中一の娘がブラバンに入り、トランペットを一生懸命練習しています。が、先日、マウスピ-スが抜けないので、抜いて、と持ってきました。これが、なかなか、手強いのです。お湯で温めたり、氷で冷やしたり、今度は、ガスバ-ナ-で、熱したり、いろいろやってみたのですが、びくともしません。
なんとか、抜く、良い手だては無い物でしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

抜けなくなった原因は、何か心当たりはありますか?



普通に吹いていて抜けなくなったのなら、素人でもチャレンジできます。
「温める・冷やす」ですが、内側のマウスピースを氷水などで冷やしておいてよく冷えてきたら、外側になるマウスパイプ(マウスピースを差し込む管)にお湯(熱湯厳禁、手でさわれる程度)をかけます。膨張と収縮の原理でちょっと回すと「カクッ」といって抜けてきます。
他に「木槌で、叩く」方法もありますが、慣れないとちょっと怖いです。マウスパイプの先端、すなわちマウスピースと接しているところを、布で包んでその上から、木槌で軽くコンコンとノックするくらいの気持ちで、まんべんなく叩いてやります。

何かにぶつけて抜けなくなったのなら、素人の手には負えないと思って下さい。プーラーを買うくらいなら、リペアマンのいる楽器屋さんへ持参したほうが安くつくと思います。

してはいけないことは、熱しすぎ(ハンダが溶けます)と、力まかせにひねる(マウスパイプがよじれます)こと。

さんざん方法を書いておいて無責任かと思いますが、リペアマンのところへ行くと、職人の技術を目の当たりに見れますし、愛情を持った楽器の扱い方がわかります。娘さんが永く楽器を愛していく時の、一つのよい体験になるかも知れません。
    • good
    • 2

いけません、いけません。


いろいろと抜くための工夫は素晴らしいと思うのですが、力をこめてもだめならば、itokonnさんのおっしゃる通り、「マウスピースプラー」を使うべきです!!!

そのトランペットは、家のものでしょうか?学校から借りているものでしょか?
もしも自分の家のものならば、今後もマウスピースが抜けなくなる可能性があります。多少値は張りますが、買っておいて損はないと思います。おそらく学校のブラスバンド部の中でも、抜けなくなってしまう子が出てくるでしょうし。(マウスピースプラーはすぐれモノで、トランペットでもチューバでも、それ一つあれば抜くことができてしまうのです!)

学校には置いてないのでしょうかねえ?かなり多くの学校には常備してあると思うのですが。

ないとすれば、学校の先生に頼んで、部室に常備してもらうべきです。
ヤマハなどの学校教材用カタログに載っています。どの学校にも、そのカタログはあるはずですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん、本当に有り難う御座いました。
何もする前に、ここでご相談をしておけば良かったと、後悔しています。
早速、3件ほどの楽器屋さんに電話して訪ねたところ、
2件の楽器屋さんがプ-ラ-(存在すら知りませんでした)を持っているそうです。
料金も以外と安く、1件は500円、もう1件は、無料で取ってあげます、と言われました。
明日、行って来ようと思います。
これで、まず、解決は間違い無しと思い、安心しています。
本当に、有り難う御座いました。
まとめてのお礼の失礼の段、お許し下さい。

お礼日時:2001/07/29 22:22

マウスピースが抜けないのなら楽器がケースにも収まらなかったりするのでは…大変ですね。


もうみなさん↓で色々良いご回答をしているようなので、
私なんかが言えることはあまりないのですが、
やっぱり楽器屋さんに行ってリペアマンに見てもらうのがいいと思います。
確かに楽器屋さんでなおしてもらったりすると、
思ったより高かったりもしますが、
tubistさんのおっしゃるとおり、良いリペアマンの方なら、
きっとこれからの楽器の正しい扱い方も教えてくれると思います。
娘さんの楽器が学校の楽器ではなく、MY楽器だったらなおさらです。

私は管楽器リペアの学校に通っているのですが、
やっぱりそこで勉強してから、
素人の知識や噂は間違っていることの方が多く、
楽器にトラブルがあったときに正しい処置をしないと
直るどころか楽器の寿命をどんどん縮めていってしまうことや、
正しい扱い方(演奏後の手入れなど)をしないと
日に日に楽器は病んでいって、気付かぬうちに
音が悪くなってしまうことをもう痛いほど知りました。

楽器は生きてるんですね…。
娘さんこれからも頑張って欲しいですね(*^_^*)
    • good
    • 1

そんなに何日もずっと抜けないんですか?



膨張程度の問題なら、たとえば一晩置いたら温度が変化してするっと抜けたり……しそうなものですが。よほど、強く押し込んでしまったのでしょうか。
ナニをどうしても抜けないってのは、ぶつけて歪んだか、ずっと放ったらかして錆びたとかいう原因のような。

ちから任せに引き抜くのはホントに怖いのですすめたくありません。ベルのあたりにちからを込めて歪んでしまったりするかもしれませんし。
布でおさえて引き抜くとか、オイルを多めにさして少し置いてから抜くとか、少し回し気味で抜くとかで無理なら、やはりリペアに持ち込むのが確実だと思います。

もしかしたら、ブラスソープを溶かしたぬるま湯のなかに漬けてみるというのも効くかもしれませんね。
    • good
    • 0

私もトランペットのマウスピースが抜けなくなった事が3回ほどありましたが、3回とも楽器屋で抜いてもらいました。

費用は1,100円ほどでした。
    • good
    • 1

そんなぁ。

楽器屋に持っていったら高くつきますよぉ。
そりゃ確実ですけどね。
僕も何度か経験しました。しかしそんなに致命的ではなかったのですがね。

それより、ガスバーナーで熱しちゃダメです!
楽器は大切に扱いましょう。

さぁてっと、順序というのがありまして。
1.まっすぐ抜く。
2.ねじって抜く。
3.同じことを布(楽器拭き用が適している)でつかんでやってみる。
4.朝顔(ベル)を地面につけて(ちょっといけないんですが)両足で押さえ、引き抜く。
5.ドライヤーで乾燥させる→水分の表面張力のせいで抜けないのかもしれないので。
6.オイルをさしてみる。

こんなところですかね。
で、もし落っことしたりしたのが原因だったら、それは楽器屋行きです。残念ですが。
    • good
    • 1

過去ログに似た質問がありますので参考まで。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=84312
    • good
    • 0

こんにちは。


いろいろと試されたようですが、こうなってしまうと抜けにくく、
無理をすると大切な楽器を傷めることになってしまいますので、
プロのリペアマンに修理を依頼されたほうが良いかと思います。

もし、どうしてもご自分でなさりたいということであれば、
下記のリンクに『マウスピースプラー』というものがあります。
大きな学校でしたら所有しているところもありますが、
個人で購入するとなると、それなりに値が張りますね。

一生懸命の娘さんを応援していらっしゃるannannさん、
とてもすばらしいですね!!どうぞ頑張って下さい。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/edu/catalog/h/h_bbs-rc1. …
    • good
    • 0

「楽器店へ行ってください」だそうです。



http://homepage.mac.com/roast/brass.html
http://www.adachigakkiten.com/teire4.htm
    • good
    • 0

金属なので熱しないほうが良いです。

どうしても抜けない場合、購入したお店で
見てもらった方が良いと思いますよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高いトランペットと安いトランペットは、何処が違うのでしょうか?

タイトルの通りです。何処が違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高いトランペット
材料(真鍮)は大きく分けて、銅の比率でイエローブラスとレッドブラスがあり、色や硬度が変わります。
形状では、ラッパ(朝顔)の大きさ、そのほかの管径の差、や、
音程微調の指フックの有無、等々。
仕上げでは、ラッカー、銀メッキ、金メッキなど。
工法では、機械生産のほか、手仕上げ、があります。
これらの組み合わせで特徴ある音色が生まれ、奏者希望のオーダーメイドもあり、
組み合わせ数が多いため量産ができません。

安いトランペット
材料は一般的な真鍮、寸法構造は企一化、仕上げは廉価なラッカー、
大量生産で単価低減。

こんなところでしょうか。
トランペットや他楽器に限らず、製品に一般的なことと思います。

なお、吹奏感覚については、
高い …音抜けが良く(高音も)、響きも良い(音の柔軟もそれなり)、音調が楽。
安い …音(息)詰まり感がある、響かない、音程が?

ご参考まで。

Q良いトランペットと、悪いトランペットの違いは、どこにあるのでしょうか?

楽器初心者です。トランペットをやりたいの考えているのですが。トランペットの価格は、ぴんからきりまでありますが、どこが違うのでしょうか?
教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

1です。
1335には1番管のトリガーが無く、
2335には1番管のトリガーがあります。

トランペットが鳴るようになると、音程を気にするようになります。
金管楽器は、クチで音を作って管の長さで共鳴させるのですが、例えば、低いレと高いレでは、ピストンだけではバッチリおなじ共鳴のする長さにはならないのです。
トリガーが無いと口だけで微妙な音程を作ることになるので、自分でハードルをあげることになります。

Q銀色のトランペットと金色のトランペットは、どう違うのですか?

タイトルの通りです。音色とか違うのでしょうか?教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.sugita.co.jp/new_page_81.htm

Q吹奏楽 ブラスバンド ブラバン 楽器

私は今高一で、吹奏楽部に入ろうと思っています(V)

見た目が目立ち、音が低すぎずよく聞こえ(でもうるさくない)、同じ楽器の人が少ないものが良かったので
フルート、アルトサックス、ホルン
など候補を絞ってみました。
選んだ楽器について意見を聞かせてください。
また他に良い楽器があれば教えてください。
ちなみにメロディーを奏でたいので打楽器は考えていません。

あと、私はバリバリの初心者です(V);
精一杯練習しますが、フルートや特にホルンなんかは難しいみたいなので初心者の私に出来るのかが心配です(><);
でもやるからには難しい学期に挑戦してみようと思ったり!!笑

アドバイス待ってます(^^)

Aベストアンサー

質問者さんの希望にあわせていくと、

>見た目が目立ち
どれも目立ちますね、あとトロンボーンなんかも特に。
>音が低すぎずよく聞こえ(でもうるさくない)
これも どれもそうですが、フルートなどはきちんと音が出せないと、音量が出ないと思います。ピッコロはうるさい部類に入るかと。
>同じ楽器の人が少ないもの
アルトは少ないですか?ウチの学校だけかもしれませんが、クラリネットと同じくらいいます。
>メロディーを奏でたい
吹奏楽ではアルトサックス、トランペット、クラリネットなどが特に多いと思います。
フルートも多いですが、サックスなどと一緒に吹くとfの時は聞こえないと思います。ソリなど、きれいなところはすごく目立ちます。

サックスは比較的新しい楽器のため、音は出しやすいですが、フルートはその人の口の形や歯並び(歯が出ていると音が出しにくい等)
などにも影響されるので、人によって様々だと思います。あと、肺活量を一番要するのもフルートです。
ホルンは音程の維持など、金管の中でも一番難しいのではないでしょうか。
そしてサックス・クラリネット・オーボエなどのリード楽器はリードを買う必要があります。消耗品です。
特にフルートは繊細な楽器なので、ほこりやごみなどでキィが動かなくなり、木製の木管楽器(つまりクラリネット・オーボエ・ピッコロです)は雨と直射日光に弱いです。
その点金管楽器は水分を恐れる事はありません。丸洗いもできます。

また、もし卒業後も楽器を続ける、という予定があるのでしたら、どのジャンルで吹きたいかも考えておいた方がいいと思います。
フルート・ホルンはオーケストラにはベストですが、サックスはほとんど出番がありません。しかしジャズでは断然サックスでしょう。

金管に対する知識は少ないので、偏った意見かもしれませんが、参考にでもなればと思います。

質問者さんの希望にあわせていくと、

>見た目が目立ち
どれも目立ちますね、あとトロンボーンなんかも特に。
>音が低すぎずよく聞こえ(でもうるさくない)
これも どれもそうですが、フルートなどはきちんと音が出せないと、音量が出ないと思います。ピッコロはうるさい部類に入るかと。
>同じ楽器の人が少ないもの
アルトは少ないですか?ウチの学校だけかもしれませんが、クラリネットと同じくらいいます。
>メロディーを奏でたい
吹奏楽ではアルトサックス、トランペット、クラリネットなどが特に多い...続きを読む

Q正しい発声法の一つとして、体の力を抜いて(上半身の力を抜く)声を出すこ

正しい発声法の一つとして、体の力を抜いて(上半身の力を抜く)声を出すことがあげられますが、オペラ歌手・ポピュラー歌手ともに、中には首に血管が浮き出るくらいの方もいてますよね?(しかし、歌唱力はとても高いレベルにあります。)

例を挙げると パトリツィア・チョーフィ(オペラ歌手)・玉置浩二など

体の力を抜く(上半身の力を抜く)ということはあくまで、基礎と考えるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

結構そういう人いますよね。
声帯を使うのに力を入れてちょっとした無酸素運動状態になっているのでしょう。

おっしゃる通り脱力はあくまで基礎、もしくは理想の状態に過ぎず、表現において必須ではないということですね。

ただ極限まで脱力させる人が思わず力んでしまうのと、そうでないのは力んだ時の力み度合いは違うでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報