電流ー電圧変換器、いわゆるI-V変換器を買う予定です。
でも、どのメーカの物が良いかよくわかりません。
どこか、お勧めのメーカーとかご存じありませんか??
ホームページ上でのカタログなどをご存じでしたらそちらの方もおしえてください。

使用目的としては、フォトダイオードの信号を電圧に変化するためです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フォトダイオードの電流電圧変換、回路図だけならひどく簡単なんですが、自作して微弱な光を捕まえようとするとノイズに泣かされますね。

(^^;

なんといってもフォトダイオードをよく知っているのはメーカーさんでしょう。浜ホトのHP(参考URL)にもいくつかあるようですので、調べてはいかがですか?

参考URL:http://www.hpk.co.jp/jpn/products/ssd/PDJ/ACCJ.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
自作ではちょっと厳しいです。
そのほうが、安上がりなので助かるのですが・・・

浜ホトのHP見てみました。
値段が書いていないのがちょっと残念ですが、後日問い合わせをしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/28 22:02

 どの程度の性能が必要なのでしょうか。



 感度、周波数特性、S/Nなどが特に優れていなくてもよいなら自作をお勧めします。トランジスタ技術誌に広告を出している「タートル工業」の簡易型I/Vコンバータ(参考URL)が19,000円ですが、この程度のものを自作するとしたら部品代は1,000円もかからないでしょう(ケース代除く)。150円程度のオペアンプと抵抗、コンデンサ数本でできると思います。

参考URL:http://www.turtle-ind.co.jp/, http://www.turtle-ind.co.jp/products/analog/t-iv …

この回答への補足

性能は非常に高い物が理想です。
自作は挑戦したのですが、ノイズがすごくてぜんぜん使い物になりませんでした。
今使っている物があるのですが、(NF製:130000円)まあまあ使いやすいです。
もう一つほしくなったので、他に良い製品を出している物があるのか知りたかったので質問しました。

補足日時:2001/07/27 15:46
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイオードを用いた電圧整流器について

図1のVin=Vosinωtのときの出力波形ってどうなりますか?


図2のときのVoutの値はどうなりますか?
その求め方もお願いします。

Aベストアンサー

正しい答えとして、わかりません。
なぜなら、出力として接続する負荷やCの値によって変わるからです。
これは整流回路の基本ですから、勉強中であれば少し調べればわかるはずですが?

Q正弦波交流電圧e=100√2sinωt(V)をダイオードにより半波整流して得られる直流電圧の実行値、

正弦波交流電圧e=100√2sinωt(V)をダイオードにより半波整流して得られる直流電圧の実行値、平均値はいくつか

という問題で微積分は使えないので公式というか関係を暗記してあてはめようと考えたのですがよく分かりません

画像の関係式に代入しますと平均値は
Vm:最大値
V :実行値
VAbe:平均値

Vm:VAbe=√2:(2√2)/π
100√2:VAbe=√2:(2√2)/π
VAbe=約90(V)

と計算できるのですが、実行値については


Vm:√2=V:1より

100√2:√2=V:1

V=100(V)

となり解答の70.7(V)と合いません。
どこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

図がおかしいですね。というかこれ、半波分の実効値と平均値の図
なんでしょうね。求めるのは一波分の実効値と平均値です。

 半波整流の最大値、実効値、平均値の比は

Vm:Vrms:Vave=1:0.5:1/π

です。Vm=141.42なら Vrms≒70.7

微積が駄目ならこの比を暗記してください。

Q「入力電圧→AD変換→出力電圧の計算→DA変換→出力」がしたいです。

「ポテンショメータからの電圧をA/D変換してピックやH8などに入れ、プログラムで出力電圧を計算し、D/A変換を行い、パウダーブレーキに適切な電圧を送る」ということをしたいと思っています。

現在、ポテンショメータを動かし、角度変化により生じるポテンショメータからの電圧変化をオシロスコープ上で確認すること、また一定電圧発生器を用いて電圧を調整することでパウダーブレーキの抵抗を変化させることまではできています。

しかし、電気回路は素人のためポテンショメータからの電圧に応じてパウダーブレーキの抵抗値を変えるために「何が必要なのか」も「どうすればいいのか」が全くわかりません。

時間をかけずに予算1万円程度で、最も簡単にできる方法をお教えください。
開発キットなどでも構いませんので、「どこの何という商品と何という商品があればできる」と具体的に教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

> 非線形的
ということなので PIC で考えてみました。

> 時間をかけずに
電子工作、プログラミング能力によります。

> 予算1万円程度で
既にプログラム開発用のパソコンや工具を持っているならば
部品代は 3K~4K円くらいかな?
PIC Writer + 電源 + RS232Cケーブル を含めると
1万円程度になると思います。

-- 部品 --
PIC16F88 (10bit A/D 付)
MCP4922 (12bit D/A)
TL431 (シャントレギュレータ)
オペアンプ (単電源 LMC662 等)
ドライブ用トランジスタ (適当な小電力用)
ユニバーサル基板
抵抗、コンデンサ等の小物
AC アダプタ

* 5V の出力を得るならば電源は 9V にして
PIC へは三端子で供給する等の工夫が必要です。

* 電流、精度が秘密なので何ともいえませんが、
基準電圧は電源を分圧、トランジスタ一個でドライブ できるかも。

部品ショップ(秋月)
http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-02018/
PIC データシート、開発ツール (無料,どこかに演算サンプルもあったはずです)
http://www.microchip.com/stellent/idcplg?IdcService=SS_GET_PAGE&nodeId=64

> 非線形的
ということなので PIC で考えてみました。

> 時間をかけずに
電子工作、プログラミング能力によります。

> 予算1万円程度で
既にプログラム開発用のパソコンや工具を持っているならば
部品代は 3K~4K円くらいかな?
PIC Writer + 電源 + RS232Cケーブル を含めると
1万円程度になると思います。

-- 部品 --
PIC16F88 (10bit A/D 付)
MCP4922 (12bit D/A)
TL431 (シャントレギュレータ)
オペアンプ (単電源 LMC662 等)
ドライブ用トランジスタ (適当な小電力用)
ユニバーサル基...続きを読む

Qインパルス電圧は変圧器で電圧変換可能か?

インパルス電圧は変圧器で電圧変換可能か?

こんにちは、
交流は変圧器によって電圧変換可能ですが、インパルス電圧も変圧器によって電圧変換可能でしょうね?LTspiceで試してみましたら、変換出来ました。インパルス電圧は、いろんな交流の周波数を含んでいるからだと思います。念のため、ご教示願います。

Aベストアンサー

変圧器が相互インダクタンスのみのバーチャルなモデルなら、直流近傍の成分が減衰します。

パルス形式も問題で、両極性(バイポーラ)なら割と忠実に変圧してくれますが、単極性(ユニポーラ)のパルスだとその分だけ電圧レベルが降下し、直流再生などの補償を要するでしょうね。

一般論としては、こんなところでしょうか…。
  

Q演算増幅器(積分器)の出力電圧の求め方について

積分器に矩形波を入力し三角波を得たのですが、矩形波から積分器の公式で出力電圧の値を求める方法を教えてください。
R=10kΩ、C=0.022μF 矩形波の周期は1mS 入力電圧1V
測定値では0.6V位になったのですが、式から求められません。お願いします。

Aベストアンサー

聞いてよかった。普通の電圧計(含デジタル電圧計)では、正弦波以外には大きな誤差があるので、補正が必要です。
例えば、整流器形の電圧計では、指示値からpeak to peak値を推測する場合の補正値は
正弦波:×2.828 方形波:×1.745 三角波:×3.60 となります。
慌てて計算したので違っているかも知れませんが、このくらいの誤差があるよと言いたいだけです。電圧計の測定原理を確かめた上でこういう補正係数を作って補正してください。自信が無ければ、シンクロスコープの波形から電圧を求めるのが一番簡単で確実です。

積分器の出力の正負は、回路図を見ないと分かりません。オペアンプが1ケなら符号は変わりますが、別のオペアンプで符号を戻しているかも知れません。とにかくどんな装置を使っているのか、部外者には分かりません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報