人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

法律的にどうなのか教えてください

祖父が死ぬとき、
私の叔父は、私の母に相続を一切破棄させて書面に署名させました。
そして、今祖母がアルツハイマーになったので、祖母を施設に入れてマンションを売ろうとしています。

私は孫ですが、祖父母は、親代わりでした。
施設に入るのも、マンションが売られてしまうのも、叔父が全て相続をしているから仕方ないのかなと思います。
たぶん、成年後見人にもなってます。

ですが、その新しく入る施設の場所も教えてくれないし、
祖母のものという認識なのか、私が、一緒に住んでた頃使ってたオーディオやピアノなんかも、
叔父はたまにしか来なかったくせに、好きにされるのが悔しいです。

孫には、何も権利はないんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 祖父が末期ガンになったとき、主に母が仕事の合間を縫って看病してました。
    いよいよになって、叔父は横入りしてきて、母を追い出したような形です。
    母もそれで投げたところは、いけなかったと思いますが、叔父の業突く張りに腹が立ちます

      補足日時:2019/03/05 13:06

A 回答 (4件)

法律というのは「知っている者の味方」といいますか,個人の権利に関する法律については,法律はただあるだけでどうにかなるものではなく,知って利用しなければ法律はないも同然です。

何もしなければ何も権利がないのと同じになってしまいます。

オーディオやピアノについてはあなたのもの(あなたが所有者)だそうですから,本来であればあなたにそれらを自由にする権利があります(民法206条)。
ただ,オーディオやピアノは動産(民法86条2項)です。不動産の得喪・変更の第三者対抗要件(たとえば誰が所有者であるかを第三者に認めてもらうこと)は登記です(民法177条)が,動産のそれは占有(民法178条)です。あなたがそのオーディオやピアノを占有しているのであれば第三者はあなたを所有者として認め,たとえ叔父さんがそれらを売ると言っても買いませんが,もしも叔父さんがそれらを占有しているのであれば第三者は叔父さんこそがその所有者だと認識しますので,オーディオやピアノは叔父さんの自由になってしまいます。

それを防ぐためには,お祖母さんの自宅を離れる際にそれらを持ち出せばよかった(所有権があるのですからそれは当然の権利です)のですが,それをしなかったのですよね。
叔父さんからしてみれば,お祖母さんの自宅にあった物なのでお祖母さんの所有物だと認識するのはある意味当然のことで,だからそれを占有(正確には代理占有)しているのだと思われます。お祖母さんのものですから,本当は叔父さんには処分権はありません。でも占有という事実があれば,動産の所有権は推定されてしまいます(民法186条)。真実の所有者であるあなたが何も言わないのであれば,叔父さんの自由になってしまっても仕方ありません(とはいえ,叔父さんの占有が事実としてあるのであれば,あなたが所有権を証明できるものを示せない限りは,あなたも叔父さんにオーディオ等の所有権を対抗できなくなってしまっているんですけどね)。

それでもあなたが「それは私のものだから引き取ります」と主張すれば,引き渡してくれるかもしれません(お祖母さんが元気なときであればお祖母さんがあなたの主張を認めてくれたと思われるのですが,今はアルツハイマーだというのであればもうそれは期待できないかもしれませんね)。好きにされるのが嫌ならそう主張してみてください。「権利の上にあぐらをかく者は保護しない」というのが法律の立場ですので,あなたが何もしないのであれば,法律はあなたの味方にはなりえません。

ところで,売られそうになっているマンションは誰のものなのでしょう?
経緯はともあれ叔父さんのものであるならば,売るのは叔父さんの自由です。誰も何も文句は言えません。
マンションがお祖母さんのものであるならば,処分権(所有権)はお祖母さんにあるので,叔父さんの自由にはなりません。特にお祖母さんがアルツハイマーで意思表示ができないのであれば,叔父さんに売却の委任すらできないのでどうしようもないのです(施設に入るための資金捻出のためであっても売れません)。

叔父さんが成年後見人になっているかもと思われているようですが,アルツハイマーになれば成年被後見人になるのでなく,家庭裁判所の審判手続きを経ないと成年被後見人にはなれません。またその審判の家庭で親族には家庭裁判所からのお尋ね文書が届いたりします。お母さんが何も知らないのであれば,叔父さんが成年後見人になっていることはないのではないかと思われます。
仮に叔父さんが成年後見人であったとしても,マンションがお祖母さんの名義であり,そこがお祖母さんの自宅だった場合には,簡単には売れないシステムになっています。成年被後見人の居住用不動産の処分には家庭裁判所の許可が必要だとされている(民法859条の3)からです。
また成年後見人は成年被後見人のために財産管理をする義務があるのであり,勝手に被後見人の財産を処分する権限はありません。不当な行為をしているのであれば,親族は家庭裁判所に解任申立てをすることもできます(民法846条)。
ですがたぶん,成年後見人にはなっていないと予想するんですけどね。あれはけっこう面倒くさいですから(成年後見制度を使って失敗だったという利用者の意見も多くなってきています)。

逆に叔父さんに対するいやがらせとしてお祖母さんの成年後見の申し立てをするという方法も考えられはしますが,ただ後のことが面倒なので,お勧めはしません。

お母さんが投げ出しちゃったことに起因するという意見もあるようですが,看護疲れのところをガタガタ言われて心が弱ってしまっていたのかもしれません。そこは,できれば責めないであげて欲しいと思います。

現状であなたには何も権利がないわけではないようですので,とりあえずひと言申し入れはしたほうが良いように思います。お母さんも推定相続人として,手遅れにならないうちに,一緒に動いたほうがいいのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
よく分かりました!
すると、成年後見人ではないようです。
ですが叔父は祖母の口座もおさえていて、
勝手にお金を下ろすな!
銀行に電話するな!

という張り紙が祖母の家にされてたことがあります。
それは違法ではないんでしょうか?

マンションは、相続した祖母と叔父の共有財産なのかな?
祖父との思い出のマンションを、祖母が売りたいと思うはずもないので。

ちなみに叔父の嫁は祖父が病気になってから一切顔も見せてません
葬式に来たのみ。
なにもしてなくて悪口ばっか言ってたそんな人が自動的に潤って、ほんとに献身的に看護してきた人が泣きを見るなんて、ほんとに理不尽なよのなかだなと思います。

理性的にやれること探してやってみますが、マンションはもうどうしようもなさそうですね。
ピアノもオーディオも別にあげてもいいんですが、
ただただ、叔父の理不尽な行いに腹が立ちます

お礼日時:2019/03/07 06:57

相続の権利があったのは 祖母と子の質問者の母と叔父です。


いきさつはどうあれ 母が相続を放棄した以上 その子の質問者には何の権利もありません。異議を言えるのは 母だけですが 脅迫されて署名したのじゃない限り 無理です。
なお、祖母の相続人として母の権利は残っています。次は 頑張ってもらいましょう
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
短気は損気ってことですね。

お礼日時:2019/03/05 22:36

祖父母の相続に関しては親が生きている限り、孫には関係のない話です。


質問者さまの言う孫の権利とやらは、親が履行すべきものです。
ですからおじさまを恨むより、ご自身のお母さまを恨まねばなりません。

オーディオやピアノについては「誰が使っていた」ではなく誰が買ったのですか?
それとも明確にプレゼントされたものですか?
ご自身の所有物である証明はできますか?少なくともおじさまは納得させられますか?
成年後見人は被後見人の財産の維持管理をしっかりせねばなりません。
無断で財産を処分したり、不当に安い値で処分をすると罰せられることがあります。
被後見人の財産かも知れないものをおいそれとは渡せませんよ。

法的以前にお母さまが動かんことにはどうにもできない問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ピアノもオーディオも、私が子供のころに祖父にプレゼントされたものです。誕生日プレゼントとか、そういう機会の時に。
叔父はマンションを売り払うため、家にある売れるものは全て売って売れないものはバカスカ処分しています。
こんな理不尽なのに違法性がないとは、冷たい世の中なのですね

お礼日時:2019/03/05 13:19

ない。

母もそうさせたのだ。ただ、たまにくるにしても金的などいろいろな面倒を見るということはけっこう大変なんだよ。それをあなたの母はしなかったんだ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続問題

父親が亡くなり相続者は妻、子供三人居ます。相続者は四人になります。
子供の三人の内一人は、実家で父母と同居していました。

土地建物は同居している子供が引き継ぐことには皆異議なし賛成しました。

子供は皆ばらばらに離れて生活しています。
不動産相続の登記をする為に、相続放棄に関する書類が送られてきました。
1、被相続人との相続関係図(家系図)
2、不意動産の課税台帳
3、相続分不存在証明書(特別受益証明書)
(内容は生前贈与を受けているので相続分は存在しない)
以上です。

誰れも生前贈与は受けていないが異議無しです。

葬儀は終わっていて、後日また行事が有り皆集まりました。
その時、実家に居る一人が他の二人の子供集め、
実は父には預金が有る、薄暗いところで通帳のコピーを広げ
いきなり数百万の現金を渡した。
いったい幾ら有るんだと聞いたら、その数倍です。
無理やり押し付けてその場はおさまりました。

釈然としない日が続き、金融機関で調べたら、
相続分不存在証明書は、不動産の名義変更ばかりではなく
通帳の名義変更にも使える書類と分かりました。
名義変更して自分の口座に入れ替えたと思います。

ここから質問です。
不動産の名義変更すると送ってきた書類には
不動産に関するもので、父の預金は一切知らされていません。
故意的に隠していたものと思います。

この場合、隠していた者の罪はどのようなものに
当たるんでしょうか?

尚、家裁で争い実家を崩壊させることは考えていません。
よろしくお願いします。

父親が亡くなり相続者は妻、子供三人居ます。相続者は四人になります。
子供の三人の内一人は、実家で父母と同居していました。

土地建物は同居している子供が引き継ぐことには皆異議なし賛成しました。

子供は皆ばらばらに離れて生活しています。
不動産相続の登記をする為に、相続放棄に関する書類が送られてきました。
1、被相続人との相続関係図(家系図)
2、不意動産の課税台帳
3、相続分不存在証明書(特別受益証明書)
(内容は生前贈与を受けているので相続分は存在しない)
以...続きを読む

Aベストアンサー

家裁で実家を崩壊。。。

家裁での調停は、中立かつ法律の専門家を入れて話し合う場です。崩壊するとは限りません。
誤解されていると思います。
審判、裁判になれば、法律通りで、実家を売ってお金を分けるとかありますが、そこまで普通はなりません。話し合いで解決出来ます。

調停では、各人の要望を聞き、物的証拠(全ての通帳の3年分のコピーや原本)の提出、土地の評価、有価証券の評価、現金(以外に沢山家に置いてあるし、貸金庫には沢山ある事も)、その他財産価値のあるものを、財産目録として作り提出するのです。
作成者が隠蔽することもあるので、弁護士に相談した方がいいと思います。

何にしても、ちょっと軽率でしたね。財産目録を作ってもらい、話し合い、その結果を遺産分割協議書に記すのです。
金融機関に残高証明だけ出してもらって、それを元に話し合ってはいけません。
必ず取引履歴または、通帳の原本を確認してください。
死亡の3年前までの贈与は、相続財産に組み入れて計算します。なので、残高証明だけではダメなんです。
通帳が無いと言われても、相続人なら銀行から取引履歴を取り寄せ可能です。
大手は取引履歴が10年。地方都市銀行だと相当長く取引履歴が取り寄せ可能です。
私は23年分出してもらいました。
全ての事実をオープンにして、初めて納得出来る相続が出来ます。そこで、土地は要らないから、現金だけ分けようとか、ゴルフ会員券は欲しいよ、とか譲りあったらいいのです。
調停だと最後にキチンと精算方法まで決めて見届けてもらえるので、孫達にも裁判所で決めたよとキッチリ説明でき、禍根を残すことが有りません。
家裁はドロドロと言う、先入観は映画やドラマの影響でしょうか?
調停は専門家を入れて話し合う場、です。
活用されてはどうですか?

家裁で実家を崩壊。。。

家裁での調停は、中立かつ法律の専門家を入れて話し合う場です。崩壊するとは限りません。
誤解されていると思います。
審判、裁判になれば、法律通りで、実家を売ってお金を分けるとかありますが、そこまで普通はなりません。話し合いで解決出来ます。

調停では、各人の要望を聞き、物的証拠(全ての通帳の3年分のコピーや原本)の提出、土地の評価、有価証券の評価、現金(以外に沢山家に置いてあるし、貸金庫には沢山ある事も)、その他財産価値のあるものを、財産目録として作り提出する...続きを読む

Q家賃滞納でダイ○へ迷惑をかけていて退去を伝えているのに更に圧力をかけられています

長文になります。本人の知り合いです。
無知な私と本人に力になって下さい。
文面を見ればわかると思いますが、精神疾患をもっているため発言には十分配慮して下さい。
分かりやすく励ましになる発言で 今後どうするべきかアドバイスをいただける方のみ回答をお願いします。
できれば経験者の方で乗り越えられた方や弁護士、福祉の方だとより詳しく知る事ができるかと思います。

代弁ですが以下の通りです。

ダイ○管理のコーポに住んでいます。
一年前、精神疾患を患い過呼吸等により救急搬送されました。
保険も入っていなかったため ここで家賃滞納になってしまいダイ○へ事情を説明し最初の担当さんは理解して頂いて なんとか上の方と話をすすめながら通常の家賃にプラスして滞納分は分割でやって頂いていました。

仕事も主治医からは休養をとるように言われていましたが、傷病手当て使って休むぐらいなら辞めてくれと言われ毎日泣きながらでもやっていましたが 休みがちになり また家賃が滞納となり自己都合で辞めさせられました。

担当が代わり 当然退去の話しになりました。

精神不安定な中ダイ○の事務所まで来いと言われ事務所へ行き、今後の支払い計画について言われ 仕事が不安定な事、言いたくもない精神疾患の事等を話し 派遣とか何かを利用してでも払うように言われました。
こちらの責任なので私も必死になって働きましたが、2回目の過呼吸で また支払いができなくなり 退去は覚悟していましたが、生活費もなく身内も年金暮らしの祖母以外は亡くなって誰もいないため 知り合いを通じて役所へ相談に行く事を提案され行きました。

生活保護の事を知り 担当の方から情けない事はないからすぐにでも申請するようにすすめられ 受給できるまでになりました。

この事をダイ○の担当にも伝え保護費からは滞納分は借金となるので保護中は支払えない事と、すぐにでも転居できるようにすすめるので それまでは通常の家賃だけを支払う事を伝えていました。

が、保証人である祖母へ滞納を支払えと自宅まできたそうですが、保証人であっても現状では難しいと伝え 転居するまで少し待って下さいと再度お願いしました。
これ以上どうしようもないので最低限 通常の支払いをお願いしました。

が、こんな状態の中 きちんと転居も考え生活保護を受給している事も伝えているのに、裁判所を通じ出頭するように封書が届きました。しかも幾度も退去をお願いしているにも関わらず出ていかないなど 話をしているのに全くデタラメな内容が書かれて怒りで号泣してしまいました。

生活保護の担当の方にダイ○から生活保護の受給について今後の支払いについて等の連絡はあったか伺うと 全くなかったとの事!

弁護士費用は法テラスでなんとかなるが裁判所費用はどうにも用意はできません。

しかも保証人である祖母の家にも出頭の封書が届き 祖母も弁護士費用等の余裕はありません。

こちらが悪いことも認識しているからこそ転居を剥がしているし 通常の家賃だけでも支払えるようにと家賃も生活保護の力をお借りして支払ってはいます。

せっかく落ち着いた体調も、ダイ○の圧力で精神疾患が悪化し最悪な状態になっています。

退去する事や精神疾患の事や保護受給者である事はわかっているはずなのに 裁判の費用も支払えないのに ここまでされるのでしょうか?

逆に全てをお伝えし事情も理解しているはずなのに こちらが悪いと把握もしているにも関わらず精神的苦痛を与えられていると訴えたいです。

早めに終わらせたいのですが 生活保護で入居できる所もなかなかないのが現実ですが、ボロボロでも早く引っ越したいです。

今後どのような順番で 動けばよいでしょうか?

といった内容です。

本人に確認する前に私も確認しますが、あまりにも非常識な回答は控えて下さい。
良識のある方からの力を貸して下さい。
宜しくお願い致します。

長文になります。本人の知り合いです。
無知な私と本人に力になって下さい。
文面を見ればわかると思いますが、精神疾患をもっているため発言には十分配慮して下さい。
分かりやすく励ましになる発言で 今後どうするべきかアドバイスをいただける方のみ回答をお願いします。
できれば経験者の方で乗り越えられた方や弁護士、福祉の方だとより詳しく知る事ができるかと思います。

代弁ですが以下の通りです。

ダイ○管理のコーポに住んでいます。
一年前、精神疾患を患い過呼吸等により救急搬送されまし...続きを読む

Aベストアンサー

まず、生活保護を受ける、その上で転居ですね。
それまで支払いは待って貰うようにしないといけないので、弁護士を雇い、相手と話し合ってもらうという流れです。
ただ既に法廷に呼ばれているということであれば
国選弁護人を選べば費用は弁護料は無料ではありませんが不要に近いですし、
貴方の生活保護を受けている事情も説明してくれますので、結果、裁判費用の負担も軽くなるはずです。

それでとりあえず待ってもらう事が可能になったら、生活を安定させつつ、遅れている支払いを行い、
ただし、不調が治らない場合は病院へ行き、それが精神的苦痛によるものだという確証で診断書を書いてもらい、再び弁護士に相談する流れかと思います。

とにかく新しい住居を見つけて入居しましょう。遅れている支払いはそれからです。

Q責任を問えますか??

あるアプリが原因で当方のスマホに不具合が発生しました。
アプリの制作会社へメールしたら、自社で検証を行い、
その結果わたしと同じ不具合が起きた事により、自分とこの
アプリが原因だと認めた謝罪のメールが来ました。
しかし、それで終わりです。

わたしはアプリが原因だとは夢にも思わず、嫁と2人でスマホを
買い替えたりして、15万ちょっとの出費をしました。
で、新しく買ったスマホにも同じアプリをインストールしたら
古いスマホと同様の不具合が起き「買ったばかりの新品やのに・・」と
ネット検索したら、わたしと同じ不具合が書かれたレビューを発見し、
そのアプリが原因だった事がわかったんです。

アプリの制作会社は自分とこのアプリが原因だと認め謝罪したあとは
逃げてしまい一切連絡してこなくなりました。HPには電話番号も載せて
おらず、今のところメールしか連絡の取りようがありません。
いくらメールしてもなしのつぶてで完璧に無視です。
そこで・・・
今回の件で当方が損失した15万近くを求める少額訴訟の裁判を起こしたとして、
勝算はあるでしょうか??
それとも、こんな理由で裁判って変でしょうか??
最初にメールしてきたっきり、逃げてしまい完璧に無視してる制作会社が許せないんです。

ちなみに、そのアプリのレビューは最悪で、ここまで評判の悪いアプリを作って
おきながら、アップデートもせず放置してる・・これでも責任を問うのはおかしいですか??

あるアプリが原因で当方のスマホに不具合が発生しました。
アプリの制作会社へメールしたら、自社で検証を行い、
その結果わたしと同じ不具合が起きた事により、自分とこの
アプリが原因だと認めた謝罪のメールが来ました。
しかし、それで終わりです。

わたしはアプリが原因だとは夢にも思わず、嫁と2人でスマホを
買い替えたりして、15万ちょっとの出費をしました。
で、新しく買ったスマホにも同じアプリをインストールしたら
古いスマホと同様の不具合が起き「買ったばかりの新品やのに・・」と
...続きを読む

Aベストアンサー

ソフトウェアに関しては、利用規約に必ず次の記載があるはずです。
「このソフトウェアの利用によって生じた損害に対して当社(ソフトウェア提供者)は責任は負わない。」
「責任の範囲は、当社が提供したソフトウェアの修理までである。」

これは、Windowsでも同じです。

> アップデートもせず放置してる・・
その責任を問えるか否かは、利用規約によりますので、
利用規約をご確認ください。

Q子供なし夫婦の相続問題

子供がいない夫婦の妻の両親の土地のことですが、妻に弟がいて(子供3人)
1、妻死亡の場合ー土地は、配偶者が相続し、妻の甥、姪にも相続権8/1?が
あると聞きましたが、それを防ぐためには、妻が遺言書を残さないとだめですか?

他の方法はありますか?

縁もゆかりもない、甥と姪が相続権があると本で読みました。

これは、大問題ですので老後の資金を妻のおいっこたちがもらうのはいたたまれません。

どうか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

・両親に相続が発生した時

両親とも他界した場合に法定相続人は妻と弟です。弟が先に亡くなっていた場合には3人の子が代襲相続します。妻が先に亡くなっていた場合には、妻の配偶者は相続しません。

・妻に相続が発生した時
子が無い場合で、親が存命の場合には 配偶者2/3・親1/3が法定相続です。親が亡くなっていた場合には、配偶者3/4・弟1/4で、弟が亡くなっていた場合には3人の子供が代襲相続します。

『法定相続』は義務ではなく権利ですから、何の手続きをしていない場合であっても話し合いにより相続分が無いことも有り得ます。
妻の相続により、弟や甥姪に相続財産が渡らないようにする、または、相続財産の内容についてこちらで任意に処理できるようにするためには公正証書遺言を作成し、財産は全て弟(や甥姪)に渡らないようにする内容にすることでしょうね。
この場合、配偶者が妻よりも先に亡くなることもあるのですから、例えば『財産一切を配偶者に相続させる』という内容では先に配偶者が亡くなった場合には意味を為さない事になります。

さて、遺言以外での方法ですが、婚姻後20年以上経過した配偶者に対する不動産贈与の特例を使う事も考えられますね。不動産の評価額が2千万円以内という制約がありますが。

質問文を読むと、相続した不動産を売却して老後の生活費に充てるように受け取れますが、その場合、妻に相続が発生した時には既に生活費の事を考える必要がないのですから、妻の両親に相続が発生する時のことを考えておくことでしょうね。
すると、その相続については妻と妻の弟との問題になるのですから、血縁の無い人が入って行こうとすると紛争の元になりますよ。

・両親に相続が発生した時

両親とも他界した場合に法定相続人は妻と弟です。弟が先に亡くなっていた場合には3人の子が代襲相続します。妻が先に亡くなっていた場合には、妻の配偶者は相続しません。

・妻に相続が発生した時
子が無い場合で、親が存命の場合には 配偶者2/3・親1/3が法定相続です。親が亡くなっていた場合には、配偶者3/4・弟1/4で、弟が亡くなっていた場合には3人の子供が代襲相続します。

『法定相続』は義務ではなく権利ですから、何の手続きをしていない場合であっても話し合いにより相続...続きを読む

Q朝からすいません? 訴状をある店員の家に送ったとして 、受け取った店員またはその人は、 普通はビック

朝からすいません?

訴状をある店員の家に送ったとして
、受け取った店員またはその人は、
普通はビックリして弁護士に相談するんですか?

例えば、こんな訴状が来たんだけど、
どうしたら良いですか?

などと。

受け取って、すんなり裁判所まで来るんでしょうか?

なんか調べたら、無視したら相手の訴えを認めることになる、とも書いてありまして。

で、相手は無視続けたら、裁判所の誰かが
家まで行って無理矢理話を伺うことまでになると思います?

分かる人がいましたら回答お願いしたいです。

Aベストアンサー

裁判所は「あなたが敗訴です。」などと言う文書はゆかないです。
送達は「判決」です。
また、判決文には「何日までに支払え」と言うような文言はないです。
「すぐ」です。
勝訴した者が敗訴した者に請求することは自由で、文言も自由です。
なお、慰謝料の額に限って、その額は請求の趣旨に記載されている金額を裁判官で変えることができることになっているので、「全面勝訴」は実務上希なことです。

Q遺言があることを長男は隠していました。

それで、故母は平成27年の3月に亡くなりました。
長男がお金を出して平成23年に母の「遺言書」を地元の
公証役場で作成していました。
長男が故母の遺言書あることを暴露して、姉経由で私に告げられてのが今年1月14日
でした。遅すぎないですかね!?

母が死亡して4年近くが経過して、私宛に葉書が届きました。
葉書の内容はですが
以下です
----------------------------------------------------------------
実家の墓地を除く一連の処理が完了する2020年3月31日以降
随時希望者には公証役場正本(遺言書)の提示。対応可能です。
--------------------------------------------------------
以上内容ですが
内容がおかしくないでしょうか?

全ての母名義の「動産・不動産」は総工費500億円の公共事業の対象になっていて
工事担当に確認したところ、今年度末で、用地買収等は済ませる計画です。
それで、実家は長男が解体業者依頼して3月に更地化されていて、担当者は遺言に
従って、長男に全額実家の移転料を支払ったと暴露してくれました。

それから、遺言書の内容は公証役場で調査しまして、母は長男だけに
相続させるとなっていました。

普通は葬式の当日に一段落したところで遺言書は公開するのが本当ではないでしょうか?
隠蔽の罪みたいな何か罪になりますか?
以上よろしくお願いいたします

それで、故母は平成27年の3月に亡くなりました。
長男がお金を出して平成23年に母の「遺言書」を地元の
公証役場で作成していました。
長男が故母の遺言書あることを暴露して、姉経由で私に告げられてのが今年1月14日
でした。遅すぎないですかね!?

母が死亡して4年近くが経過して、私宛に葉書が届きました。
葉書の内容はですが
以下です
----------------------------------------------------------------
実家の墓地を除く一連の処理が完了する2020年3月31日以降
随時希望者に...続きを読む

Aベストアンサー

>隠蔽の罪みたいな何か罪になりますか?
そんなものありません。
ただし、遺留分減殺請求の権利があります。
文章から見てあなたは亡くなられたお母さんの実子だと思いますので、本来の相続額の1/2は請求できます。
時効は”その事実を知ってから”1年ですので、まだ大丈夫です。

長男が住んでる家を取ろうというのならまだしも、公共工事の売却・補償金ですから、権利分をいただきましょう。
特に、黙って独り占めしようとする兄の行為もいかがかと思います。(遺言状作成も含めて)
姉と一緒に、一度弁護士にご相談されてはどうですか。

Q親が亡くなり通帳を見たところNHKに対し二重払いしていたことが分かりました。親の住んでいた家ではケー

親が亡くなり通帳を見たところNHKに対し二重払いしていたことが分かりました。親の住んでいた家ではケーブルテレビが入っていまして、ケーブルテレビの料金にNHK受信料が含まれていましたが、その他にNHKに支払っていた様です。NHKから返金してもらう方法はありますか。出来れば同じような経験がある方よろしくお願いいたします。二重払いは約10年間になります。

Aベストアンサー

不当利得の返還請求、ということで
返金は可能です。

ただ、時効などが考えられますので
NHKに問い合わせてください。

Q仮差押決定の書類が裁判所から来ました。

8年前、千葉に住んでいた時に離婚し、処分した家の残債 住宅金融公庫 約4000万円(元金1750万他利息・遅延金)を支払っていなかったため、仮差押えされてしまいました。現在住んでいる仮差押えされたマンションは、離婚後中古で購入し残債が100万円ほど残っています。年内に売却しようと思っていました。
仮差押決定文の主文に「債務者は、金486万円を供託するときは、この決定の執行の停止又はその執行処分の取り消しを求めることができる」と書いてありました。486万円を供託すると仮差押が外れ、マンションを売却することができるのでしょうか。
また、東京の債権回収株式会社が当事者になっています。このサービサーと話し合いで解決するときの金額はどれくらいで折り合いをつけてくれるのでしょうか。友人は100~200万円くらいで話が着くと聞いた事があるといいますが、それが本当なら、どのような話し合いをすればよいのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

> 486万円を供託すると仮差押が外れ
「取り消しを求めることができる」と書いてありました」と、質問者も書いているではありませんか。
外れるのではありません。
外す事を求めることが出来るようになると言うことです。
つまり、外れません。

> 友人は100~200万円くらいで話が着くと
少し甘く見すぎでは。
2.5%~5%の金額は少し低めではと思います。
10~20%、運がよければ一桁パーセントくらいが妥当。
つまり、「約4000万円(元金1750万他利息・遅延金)」ですから、400万円~600万円程度。
何より、マンションをすでに差し押さえているのですから、そのマンションの競売予想価格より少なくするとは考えにくい。

Q退職金が不当! どうにかならんのか?

父親の話です。
父は早期退職で当時の同僚と同僚7:父3の出資で起業しました。
仕事は営業で、退職前の会社で営業をしていた人脈を生かした
営業部門中心の小さな会社です。
当初は同僚を社長・父が専務としてそれぞれの奥さんも手伝って
4人で始まりましたが、社長は前会社を退職前しばらく他県に転勤
していた為、地元の人脈が薄く、父が自分の得意先をいくつか回して
あげたりしていましたが、あまり仕事を取って来る事は出来ませんでした。
結局、会社の収益で大きな割合を占める大口の取引先は全て、父が取って来た
ものでした。
その後、社長娘も入って来ましたが、この社長一族は皆仕事が雑で、月末の締めや
年度末の決算の時などいつも数字が合わないなんてのはザラ。
それでいて自分のミスは絶対に認めないし、得意先のせいにもする始末。
更に、若手も入りましたが、この若手もテニスが趣味だとかで毎日、
朝・夕にテニスの練習をする為に仕事を切り上げてる有様で、当然、
大口の仕事など取れませんがごまスリがうまいのか、社長のお気に入り
で、そんなでも社長娘共々多額の給料を貰っています。
数年前に、社長・父(専務)が高齢の為一線を退く事になり、社長娘を新社長に就任
社長→会長へ。会社が自宅敷地内の為、一応毎日出勤しているが仕事はほぼ無し。
父(専務)→役職そのままで出勤は月末の締めと週明けの会議のみ。
それぞれの奥さんも旦那と同じ勤務体制へ・・・と新体制になり、
父(専務)の大口得意先はテニス好きの若手が引き継ぐ事に。
それ以後も、社長に就任した会長娘もテニス好きの若手も、父(専務)以上の
大口得意先を得る事などなく、現在に至るまで父(専務)が取った大口得意先は
会社の利益の半数以上を占めます。
昨年末頃から急に、父(専務)の排斥の動きが出始め、今年から給料を半額にされ
ました。父(専務)は高齢というのもあって争うのを嫌がり、夫婦分共々了承して
退職する事になりました。
要は、会長が自分の娘(社長)やお気に入りの若手、現在は若手嫁と会長息子嫁も
好待遇パートで雇ってるのでそれらに少しでも多く給料を出したい・・・でも
娘も若手も大口の仕事取れないから半分隠居状態の専務夫婦の給料減らせ、ついでに
追い出せ・・・てな感じです。
退職となり、退職金額が提示されて啞然。父:1000・母:300ってあきらかにおかしい。
専務夫人である母は怒り心頭です。
会社創立メンバーで20年以上働いて、現在に至るまで会社の収益の半数以上を占める
得意先をもたらした役員の退職金がそれって。
ちなみに、現社長やテニス好きの若手は年収700越えです。
それから類推しても安すぎるのはあきらかです。
父(専務)はバカがつくほどのお人好しでそれを夫婦分共々了承してしまいました。
会社に入ってる税理士も「中小なんだからこんなもん」と言ったそうですが、この税理士は
会長の親戚でいわば一族なのであてにならないし、会長には東京で会社経営してる
優秀な息子もいて、下手に争う事にでもなってその人脈(経営専門弁護士とか)を
使われたらひとたまりもありません。

これは、泣き寝入りするしかないんでしょうか?

父親の話です。
父は早期退職で当時の同僚と同僚7:父3の出資で起業しました。
仕事は営業で、退職前の会社で営業をしていた人脈を生かした
営業部門中心の小さな会社です。
当初は同僚を社長・父が専務としてそれぞれの奥さんも手伝って
4人で始まりましたが、社長は前会社を退職前しばらく他県に転勤
していた為、地元の人脈が薄く、父が自分の得意先をいくつか回して
あげたりしていましたが、あまり仕事を取って来る事は出来ませんでした。
結局、会社の収益で大きな割合を占める大口の取引先は全て、...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ、落ち着きましょう。
肝心な部分の数字が抜けていて正しい判断が不能なので、「あきらかにおかしい」ことの真偽は分かりません。
税理士も、法に抵触する要素があれば是正せざるを得ないので、必ずしも「おかしい」わけではない理由があるのでしょう。
出資金がどのような形で還元されるのか、退職後の何らかの権利の有無なども不明です。
たいへん失礼ながら、無関係の第三者が怒りに任せて想像や脚色を加筆し、勝手に泣き寝入っているような質問文にさえ見えます。

キミのお父様が立派であることは理解できます。
ただ、そもそもの出資割合が対等ではありません。
また20年以上の間、お父様にも親族を参入させることはできたはずですし、お父様が意見あるいは抵抗できる要素もあったはずです。
でもキミのお父様は、お母様を引き入れた以外、それをしなかった。
会社の経営は、キッカケももちろん重要ですが、それを維持することに大きな意味があります。
経営を継続する手腕・能力ですね。
創業時の社長が、その方面に並々ならぬ才能があることは、否めない事実でしょう。
いずれにせよキミの御両親が、争いを避け・了承したことなのです。
当事者が受け容れている以上は、部外者が口を挟む余地はありません。
…というか、御両親にしてみればキミの気持ちは嬉しいが「もう済んだこと」であまり掻き回したく無いのではないですかね?
自分には、お父様は金銭よりも人間としての尊厳とか、日本人らしい美徳を選んだように思います。

さて、「強力な手腕」・「実行力ある人財」の両刀を失った会社は、その後どうなるでしょうか。
それら推進力があっただけに、当面は惰性で進む事は可能でしょう。
ですが、能力の無い人間にそれを発展どころか維持させることはできません。
そういった意味では、退職金の出るうちに『安全を確保して非難』という隠された理由が存在する可能性もあります。

キミは立派な御両親を持ったことを誇りに思えばいいし、御両親としては、そんなキミの存在がかけがえの無い財産なのだろうと思います。
どうですかね、それでも御両親の判断は間違い(泣き寝入り)だと声を荒げますか?

まぁ、落ち着きましょう。
肝心な部分の数字が抜けていて正しい判断が不能なので、「あきらかにおかしい」ことの真偽は分かりません。
税理士も、法に抵触する要素があれば是正せざるを得ないので、必ずしも「おかしい」わけではない理由があるのでしょう。
出資金がどのような形で還元されるのか、退職後の何らかの権利の有無なども不明です。
たいへん失礼ながら、無関係の第三者が怒りに任せて想像や脚色を加筆し、勝手に泣き寝入っているような質問文にさえ見えます。

キミのお父様が立派であることは理解で...続きを読む

Q親の遺言書問題。 親が仏壇に遺言書を入れている。 それを知っているのは家族だけ。 家族は親が死んだら

親の遺言書問題。

親が仏壇に遺言書を入れている。

それを知っているのは家族だけ。

家族は親が死んだらどこそこに埋めてくれというお墓の希望が書かれていてそのお墓の建設費用も専用の預金口座が作られて遺言書と預金通帳が同封されている遺言書だと思っていた。

いざ親が死んで家族が集まって親の遺言書を開けたら、家の小さな縁もゆかりもない寺に全財産を寄付すると書かれていた。

遺言書を見たのは家族だけ。

この遺言書を家族の同意で破棄することは出来るのでしょうか?

遺言書は絶対なのでしょうか?

見たのは家族だけです。

Aベストアンサー

遺言書での遺贈者が相続人だけであり、相続人による遺産分割協議が整えば、従わない方法もあったかと思います。
しかし、相続人ではないお寺に対するものがあるとなれば、それは問題があります。
遺言書とありますが、それは自筆遺言なのですかね?法的な要件を満たしていない可能性はありませんか?
素人が専門家の助けも受けず書くような遺言書ですと、法的な要件を満たさないことも多く、その場合には有効性がないのですから無視しても構わないのかもしれません。
ただ法的要件を満たしていれば、無視することはよろしくないと思います。

もしも、仏壇に保管しているものよりも後の日付の遺言書などが発見されるようなこととなれば、それを知らず(知らないという扱い)に遺産分割をした後であっても、遺産を本来の人へ渡す義務が生じることでしょう。使ってしまえば現金で返還しないといけなくなるでしょう。


公正証書遺言であれば、仏壇にあるのは謄本でしかなく、原本は公証人が保管していることとなります。
利害関係者が調査すれば、公証人は謄本により開示することとなるでしょう。
仏壇にあるのがこの謄本でなくても、別に公証人が保管している公正証書遺言が存在する可能性もあります。
遺言を守ってもらうために仏壇に同様のものを置いているだけなのかもしれず、お寺が遺言の存在を知っていたりすれば、もめるだけでしょう。

しかるべき調査などをした上で、ご家族の総意で考えるべきでしょうね。
ただ、遺留分もありますので、遺留分として認められる範囲でお寺から取り返すことは可能です。ただ遺産そのものとは限らず現金による場合もあり得るので、慎重になる必要はあると思います。

遺言書での遺贈者が相続人だけであり、相続人による遺産分割協議が整えば、従わない方法もあったかと思います。
しかし、相続人ではないお寺に対するものがあるとなれば、それは問題があります。
遺言書とありますが、それは自筆遺言なのですかね?法的な要件を満たしていない可能性はありませんか?
素人が専門家の助けも受けず書くような遺言書ですと、法的な要件を満たさないことも多く、その場合には有効性がないのですから無視しても構わないのかもしれません。
ただ法的要件を満たしていれば、無視すること...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング