)の粒子数N'の和で表し、後者を連続近似でN'=∫〔0~∞〕f_〔B〕D(ε)dεと書く、とすることや等式

[2/{π^(1/2)}]∫〔0~∞〕[(x)^(1/2)/{exp(x)-1}]

を何処かで用いることは分かるのですが…。
 誠に恐縮ですが、どなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

教科書の「Bose-Einstein凝縮」のところを調べて下さい。

QBose粒子系における基底状態と励起状態の粒子数の比

 エネルギー0≦ε<∞のBose粒子系において、T<T_〔C〕(T_〔C〕:臨界温度)ではN'=N'|_〔μ=0〕であるとして

 N_〔0〕/N=1-{(T/T_〔C〕)^(3/2)}

を確かめようと思っています。
 全粒子数Nを基底状態(ε=0)の粒子数N_〔0〕と励起状態(ε≠0)の粒子数N'の和で表し、後者を連続近似でN'=∫〔0~∞〕f_〔B〕D(ε)dεと書く、とすることや等式

[2/{π^(1/2)}]∫〔0~∞〕[(x)^(1/2)/{exp(x)-1}]

を何処かで用いることは分かるのですが…。
 誠に恐縮ですが、どなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

Bose 凝縮についての3つのご質問ですが,
前に grothendieck さんがアドバイスしておられますように,
適当な統計力学の本を参照されるのがよいかと思います.
この話は大学の物理系の学科で学部2~3年くらいのレベルで,
私の講義経験では講義1回分近くが必要です.
したがって,この回答欄にはちょっと書き切れません.
手元にある本をいくつか見てみたところ,
市村浩「統計力学」(裳華房) がかなり詳しいようです.

なお,
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=709374
が多少参考になるかと思います.

Qフェルミ粒子と波動関数

フェルミ粒子の波動関数はスレーター行列式で表されますが、これは波動関数の固有状態の積の形の線形結合で表されています。これはフェルミ粒子間の相互作用がない場合にしか成立しないと思うのですが、相互作用がある場合も成立するのでしょうか?

Aベストアンサー

良い所に気が付いたと思います。相互作用がある場合でもスレータ行列式を用いる場合があります。これが何をやっている事になるのか考えてみましょう。

Q束縛粒子と自由粒子

量子力学における疑問です。

束縛粒子と自由粒子。どちらもシュレーディンガー方程式を満足する粒子にもかかわらず「前者はとびとびの波数kをもち、後者のkは連続的な値をとれる」ということに多少疑問がありました。

参考書を読んで、「自由粒子はマシンなどでエネルギーを決めて打ち出すので、束縛粒子のような制約(とびとび)を受けない」らしいところまで理解しました。

そこで自分の解釈として『自由粒子における問いは、束縛粒子のような「その状態がどうなっているか解析する」ものではなく、「打ち込んだ自由粒子によって波束(これはきっと自由粒子をぶつけられた物質か何かの)にどのような変化がおきるか」という動的な命題を扱っている』と考えてみたのですがどうでしょう。

数式ばかり追っていて、具体的にどういう状態を扱っているのか迷ってしまったので、ご意見を伺いたく、質問いたしました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<束縛電子>というのは例えば水素原子の電子がそうですね。原子核のクーロンポテンシャルのため原子核周りに束縛されている電子のことで、これはボーアモデルのような半古典的イメージで捉えると波長の整数倍の軌道しか許されないことからエネルギー順位は飛び飛びの値となります。これは飛び飛びのエネルギー固有値(離散固有値)を持つといわれます。量子力学的にはシュレードンガー方程式を解くと水素原子の場合s軌道、p軌道・・・等の波動関数がでてきますね。
一方、<自由電子>はなんの束縛も受けない電子で(相互作用がない)、文字通り空間のどこにでも存在することができ、波動関数は平面波で表されますね。この場合、先ほどのボーアモデルで考えると、決まった軌道というものがないためエネルギーは自由にとれる。つまり連続固有値をもつということなりますね(連続固有値を持つ波動関数の規格化にはδ関数が使われることはご承知のとおりです)。
<波束>無限遠まで拡がった平面波相手では電子の粒子としての動きが掴まえることができませんね(位置が不明:観測についての簡単な考察をしてください)。そこで多数の平面波をうまく重ね合わせて電子が”いる”筈の領域以外ではそれらの平面波が干渉して振幅が小さくなる波動関数を作るわけですね。これを波束と呼んでいますが、自由粒子の波束ψ(x,t)を数学的に表現すると(変数の細かな説明は省略するとして)
  ψ(x,t)=∫c(k)expi(kx-ωt)
となります。

>『自由粒子における問いは、束縛粒子のような「その状態がどうなっているか解析する」ものではなく、「打ち込んだ自由粒子によって波束(これはきっと自由粒子をぶつけられた物質か何かの)にどのような変化がおきるか」という動的な命題を扱っている』
ご質問の”自由粒子における問い”ってどういう問いなのか今一意味がつかめませんが、自由粒子の波束が散乱によってどう動的に変化していくのかという問いとして捉えると(←無理やり:笑い)、散乱直後は相互作用の結果波動関数は非常に複雑な形となりますが、散乱後相当時間がたった状態では元の自由電子の波束の姿になっていきます(漸近的自由)。散乱ターゲットとして井戸型ポテンシャルを取った場合の散乱前後の波束の状態をビジュアルに表現しているサイトがありますので、参考URLに記しておきます。ご参照ください。

参考URL:http://www.nep.chubu.ac.jp/~nepjava/applet.htm

<束縛電子>というのは例えば水素原子の電子がそうですね。原子核のクーロンポテンシャルのため原子核周りに束縛されている電子のことで、これはボーアモデルのような半古典的イメージで捉えると波長の整数倍の軌道しか許されないことからエネルギー順位は飛び飛びの値となります。これは飛び飛びのエネルギー固有値(離散固有値)を持つといわれます。量子力学的にはシュレードンガー方程式を解くと水素原子の場合s軌道、p軌道・・・等の波動関数がでてきますね。
一方、<自由電子>はなんの束縛も受けない電...続きを読む

Qゲージボソン、ゲージ粒子、ボーズ粒子

素粒子の分類として、フェルミオンに対するものとして、「ゲージボソン、ゲージ粒子、ボーズ粒子」などの呼び名がありますが、これらの概念が理解出来ておりません。どの様な特性や必要性から、このような区別があるのでしょうか?
例えば、Newtonの「加速器がわかり本」などでは、グルーオン8種、ウィークボソンに3種、フォトン、グラビトンはすべて、ゲージ粒子であり、ボーズ粒子として紹介されています。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%A0%E9%80%9F%E5%99%A8%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%AC%E2%80%95%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E7%B4%A0%E7%B2%92%E5%AD%90%E3%82%92%E2%80%9C%E8%A6%8B%E3%82%8B%E2%80%9D%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%81%AA%E8%A3%85%E7%BD%AE-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4315517941/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1336788032&sr=8-1
基本的なことで申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

以上

素粒子の分類として、フェルミオンに対するものとして、「ゲージボソン、ゲージ粒子、ボーズ粒子」などの呼び名がありますが、これらの概念が理解出来ておりません。どの様な特性や必要性から、このような区別があるのでしょうか?
例えば、Newtonの「加速器がわかり本」などでは、グルーオン8種、ウィークボソンに3種、フォトン、グラビトンはすべて、ゲージ粒子であり、ボーズ粒子として紹介されています。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%A0%E9%80%9F%E5%99%A8%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%AC...続きを読む

Aベストアンサー

どうも素粒子の分類は「フェルミ粒子かボース粒子の2つのどっちか」という考えのようですね。
もちろん間違いではないです。しかして、ゲージ粒子やクオーク等の役割を理解するより先に学ぶことではないと思います。
順番が逆な感じ(数学において、指数法則より先に対数を学んでしまうようなモン)
フェルミ粒子かボース粒子かというのは理論計算する時や理屈を詳しく述べるときに必要な区分であって”素粒子の概論がわかればよい”程度でしたら知らない方が混乱を招きません。
「素粒子にはまず、クォーク・レプトン・ゲージ粒子が有り~」から入った方がいいでしょう。

>>物質を形成する粒子フェルミオン
はい、物質を構成する粒子はクォークとレプトンです(性質の分類はフェルミオン)
>>これらは力を伝える粒子ボソンという概念があり
力を伝えるのはゲージ粒子。性質の分類はボソン

>>それでは、ゲージボソンという言葉がありますが、「対象となる粒子群としては」、 ゲージ粒子=ボーズ粒子と考えて差し支えないのでしょうか?

おっしゃるグルーオン、ウィークボソン、フォトン、グラビトンはいずれもゲージ粒子であり、性質はボース粒子の区分です。よって、この範囲に注目すれば「ゲージ粒子=ボース粒子」と言えます。
「じゃあ、(この範囲においては)ゲージ粒子をボース粒子と言い換えてもいいじゃん」となりますが、ゲージ粒子の話で、ゲージ粒子を全てボース粒子と書き換えて論議する人も本も見たことがないですね。

「ゲージ粒子なのに(性質は)フェルミ粒子だ!」という未知の素粒子が見つかったらならば、これはゲージボソンとは言えません。(ちなみにこの場合、未知の力の発見という大発見になります)
---------------------------------------------------------------
例えば、ヘリウムの超流動の説明では、「ヘリウム4はボース粒子なので~」などとあります。ヘリウムは素粒子ではありませんね。粒子の振る舞い・性質の説明のためにボース粒子の話が出てくるのです。ですから素粒子の分類をフェルミ粒子・ボース粒子から始めるのはよくないと言いました。

どうも素粒子の分類は「フェルミ粒子かボース粒子の2つのどっちか」という考えのようですね。
もちろん間違いではないです。しかして、ゲージ粒子やクオーク等の役割を理解するより先に学ぶことではないと思います。
順番が逆な感じ(数学において、指数法則より先に対数を学んでしまうようなモン)
フェルミ粒子かボース粒子かというのは理論計算する時や理屈を詳しく述べるときに必要な区分であって”素粒子の概論がわかればよい”程度でしたら知らない方が混乱を招きません。
「素粒子にはまず、クォーク・レプ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報