これからの季節に親子でハイキング! >>

この問題のやり方を教えてください

「この問題のやり方を教えてください」の質問画像

A 回答 (2件)

(1) C で止まるのは、出た目の合計が 2, 7, 12, 17, 22, ・・・ですね。


  サイコロを 3回投げるのですから、最小で 3、最大で 18 ですから、
  上記の数の中で、7, 12, 17 が該当します。

(2) 3回とも 出る目の数は 1~6 の 6通りですから、全部で 6x6x6=216 で216通りです。
  この中で 7 になるのは (1, 1, 5); (1, 2, 4); (1, 3, 3); (2, 2, 3) ですが、
  3回とも違う数の場合は、6通り、2回同じ数の場合は 3通り あります。

※ (1, 2, 4) の場合は、(1, 2, 4); (1, 4, 2); (2, 1, 4); (2, 4. 1); (4, 1, 2); (4, 2, 1) の6通り。
 (1, 1, 5) の場合は、(1, 1, 5); (1, 5, 1); (5, 1, 1) の3通り。

 つまり、3月回の合計が 7 になるのは、3+6+3+3=15 で 15通り。
 同じように 12 になるのは、(1, 5, 6); (2, 4, 6); (3, 4, 5); (2, 5, 5); (3, 3, 6) で、
 6+6+6+3+3=24 で、さらに (4, 4, 4) の1通りがありますから、全部で 25通り。
 合計が 17 になるのは、(5, 6, 6) だけですから 3通り。
 従って、C で止まるのは、15+25+3=43通り。
 確率は、43/216 。

計算違いがあったら、ごめんなさい。
    • good
    • 1

5-1) 1+1+1=3 以上 6+6+6=18 以下で、


点Cは、2 (mod 5)であるから、
5+2=7 ,2・5+2=12 ,3・5+2=17 の3パターンの時である。

5-2) あとは、数えるしかないだろう!
(1,1,5),(1,3,3),(2,2,3)……各3
,(1,2,4), ……3!=6

(1,5,6),(2,4,6)(3,4,5),……各6
(3,3,6),(5,2,5)……各3
(4,4,4)……1

(6,6,5)……3
以上14組み合わせより 確率は、
(3・3+6+3・6+2・3+1+3)/6^3=43/216
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこちらの解き方と答えを教えていただきたいです。 よろしくお願いします! 答えを持っていないので困って

こちらの解き方と答えを教えていただきたいです。
よろしくお願いします!

答えを持っていないので困っています。

Aベストアンサー

C: 22.0x12/44=6.00 g
H: 9.00x2/18=1.00 g
6/12:1/1=0.5:1=1:2
CとHの比は1:2

πV=nRT
n=πV/(RT)
n=831x10^2x3.00x10^-3/(8.31x(273+27))=0.1 mol
0.1 molが6.20 gだから1molは62.0g

CxH2xOy=62とし
y=1とすれば
14x+16=62
x=3.3 ダメ
y=2とすれば
14x+32=62
x=2.1 ダメ
y=3とすれば
14x+48=62
x=1 ok
y=4とすれば
14x+64=62
ダメ

y=3, x=1となるので分子式は
CH2O3

困った、こんな固体あったっけ?

Q過去問です。イとウを教えてください。

過去問です。イとウを教えてください。

Aベストアンサー

BAの延長線とCEの延長線との交点をGとすれば
AG平行CDから∠ AGE=∠ DCEより△BCGは、BG=BCなる二等辺三角形 ……(1)より
8=BC=BG ∴ AG=BGーAB=8-5=3 また
△CDE相似△AGE相似△GBC ……(2)より
AG:CD=3:5=AE:ED=GE:CEから
AD=BC=8より AE=8・3/(3+5)=3 ……(3) ,ED=8・5/(3+5)=5から
条件の∠ CED=60°から、対頂角より∠ AEG=60°
(1),(2)より△AEGもAG=AE=3なる二等辺三角形より
∠ AGE=∠ AEG=60° ∴ ∠ GAE=180-60-60=60°より△AGCは正三角形であるから
GE=3 ,(2)より相似形の他の2つの三角形も正三角形になるから
EC=GCーGE=8-3=5
よって、台形ABCEの周囲の長さの和は、5+8+5+3=21 cm

AからCEの平行線とBCとの交点をHとし、また
四角形ABCDの底辺BCの場合の高さをhとすれば、面積
△ABH=△CDE=(1/2)・5・h
平行四角形AHCE=3・hより
△ECD:平行四角形ABCD=5h/2 : (5h+3h)=5/2:8=5:16

BAの延長線とCEの延長線との交点をGとすれば
AG平行CDから∠ AGE=∠ DCEより△BCGは、BG=BCなる二等辺三角形 ……(1)より
8=BC=BG ∴ AG=BGーAB=8-5=3 また
△CDE相似△AGE相似△GBC ……(2)より
AG:CD=3:5=AE:ED=GE:CEから
AD=BC=8より AE=8・3/(3+5)=3 ……(3) ,ED=8・5/(3+5)=5から
条件の∠ CED=60°から、対頂角より∠ AEG=60°
(1),(2)より△AEGもAG=AE=3なる二等辺三角形より
∠ AGE=∠ AEG=60° ∴ ∠ GAE=180-60-60=60°より△AGCは正三角形であるから
GE=3 ,(2)より相似形の他の2つの三角形も正三角形になるから
EC=GCーGE=...続きを読む

Q基礎問題 数学 これで合ってますか? もしちょっとした改善点などもあれば 教えてください

基礎問題 数学


これで合ってますか?

もしちょっとした改善点などもあれば
教えてください

Aベストアンサー

3組の辺がそれぞれ等しいから 
まではOK
その後はダメです!

3組の辺がそれぞれ等しいからから△ABD合同△CBD
合同な2つの三角形で対応する角の大きさは等しいから∠BAD=∠BCD

というように 
3組の辺がそれぞれ等しいから →合同
合同だから →角が等しいというように順をおって説明するようにします

(細かい点としては、始まりに<証明> 終わりに<証明終わり> と書くように指導している中学もあります。
また、共通だから BD=BD・・・③ とするとより良いです)

Q1+2+3+4+...=-1/12はどうやっても成り立つものなのでしょうか

ゼータ関数Σ1/n^sのsに-1を入れた式が1+2+3+...になるのは式の上で簡単に分かります。
ゼータ関数を解析接続で拡張したあとに-1を入れたら-1/12になるのはそうなんですねといった感じですが、ゼータ関数以外を使って1+2+3+...(のようなもの)を計算したときに-1/12以外にはならないのでしょうか。
ある定義域外の値を入れると式の上で「1+2+3+...」になるような、部分的に定義された正則な関数はゼータ関数以外にもありえそうな気がするのですが、その関数を解析接続で拡張し、その拡張された関数を使って1+2+3+...のようなものを求めても必ず-1/12になるのでしょうか。
また、自然数の総和以外にも、他の本来収束しない数列などに対して解析接続によって与えられる値はどうなのでしょうか。

関数f(z),g(z),発散する数列Anがあり、
ある値p,qがあってf(p)とg(q)が共にAnの極限と式の上で一致し、
しかしf,gをそれぞれ解析接続して得た関数F,GによるF(p)とG(q)は異なる、
といった場合はあり得るのでしょうか。

式の上で一致、という言葉がかなり曖昧ですが初学者の興味ということで…

ゼータ関数Σ1/n^sのsに-1を入れた式が1+2+3+...になるのは式の上で簡単に分かります。
ゼータ関数を解析接続で拡張したあとに-1を入れたら-1/12になるのはそうなんですねといった感じですが、ゼータ関数以外を使って1+2+3+...(のようなもの)を計算したときに-1/12以外にはならないのでしょうか。
ある定義域外の値を入れると式の上で「1+2+3+...」になるような、部分的に定義された正則な関数はゼータ関数以外にもありえそうな気がするのですが、その関数を解析接続で拡張し、その拡張された関数を使って1+2+3+....続きを読む

Aベストアンサー

1 + 2 + 3 + 4 + ... = -1/12 だと言いたがる人は
ある程度以上に数学が解る人の中にも多く、
困ったものだと感じています。
素人を困惑させることが、そんなに楽しいのでしょうか。
数学の楽しみは、ものごとをちゃんと考えることにあるので、
あえて話をわかりにくくして「これがロマンだ」みたいな
ことを言われても、なんだかなあな印象です。
そういうアプローチじゃないことが数学のロマンなんだと、
数学者でない私は考えています。

ゼータ関数 ζ(s) が Re(s) > 1 で ζ(s) = Σ1/n^s と表されることと、
ζ(-1) = -1/12 であることは事実ですが、
ζ(s) が Σ1/n^s で表されるのは Re(s) > 1 の範囲でだけです。
関数の級数表示は収束域が制限される場合があるからこそ、
解析接続に意味があるのです。
1 + 2 + 3 + 4 + ... = -1/12 という式は、ζ(-1) = -1/12 を意味しません。
その式は、左辺が発散しているだけの、成立しない等式です。

Q過去問です‼ 教えてください。

過去問です‼
教えてください。

Aベストアンサー


円の面積=半径X半径xΠ=3x3xπ=9π
その半分だから
半円の面積=9π/2


まず長方形ABCDを回転させてできる立体について考える
底面はBを中心にBCを回転させるのだから、半径BC、中心Bの円!
これに高さを伴った長方形ABCDの回転を付け加えれば、底面と同じ形の円が積み重なってできる円柱が出来ることが分かる
→長方形ABCDを回転させてできる立体は、底面が半径4、中心Bで、高さ7の円柱
→体積=底面積x高さ

次に円柱から色のついていない部分を差し引くことを考える
色がついていない部分は、回転によって球になる(中心O、半径3)
→球の体積=4xΠx(半径)³/3「語呂合わせ:身の上に心配あるの参上]

これらのことから、
色のついた部分の回転体(体積)=円柱の体積-球の体積 で求まります^-^

Q質問です。 高校への数学の因数分解の問題なのですが、なぜ①が、②になるのでしょうか、教えてください。

質問です。
高校への数学の因数分解の問題なのですが、なぜ①が、②になるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

説明が下手なので、私も解いてみました。解説も書いたので、読んでみてください。

Q計算の仕方

1812t=45480←これが約数6で両辺を割ると答えがt=25になるんですが、
どのようにすれば302t=7580になるんですか?なぜ約数6で割れると分かったのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

1812 に注目。18 と 12 は共に6の倍数で、直感的に 1812 → 302 となることが分かる。
論理的に説明すると簡単に説明するのは面倒ですが、数学では直感を養って解く部分も多いです。

後は 45480 を6で割ってみると 7580 になる。

Q右の図のように、円の周上に頂点をもつ三角形ABCがある。また、角Aの二等分線がBCと交わる点をD、円

右の図のように、円の周上に頂点をもつ三角形ABCがある。また、角Aの二等分線がBCと交わる点をD、円と交わる点をEとする。AB=5、Ac=4、AD:DE 2:3のとき、次の各問いに答えよ。
(1)OAD=2xとして、xの値を求めよ。
(2) BCの長さを求めよ。高校受験のための問題です。教えてくれると嬉しいです。答えは
(1)√2
(2)(9√15)/5

Aベストアンサー

https://mathtrain.jp/naisetsuquad
より、円の内接四角形の性質より
5・4 : x^2=2:3 ∴x=√30

△ADC相似△BED ,△ABD相似△CEDより
AD:ED=2L:3L ,BD:CD=4k:5k とすれば

2L:4k:5=5k:3L:√30
4k:2L:4=3L:5k:√30
及び
(2L)^2=5・4ー5k・4k=20(1ーk^2) ∴L^2=5(1ーk^2)
よって、
2L:5=5k:√30
4k:5=3L:√30
2L:4k=5k:3L
∴ 20k^2=6L^2
∴6L^2=30(1ーk^2)=20k^2 ∴k=√(3/5) ∴BC=(9√15)/5
L^2=5(1ーk^2)=5(1ー3/5)=2 ∴L=x=√2

相似でOK!

Q(2)と(3)は、どうやるんですか? (2)は、なんで-2なんですか? (3)もなんで、5なんですか

(2)と(3)は、どうやるんですか?

(2)は、なんで-2なんですか?
(3)もなんで、5なんですか?
どうやったら、この数字が出てきたんですか?

簡単に教えて下さい

Aベストアンサー

こういった問題の定型のようなものです。
a+b や a-b を2乗すれば、ab の項ができることを利用します。

(2)
上記の前置きのとおりなので、a+b を2乗してみます。
(a+b)^2 = a^2 + 2ab + b^2  ・・・(ア)
一方で、求めたい値は、a^2 + b^2 です。
これは式(ア)の右辺よりも 2ab だけ小さい、つまり (ア)ー2ab です。

つまり、求めたい値は、a^2 + b^2 = (a+b)^2 - 2ab となります。
あとは、a+b と ab に与えられた値を代入するだけです。

(3)
こんどは、a-b を2乗してみます。
(a-b)^2 = a^2 - 2ab + b^2  ・・・(イ)
一方で、求めたい値は、a^2 + 3ab + b^2 です。
これは式(イ)の右辺よりも、5ab だけ大きい、つまり (イ)+5ab です。

つまり、求めたい値は、a^2 + 3ab + b^2 = (a-b)^2 + 5ab となります。
あとは、a-b と ab に与えられた値を代入するだけです。

Q中3 関数 この問題の答え教えてください。

中3 関数

この問題の答え教えてください。

Aベストアンサー

(1)
-1/4

(2)
-9

(3)
-2

(4)
最大値:0
最小値:-4


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較