人気雑誌が読み放題♪

宿題で歴史人物を調べて新聞作るっていうのがあって北条時宗について書こうと思ってます。
ただ教科書に載ってる人じゃないと駄目って先生が言ってました。
そして北条時宗が教科書に載ってるか解りません。
普通は教科書見ればいいのですが学校に置きっぱなしなので見れません。

そこで質問です。
北条時宗中一で習いますか?

A 回答 (2件)

分かりません・・・・・



いくらゆとりでも、教科書からは外れないダロ彼が

元寇の時に対応に当たった、北条さんの御当主が時宗さんだよ

そもそも君が『時宗』っって思い立った理由は何なの?
小説やドラマ映画なんかでは、あまり取り上げられない人物だけど
    • good
    • 1

テレビの大河ドラマの昔の題材。

元寇の題材。日本を元が海を渡って攻めてきた。
教科書は家と往復するものではないでしょうか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q天皇制は将来的になくなるのですか?

未だに歴史系の定番で平積みもみかける網野義彦による「日本の歴史をよみなおす」を久しぶりに読み返したら序盤でタイトルのような事が書いてありました。

この本自体は何年も売れている「歴史好きな人の入り口」の一つみたいな存在で、お世話になった人も多いかと思います。
その分色んな方の眼にもとまってると思いますが、この文章が批判されているところは今のところ私にはありません。
これも不思議です。

そこで質問ですが、タイトルについていかがでしょうか?

Aベストアンサー

この文章が批判されているところは今のところ私にはありません。
これも不思議です。
 ↑
保守的な人からは批判されていますが。




そこで質問ですが、タイトルについていかがでしょうか?
  ↑
氏はマルクス史観に基づいて、天皇制がなくなる
と主張している節があります。
そして、マルクス史観は過去のモノでしょう。

マルクス史観ではなく、他の理由でなくなる
可能性はあると思います。

例えば皇族男子がいなくなるとかですね。
共産党が与党になったとか、
中国辺りに征服されるとか。

天皇というのは必要があって維持されてきた
制度です。
簡単にいえば、数千万、億もいる人民を統治する
ツールとして有用だから、現在も残っているわけです。

従って、その必要性、有用性が無くなれば、天皇制も
なくなるかもしれません。

Q新高2女子です。 大学では、日本も含めて世界の王室の勉強をしたいと思っています。そのような分野を研究

新高2女子です。
大学では、日本も含めて世界の王室の勉強をしたいと思っています。そのような分野を研究されている教授がいる大学などがあれば教えてください。

Aベストアンサー

研究というのは、既存の研究成果のすべてをふまえたうえで新たな知見を加えるものでなければなりませんから、世界中の王室を研究するというのは非常に難しく、ほとんど超人的な業績といえると思います。たとえば、英国王室を研究するということは、英国人を含む全世界の人がこれまでに残した英国王室に関するすべての研究成果をふまえ、これまで英国人にも見出せなかった新たな知見を提示するということです。一国だけでも相当なハードルの高さなのに、それを世界中の王室に関してやるとなると、その困難は想像を絶します。なので「世界の王室」といった類の著作を出している人に大学の研究者は見当たりません。みんなジャーナリストや評論家などです。

Q月に兎がいるという日本の文化が生まれたのはいつの時代ですか? 誰が言い始めたのですか?

月に兎がいるという日本の文化が生まれたのはいつの時代ですか?

誰が言い始めたのですか?

Aベストアンサー

>日本の文化が生まれたのはいつの…

日本限定ではなく中国はじめアジア各地にあるようですが、日本では、

---------------------------------------------
日本における月の兎が描写された古い例には飛鳥時代(7世紀)に製作された『天寿国曼荼羅』の月に描かれたものなどがある。鎌倉・室町時代に仏教絵画として描かれた『十二天像』では日天・月天の持物としての日・月の中に烏と兎が描き込まれている作例もみられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%81%AE%E5%85%8E
---------------------------------------------

とのことだそうです。

Q1950年代の日本ってもうかなり普通の暮らししてましたか?

1950年代の日本ってもうかなり普通の暮らししてましたか?

Aベストアンサー

東日本大震災から8年、いまだにこの様です。
戦争が終わったのが1945年、日本中が震災に合ったようなものでしょう。「もはや戦後ではない」と言われたのが1956年、10年かかって戦争の後処理がようやく終わった感じだったのではないでしょうか。

Q豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

Aベストアンサー

黒田如水が有名ですね。

Q日本の三大神社、仏閣と言えばどこですか? 伊勢神宮、出雲大社、あと1つはなに? 日光東照宮?

日本の三大神社、仏閣と言えばどこですか?


伊勢神宮、出雲大社、あと1つはなに?

日光東照宮?

Aベストアンサー

「三大神社」なんてありません。
ま、こんなページもあります。
https://ameblo.jp/masac2/entry-10185641170.html

Qわし、という一人称について質問です。 わたし、わたくし、おれ、ぼく、せっしゃ など色々な一人称があり

わし、という一人称について質問です。

わたし、わたくし、おれ、ぼく、せっしゃ
など色々な一人称がありますが、
年寄りの言う、わしというのは、
わたし という言葉の、 た の部分が発音出来ず
わしに聞こえるのかなと疑問に思いました。

わし という一人称はどのように生まれたのですか?

Aベストアンサー

詳しいことは分かりませんが、近世、江戸時代中期に、江戸などの芸娼妓、女郎が[わたくし]という発音で自分のことを言ったり、それをさらに[わたい]とか[わたし]というようになったのが出発点らしいです。 それよりも以前は、[わたくし・私]は[公]に相対する意味で使うのが普通だったようで、ただの自称の代名詞のような使い方はあまりしなかったようです。
また、[わたし]が変化して[あたい][あて]という言い方も女の自称として使われ、大阪や京都では[わい][うち][わて]も使われ、江戸や関西でも女だけでなく男も自称用に使うように広がったようです。 芸娼妓、女郎では、[わたくし]⇒[わたい][わたし][あちき]と流行?が変わっていったようです。
綿(わた)、渡し(わたし)は発音できて、私(わたくし、わたし)は《タ抜き》になるというのは考えにくいのだと思います。
どちらにしても、近世になって自称に[わたくし]や[わたし]を使うようになったのは女が潜行したのだろうと思います。 そして3音を2音にして[わし][わい][うち][わて]のようにしたのも近世の女、特に色町の女ではないかと思います。

詳しいことは分かりませんが、近世、江戸時代中期に、江戸などの芸娼妓、女郎が[わたくし]という発音で自分のことを言ったり、それをさらに[わたい]とか[わたし]というようになったのが出発点らしいです。 それよりも以前は、[わたくし・私]は[公]に相対する意味で使うのが普通だったようで、ただの自称の代名詞のような使い方はあまりしなかったようです。
また、[わたし]が変化して[あたい][あて]という言い方も女の自称として使われ、大阪や京都では[わい][うち][わて]も使われ、江戸や関西でも女だけでなく男...続きを読む

Q戦国時代の負けた側の家臣について

戦国時代末期に小田氏治は佐竹氏に負け、お城をとられましたが、その時、小田家の家臣が佐竹家の家臣になり、そのまま屋敷を移動することなく小田城下に住み、所有してる田んぼも、とられることなかった人がいたみたいですが、負けた側の家臣は普通は、土地も没収で切腹ですよね?
お城をとられたら、負けた側の家臣は相手側の家臣になることは出来ず、また城下には住めないと思いますし

Aベストアンサー

お邪魔します。

伊達政宗の家臣である大内定綱は、初めは伊達の敵の蘆名氏の家臣であったのですが、伊達家の家臣となり多くのはたらきをした事が認められ、仙台藩の一族に取り立てられています。

この大内定綱の例の様に、もともと負けた側の家臣でも、勝った側の家臣となって功績が認められれば、重臣に取り立てられるという事も、戦国時代にはみられた様です。

以上、何かのお役になれれば幸いです。

Q19世紀の日本とオスマン帝国はどちらの方が強かったでしょうか?

西欧から植民地化されなかった強国として日本とオスマン帝国が挙げられますが、日本は17世紀までは強国でしたが長い間の鎖国により19世紀に入ると弱体化しました。一方でオスマン帝国も17世紀は西欧を圧倒していたものの19世紀になると瀕死の病人と言われるようになります。

19世紀といっても初期、中期、末期でかなり異なると思いますが、19世紀の日本とオスマン帝国を比較すると、軍事力・経済力はどちらの方が上だったでしょうか。

Aベストアンサー

19世紀といっても
日本は1867年までは江戸時代

明治維新以降の工業も繊維工業など軽工業中心でこの傾向は第二次世界大戦まで変わりません

重工業も国策として発展させようとしていましたが、主力輸出品が絹糸など繊維製品や日本茶で第一次世界大戦中の欧州諸国の輸出が低下した4年間を除き貿易収支は毎年赤字で
重工業促進のため、イギリスなどから多額の外資を導入し、第一次世界大戦がなければ財政破綻寸前まで追い込まれていました

で、促進したはずの重工業も
第一次世界大戦前の粗鋼生産量は25万tに過ぎず
ドイツ(1380万t)、イギリス(800万t)には勿論
ロシア(450万t)、オーストリア・ハンガリー(220万t)、イタリア(90万t)にも及びませんでした

しかしながら19世紀末ならオスマンよりは状況は良かったはずです

オスマンはアジア初の憲法を制定した国でしたが
工業は重工業は未発達
宿敵ロシアとは16世紀から十数次にわたる露土戦争を繰り返していてなかなか平穏に工業化を進められる状況下にありませんでした

アナトリア半島は植民地化されなかったものの、バルカン半島のスラブ民族諸国の独立、そしてそれらの国々の領土拡張、イタリアに敗れ(伊土戦争)リビアを喪失など領土は浸食されています

19世紀四半世紀まではオスマンは日本より強力
19世紀末になってようやく日本の国力がオスマンを上回っていたと推測されると思われます

19世紀といっても
日本は1867年までは江戸時代

明治維新以降の工業も繊維工業など軽工業中心でこの傾向は第二次世界大戦まで変わりません

重工業も国策として発展させようとしていましたが、主力輸出品が絹糸など繊維製品や日本茶で第一次世界大戦中の欧州諸国の輸出が低下した4年間を除き貿易収支は毎年赤字で
重工業促進のため、イギリスなどから多額の外資を導入し、第一次世界大戦がなければ財政破綻寸前まで追い込まれていました

で、促進したはずの重工業も
第一次世界大戦前の粗鋼生産量は25万tに過ぎず...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較