『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ヴィルトゥオーソ をWikipediaで読んでも、このことは書かれていません。でも日本では、「ヴィルトゥオーゾ」と普通に言います。どうしてでしょう?

A 回答 (4件)

日本では1990年代に入ると、外来語がほとんど英語に統一されていきましたが、それ以前は英語以外に、ドイツ語・フランス語・イタリア語なども外来語として使っていました。



特に音楽と自転車の外来語はイタリア語由来であるものが多く、イタリア語のvirtuosoは「ヴィルトゥオーゾ」と聞こえますので、そのように表記・発音する人がいるのです。年配の人に多いと思います。

他にもallegro - アレグロ - 速く、a cappella-アカペラのようにイタリア語由来の言葉はよく使われています。

他の事例で恐縮ですが、1990年代以降に日本に入ってきた外来語は殆どが英語由来か英語発音を基礎にしています。

たとえばスキー板のブーツの留め具はビンディング(ドイツ語)なのに対して、スノボ―ではバインディングと呼びます。どちらも同じ「挟むもの・結合するモノ」と言う意味で英語bindingと独語Bindungとスペルもほぼ同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

外来語の歴史的説明をありがとうございます!
1990年代以降に日本に入ってきた外来語は殆どが英語由来か英語発音を基礎にしていたんですね。それ以前は英語以外に、ドイツ語・フランス語・イタリア語なども外来語として使っていたということですね~。目から鱗です!

お礼日時:2019/03/06 11:42

聞いたことあるけどなんだっけ?とwiki見てみましたが、


イタリア語からアメリカ英語に借用語され一般化し、日本語にカタカナ変換されているので、
カタカナ語は基本表音文字だから、持ち込んだルートと持ち込まれた時代の耳の感覚で同じ言葉すら違うカタカナ語になる「カエサル、カイザー、シーザー、チェザーレ、セザール」問題が発生します。

ラテン語ではヴィルトゥオーソだが、米語、露語などでヴィルトゥオーソゥ(仏語だとヴィルトゥオーなのでは?)に近く変化し、言葉が日本に持ち込まれた時代の音楽界の識者が正確に発音できないまま、他の外来語表記に準じて定着したんだと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2019/03/06 11:38

glosbe で聴けますよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます!

お礼日時:2019/03/06 11:36

ドイツ語の発音の影響でしょうね。



der Virtuose IPA: vɪʁˈtʊ̯oːzə;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
この音声を聴けるURLがあったら教えていただけないでしょうか?
パソコンで自分で調べたのですが、英語とイタリア語しか聞けなくて…。

お礼日時:2019/03/06 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの曲わかる人いませんか?

クラシックで誰かの交響曲かなんかだったと思います。
ソラシ ドッレシドッ

ソラシは拍の前に入れる音です。

Aベストアンサー

ブラームス作曲の「大学祝典序曲」の一部かな?

下記の 2:30 のあたりから。
https://www.youtube.com/watch?v=Y1E6FBi-AJw

QG線上のアリアは、G線で弾かないのが普通なんですか?動画探しても、G線だけで弾いているものが見つかり

G線上のアリアは、G線で弾かないのが普通なんですか?動画探しても、G線だけで弾いているものが見つかりません。

Aベストアンサー

ま、そもそも「G線上のアリア」って通称であって正式名称じゃないですからね。
この曲は「アリア」という曲を移調したバージョンであり、
結果的にG線のみで弾くことも可能だったのでそう呼ばれただけで、
G線のみで弾くことは目的ではありません。

従って、普通はG線のみで弾くことはありません。

Q曲名を教えて下さい

短調のワルツです。とても有名なフレーズですが、曲名を知りません。
ご存知の方、お願い致します。△は休符です。

みーーどーしらーー△らしどらどみーふぁみーーれーー
れーーしーらそ#ーー△みそ#しそ#しれみふぁれ#ーーみーー

Aベストアンサー

ショスタコーヴィチ 『ジャズ組曲 第2番』
https://www.youtube.com/watch?v=mmCnQDUSO4I&list=PLQ95PEDJP8UMezcj8NQWtIj3CK7oG47jE

Q3月21日は音楽の父・バッハの誕生日

バッハ作曲の楽曲でお好きなのはどんな曲ですか

Aベストアンサー

バッハで好きな曲と言われれば、多くの宗教音楽やオルガン作品を、まずは挙げるのが常識ですが、私はあえてこれらを外しまして『ブランデンブルグ協奏曲第5番ニ長調BWV.1050』を挙げさせて頂きます。

http://youtu.be/Zw-4HJ7x0HY (カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団ほか)

なお、オルガン曲で一番好きなのは、『トッカータとフーガニ短調BWV.565』です。

http://youtu.be/Zd_oIFy1mxM (トッカータとフーガニ短調BWV.565、org : カール・リヒター)

更に、宗教作品で一番に好きなのは、『ミサ曲ロ短調BWV.232』です。

http://youtu.be/6vOjVSzK8Bo (ミサ曲ロ短調BWV.232、カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団ほか)

Qクラッシックコンサートのマナー

アンコールを聴かないで帰っちゃうのは良くないですか?
アンコール演奏は音楽的レベルが低い場合が多いので聴きたくないのですが。

Aベストアンサー

演奏が気に入らないなら、本演目の途中でも退席していいですよ別に。
ただ、他の観客の邪魔にならないことを尊重して、一曲終わるまで我慢するというのもありです。演奏途中に退席して演奏への非難を示すか、そこまでする程ではないので他の聴衆の為にあなたが我慢するか、それはあなた次第。

クラシックファンには誤解している人が多いですが、拍手しなければならないとか、演奏は最後まで聴かなくてはならないとか、そんな「マナー」は断じてありません。
クラシックは厳しい芸術の世界であり、リスペクトされるかどうかは全て「結果」であり、努力だとか「偉大な芸術家だから」等は全く関係ありません。聴衆は貴重なお金と時間を費やして聴きに来ているものであり、ボランティアではありません。
ただし、マナーとして、他の聴衆の権利を守る義務はあります。例えば、演奏中は咳1つであっても音は立てない、高い帽子を被ったままは可、居眠りは可、といったルールがヨーロッパのクラシック演奏会にあるのは、他の聴衆の権利が守られることを徹底しているからです。演奏者へのリスペクトが理由ではありません、聴衆のためです。

実際のところ、世界的に名の知れた演奏家でも、ん?というような演奏をしていることはままありますからね。
それでも出来栄えの悪さに不機嫌そうに終わらせている演奏家なら可愛いものですが、「万事問題無し」みたいな様子で拍手受けてる演奏家にちょっとイラッとすることあります。満足いかなかったことは本人が一番わかってるだろうに。

演奏が気に入らないなら、本演目の途中でも退席していいですよ別に。
ただ、他の観客の邪魔にならないことを尊重して、一曲終わるまで我慢するというのもありです。演奏途中に退席して演奏への非難を示すか、そこまでする程ではないので他の聴衆の為にあなたが我慢するか、それはあなた次第。

クラシックファンには誤解している人が多いですが、拍手しなければならないとか、演奏は最後まで聴かなくてはならないとか、そんな「マナー」は断じてありません。
クラシックは厳しい芸術の世界であり、リスペクトされ...続きを読む

Q下の絵の左がエレクトリックギターで、右がアコースティックギターでしょうか。 私は今まで左のように、と

下の絵の左がエレクトリックギターで、右がアコースティックギターでしょうか。
私は今まで左のように、とんがってるところがあるギターはエレアコかと思っていたのですが、違うのでしょうか。

以前アコースティックギターをネットで探していたところ、
絵の左の形のギターの記載に「アコースティックサウンドを持つエレクトリックタイプ」と書いてありました。
これは一体どっちなのでしょうか。

付属写真を見ても、角度的にエレアコに着いているボタン?みたいなのが見えなかったのですが、
それ以外にアコギとエレアコの違いがわかる方法はありますか。

どうか教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

>とんがってるところがあるギターはエレアコかと思っていたのですが、違うのでしょうか。

 違います。尖がっているところはカッタウェイというのですが、高音のフレットに左手が届き易いようにしているだけです。エレアコかどうかとは関係ありません。
 カッタウェイが入ったデザインは、エレアコでもエレキのない(=電気的に音量を増幅するピックアップが無い)アコギでも存在します。

>「アコースティックサウンドを持つエレクトリックタイプ」と書いてありました。これは一体どっちなのでしょうか。

 エレクトリックタイプと書かれているなら、エレアコ(=エレクトリック・アコースティックギターの略)です。

>それ以外にアコギとエレアコの違いがわかる方法はありますか。

 御指摘通り、エレアコには音量や音質(トーン)をコントロールする為のツマミがどこかにあります。
 それが見えないなら、外観でエレアコとアコギを区別することは出来ません。

Q楽器名は?

お世話様です。6分40秒に出てくるトランペットより、一回り大きい楽器は何ですか?
           ↓

https://www.youtube.com/watch?v=1PBhlPeTJ_g

Aベストアンサー

E♭管のバス・トランペットです。
御指摘の箇所は、『ラインの黄金』の第2場の終わりです。
バス・トランペットのパートの部分の楽譜を添付しておきます。

バス・トランペットについては、下の『ニーベルングの指輪におけるバス・トランペットの機能』を御覧ください。
https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20190210153649.pdf?id=ART0008693425

下の、『ラインの黄金』のバス・トランペット・パート全録音の動画では、開始から9分の箇所に当たります。
https://www.youtube.com/watch?v=Ss7YTGWEEfM

Qバリトンサックスの譜面ってヘ音記号なの?ト音記号なの?

私は30年振りにサックス復帰したおじいさんです。
死ぬ前に後悔したくない気持ちから、元気な内にバリトンを一度は吹いてみたいと企んでいます。

ネットの下調べでバリトン用の楽譜を探しておりましたところ、
ヘ音記号で書いてある楽譜と、ト音記号で書いてある楽譜の2種類が出てきて悩んで居ります。

どの道、アルトと同じに吹けばよい、とは思っておりますが、
吹奏楽やジャズビッグバンドで手渡されるbs奏者用の譜面は、どちらの音部記号で記譜されているのが普通でしょうか?
(吹奏楽・クラシック、とジャズでは記譜法が違う事もありますでしょうか?)

どちらかと云うと、私の場合はジャズ志望です。
年齢制限さえ無ければ念願の市民ビッグバンドに入らせて頂ければ・・・
と日々老いゆく身体でお若い皆さんに負けぬよう精進しております。

Aベストアンサー

バリトンサックスの譜面はト音記号だと思いますが、仮にヘ音記号の譜面が来ても、それを長6度上に読んで、ヘ音記号の譜面でもト音記号のように、第1線をミ、第2線をソと読み、ヘ音記号の調性が変ロ長調なら、♯1個のト長調、ヘ長調なら♯2個のニ長調、元がハ長調なら♯3個のイ長調に読み替えます。

つまり、ヘ音記号でもト音記号の高さと同じ読み方をするわけですが、調性は今書いたように長6度上げれば良いのです。

まあ、ヘ音記号の譜面は来ないと思いますよ。杞憂に終わるでしょう。

Q女性ピアニストが演奏する時、背中や肩を露出したドレスを着ている事が多いのですが、あれは、セクシーアピ

女性ピアニストが演奏する時、背中や肩を露出したドレスを着ている事が多いのですが、あれは、セクシーアピールですか?

Aベストアンサー

ピアニスト限定なのではなく、基本的にヨーロッパの女性は肌を出したがります。セックスアピールというのがファッションそのものであり、日常なのだと思います。そこは、日常から「性」を排除したがる日本人女性との大きな違い。

ヨーロッパでは、芸術において「性」は定番のテーマであり切っても切り離せない要素であることと、もっとさかのぼると、キリスト教が広まる以前の、ヨーロッパのルーツである古代ギリシャやローマは「性」が開放的な文明であったことが、今のヨーロッパのアイデンティティに影響しているというのもある思います。(たぶんこの辺は当のヨーロッパ人も自覚しています。)

その流れが、イブニングドレス(演奏家やクラシック歌手の衣装)にもあるというだけのことです。
特にフォーマルなイブニングドレス・・・あなたが言うような肌が出ていてユラッとした生地のドレスはアルカイックな趣があるでしょう。あの精神もたぶん古代ギリシャやローマから来ているんだと思います。

Qオケ団員のお辞儀

この指揮者の映像を何回か見てきましたが、いつも演奏が終了すると指揮者と一緒にお辞儀をしています。なぜですか? お分かりになる方ご教示お願い致します。

https://www.youtube.com/watch?v=U8p9PUEpibA

Aベストアンサー

「そういう風に振る舞おう」と決めているのだと思います。
オーケストラは「南西ドイツ放送(SWR)交響楽団」なので、他の指揮者のときにはそうしていない可能性が高く、オーケストラというよりは指揮者(テオドール・クルレンツィス)がそう要求しているのでしょうね。

別に「やる」決まりも、「やらない」決まりがあってもよいでしょうから。

ちなみに、日本でコンサートマスターやオーケストラがお辞儀をするようになったのは「のだめ」の影響だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング