はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

9年前に新築で建売木造戸建てを購入したのですが1F床下に断熱材が入っていない事に気付きました。
関西でずっと冬は寒く(約6℃)、夏は異常に暑く(2Fで30℃、3Fで38℃)でしたが、
分譲マンションからの引っ越しでしたので木造の家はこんなに冬は寒く、夏は暑いのかと
思いながら9年過ごしてきました。

最近になって新築の戸建ての内覧に行く機会があり、そこで床下には断熱材が入っているのが
当たり前だという事を知り、自宅に帰り床下点検穴から覗いたところ、断熱材が無い事に気付きました。

そこでネットを調べると建売では床下断熱材は省く場合も少なからずあるとの事でした。
すまいの10年保証に入っているのですが、施工業者に施工不良を訴えるべきでしょうか?

ただ、契約時の重要事項説明書には天井裏と壁の断熱材の種類は記載がありましたが、
床下の記載はありませんでした。

また、自費で設置する場合1F床下が約43㎡なのですが、いくらくらいかかるでしょうか?


よろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    矩形図を確認した所、床下断熱材の記載がありました。
    押し出し法ポリスチレンフォーム保温板3種カネカ カネライトフォーム スーパーE、Ⅲということでしたので、少なくとも仕様書に記載されている為、施工不良という事になるでしょうか?
    重要事項説明書には床下断熱材の記載はありませんが、設置するように交渉する事は出来るでしょうか?

      補足日時:2019/03/08 11:21
  • へこむわー

    再度床下を確認した所、床下断熱材施工してありました!!
    みなさんご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
    勉強になりました。
    ありがとうございました。

      補足日時:2019/03/12 14:18

A 回答 (10件)

建売住宅を購入された、と言うことですね。



詰まり、「建物が完成していた。」或いは「工事途中だった。」と
言うことですよね。

そして、売買契約書を交わして、その一連の流れの中で、
「その物件の関連資料一式」を貰ったということですよね。

注文住宅では、施主希望や設計提案があって、その中に、「途中経過の設計図書」が
含まれることが良くあります。

今回は、そういう行為は無かったと思われますので、「その物件の関連資料一式」と言う
解釈が正しいと思います。
詰まり、「正式の設計図書」と判断してよいのではないか、と思います。

余り余談を含みすぎると、結果として誤ったアドバイスになる可能性が
ありますので、施工業者に状況を話して、善処させるのが良いと思います。

特に「仕様」まで明確に記載されていれば、なかなか相手も反論できないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
施工不良になるとしても、9年過ぎているわけですが、時効などはないものでしょうか?

お礼日時:2019/03/08 13:10

図面に記載されていたとなると話は変わってきますね。



図面と実際を見比べて、何がどのくらい実施されていないか、きちんと把握する必要があります。
場合によっては、床下断熱だけの問題ではない、悪質な手抜きの可能性もあります。
しかしそれを感情的に責め立てても仕方ないので、建築相談などで、第三者の建築士に診断してもらった方が良いと思います。

参考までに、日本建築家協会の建築相談窓口です。

http://www.jia.or.jp/service/consul_jia/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、床下断熱だけの問題ではないかもしれませんね。
建築相談なども利用してみようと思います。
その後、売主に話をしてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/03/08 14:47

瑕疵担保期間というのがあります。


記憶では、5年、10年の期間があって、鉄筋コンクリート等は、
10年。それ以外は5年だったと思います。

木造住宅なら恐らく5年が適用されるのではないか、と思います。

しかし、「すまいの10年保証」というのに入っているという事は、
多分、施工業者から紹介された保証ではありませんか?

それなら、意識する、しないに関わらず、「10年間は責任を持つ。」と
言う意思表示ではないか、と思います。

余り上段から迫らず、「何で入っていないの?」と相談されるのが
いいように思います。

瑕疵について厳しく責めると、却って、逃げに入るかも知れません。

この方面は専門ではないので、それくらいしか言えません。
申し訳ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の10年保証については購入後に売主より入っていますと加入証を渡されたものになります。
私が入っているすまいの10年保証というのは住宅保証機構のまもりすまい保険というもので、住宅の構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分が対象との事です。
構造上問題になる部分と雨漏りに対する補償であるため、残念ながら断熱材については10年間責任を持つという事ではないかと思います。
ここはおそらく契約書の補償について他の項目で2年とか記載があったような記憶がありますし、長くても木造の瑕疵担保責任期間5年を過ぎているため、難しいかもしれませんが、記載があるのに何ではいっていないのか問合せる方向に致します。

お礼日時:2019/03/08 14:31

「矩形図を確認した所、床下断熱材の記載がありました。


  ↑
「矩形図」は、どうしてお持ちですか?

契約書に添付されているか、確認申請書副本に添付されているものでしょうか?

それが正式の設計図書であれば、「契約内容不履行」ではないか、と思います。

取り敢えず、「10年保証」があるのなら、苦情を入れるべきでしょう。
悪意があったか否かは解りませんが、悪く解釈すると「手抜き工事」と言われても
仕方がないかも知れません。

但し、その「矩形図」が、正式のものでなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

矩形図は契約時に頂いた物件資料一式のコピーの束の中にはいっておりました。
正式かどうかはどうやって判断すればよろしいでしょうか?
よろしくお願い致します。

お礼日時:2019/03/08 11:59

結論を言うと、お気の毒ですが「無理」でしょう。



井戸水が冬暖かく、夏冷たい、と言われるのは、地中の温度が、
季節を通じて、比較的安定していて、相対的に「そう感じる。」と
言うだけです。

以前は、布基礎に囲まれた地面は、それほど冷えないので、
そういった事例が有ったかも知れません。
(但し、本当は、布基礎の裏側で断熱すればもっと良かった。)

地域が関西であれば、比較的温暖な気候なので、断熱に対する
知識や知見に甘さがあって、ご指摘の事例があっても、
不思議ではないように思います。

外壁と屋根に断熱材が断熱材が入っているのであれば、
「床下は氷点下にならない。」と言う前提だったと思われます。

以上から、「設計条件」が甘かった、としても、「施工不良」を
意味しません。

ただし、屋根や壁に挿入されている断熱材の性能が、「現在の要求性能」と
比較して、低かったり、知識不足で「ただ、つっこんでいる。」だけである
可能性はあります。

しかし、それを問題視するのは、現実的に、非常に難しい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こちらは関西になります。
補足に記載しましたが、矩形図に床下断熱材の記載がありました。
設計の段階では床下に断熱材が入る予定だったはずなので施工不良になるでしょうか?
重要事項説明書には床下のみ記載がありませんが、交渉の余地はあるでしょうか?

お礼日時:2019/03/08 11:24

施工書類に元々床断熱材の記載がないのなら「無い」のが正しいので、


施工不良は無茶ですね。不良(手抜き)ではないのですから。

それらを事前に調べずに手にいれた結果なので、対策するなら実費で。

ただ、あまりに暑いとか寒いとかは感覚の問題もありますが、仕様書通りの壁断熱などが入っているかはまた別問題です。

最近有りましたよね?大手のアパート施工不良問題。
建て売りなんか最高に怪しい物件ですよ。今も昔も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに建売は怪しい物件ですよね。。
補足に記載しましたが、矩形図に床下断熱材の記載がありました。
重要事項説明書には床下のみ記載がありませんが、交渉の余地はあるでしょうか?

お礼日時:2019/03/08 11:22

いまさら施工業者に掛け合っても無理な相談かもしれません。


寒い期間だけしのぐ方法を考えてはいかがでしょうか。
床の上に断熱シートを敷き詰める手もありDIYでできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
補足に記載しましたが、矩形図に床下断熱材の記載がありました。
重要事項説明書には床下のみ記載がありませんが、交渉の余地はあるでしょうか?

お礼日時:2019/03/08 11:22

建売の家の仕様は会社によって物件によって様々です。


10年ほど前ですと床下断熱材が標準では無かった可能性もあります。

費用に関しても地方、業者、間取り、その他仕様によって変わるでしょう。
おおよそを調べたい場合はGoogleなどで「リフォーム 床下断熱 費用」といった簡単なキーワードで差検索されると情報が得られるように思います。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今では標準なのか分かりませんが、無いから寒いし、厚かったのだと認識しました。
相場はネットで調べておりましたので、実際に施工した経験がある方等に聞きたいと思いましたが、やはり実際に見積をしないとわかりませんね。

お礼日時:2019/03/05 11:53

住まいの10年保証に関して、住宅メーカーに課されているのは、構造部分(基礎や構造耐力に関係ある柱梁など)と雨漏りに関してのみです。

これらは新築から10年間、供給者は補償しなければなりません。
断熱については、設計段階の仕様で性能が決まってくるので、例えば床下に入っていなくても瑕疵にはなりません。
必要であれば、追加の工事で施工することになります。
金額については、工務店やリフォーム業者数社に合見積を取ることをお勧めします。

ちなみに下記のサイトで20坪で20万円くらいと出ていますが、参考程度に考えておいた方が良いでしょう。

https://www.reform-guide.jp/topics/yukashita-dan …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり10年保証では雨漏りに関してのみなのですね。

相場は20坪20~30万円程とネットで調べておりましたので、実際にどれくらいが相場なのか知りたかった次第です。
やはり見積をとらないと分かりませんね。

お礼日時:2019/03/05 11:51

>施工業者に施工不良を訴えるべきでしょうか?


訴えても勝てません。
それが、質問者さんの家の「仕様」だから。
「断熱材は、あれば高額、無ければ低額」です。
したがって、それなりの一戸建てを買った。ということです。

安い車を買って、アイサイトが付いていない!と文句を言うのと同じ。

いくらかかるのか?
質問者さんの家の床下を見てみないとわかりません。

マンションに比べて戸建てが寒いのは当たり前。
左右、上下ともに住居があり、十分な断熱材があるのと同じ。
戸建てに入る断熱材の断熱性能とは桁違い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
訴えると記載しましたが、裁判という意味ではなく、施工業者に無いのでつけてほしいとお願いするという意味でした^^;

やはりこちらのミスなんですねーでも普通一生に一回の買い物なので知識が無くてそこまで見ようと思いませんよね。。

戸建てが寒いのは当たり前だと認識していた為、今まで気づきませんでした(笑)

お礼日時:2019/03/05 11:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家が揺れています(新築)

注文住宅で家を建て、引っ越しました。
もともと地盤が緩い場所ということもあり、地盤補強工事もしています。
木造3階建てです。

引っ越してから半月ほどして、日中家の中がユラユラ揺れていることに
気づきました。といってもペンダントライトが揺れるとかいうほどでもなく、
じっと座ったり寝転がるとわかる程度です。時折グラッと軽く突きあげるような
揺れがあります(それも物が動いたりするほどではないです)

メーカーの担当に相談すると、直線距離で200メートルほどの場所で大きな解体工事をしており、
地盤が弱いと地盤をつたわって振動が来ることがあるということだったので
解体が終わるまでは仕方ないかと思っているのですが、船酔いのような症状が出てきました。
私自身が在宅で座り仕事のためじっと揺れと付き合うしかなく、しんどいです。
確かに、引越してしばらくは気になりませんでしたし、今も日中のみで夕方17時ごろには
揺れが止むので工事なんだろうとは思うのですが……。

これほど微細な揺れだと対策はできないでしょうか。
まわりのお家の方々もこんな感じでユラユラ揺れてるの…?と思うのですが
経験されたことがある方はいらっしゃいますか?

一戸建てはほどほどに揺れるものとは聞いていたのですが
住宅密集地で今後また近い場所での工事なども予定されており、
その都度こんな状態なのかと思うと気が滅入ります…。
ずっと鉄筋のマンション住まいだったため、戸建ての様子がわかりません。
似たような経験をされた方などいらしたらお話うかがえるとうれしいです。

注文住宅で家を建て、引っ越しました。
もともと地盤が緩い場所ということもあり、地盤補強工事もしています。
木造3階建てです。

引っ越してから半月ほどして、日中家の中がユラユラ揺れていることに
気づきました。といってもペンダントライトが揺れるとかいうほどでもなく、
じっと座ったり寝転がるとわかる程度です。時折グラッと軽く突きあげるような
揺れがあります(それも物が動いたりするほどではないです)

メーカーの担当に相談すると、直線距離で200メートルほどの場所で大きな解体工事を...続きを読む

Aベストアンサー

現場を拝見していないので無責任ですが、様子を見られては如何でしょうか?

直線距離で200メートルで揺れるということは、以下の理由が
考えられるように思います。

軟弱地盤と言っても、支持地盤(硬い地盤)までの距離(深さ)が結構ある、と
言う意味でしょう。

硬い地盤の上に、堆積物(例えば火山灰)等が堆積して、住宅等の基礎では、
その硬い地盤(支持層)まで、杭等で支持させるのは、経済的に負担が大きく、
現実的ではないため、地盤補強或いは、地盤改良等で、軟弱地盤の上に、住宅等の
建築物が「浮いている」状態を作り出して、建物が沈下しないようにする、と
言うのが、一般的な考え方だと思います。

離れたところで振動を伴う工事(解体工事)等を行うと、その振動が、硬い支持地盤まで
到達し、その地盤で「反射」して、思いの外遠くまで到達することが、ときにあります。
今回は、そのケースかも知れません。

取り分け、最近の解体工事では、騒音防止の観点から、コンクリート等の解体には、
「振動」を採用する工法もあり、可能性がないわけではありません。

仮に、それが原因であれば、その工事が終了すれば、振動が無くなる可能性が
大きいです。

また、他の場所で工事を行っても、恐らくは振動は発生しないでしょう。
振動の伝播には、支持層までの深さと距離が密接に関係しますが、
今回はその相関がたまたま合致したように思います。

また、3階建てということで、余計に振動を拾ってしまっている
可能性もあります。
釣り竿を伸ばして振れば、先端が大きく動くのと同じで、建物の高さが高い分、
揺れを感じます。

但し、地震に対する揺れの大きさは、法律で決まっていますので、倒壊等の
危険とは関係がありません。
強度的には、問題がありませんが、それでも、タイミングがたまたま在って、
揺れているように思います。

残念ながら、上記のような理由の場合は、解体工事終了を待つしかありません。

現場を拝見していないので無責任ですが、様子を見られては如何でしょうか?

直線距離で200メートルで揺れるということは、以下の理由が
考えられるように思います。

軟弱地盤と言っても、支持地盤(硬い地盤)までの距離(深さ)が結構ある、と
言う意味でしょう。

硬い地盤の上に、堆積物(例えば火山灰)等が堆積して、住宅等の基礎では、
その硬い地盤(支持層)まで、杭等で支持させるのは、経済的に負担が大きく、
現実的ではないため、地盤補強或いは、地盤改良等で、軟弱地盤の上に、住宅等の
建築物...続きを読む

Q新築早々に割れていた窓ガラスの交換義務

新築直後に窓ガラスの割れに気づきました。
一度目は施工業者の負担で交換しました。交換した翌日に、また割れていました。
ガラス業者が来て調べたところ隣家の給湯器による熱割れとのことでした。
数時間で割れることもあるそうです。
隣家の給湯器と窓の距離は非常に近いです。
2度目のガラス交換を、いくら催促しても行ってもらえません。
施工業者に交換義務はないのでしょうか?
給湯器の前に窓ガラスを設置することは、施工業者のミスではないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>施工業者に交換義務はないのでしょうか?
>給湯器の前に窓ガラスを設置することは、施工業者のミスではないのでしょうか?

原因が間違いなく隣地の給湯機の熱であれば、施工業者(設計士)のミスです。

その場合、当然無償の交換となりますが、何か対策を講じなければ同じ結果となります。

隣地の給湯機との間に、木製もしくはアルミ製のルーバーを設置するとか、直接熱が
ガラスに当たる事を避けなければならないでしょう。

Q隣が、塗装工事するのに、足場用土地を貸して欲しいというのをことわることができるか?

隣が、塗装工事するのに、足場用土地を貸して欲しいというのをことわることができるか?

Aベストアンサー

従兄の会社が元請場合、貸さない場合でも基本しっかり交渉しますね。
契約書に賃料と万が一の事故際は全責任を負うと書いて契約します。
契約が出来ない場合工事しません。
商業地域なんて狭すぎて隣頼りです。

Qこれは何でしょうか?築1年です。 床下の基礎部分、赤い血のかたまりのようなものを見つけました。サビ?

これは何でしょうか?築1年です。
床下の基礎部分、赤い血のかたまりのようなものを見つけました。サビ?でしょうか。

Aベストアンサー

サビのように見えるね。
鉄筋そのもののサビというよりも、鉄粉がサビたんじゃないかな。
基礎の床面に目視できない程度の少量の鉄粉が落ちていて、それが雨水などで水抜きの穴へ流れ込むことで集積、外へ排出されずに残った鉄粉が時間の経過でサビて写真のようになった。
手前側にもうっすらとサビの色が出ているのでまず間違いないと思う。
この症状自体は別に珍しくはないかな。

ちなみに血なら時間の経過で酸化してドス黒くなる。
写真の茶色は血にしてはきれいすぎる。

コンクリなどのヒビ割れなどから水が入って鉄筋がサビた場合にはもう少し違う症状で露出する。
今回は鉄筋がサビたのでは?という心配はいらないと思う。

Qポストにカタカナ1文字書かれていました

家のポストの隅に、小さくカタカナで
(ア)と書かれています。
誰がいつ書いたのかは、わかりません。
ご近所のポストにも書いてありましたが
(ア)の他に(ヨ)や(サ)と書かれている家もありました。
これって何でしょうか?
ご存知の方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

新聞の略称でしょう。朝日、読売、産経。

Q新築戸建の床下にもぐって見つけました。これは何? ちょうどキッチンのカウンターの下の辺りだと思います

新築戸建の床下にもぐって見つけました。これは何?
ちょうどキッチンのカウンターの下の辺りだと思いますが、ここだけボードが斜めに下がっており、押し込むにも動きません。
こういう造りなのでしょうか?

ボードがカパカパな箇所やボード同士がズレていたりする部分もあります。

Aベストアンサー

床施工時に誤って踏んだんでしょうね(^_^;)
だから断熱材が一部だけ下がってる、良く見ます。
現場監理行ってやっちゃったこともあります。
(すぐ直してもらいましたが・・・)
多分厚みが65㎜とかあるので下から押し上げるのも
一苦労だしこすれて欠ける場合もある。
まぁヒートホークさんの言われるような方法が一番かも。
尚、隙間は無いに越したことはありませんので
気になるならスプレー缶タイプの現場発泡ウレタンでも
購入してちょっと吹いておけば良いかもしれません。

Qこれは手抜き工事?普通?

先日、住友不動産の注文住宅で家を建て、
引渡しも終わり現在住んでおります。

写真は、1階の窓の下(基礎との間ぐらい)の箇所になります。
正確な名前は分からないですが、
基礎部分の塗り壁?の部分の塗り斑(赤矢印部分)が気になっており、
引渡し前の事前確認時に伝えて「引渡し後に修繕する」約束で引渡しを受けました。
しかし、その後修繕されません。

再度担当者に伝えたり、コールセンターに電話もしましたが、
「また日にちを決めて修繕します」とは言われるものの、
何の連絡も無く、修繕もされず数ヶ月が経過しております。

なぜ、修繕してもらえないのか?
「これが普通」で、この程度で修繕を依頼する自分の方が間違っている?
と気になってきたのですがこの程度は普通なのでしょうか。
また、このままで何か想定出来る弊害がありますでしょうか?

※床下換気のための隙間は、
 赤矢印の約10cm上(白い外壁との間)に別途確保されております。

Aベストアンサー

大手と中小企業の差でしょうかね
地元の工務店だったらスグ飛んで来て数日中に処理しますよ...信用で食っていますから

Q現金一括で支払うのに、抵当権うんぬんが理解出来ません

親類が築浅と銘打った中古一戸建てを購入しました
不動産やさんと契約を済ませ、一割にあたる金額や印紙代を現金で支払いました

残りの金額も現金で間もなく支払う予定です
残り全部 現金で支払います

それなのに不動産やさんから売主さんの銀行に、売主さんといっしょに
行ってくれと言われてます
どうやら、売主さんの抵当権の関係らしいのですが、こちらは現金一括で
お支払するのに意味解りません
どうしてなのか説明お願いします

Aベストアンサー

特異なことではありません。決裁日当日は買主、売主、不動産屋、宅建士など関係者一同銀行の応接室で精算、登記手続きなどします。

 決済日前でしたら売主がローンの残債がある住宅を不動産屋が仲介で質問者さんに売却したのですが、住宅の担保を取っている銀行が『本当にローン残債を支払ってもらえるんだろうか?』の確認をしたいので現金購入の質問者さんの意向を確認したいだけです。質問者さんのメインバンクが当該銀行なら簡単です。仲介不動屋に残高証明書などを用意すべきか聞きましょう。

Qこれは不良建築ではないのでしょうか? 最近築19年目の3階建ての家の屋根裏を見ると ご覧のように支柱

これは不良建築ではないのでしょうか?

最近築19年目の3階建ての家の屋根裏を見ると

ご覧のように支柱の鉄骨の高さが足りずボルト止めされておりません どうも溶接でしのいで有るようです
これは建築業者に保証して貰えるでしょうか?

Aベストアンサー

柱の長さが足りないため、梁を取り付けるためのガセットプレートに梁が固定されていません。2017年に改正された民法では瑕疵という言葉はなくなりまして「契約の内容に適合しない」項目(562条)と認められます。これも、改正された民法で、引き渡した日から1年が請求期間であったものが、それを知った日から1年以内が請求可能期間となりました。(637条)その建設会社がまだ、存在するなら是正を求めるべきです。ただ、是正方法については、専門家を介入させるべきです。これほどのひどい仕事をする業者に是正工事を任せるのは危険です。また、先方との交渉も法律家に任せた方が良いと思います。

Q排水溝の蓋をはずし…

親類が、トマトスパゲティ(270gの冷凍のもの)を食べた後、台所のシンクにもどして(恐らく全てではない)しまいました。ただ、食べてすぐだったのか、吐しゃ物特有のにおいは、なかったそうです。
因みに、水を飲み過ぎてしまい、ゲップしようとしたところもどしてしまったそうです。

問題は、その後の処理です。排水溝の蓋を外し、その吐しゃ物をそのまま水で流してしまったのです。
これって処理として正しいのでしょうか。
現状、詰まっている様子(水を流すとゴボゴボゴボという音を立てて恐らくどっかに流れて行っている)は、ないようですが。ブツは、どこに流れていったのでしょうか。

これってどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

よほど大量に流さなければ詰まらないようにできています(配水管の角度などによって)。
便と同じで固形物も含めて下水に流れます。

一般家庭の排水槽にグリストラップが義務化されていないのは影響が少ないと考えられているためですが、いいか悪いかで言えばよくはありません。
下水道にはできるだけ有機物を流さない方がいいのです。
排水の有機物が多いと水質汚濁になるからです。
「排水 富栄養化」で調べてみて下さい。
そのため、食器を洗うときもできるだけ有機物を拭い取り、水と共に流さないことが推奨されています。
http://www.japanriver.or.jp/taisyo/oubo_jyusyou/jyusyou_katudou/no10/no10_pdf/fujiclean.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング