ニッケルカドミウム電池,ニッケル水素電池のメモリー効果の話しは、何度も話題になっており、
大体概要はわかるようになりました。
ただ、ひとつ以前から気になっていることが触れられていないので、追加で質問させてください。
充電の時間って結構掛かりますよね。出かける時など、充電中の電池を充電が完了しないのに
充電器から外して使うことが、良くあります。…ビデオ、シェーバー、携帯等
充電を完全にしない途中の状態から、電池を使うことは問題ないのでしょうか?
この場合にも、メモリー効果のような良からぬ事があるような気がして、気になっています。
リチウムイオン電池を含めて、完全充電しないで使うということに関し、問題が有るのか、否か
教えてください。

A 回答 (2件)

完全充電しないで使うことに関しては、


全く問題はありません。

ただし、寿命的には損をします。
というのは、通常、電池の寿命は「サイクル」という言い方で
表すのですが、簡単に言えば、充電回数で寿命は表されるわけです。
充電時間でも、放電量でも、全充電電気量でもないところがミソで、
完全充電しないことで多少電池の負担が減っても、
たとえば、300サイクル持つ電池を、容量半分で使って
600サイクル持たせる というような事ができないのです。

なお、一部の電池(たとえば産業用の液体アルカリ蓄電池)などは
完全充電→完全放電を繰り返さないと容量が減ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、御回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/11/25 22:58

リチウムイオンに関しては、完全充電は過充電につながるため、


完全に充電しないほうがかえって劣化しにくいようです。
詳しくは、PC Watchの最近の記事にありましたので、
そちらを参照してみて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ