ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

(1)現在完了形なのに 「待っていた」のですか?
ではなく、 「待っている」のですか?と著されているのですか。

「(1)現在完了形なのに 「待っていた」の」の質問画像

A 回答 (2件)

現在完了には3つの用法があり、これは継続用法なので、「待っている」と訳します。


ただ、質問者さんの質問は、とても良い質問です。
日本語の時制表現は、とてもあいまいですが、英語の時制表現は、とてもきっちりしています。
英語を勉強する時に、いつも「時制」を考えると、理解が深まりますよ。

現在完了形については、以下のページでまとめているので、良かったら見てください。
http://makki-english.moo.jp/3presentperfect1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いただいたサイトを活用させていただきます!

お礼日時:2019/03/10 18:58

Sinceがあるからじゃないですか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q※なぜ日本人は英語が話せないのか?

その答えは、とある方によると

“それは、勉強のやり方に問題があるのです。”

だそうです。確かに、
勉強のやり方に問題がある」というのは、一番大きな原因だと思います。

「外国人を目の前にして物怖じして 英語が話せない 」というのは、大して関係がないです。

なぜなら、外国人を目の前にせず、自分一人の場所で壁に向かってなら英語でスラスラ言いたいことを上手に話せるかというと、日本人の大半はそれもできないからです。

もし、一人でならスラスラとネイティブ並みの英語で話せるのに、ネイティブ相手だと話せないのだとしたら、シャイな性格ということも関係するかもしれません。

しかし、この場合でも、シャイだからでなく、そもそもネイティブの言っていることを聞き取るリスニング力が不足しているので、相手の言うことが分からず、会話を続けられない、または会話に自信をもてないということになっているだけのことかもしれません。

多くの人が独り言でも英語で話せないのは、そもそも言いたいことをどんな英語で表現してよいか分からないからというのが原因でしょう。そうなると、話せないし、当然、書くこともできないというのは当然のなりゆきです。こうして、単語が分からない、表現が分からない、文法や構文が分からない、だから話せないというのは、シャイな性格よりも、勉強のやり方の問題だと思われます。

そして、受験勉強を一生懸命やり、単語や文法は受験生としては得意になったほうの人でも、なかなか実際にネイティブ相手に使える英語にならないのは、シャイだからというより、使える英語(知識の英語でなく技能の英語)を学ぶということをしてこなかったからだと考えるのが順当だと思います。

みなさんは、日本人が英語を話せないのは どうしてだと思いますか?

その答えは、とある方によると

“それは、勉強のやり方に問題があるのです。”

だそうです。確かに、
勉強のやり方に問題がある」というのは、一番大きな原因だと思います。

「外国人を目の前にして物怖じして 英語が話せない 」というのは、大して関係がないです。

なぜなら、外国人を目の前にせず、自分一人の場所で壁に向かってなら英語でスラスラ言いたいことを上手に話せるかというと、日本人の大半はそれもできないからです。

もし、一人でならスラスラとネイティブ並みの英語で話せるのに、...続きを読む

Aベストアンサー

英語を話す必要がないから、それ以外何の理由があるというの?
必要がないのに勉強したって身につくわけがないわな。

Q冠詞が違うとどうなりますか?

a journey of a thousand miles begins with a single step.

この「a journey」の部分を「the journey」にするとどうニュアンスが変わってしまいますか?
いくつかある千マイルの旅路のうちの1つから何か特別な千マイルの旅路へニュアンスが変わる感じでしょうか?

Aベストアンサー

>ニュアンス的には「あなたもご存知のあのjourney of a thousand miles」みたいな感じでしょうか?

the を使うということはそういうことですね。

この「千里の道も一歩から」は、元々、古い中国のことわざで、Wikipedia (https://en.wikipedia.org/wiki/A_journey_of_a_thousand_miles_begins_with_a_single_step) が取り上げているのは不定冠詞です。

おそらく、元々、教訓的な言葉で、不定冠詞がふさわしい一方で、物語があったことを想像して定冠詞に訳す人もいるということだと思います。

QThe bicycle was broken ( ) ( ). ( )内には「修理できないほど」とい

The bicycle was broken ( ) ( ).
( )内には「修理できないほど」という
熟語?が入るらしいのですが、
何が入るのか分かりません。
教えてくださいm(*_ _)m

Aベストアンサー

beyond repair でしょう。
repair (=修理、修復)が出来る範囲を越えてしまって、というのが原義です。

Q3単現を英語で

3人称単数現在の3単現は
英語で何と表しますか?

Aベストアンサー

third person singular present

Q質問です。 英語で「このバックにはたくさんのものがいれられるのよ!」と表現するときには主語は何になる

質問です。

英語で「このバックにはたくさんのものがいれられるのよ!」と表現するときには主語は何になるのですか?
youですか?それともthis bagですか?それともitですか?例文も加えてお願いします。

Aベストアンサー

誰が使ってもそうであるならば、一般文の場合、人称主語はWeやYouでOKです。
逆に物を主体とするならば、下のような表現で「容量がある」でいいでしょう。

私たち(あなた方/皆さん)はこのバッグにたくさんものを入れられます。
このバッグはたくさんの容量があります。

We(You) can put a lot in this bag.
We(You) can have a lot in this bag.

This bag has a lot of capacity.
This bag has a large capacity.

など、いろいろな表現が出来ます。

Qラ行のローマ字表記は「R」ではなく「L」の方がよいのでは?

ローマ字表記を決める時、どうして「R」になったのかは知りません。
でも、日本人は英語の「R」と「L」の区別が苦手です。
(英語以外の言語ではどうなのか分からないので、とりあえず「英語」で説明します。)

特にRが苦手です。
ということは日本人が「らりるれろ」と言っても、英語圏の人には「rarirurero」とは聞こえない、ということです。

新元号が「レイワ」に決まりました。
英語圏の人が巻き舌で「reiwa」と発音するのか、と想像したらウーーンと複雑な気持ちになりました。
「leiwa」の方が日本語の「れいわ」に近い発音になるのでは?とか
日本人が「レイワ」といった時、英語圏の人の耳に「leiwa」としか聞こえないのでは?
などと思いました。

発音的にはラ行は「L」の方が近いのではないでしょうか?
la、は「ぁ(小さいあ)」になってしまう、ということはありますが、「ぁ」はxaで表記すれば区別できます。

いまさら変えようもないことでしょうが、ラ行はなぜ「R」なのか、ローマ字表記について詳しい方からご意見を頂けると嬉しいです。

ローマ字表記を決める時、どうして「R」になったのかは知りません。
でも、日本人は英語の「R」と「L」の区別が苦手です。
(英語以外の言語ではどうなのか分からないので、とりあえず「英語」で説明します。)

特にRが苦手です。
ということは日本人が「らりるれろ」と言っても、英語圏の人には「rarirurero」とは聞こえない、ということです。

新元号が「レイワ」に決まりました。
英語圏の人が巻き舌で「reiwa」と発音するのか、と想像したらウーーンと複雑な気持ちになりました。
「leiwa」の方が...続きを読む

Aベストアンサー

ローマ字というモノは日本だけじゃなく、海外にもあって、その起源の殆どが「大航海時代に生まれた物」なのです。つまり、航海に同行し、キリスト教の布教に務めた宣教師たちが「現地の言葉を知るために、ポルトガル語またはスペイン語(どちらも原型はラテン語)で現地語の発音を記した」のが最初のローマ字化なのです。

日本では戦国時代に宣教師がやってきて、ローマ字の原型を作りました。この時点でラ行は「R」で表記されています。
次にローマ字が変化したのは幕末で、ヘボン式として残るローマ字方式がアメリカ人のジェームス・カーティス・ヘボンによって考案されました。

でもこの時もラ行の字は「R」で表記されています。理由は「英語ネイティブから見て日本語のラ行はLの発音ではないから」です。
もう少し付けたして言うと「ヨーロッパ言語において、Lの発音は比較的同じだが、Rの発音は各国語によって異なり、その幅が許容されているから」です。

ラ行のうち「リ」はかなりLの発音に近いと言っていいでしょう。「リ」だけ取れば英語ネイティブもローマ字をLにしても納得します。しかし、「ラ」の発音は英語のLの発音とは全く異なりますし、同様に「ル・レ」はRとLの中間「ロ」はRのほうが近い発音なのです。

なので「ヨーロッパ言語のLの発音と異なる揺れ幅がある以上、Rで表記するのが英語(ヨーロッパ言語)の感覚からして正しい」のです。

ローマ字というモノは日本だけじゃなく、海外にもあって、その起源の殆どが「大航海時代に生まれた物」なのです。つまり、航海に同行し、キリスト教の布教に務めた宣教師たちが「現地の言葉を知るために、ポルトガル語またはスペイン語(どちらも原型はラテン語)で現地語の発音を記した」のが最初のローマ字化なのです。

日本では戦国時代に宣教師がやってきて、ローマ字の原型を作りました。この時点でラ行は「R」で表記されています。
次にローマ字が変化したのは幕末で、ヘボン式として残るローマ字方式がア...続きを読む

Qto不定詞+to不定詞?

Whoever goes first should reciprocate by being sure to push the open button to keep the doors for the person who follows.

意味は、なんとなく理解できますが、この連続した不定詞の箇所(to push the open button to keep the doors )をうまく訳せません。これはto keep the doorsの前に「and」が省略されているのでしょうか?

Aベストアンサー

■これは恐らくエレベーターに乗るときのマナーについて書かれた英文でしょうね。
ちなみに「keep the doors for the person who follows」は原文通りでしょうか?
「keep the doors open for the person who follows.」のようにopenが入っていませんでしたか?

■ご質問の2つのto不定詞ですが、用法が違います。すなわち、
(1) being sure to push⇒「be sure to+動詞の原形」(確実に~する)
(2) to keep~するために、~するよう⇒目的を表すto不定詞
という2つの使い方です。

■英文の構造は以下の通りです。
Whoever goes first
先に乗る人は誰でも(←直訳:先に行く人は誰でも)
should reciprocate
返礼すべきだ(※他の人よりも自分が先に乗ったので、その分をお返しすべきだということ)
by being sure to push the open button
「開」ボタンを確実に押すことによって
to keep the doors for the person who follows
後に乗る人のためにドアを開けたままにするよう(←直訳:後に続く人のためにドアを開けたままにするよう)

■おおよその意味は以下の通りです。
「(エレベーターに)先に乗る人は誰でも、後から乗ってくる人のためにドアが閉まらないよう、確実に「開」ボタンを押して、返礼すべきだ」

■これは恐らくエレベーターに乗るときのマナーについて書かれた英文でしょうね。
ちなみに「keep the doors for the person who follows」は原文通りでしょうか?
「keep the doors open for the person who follows.」のようにopenが入っていませんでしたか?

■ご質問の2つのto不定詞ですが、用法が違います。すなわち、
(1) being sure to push⇒「be sure to+動詞の原形」(確実に~する)
(2) to keep~するために、~するよう⇒目的を表すto不定詞
という2つの使い方です。

■英文の構造は以下の通りです。
...続きを読む

Q教室に着いたとき、英語のテストはすでに始まっていた。 When I arrived at the c

教室に着いたとき、英語のテストはすでに始まっていた。
When I arrived at the classroom, the English exam had started already.

私達はすでに6キロ歩いた。
We had already walked six kilometers.

上記の2つの文を比較した時、
上はhad started alreadyという風に動詞の後ろにalreadyが位置していますが、
下の分はwalkedという動詞の前にalreadyが来ています。
これはどちらでも正解なのですか?
動詞の後ろでも前でも良いのでしょうか?

Aベストアンサー

alreadyは副詞なので動詞の前でも後ろでも付けられます。ただ、回答No.1にあるように、2つめの文例ではいちばん後ろに持ってくると文章としてスッキリしなくなるので、前に持ってくるほうがスマートです。

QA friend of mine と my friend

A friend of mine

my friend
の違いはなんでしょう…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

My friendは話し手にとって、また相手にとっても「私の友達」というある程度特定の人(親しさの度合いも関係する)を指す場合で、a friend of mine の方は、「私のある友達」という特定がないことが多いです。ですから話す相手と、話す内容によって、使い分けます。

例えば、「昨日具合が悪かったので、友達がチキンスープを届けてくれたの」I was sick yesterday and my friend brought me some chicken soup. (話し手に近い関係)

「私の友達にカナダに住んでいる人がいて、別の友達はメキシコに住んでいます」A friend of mine lives in Canada and another friend of mine lives in Mexico.(相手にとって全く関係ない人たち)

「このあいだあなたがあった私の友達は今度カナダに引っ越すのよ」My friend you met the other day is going to move to Canada.(相手が知っている人)

My friendは話し手にとって、また相手にとっても「私の友達」というある程度特定の人(親しさの度合いも関係する)を指す場合で、a friend of mine の方は、「私のある友達」という特定がないことが多いです。ですから話す相手と、話す内容によって、使い分けます。

例えば、「昨日具合が悪かったので、友達がチキンスープを届けてくれたの」I was sick yesterday and my friend brought me some chicken soup. (話し手に近い関係)

「私の友達にカナダに住んでいる人がいて、別の友達はメキシコに住んでいます...続きを読む

Q教えて下さい。

The book sold 2 million copies worldwide.

上のような英文を見ましたが、文の構造がよくわかりません。

2 million copies of the book were sold worldwide. ならよく分かりますが、上の文でも文法は正しいですか?

Aベストアンサー

この sold (sellの過去)は目的語を取らない自動詞として使われています。意味は「売れる」で This product sells very well (この製品はよく売れる)という使い方です。 

The book sold 2 million copies の 2 million copies はsold の目的語ではなく「副詞的」に sold を修飾しています。 We stayed 2 days in Kyoto(京都に2日滞在した) の stayed は自動詞、2 days は stayed を修飾しているのと同じです。


人気Q&Aランキング