質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

語呂合わせで「年」を覚えるのを、「年号を覚える」という表現をしているものが多々あるのですが、
「年号」は「平成」とかのことで年そのもののことではないですよね?
「1945」を「年号」とは言いませんよね?
言いますか?
「1945」のことはなんと言えばいいのでしょうか?
「年数」ですか?
1945を語呂合わせで覚えるとしたら
「語呂合わせで”年数”を覚える」であって
「語呂合わせで”年号”を覚える」ではないと思うのですが、
どうでしょうか?
ネット上で「語呂合わせで年号を覚える」って表現が多くて困惑しています。
といって「年数」というのも、なんだか「歴史上重要な出来事があった年」を表現する言葉として
弱い気がします。
「紀年数」というのもあるにはありましたが…なじみがなくてぴんときません。
「1945」や「645」のような、重要な出来事があった年のことを
なんと言うのが適切でしょうか。
ご教示いただけましたら幸いです。

質問者からの補足コメント

  • 暦年、、それかもしれないですね。
    あまり使わないけど、それそのものを指す言葉としては
    それっぽいですね。ありがとうございます。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/03/07 13:15

A 回答 (6件)

>「年号」は「平成」とかのことで年そのもののことではないですよね?


それ年号ではなく、元号(げんごう)ですけど

>「1945」のことはなんと言えばいいのでしょうか?
年号ですけど

どうしてもと言うなら、暦年でも使ったら?
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「平成」は「元号」ですけど、=年号でもあるそうです。
「1945」が「年号」だ、というのが辞書によってあったりなかったりする、というか
ほとんどがないんです。
1つ、「年そのもののこと」と書いてある辞書があったくらいで。
だから「1945」が「年号です」っていうところが
本当にそうなのか?というところで首をかしげてます。

お礼日時:2019/03/07 13:13

そんな、「通称」のことをいっているのか、「学術用語」のことをいっているのか、「法律用語」のことをいっているのかも定義せずに議論しても無駄ですよ。



「通称」なら「年」「暦年」「年号」どれでもよいでしょう。
「1945年」という言い方そのものなら、昭和20年という「和暦」に対して「西暦」「西暦年」と呼ぶかもしれません。

店で売っている「ペットボトル入り緑茶:148円」の「148円」のことを「値段」「売値(うりね)」「売価」「価格」「小売価格」「商品価格」「代金」「プライス」のどれが適切なのか、と言っているのと同じようなことではありませんか?
別な場面では「お金」「通貨」「円建て価格」などが適切かもしれないし。
あらゆる場面で通用する「唯一絶対の呼び名」など存在しないと思いますよ。「ことば」とはそんなものです。
    • good
    • 1

年とか年代というと思います。



年だけだとちょっとつかみにくいし、年代は複数意味があるので難しいところもありますが。
「年代暗記法」のような言い方まですれば、通じると思います。
    • good
    • 0

とし

    • good
    • 0

いちきゅーよんごー



1945年なんて、第二次世界大戦が終わった年(日本が戦争に負けた年)なんだから、ゴロなんか考えないで、そのまま覚えましょう
    • good
    • 0

人類が半分になるかのような第二次世界大戦が終わった年。


1900年代の90を半分になった45を足した、1945がその年。として覚えてる。

数字はエピソードと絡めて覚えるのも良いですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q清の康熙帝・雍正帝・乾隆帝が日本侵略を考えなかったのはなぜですか?

清の最盛期は長く、康熙・雍正・乾隆帝の全盛期は130年以上に及び、モンゴル帝国に次ぐ広大な領土を支配しました。
日本ではちょうど江戸時代にあたりますが、その当時の日本が清を恐れていたような記録はなく、清も日本を侵攻しようとは考えなかったようです。

意図していたわけではないと思いますが、相互不可侵の紳士協定が結ばれていたような感じです。
あれだけ領土拡大意欲の強かった清が、日本に対しては一切手を出さず、朝貢を求めるような素振りもなかったのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

小規模な貿易は行われていたようですが、秀吉や倭寇影響か、あまり良い国交関係とは言い難かったようですね。

前王朝の時、倭寇対策が大変だった。
江戸時代になって、おとなしくなったので、あえてちょっかいを出す必要はなかったのでは?

さらに言うと、そのためもあって、清王朝でも海上交通に制限をかけていた。
そして朝貢貿易以外、むしろ鎖国に近い政策だったことも要因の一つではないでしょうか。

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q歴史についての質問なのですが、三国協商の加盟国を答える問題でロシア帝国と答えたらバツにされました。そ

歴史についての質問なのですが、三国協商の加盟国を答える問題でロシア帝国と答えたらバツにされました。それで、何故かと質問したらロシア帝国は存在しないみたいな事を言われました。どういう意味ですか?

Aベストアンサー

おかしいですね。

三国協商とはドイツ帝国の勃興に対抗して。イギリス・フランス・ロシア帝国の各国の間で締結された、
露仏同盟・英露協商・英仏協商によって作られた三国の協調関係を指した言葉とされていますよ。

ロシアは第一次世界大戦中にロシア革命がおこりますが、それまでは帝国です。

三国協商(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%8D%94%E5%95%86

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Qなぜ徳川家康は江戸に幕府を開いたのですか? 江戸がなぜ候補に上がって決定された?

なぜ徳川家康は江戸に幕府を開いたのですか?

江戸がなぜ候補に上がって決定された?

Aベストアンサー

皆さん書いていらっしゃる通り、秀吉に命じられたようです。
  
正月に「家康江戸を建てる」というドラマがありました。それを見て思ったこと。
当時は一面湿地のような、飲み水にも事欠く土地をあそこまで整備した家康という人物は(ブレーンの助言もあったとは思いますが)単に戦に強い武将だけではない、優れた政治力の持ち主だったと改めて感心しました。
彼だったからこそ、徳川300年の礎を築くことが出来たのだと思いました。

Q最近お城巡りをしていて備中松山城の城下町(?)にある武家屋敷跡に行きました。 そこで疑問に思ったので

最近お城巡りをしていて備中松山城の城下町(?)にある武家屋敷跡に行きました。
そこで疑問に思ったのですが、武家屋敷には一般的には誰が住んでいたのですか??
城主の家臣の方の住まいということでしょうか?

Aベストアンサー

家臣団の住まいです。
上は家老から下は足軽まで。
城主・国主は本丸や彼用の居館に住んでいました。

もちろんそれらさまざまな身分の者が混然と住んでいるということではなく、
身分によって住むところが分けられていました。

身分を意識させることにより家臣団の秩序を保つということもあったでしょうし、
いざというときに迅速に有機的に軍事行動を起こすためという目的もあったでしょう。

Q聖徳太子の五重塔が全国に点在して存在しているのはなぜですか? 聖徳太子は五重塔を複数の場所に作ったの

聖徳太子の五重塔が全国に点在して存在しているのはなぜですか?

聖徳太子は五重塔を複数の場所に作ったのですか?

1つは本物で他は偽物ですか?

Aベストアンサー

聖徳太子が確実に建てたと言われるお寺は四天王寺と法隆寺のみです。
しかし、この二寺を含めた太子建立七大寺というものがあって、この二寺以外には中宮寺、橘寺、蜂岡寺(広隆寺)池後寺(法起寺)、葛木寺(葛城尼寺)が太子が建てたお寺と言われています。

ただし、今あるものは聖徳太子の時代のものではありません。
現在ある法隆寺の伽藍よりも少しずれた位置に若草伽藍というものがあって・・・などと言い出したらキリがないですが(笑) さきほども書いたように四天王寺と法隆寺は聖徳太子が作りました。
 四天王寺の五重塔は戦後鉄筋コンクリートで建てられたものですし、聖徳太子が建てた四天王寺は現在の位置にはありませんが、聖徳太子が建てたお寺ということになるんです。

 なお、京都八坂の五重塔も太子が建てた塔ということにはなっています。質問者さんがおっしゃるように全国各地で太子伝説があり、太子が建てたお寺という伝承があるものがたくさんあります。

 最初に書いたように、四天王寺と法隆寺だけは太子が建てたお寺といえますが、これも当時のものと今のものは違います。

Q宇喜多秀家は豊臣秀吉の家臣ではなかったのですか?? 豊臣秀吉の五大老と五奉行で五奉行は豊臣秀吉の家臣

宇喜多秀家は豊臣秀吉の家臣ではなかったのですか??
豊臣秀吉の五大老と五奉行で五奉行は豊臣秀吉の家臣だったそうですが宇喜多秀家は五大老なので家臣ではないということになりますよね。
しかし石田三成などは秀吉の家臣だったそうですが、家臣とそうでない人の違いはなんなのですか??
また秀家(他の4人も含めて)と秀吉とは、一体どういう関係だったのですか??

わかりにくい質問ですいません

Aベストアンサー

もともと、備前の国に 宇喜多家(大名)が存在していました。
秀吉が信長の命令で中国地方の毛利氏を攻略しているころ、この宇喜多氏は毛利に味方していたのです。
しかし、秀吉の進撃がすすむにつれ宇喜多氏は織田が優勢と判断して織田(秀吉)にすり寄ることになります。
このときの宇喜多家当主が直家
その子が秀家です。
秀吉にとって、このようにすり寄ってきた宇喜多氏は毛利攻略の大切な駒となりました。
なので、秀吉の宇喜多に対する扱いは非常に丁寧な物となったのです。

ということで、秀家は1大名でありながら、早い時期(秀吉がまだ信長の家来であった時期)から秀吉に非常に協力的
な大名ということになりました
その流れで、豊臣政権でトップクラスの地位になったわけです。
これに対して、三成はもともと大名ではありません。あるとき秀吉の外出先で秀吉にお茶を出した三成は、そのだしかたが
素晴らしいという事でみとめられ、秀吉の家来となり、秀吉のもとで働くことになります。
そして、功績を上げるたびに領地が与えられついには大名となったのが三成です。
このように、2人は秀吉の直属で働いていたか否か、と言う違いがあるのです。
ただし、広い意味ではどちらも秀吉の家来(家臣)であることには違いがないのです。
秀吉は天下統一しましたが、それは日本中の大名を含む武家が秀吉に従ったということです。
これは、日本中の武家が秀吉に対して「臣下の礼をとった」ということを意味し つまり日本中が秀吉の家来(家臣)となったという事になります。

もともと、備前の国に 宇喜多家(大名)が存在していました。
秀吉が信長の命令で中国地方の毛利氏を攻略しているころ、この宇喜多氏は毛利に味方していたのです。
しかし、秀吉の進撃がすすむにつれ宇喜多氏は織田が優勢と判断して織田(秀吉)にすり寄ることになります。
このときの宇喜多家当主が直家
その子が秀家です。
秀吉にとって、このようにすり寄ってきた宇喜多氏は毛利攻略の大切な駒となりました。
なので、秀吉の宇喜多に対する扱いは非常に丁寧な物となったのです。

ということで、秀家は1大名で...続きを読む

Qなぜ日本では儒学が悪魔崇拝的な悪者として扱われているのですか?

なぜ日本では儒学が悪魔崇拝的な悪者として扱われているのですか?

Aベストアンサー

石平さんですか。

扱われていませんよ。


儒教の悪いところはいくつかあります。
1,周が最高、と言うように過去に遡れば遡るほど
 良い。
 これでは進歩発展は望めません。
2,儒教は、国家を家族のようにしようとしました。
 しかし、この考えを現実に当てはめたら
 家族、一族の利益を図ろうとするだけに
 なり、汚職あふれる社会になってしまいました。


儒教は中国発祥ですが、中国はサイズが
大きいので下々にまで浸透しませんでした。

しかし、韓国は小さいので、末端まで
儒教に染まりました。

日本は海に隔てられていたので、儒教は
単なる教養になりました。

こうした違いが日本と中韓の違いになったのだ
と思われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング