グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

現在「療育手帳(B2)」と「精神障害者保健福祉手帳(3級)」を2枚所持しています。
手帳2枚持っているからと言って福祉のサービスが二重になることはないことは理解しています。
間も無く精神障害者保健福祉手帳の更新を迎えるため診断書等の提出が必要になります(ちなみに療育手帳は期限の定め無し)。
持っている立場から見たら二枚持ちのメリットを感じないから更新を迷っています。
二枚持ちは何だかのメリットがあるのでしょうか教えてください。

A 回答 (2件)

たとえば、就労(障害者枠)であれば、知的障害者としての就労をめざすのでしたら療育手帳が必要ですし、精神障害者や発達障害者としての就労をめざすのでしたら精神障害者保健福祉手帳のほうが必要です。


つまり、どのような目的でそれぞれの手帳を活用したいのか、ということに関係してきます。

基本的には、あなたが理解しておられるように、それぞれの手帳による福祉サービスがダブることはないですから、手帳を複数持っていても、デメリットはありません。

なお、通院医療費に関しては、精神の場合は、自立支援医療の申請が必要で、手帳は無関係です。
ただし、精神通院医療の医療費の公費助成を受けたい場合(重度心身障害者医療費助成制度)には、自治体毎に定められている手帳の種類や等級が関係してきますので、2種類持つほうがいいのかどうか、十分に調べてみて下さい。
(重度心身障害者医療費助成制度の内容は住んでいる自治体毎にバラバラです。全国共通ではありません。)
    • good
    • 4

どこの自治体に住んでるか知りませんが、僕の自治体では2種類の手帳を持ってないと受けられない福祉もあります。


手帳の種類と何級かによって違います。
組み合わせによっては対象外になる場合があります。
詳しくは市役所に問い合わせ下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺族年金の支給対象者

後期高齢者の知人(88才) が、37才のバツ1の女性(子一人)を入籍(結婚)すると言っています。
知人の奥様は、2年前他界され、現在一人で賃貸マンション住まいしています。
子二人は、各々結婚し別居しています。

資産は生命保険3,000万円(受取人は子各々1,500万円)のみで、他の預金等は既に子に生前贈与している様です。
子達も、相続で揉めないので、入籍(結婚)を了解しているとの事

入籍(結婚)と言っても、同居するわけでも無く又、夫婦生活(H等)も全く考えておらず、
知人死亡後は、その女性が遺族年金を受取れる様に入籍する様です。
知人の年金は、多く(280万円程)遺族年金も相当の金額になる様です。

年の差51才の遺族年金目当ての結婚でも、その女性に終身 遺族年金を払うのでしょうか?

法的に問題あるのであれば、知人及び子に忠告したいと思っています。
詳し方、お教え下さい。

Aベストアンサー

いい加減な内容の回答がめだちますね。
いわゆる生計維持関係に係る正しい理解がなく、偽装結婚だの家事だの介護などといった感情論で物を言ってしまっています。
とんでもないことですよ。

遺族年金について国民年金法や厚生年金保険法を見てみると、「遺族◯◯年金を受けることができる◯◯は…被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し…」などといった要件がわかります。

死亡した被保険者と遺族年金を受けられ得る対象者(配偶者や子といった遺族)との関係を「生計維持関係」といいます。
生計維持関係が認められるためには、生計同一要件(基本的に「同居」であること)と収入要件(受けようとする者の年収が850万円未満であること)の両方を満たす必要があります。

この認定に係る具体的な運用方法(認定基準)は、平成23年3月23日付の厚生労働省年金局長通知(年発0323第1号)「生計維持関係等の認定基準及び認定の取扱いについて」で定められています。
最終改正(平成27年9月30日)後の現行の内容(平成27年10月1日~)は、以下のURLのとおり。

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7210&dataType=1
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7209&dataType=1

その他、以下のURLも、非常に参考になると思います(PDFによる講義テキスト)。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/0000088038.pdf

要は、年金目的の年の差婚であろうが、家事・介護抜きの婚姻であろうが、上で記した認定基準を満たすのであれば、そういう「婚姻のかたち」は問われません。年金制度上で定められる認定基準を満たす、というだけで良いわけです。
しっくりこない気持ちなどは多々あるだろうとは思いますが、法令などに基づいて実施・運用される行政や諸制度というものは、いわゆる「感情論」抜きで適用されます。

ほかの方からの指摘にもありますが、回答 No.2や 回答 No.4の内容は誤りで、誤解を招きかねません。
たくさんの回答を付けておられる方のようですが、他での回答(年金額などに関する身勝手な試算など)も含めて、回答内容にはくれぐれも気をくばっていただきたい、と感じました。
(もちろん、私自身にとっても同じことが言えますが…。)

いい加減な内容の回答がめだちますね。
いわゆる生計維持関係に係る正しい理解がなく、偽装結婚だの家事だの介護などといった感情論で物を言ってしまっています。
とんでもないことですよ。

遺族年金について国民年金法や厚生年金保険法を見てみると、「遺族◯◯年金を受けることができる◯◯は…被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し…」などといった要件がわかります。

死亡した被保険者と遺族年金を受けられ得る対象者(配偶者や子といった遺族)との関係を「生計維持関係」といいます...続きを読む

Q一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診断書が届いたので年明けに先生に書いて頂いて、一月中に提出する

一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診断書が届いたので年明けに先生に書いて頂いて、一月中に提出する予定です。
ですが、提出先の宛名は日本年金機構御中だけで良かったでしょうか?
たしか、今年、提出する際に年金事務所の方から、日本年金機構のあとに障害年金センターみたいな部署を書いて必ず書留で送らないと大量の書類が送られるから、分類する手間を省けると言われて書いて送りました。
診断書のコピーは取っていますが、宛名までは忘れてしまいました。
同封された宛名は日本年金機構しか書かれていませんが、日本年金機構で大丈夫でしょうか?
年明けに年金事務所に確認すればいいだけの話しなのですが、ここで分かるならと思って質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

繰り返しますね(回答 No.4 に添えた画像のとおり)。
正しい宛先(提出先)はこちら(↓)です。再確認しました。
私の書き方もまずく、申し訳ありませんでした。

<提出先>
〒162‐8799
日本郵便株式会社 牛込郵便局 私書箱第145号 日本年金機構

部署名を付けたりする必要はなく、年金給付業務部門などと添える必要はありません。
上のとおりで大丈夫です。

わざわざ<提出先>として牛込郵便局の私書箱が指定されているので、提出するのは、杉並区(高井戸西)のほうではありません。

ちょっと紛らわしくて混乱してしまわれたと思います(私も、一瞬混乱して、間違った答えを書いてしまったようです。たいへん申し訳ありませんでした。)。
こういったお知らせが届いたときは、<提出先>がちゃんと書かれているはずですから、そちらの住所のほうだけを見て、診断書を出して下さいね。

Q私は、アスペルガー症候群があります。医師から、通院のて終了を告げられ通院していませんが、障害者手帳を

私は、アスペルガー症候群があります。医師から、通院のて終了を告げられ通院していませんが、障害者手帳を持っており、障害年金を受給しています。

10年以上前から、障害手帳や年金は受け取っておりその都度更新できていました。

しかし、通院終了は今回が初めてであり、手帳の更新と年金の更新のための診断書を医師が書いてくれるのか不安になっております

もちろん、審査に受かるかどうかはわからないと思いますが。

似たような経験をお持ちの方はいますか?

Aベストアンサー

通院終了と言われた後の通院は、しなくても大丈夫です。
ただし、更新のときには、以下の期限内に通院して下さい。
更新のときの通院は、治療のための通院ではなく、診断書を書いてもらうための通院です。

◯ 障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)の更新のとき
いまの手帳の有効期限(2年)が切れる前の3か月以内に通院して、手帳用診断書を書いてもらって下さい。
この3か月以内の「障害の状態」が書かれないといけないからです。

◯ 障害年金の更新のとき
指定日の前の1か月以内に通院して、年金用診断書(障害状態確認届といいます)を書いてもらって下さい。
この1か月以内の「障害の状態」が書かれないといけないからです。

障害年金の「指定日」は、年金証書や、前回更新後に届いた「次回診断書提出年月のお知らせ(ハガキ)」に記されています。
その指定された月の末日が、提出期限です。
法改正があったので、今年(2019年)の8月1日以降が指定日の人は「1か月以内」ではなく「3か月以内」になります(余裕をもって年金用診断書を準備できます。)。

障害年金の基準は、国や自治体による違いはありません。見方によって変わるということもありません。
医学的な基準ともぜんぜん別のものです。
国民年金法、厚生年金保険法、国民年金・厚生年金保険 障害認定基準、国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドラインで決まっています。
全国共通です。

通院終了と言われた後の通院は、しなくても大丈夫です。
ただし、更新のときには、以下の期限内に通院して下さい。
更新のときの通院は、治療のための通院ではなく、診断書を書いてもらうための通院です。

◯ 障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)の更新のとき
いまの手帳の有効期限(2年)が切れる前の3か月以内に通院して、手帳用診断書を書いてもらって下さい。
この3か月以内の「障害の状態」が書かれないといけないからです。

◯ 障害年金の更新のとき
指定日の前の1か月以内に通院して、年金用診断書...続きを読む

Q年金の受給ストップ

年金受給者ですが社保完備のパートで週20時間、月給8万8千円ちょっとの収入があれば年金支給がストップされますか?

Aベストアンサー

>年金支給がストップされますか?
おそらくされません。

『在職老齢年金』という制度があり、
厚生年金(社会保険)に加入しながら、
老齢厚生年金を受給する場合、
老齢厚生年金が減額される制度
があります。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20140421.html
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20150401-01.html
▲64歳までは、月給と厚生年金月額
合わせて月28万を超えたら、
厚生年金部分が減額。
▲65歳以降は、月給と厚生年金で月額
合わせて月46万を超えたら、
厚生年金部分が減額
となります。

★老齢基礎年金は含みません。
 老齢厚生年金だけの月額で
 いくらかをご確認下さい。

★ご質問の条件だけでは、
 社会保険に加入されるとは、
 限りません
 500人超える社会保険加入者が
 いる条件があるので、
★大手企業が主な対象となります。

とりあえず、以上いかがでしょう?

>年金支給がストップされますか?
おそらくされません。

『在職老齢年金』という制度があり、
厚生年金(社会保険)に加入しながら、
老齢厚生年金を受給する場合、
老齢厚生年金が減額される制度
があります。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20140421.html
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20150401-01.html
▲64歳までは、月給と厚生年金月額
合わせて月28万を超えたら、
厚生年金部分が減額。
▲65歳以降は、月給と厚生年金で月額
合わせて月46万...続きを読む

Q障害年金制度の目の等級について。 外傷性角膜潰瘍・視野狭窄・両目視力0・04 等は, 障害年金制度上

障害年金制度の目の等級について。
外傷性角膜潰瘍・視野狭窄・両目視力0・04
等は,
障害年金制度上では,何級に該当
するか、教えていただけば,幸いです。

Aベストアンサー

僕は専門家ではありませんが、一般論で言う限り、視力が悪いといえども「見えている」のであれば、障害としては比較的軽いと判定されるでしょう。事務作業は普通にできるでしょうし。だから、良くて3級でしょうね。

障害年金の「障害」って、ざっくり言うと、生命の危機があるものほど等級が高いと捉えると分かりやすいです。その点、視力が悪いことは、それだけで生命の危機が高いとは言えないです。もちろん、車の運転等において制限があるのは確かですけどね。

少なくとも言えるのは、視覚障害の程度を審査する際、眼鏡やコンタクトを着けて視力を矯正した状態で判定されるということです。これは他の障害でも同じで、例えば精神障害は薬を飲んで改善した状態で審査されます。
https://sakuya-shougainenkin.com/eyesight

Q障害年金制度について。 これから、申請する予定です… 外傷性角膜潰瘍・視野狭窄・両目視力 は,目の障

障害年金制度について。
これから、申請する予定です…
外傷性角膜潰瘍・視野狭窄・両目視力
は,目の障害年金制度上何級に、
該当になるか、分かる方教えて
くだされば幸いです。

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10946083.html で答えが出ていて、ベストアンサーも付けたようですね。
はっきり言いますが、あなたがベストアンサーを付けたあっちでの答えは、根拠が全く無い答えですよ。
3級だとか何だとかという答えが付けられていますが、そんなことは絶対に言えません。あなたが書いた内容だけで勝手に判断するようなことはできないんです。
あと、No.2 でも書きましたけれど、すでに受けている障害年金の等級との併合(複数を総合的にひとまとめにして新しい級に置きかえること)だってあります。
とても複雑な方法で併合が行なわれるので、何だかんだ言っても、やってみてからの結果でしかわかりませんよ。
だからこそ、こういう所では、ほんとうに簡単な内容しか書かれてない状況だと答えようがありません。
何度も厳しい言い方になってしまうんですけど、さっさと年金事務所に相談なさって下さい。それだけです。
質問を締め切らないでほったらかしにしておくのも良くないと思います。

Q遺族年金支給について 結婚していても 事実失踪状態で別居し相手からなんの援助もない、戸籍が離れていな

遺族年金支給について
結婚していても 事実失踪状態で別居し相手からなんの援助もない、戸籍が離れていないと言うだけで事実離婚した状態そして 10年の歳月後離婚するが 別居状態であると言う事で
慰謝料や婚姻生活費は認められず離婚する
別居状態であると言う事で慰謝料や婚姻生活費も支給されなかった。
今 問題とされている 妻として戸籍に入らずず内縁関係だけで年金支給がされない、矛盾していませんか。
① 婚姻後 離婚出来ず 戸籍に名前があるが事実別居状態 なのになんの援助もされない。
② 死別 内縁関係 戸籍に妻として名前がないのだから年金支給はされてもおかしくないのではないですか。

Aベストアンサー

普通の人には矛盾だらけです
それだけ多種多様な事が多いのだと思います 理不尽な事も多いです

Q59才女性です。 母子家庭で収入が少なく国民年金など払えませんので免除して貰ってます。 子供達は独立

59才女性です。
母子家庭で収入が少なく国民年金など払えませんので免除して貰ってます。
子供達は独立
私の老後は年金や介護を受ける事ができるのですか?
再婚したいと思いますが…
内縁の夫は25年厚生年金を払って来てますが夫婦になると私も年金を受け取ることができるのですか?
ただし8才、年下で糖尿病を患い、このままでは人工透析と言われ、
再婚するのも、不安です…
この先…どうすればいいか
悩んでます。
いい回答があれば教えてください
お願いします

Aベストアンサー

ざっくりと申しあげますね。
まずは、あなた自身が老齢基礎年金の受給資格期間(10年以上)を満たすことが必要です。

受給資格期間とは、保険料納付済期間+保険料免除済期間+合算対象期間のことです。
合算対象期間というのは、保険料納付済期間+保険料免除済期間で10年にならないときに最終的に組み入れることができる特別な期間のことで、さまざまなものがありますが、例えば、20歳よりも前か60歳よりもあとに厚生年金保険に入っていた期間などがありますし、平成3年3月までの学生だった期間などもそうです。

保険料免除済期間については、免除を受けたときから10年以内であれば、あとから納付できます。
これを追納といいます。
追納する・しないは自由ですが、追納をしなければ、たとえ受給資格期間を満たしていても、追納をしない分だけ年金の受取額は減ります。

いずれにしても、その受取額の多い・少ないを問わなければ、受給資格期間を満たすかぎり、老齢基礎年金を受けることはできます(原則、65歳から)。

内縁の夫に関しては、婚姻届の有無にかかわらず、事実上の婚姻関係(生計維持関係)が認められれば、届出により、夫婦だと認められることがあります。
その場合、厚生年金保険に入っていた夫(内縁の夫も含む)が亡くなれば、あなたは遺族厚生年金というものを受けられる場合がありますので、決して「年金は夫婦は関係ありません」などということにはなりません。
あるいは、内縁の夫の今後の状況次第では、内縁の夫自身が障害厚生年金を受けられることがあります。
そういった可能性をも考慮することが必要だと思います。
(障害厚生年金を受けていた人が亡くなったときも、遺族(内縁関係にある配偶者[あなた]を含みます)が遺族厚生年金を受けることが可能です。)

できましたら、年金事務所に直接出かけて、正直にいろいろとお話しして相談に乗ってもらって下さい。
再婚うんぬんの前に、事実上の婚姻関係(事実婚。生計維持関係。)を確認してもらうことが先です。

ざっくりと申しあげますね。
まずは、あなた自身が老齢基礎年金の受給資格期間(10年以上)を満たすことが必要です。

受給資格期間とは、保険料納付済期間+保険料免除済期間+合算対象期間のことです。
合算対象期間というのは、保険料納付済期間+保険料免除済期間で10年にならないときに最終的に組み入れることができる特別な期間のことで、さまざまなものがありますが、例えば、20歳よりも前か60歳よりもあとに厚生年金保険に入っていた期間などがありますし、平成3年3月までの学生だった期間などもそうで...続きを読む

Q年金

現在30歳なんですが今までずっと若年者猶予を受けてました。
先月全額免除か納付猶予か意思確認書が手紙で来たんですが全額免除か納付猶予かどちらを選べばいいか恥ずかしながらよく分からなくて質問しました。

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10950785.html で説明済の件でしょう。
平成30年7月1日に『【「当年度(平成30年度)に若年者納付猶予に該当する被保険者」が「翌年度(平成31年度)以降に全額免除に該当する、と把握できる場合」】は、翌年度の「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」の提出を省略できる』、というシステムに改正されたためです。

平成30年7月時点で若年者納付猶予が継続承認されている人に対して、今年1月に「今年7月の継続免除審査で全額免除を優先して審査することを希望しますか?」という意思確認書が送付されました。
この意思確認書では、以下のようなことを意思表明するように求められていると思います。違いますか?
(意思確認書は、必ず提出[返信]して下さい。)

1.
「全額免除」又は「納付猶予」が承認された場合、翌年度以降も同じ免除区分での免除申請を希望しますか?

2.(1で「はい」と回答した方に伺います。)
納付猶予が承認された次の年度において全額免除の審査基準に該当する場合、その年度以降は全額免除を希望しますか?

結論から言いますと、どちらを選んでも良いと思います。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10950785.html で詳しく触れましたが、あとから、取消なり部分免除の申請なりができるからです。
私としては、所得の把握うんぬんという以前に、まずは意思確認書の提出[返信]が先だと思います。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10950785.html で説明済の件でしょう。
平成30年7月1日に『【「当年度(平成30年度)に若年者納付猶予に該当する被保険者」が「翌年度(平成31年度)以降に全額免除に該当する、と把握できる場合」】は、翌年度の「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」の提出を省略できる』、というシステムに改正されたためです。

平成30年7月時点で若年者納付猶予が継続承認されている人に対して、今年1月に「今年7月の継続免除審査で全額免除を優先して審査することを希望しますか?」という意...続きを読む

Q以前に質問した内容ですが…。 精神の障害状態確認届けについて教えてください。提出期限は平成31年2月

以前に質問した内容ですが…。

精神の障害状態確認届けについて教えてください。提出期限は平成31年2月末日まででした(2月生まれ)2月多忙の為、出せませんでした。3月11日以降に診断書を病院で書いてもらう予定でいます。診断書は担当医の先生を受診し診察しないと書いてもらえないのでしょうか?一番心配している所は、既に日本年金機構から届いている障害基礎年金が4月15日支払予定になっていますが障害状態確認届けが2月末日に出せなかったので口座に振り込まれないでしょうか?もし振り込まれない場合は何月から振り込みが再開されますか?それと、振り込みが再開した時には4月15日(2月~3月分)はどうなるのでしょうか?

と、質問したところ、お返事を頂きました。4月15日は間に合わないのは分かりましたが、知識がない為、よく分からない点がありましたのでもう一度教えてください。

もしも級下げがなく支給停止にならなければ4月15日(2月・3月)分は6月(4月・5月)分と一緒に口座に入るのでしょうか?

その後は8月(6月・7月)10月(8月・9月)
と12月(10月・11)と、今まで通り変わらず口座に入るのでしょうか?

知識無さすぎで申し訳ありませんが教えて下さい。

以前に質問した内容ですが…。

精神の障害状態確認届けについて教えてください。提出期限は平成31年2月末日まででした(2月生まれ)2月多忙の為、出せませんでした。3月11日以降に診断書を病院で書いてもらう予定でいます。診断書は担当医の先生を受診し診察しないと書いてもらえないのでしょうか?一番心配している所は、既に日本年金機構から届いている障害基礎年金が4月15日支払予定になっていますが障害状態確認届けが2月末日に出せなかったので口座に振り込まれないでしょうか?もし振り込まれない場合は何月か...続きを読む

Aベストアンサー

補足&お礼、ありがとうございます。
わからない所をそのままにしておかないで、どんどん質問したほうがいいですよ。年金のしくみは、普通の人でもかなりわかりづらいですからね。

さて。
年金は、各偶数月に振り込まれますね。
ただし、その偶数月ごとに振り込まれるのは、2か月前の分と1か月前の分、と決まっています。
もし、障害状態確認届を遅れずに出していたら、以下のような感じです。

とてもまぎらわしいのですが、たとえば、2月に振り込まれる分と、2月分、とは、全然違う意味です。
このことに気をつけて、読んで下さい。

◯ 6月に振り込まれる分 ‥‥ 4月分と5月分
◯ 8月に振り込まれる分 ‥‥ 6月分と7月分
◯ 10月に振り込まれる分 ‥‥ 8月分と9月分
◯ 12月に振り込まれる分 ‥‥ 10月分と11月分
◯ 2月に振り込まれる分 ‥‥ 12月分と1月分
◯ 4月に振り込まれる分 ‥‥ 2月分と3月分

障害状態確認届には、提出の締切日がありますよね。
あなたの場合でしたら、2月28日でした。2月生まれだからですね。

締切日を過ぎてから障害状態確認届を出す、というときでも、級下げや支給停止は、締切の月から4か月目の分から行なうことになっています。
あなたの場合でいうと、締切の月は、2月です。
そこから、1か月、2か月、3か月‥‥と数えましょう。3月、4月、5月‥‥と数えるわけです。
すると、4か月目は6月。
つまり、もしも級下げや支給停止になるとすると、6月分からです。

6月分、というのは、上で書いたとおり、8月に振り込まれる分です。
ですから、もしも級下げや支給停止になったとすると、8月に振り込まれる分から、年金の額が変わります。
支給停止ということになってしまうと、8月に振り込まれる分からゼロになってしまうわけです。
逆にいうと、6月に振り込まれる分(4月分と5月分)まではいままでどおり、ということになります。

そして、幸いにして、等級がいままでと変わらなかったのなら、当然、振り込まれる月は変わりません。
ですから、◯月分っていうのは△月に振り込まれるのかな?、ということをしっかりと確認して下さい。

あなたの場合、障害状態確認届の提出が、まだ終わっていません。
このとき、すごくややこしい言い方になるのですが、【「提出締切日がある月」の翌月】から数えて、【すぐ次に来る偶数月】からの振込を一時的に止める、という決まりがあります。
支給停止ではなく、差し止めといいます(ごっちゃにしないようにして下さい!)。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11005630.html でも説明したとおりです。

要するに、【「提出締切日がある月」の翌月】が3月。そして【すぐ次に来る偶数月】が4月。
だからこそ、【4月に振り込まれる分(2月分・3月分)】から一時的に止まってしまうんですよ。

障害状態確認届をすぐに提出すれば(目安は3月末)、「8月の振込よりも前までに、きちっと結果を知らせなくてはいけない」という決まりがあるので、7月末頃までには、ハガキ(次回診断書提出年月のお知らせ=等級がいままでと変わらないとき)や通知書(級下げや支給停止、あるいは級上げになるとき)が届きます。
そうしないと、級下げや支給停止になるのかどうかもわからないですものね。
もし級下げや支給停止になってしまうとしたら、上でも書いたように8月の振込からになってしまうわけですから、要は、それよりも前までには結果を知らせるしくみになっているのです。

まとめます。
あなたの場合、次のとおりです。
遅れてしまっていても良いので、とにかく「すぐに障害状態確認届を出す」というときです。

◯ 4月に振り込まれる分(2月分・3月分)‥‥ 実際には、振込が一時的に止められるので無しです
◯ 届を出さないかぎり、6月に振り込まれる分も無しです
◯ そのため、遅れてしまっていても良いので、障害状態確認届をすぐに出しましょう
◯ 届を出したあと、早ければ、5月に、特別に、一時的に止められていた分(2月分・3月分)が出ます
◯ 届を出せば、6月に振り込まれる分(4月分・5月分)までは、いままでどおり出ます
◯ もしも級が変わったり支給停止になったりしたなら、8月に振り込まれる分(6月分・7月分)からです
◯ 障害状態確認届を出した結果は、7月末頃までには知らされます
◯ 級が変わらなければ、いままでどおり続きます

意識してわかりやすく書いてみました。
これでも「わかりづらい」かもしれませんね。もしもそうなってしまっていたら、ごめんなさい。

補足&お礼、ありがとうございます。
わからない所をそのままにしておかないで、どんどん質問したほうがいいですよ。年金のしくみは、普通の人でもかなりわかりづらいですからね。

さて。
年金は、各偶数月に振り込まれますね。
ただし、その偶数月ごとに振り込まれるのは、2か月前の分と1か月前の分、と決まっています。
もし、障害状態確認届を遅れずに出していたら、以下のような感じです。

とてもまぎらわしいのですが、たとえば、2月に振り込まれる分と、2月分、とは、全然違う意味です。
このことに気...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング