出産前後の痔にはご注意!

画像の問題のb)とc)がわかりません。

DFAの場合の正規表現はなんとなくわかるのですが、NFAの特にこの問題だとq2での入力aの扱いがわかりません。

NFAからDFAへの変換の際に何か表みたいなのを作成すればいいとうっすら覚えているのですが忘れてしまいました。もし、そのようなものがそれも含めて教えてください。

「画像の問題のb)とc)がわかりません。 」の質問画像

A 回答 (1件)

NFA における状態遷移の定義を確認してください.



NFA から DFA への変換は subset construction が有名だね.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q標準偏差の計算

標準偏差同士の計算はどのように行えば良いでしょうか?
Aの標準偏差を0.1とし,Bの標準偏差を0.01とします。


(A±0.1)/(B±0.01)

上記のような計算を行うのですが、
上記の標準偏差はどのようにすれば求まりますか?

Aベストアンサー

この「標準偏差」は、通常は「誤差」と呼ばれるものです。

誤差をもったもの同士の演算によって、その結果の誤差がどうなるか、というのは「誤差伝搬」ということで整理されています。
↓ こんなサイトを参照ください。
http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/ishijima/gosa-01.html

数学的には、テイラー展開を使って求めたものであり、それで証明できます。
興味があれな自分でもやってみるとよいです。

ちなみに、与えられた式については

(A ± 0.1)/(B ± 0.01)
= A/B ± √[ (0.1/B)^2 + (0.01/A)^2 ]

となります。

Q正三角形の面積の1/4なのでa二乗/4ですよね?? でも、対角線とか使って計算したらa二乗/2になる

正三角形の面積の1/4なのでa二乗/4ですよね??
でも、対角線とか使って計算したらa二乗/2になるんですけど、これは計算ミスをしているからなんでしょうか?

変な質問ですみませんm(_ _)m

Aベストアンサー

対角線の長さを間違えていませんか?
重なっている部分の対角線の長さは(√2/2)aです。
(√2/2)a*(√2/2)a*(1/2)
=(2/8)a^2
=(a^2)/4

Q統計について。

次の問題がわかりません。教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

No.1&2 です。#1, #2 に書いたことは、どうやら画像に示された「解説」とほとんど同じ内容ですね。

これ以上の「親切な」説明はしようがないので、もしこれで「分からない」のだとしたら、単に「勉強していないでしょ?!」としか言えません。
きちんと「四分位数」のところを復習してから読み返してください。
「定義」も「基本」も知らずに解説だけ読んだって、そりゃあ分かるはずがありませんから。

テキストをきちんと読むか、あるいは下記のようなサイトを参照してください。
https://atarimae.biz/archives/19162
https://kou.benesse.co.jp/nigate/math/a13m0403.html

Q無駄な努力 助けてください

いつもお世話になっております。
現在大学生の者です。
「無駄な努力」という言葉にしばられて、
何も手につかなくなっています。
喝をいれていただきたいです。
私は高校2年から大学受験のため
本当に朝から晩まで勉強をしてきましたが
第一志望の大学に行くことができず、
現在は滑り止めの大学に来ております。
遊びもせずずっと勉強勉強…のあの日々はなんだったのか、無駄な時間だったと強く感じ、
努力するのが怖くなってしまいました。
親も「ちょっと高望みしすぎたね」と言います。フォローのつもりなのでしょうが、「努力しても意味がなかったね」と言われているようで、ますます無駄だったと感じています。
ここから本題です。
現在不動産屋でアルバイトをしており、あるとき社員さんから「宅建試験の講座を受けてみない?」とお誘いいただき、興味を持ったため今必死に勉強しております。
ですが、大学受験の頃を思い出して、「また無駄に終わるのではないか」と怖くなり、勉強中に泣き出してしまうことが多々あります。親に言っても、「将来不動産屋に勤めないなら、勉強する意味ない。」と言われ、「どうせ無駄なんだろうな」という思いを強く持っています。
ですが、宅建の勉強を始めたことで、相続の話などためになることを学ぶことができたし、お誘いくださった社員さんのためにも資格を取得したいと強く思っていることも確かです。
絶対に取りたいんです。
うじうじ悩む私にどうか喝を入れてください。
よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。
現在大学生の者です。
「無駄な努力」という言葉にしばられて、
何も手につかなくなっています。
喝をいれていただきたいです。
私は高校2年から大学受験のため
本当に朝から晩まで勉強をしてきましたが
第一志望の大学に行くことができず、
現在は滑り止めの大学に来ております。
遊びもせずずっと勉強勉強…のあの日々はなんだったのか、無駄な時間だったと強く感じ、
努力するのが怖くなってしまいました。
親も「ちょっと高望みしすぎたね」と言います。フォローの...続きを読む

Aベストアンサー

冷たいことをいいますが、あなたの人生、あなたがこの社会に生きること自体が「無駄なこと」に過ぎません。

その中で、あなたはどう生きるか、何をして、何を残すか。すべて跡形もなく消えて、何も残らないかもしれない。
それでは、何が「無駄ではない」ことになるのか。
あなた自身にとってはどうか、誰か他人にとってはどうか、社会にとってはどうか。
誰かに「ありがとう」と言われたら、誰かが笑ってくれたら、誰かを幸せにしたら、それは「無駄ではない」のかもしれない。
そういったことを突き詰めて考えてみたらいかが? それができるのもの大学生のうち。

Q算数:組み合わせなのですが、どなたか教えてくだい。

「ある調査で、12問の質問があり、それぞれ2つの選択肢から1つ選び回答する」という場合、この調査の回答の組み合わせは「4096通り」あるという計算で正しいでしょうか?

Aベストアンサー

コインを12回投げて、裏表の組み合わせと同じ重複順列です。
2^12=4096です。

Q確率について。

p-p∧2から、p(1-p)のところの変形がわかりません。教えていただけると幸いです。V(Xk)のところです。

Aベストアンサー

V[X] = E[X^2] - {E[X]}^2
は分かるのかな?

「公式」ではあるけれど、最低一度は自分で導出してみるとよい。
https://mathtrain.jp/variance

E[X] = p
E[X^2] = p
となるのもよいですね?

上のことが理解できるなら、他の回答者さんが嘲笑しているように、
 p - p^2 = p(1 - p) = pq
は説明の必要はないでしょう?

Q(2)で質問なのですが、なんでsin^2nθの値域は-1≦sin^2nθ≦1ではなく、0≦sin^2

(2)で質問なのですが、なんでsin^2nθの値域は-1≦sin^2nθ≦1ではなく、0≦sin^2nθ≦1になるのですか?

Aベストアンサー

s = sin(nθ) と置いてみましょう。
-1 ≦ s ≦ 1 のとき、s^2 の範囲は何ですか?
0 ≦ s^2 ≦ 1 ですね。

Qなぜ今までの統計では補正率という言葉が表立って出てきていなかったのですか? 統計データから出た結果が

なぜ今までの統計では補正率という言葉が表立って出てきていなかったのですか?

統計データから出た結果が10回同じ調査をすると同じ結果が8回得られる統計結果と、10回のうち6回同じ結果が得られる結果では同じ結果でも違いますよね。

次からはこの結果の補正率は幾らですか?と聞かないといけない。

そして答えられないといけないので被験者をこれまで1だったのを複数回同じ調査をしないといけなくなるのでコストが最低でも2倍かかるようになる。

今までの統計って1回の調査だったので次同じ調査を別人でするとどうなるかなんて無視していた。

この1回しかしない調査結果に何の意味もなかったってことですよね。

たまたまその結果が出ていただけだった。

Aベストアンサー

そんな事はありません。

統計データを取る為に、常に全データを調査するとなると、馬鹿みたいな時間と金がかかるので、一部の調査結果を用いて全体を推定するという事は、普通に行われている事です。

今回、注目を浴びているデータに限りません。
新聞の世論調査もそう。
テレビの視聴率もそう。

調査対象が1万人を超えるような場合に、全数調査する方が稀です。
日本はクソ真面目に国勢調査なんて、やってますけれど。
あんなの、やってる方が例外です。

Q統計学わかる方 これは答えは36であってますか?

統計学わかる方
これは答えは36であってますか?

Aベストアンサー

6 × 6 = 36 ですか?

「1回目の目が1、2回目の目が2」と「1回目の目が2、2回目の目が1」を区別しますか、しませんか?

「標本空間」が「出た目の組合せ」であれば、区別はしませんね。
であれば「21」になるかな。

「1」に対して「1~6」
「2」に対して「2~6」(「2、1」は上でカウント済)
「3」に対して「3~6」(「3、1」「3、2」は上でカウント済)
「4」に対して「4~6」(「4、1」「4、2」「4、3」は上でカウント済)
「5」に対して「5~6」(「5、1」「5、2」「5、3」「5、4」は上でカウント済)
「6」に対して「6」のみ(「6、1」「6、2」「6、3」「6、4」「6、5」は上でカウント済)

さらに、「標本空間」が「出た目の合計」であれば、さらに同じものがありますね。
合計値の範囲は「2~12」なので「11」かな。

Q統計学の質問です。この問題がわかりません。 ∫xdF(x) 0〜∞まで積分なのですが、解答をみると、

統計学の質問です。この問題がわかりません。
∫xdF(x) 0〜∞まで積分なのですが、解答をみると、部分積分よりとなっているのですが、どのように部分積分ができるのかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1へのコメントについてです。

E(X) = ∫{0〜∞} x φ(x) dx でしょ。だからですよってば。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング