痔になりやすい生活習慣とは?

高校2年 化学
2番についてです。

どうして最後、
0.28+0.56-0.38ではダメなのですか?

「高校2年 化学 2番についてです。 どう」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 問題です

    「高校2年 化学 2番についてです。 どう」の補足画像1
      補足日時:2019/03/10 19:43

A 回答 (3件)

No.2 です。

そこに書かれていることの意味が分かりますか?
そもそも、そこに書かれた反応式の意味が分かりますか?

メタノールの燃焼の反応式は
 a・CH3OH + b・O2 → c・CO2 + d・H2O
となるのは分かりますね?
メタノールが燃焼すると、つまり酸素分子と反応すると、二酸化炭素と水ができる、ということです。
問題は、どういう量どうしで反応して、どんな量の二酸化炭素と水になるか、ということです。それが係数の「a, b, c, d」で、その a, b, c, d が「モル数(の比)」になります。

この式が成立するためには、各原子は増えたり減ったりしませんから
・C に着目:a = c   ①
・H に着目:4a = 2d   ②
・O に着目:a + 2b = 2c + d   ③
この連立方程式を解けば(変数4つに方程式3つなので、比までしか求まらない)
①より
 c = a
②より
 d = 2a
これを③に代入して
 a + 2b = 2a + 2a
→ 2b = 3a
→ b = (3/2)a 
よって
 a : b : c : d = 1 : 3/2 : 1 : 2 = 2 : 3 : 2 : 4
これで、反応式は
 2・CH3OH + 3・O2 → 2・CO2 + 4・H2O    ④
となることが分かります。つまり
「メタノール 2 mol と酸素ガス 3 mol とが反応して、二酸化炭素 2 mol と水 4 mol ができる」
という反応です。
まず、これが分かることが基本。

あとは、この mol 比に従って、実際に存在する物質が何 mol ずつ反応するかを考えるのです。

空気は容器内に 4 mol 入っていますが、気体は「標準状態で 1 mol の体積が 22.4 L」で、温度・圧力が等しければどの気体も同じ体積ですから、空気中の窒素と酸素の体積比から、その空気の中の酸素の体積は 1/5 ということです。
体積が 1/5 なら、そこにある mol 数も 1/5 なので、空気中の酸素の mol 数は
 4 [mol] * 1/5 = 0.8 [mol]
ということになります。

反応式の左辺で、メタノールと酸素分子は 2 : 3 の mol 比で反応しますから、「メタノール 0.28 mol と酸素分子 0.42 mol が反応する」ことになります。
酸素分子は 0.8 mol あるので十分足ります。もし酸素分子が不足したら、メタノールは全量燃焼しないうちに燃焼が止まります。「酸欠」ということです。
この場合には、酸素が十分足りるので、メタノールは完全燃焼して、酸素分子が 0.42 mol 消費されます。
それが、赤字の2行目「変化量」の意味です。
その結果、その右辺のように「二酸化炭素 0.28 mol と水 0.56 mol が生成する」ことになります。

メタノールが完全燃焼した結果、最初にあった各々の物質がどれだけ(何 mol)残っているか、というのが3行目の「反応後」に書かれた数値です。
2行目の「反応後」に書かれた数値は、反応式の係数の比率になっていますが、「反応後」の「残りかす」は単に「最初あったものから消費されたのものを差し引いた」ものなので、何の等式も満たしません。それだけ残っているという「偶然」にすぎませんから。

ここまでが、問題を解くための前提条件です。
このスタートラインに、あなたは立っていますか?
    • good
    • 1

左辺と右辺では mol 数の基準が違うから、単純な足し算引き算はできませんよ。


mol の意味が分かっていないでしょ?
    • good
    • 1

ところで、「0.28+0.56-0.38」の0.38はどこから出て来たの?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

赤字の表の1番下の左から2番目の数字です!

お礼日時:2019/03/10 20:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子天秤の仕様で用語が意味不明

製造者HPに問い合わせボタンが無いのでここで。

後記仕様で不明用語は下記です。
1。個数モードとは、
2。天秤なのに計数とは
3。パーセントモードとは
4。100%登録最小質量とは

個数モード=計数可能最小単位質量0.001g+サンプル数5、10、25、50または100個、
パーセントモード=100%登録最小質量0.100g+パーセント最小表示0.01%、0.1%、1%、(100%質量により自動切り替え)

Aベストアンサー

個数モード
サンプル数を100個に設定したら100個のサンプルを載せてその質量を登録。その後に未知の個数を載せて測定すればその個数がわかる。サンプルのばらつきが小さいほど、個数が多いほど正確に測れる。

パーセントモード
100%としたいサンプルを載せて登録。そして未知のものを載せればサンプルに対するパーセントが測定できる。

100%登録最小質量0.100g
0.100gよりも軽いものはサンプルとして登録できない。

Q絶対温度 Kの必要性

セルシウス温度+273が絶対温度になるということですが、そしたら絶対温度Kという単位は不要なんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり絶対温度(K)が便利です。例えば・・・

○ 気体の体積 (ボイルシャルルの法則)
 まあ、「風船の大きさ」ですね。暖めると風船が大きくなることはご存知でしょう。これは、暖めたことで風船の壁に内側からぶつかる原子の運動速度が上がったためといえます。
その場合、もし、20℃から40℃に暖めた場合、大きさは2倍になるのではなく、293K→313Kの比による、約7%大きくなります。
(もっとも、実際には風船の場合はゴムの張力の影響があり、また、完全に冷やしても本当に体積が0になるわけではない(特定の温度で液体や固体となって急に体積が減るが、一方でさらに冷やしてもそれらの体積より小さくならない)のでそれぞれ誤差になることには注意が必要です。)
○ 信号の電子機器の内部雑音 (熱雑音)
 コンピュータや無線機器は、「半導体」(シリコンなど)という物質を使って、小さな信号を大きく増幅することを繰り返しながら動作しますが、この際に問題になるのが「内部雑音」です。半導体は入ってきた信号を増幅するとともに、自分内部で無関係な変動信号(雑音)をわずかながら加えてしてしまうため、入ってくる信号があまりに小さいと出てくる信号が無意味な雑音ばかりになってしまうという欠点があります。
 その内部雑音の原因は、半導体自体の原子の熱振動であり、雑音の強さはまさに半導体の絶対温度に比例しますので、20℃から40℃に上昇した場合も2倍になるのでなく、約7%増加します。
 このような熱振動による雑音を避けるために、より良い半導体を探す研究も続けられていますが、特に小さな電波の信号を扱う天文などの世界では、手っ取り早く半導体を液体窒素などで猛烈に冷やしています。(20℃(293K)から、-190℃(83K)に冷やすと、雑音は本当に1/3.5・・ケルビン温度の比率・・に減少します)

さてさて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり...続きを読む

Q尿素やアルコール、グルコースなどの化学式ってどうやって覚えてますか? 塩化ナトリウムとか名前から元素

尿素やアルコール、グルコースなどの化学式ってどうやって覚えてますか?
塩化ナトリウムとか名前から元素記号が分かるやつ以外の分子って有機化学でやるんですか?

Aベストアンサー

語呂合わせとか、小細工とかをせずに普通に覚えました。
特に覚えるのが難しいレベルの話ではないと思いますけどね。

Q全宇宙の中の原子の存在割合は質量比で、水素:ヘリウム=3:1である。水素とヘリウムの存在個数の比は?

全宇宙の中の原子の存在割合は質量比で、水素:ヘリウム=3:1である。水素とヘリウムの存在個数の比は?(原子量 H=1.0, He=4.0)

答えは3:1ですか?12:1ですか?なんですか(;_;)

Aベストアンサー

質量比で 3:1 なら、水素の個数 Nh、ヘリウムの個数を Ne とすれば
 1 * Nh : 4 * Ne = 3 : 1
ですから
 Nh : Ne = 3 : (1/4) = 12 : 1
でしょ?

Q1molは分子の数は6.0×10^23個なのでしょうか? どの気体の1molは分子の数も6.0×10

1molは分子の数は6.0×10^23個なのでしょうか?
どの気体の1molは分子の数も6.0×10^23個なのでしょうか?

Aベストアンサー

「mol」は「ダース」と似たような単位です。
鉛筆でもノートでもなんでも12個の集まりを1ダースと呼ぶのと同じように、
酸素分子でも窒素分子でも鉄原子でもなんでも6.0×10^23個の集まりを1molと呼びます。
気体の物質に限りません。何でもつぶつぶの個数が6.0×10^23個ならば1molです。
なんなら、米粒でも餃子でも6.0×10^23個あれば1molと言ってかまいません。

Q化学についてです。 元素記号を書く際、2文字目、筆記体はダメなのでしょうか? Pbのbを筆記体にした

化学についてです。
元素記号を書く際、2文字目、筆記体はダメなのでしょうか?
Pbのbを筆記体にしたら、学校の先生にバツにされました。l以外は筆記体にしない!絶対って書かれたんですけど、そんな規定ほんとに存在するんですか?
確かに、Pbをわざわざ筆記体にするような人は少ないと思いますが、私は中学の時に、bと6を間違えて識別して、間違えたことがあってトラウマになってます。
だからbを筆記体で記しているのですが、物理や数学ではいいのに化学はダメなんですか?
私なりにネットで調べてみましたが、そういった情報はありませんでした。ネットにないなら書物あたりにあるかと思うのですが、そういったルールを見たことある人はいますか?
また、このルールについて何か知っている方はいますか?教えてください。
場合によっては点数は変わることありませんが、抗議しようと思ってます。

Aベストアンサー

全世界の元締めである IUPAC の規定では
元素記号は立体で書く
となっています. だから, 厳密にいえば l だって立体で書かないとダメ.

Q疎水性物質でも水に溶けるのですか。

疎水性物質でも水に溶けるのですか。

Aベストアンサー

ベンゼンのような小さい分子は疎水性物質ですが、極わずかエントロピー増大の原理で溶けた状態になります。
親水性物質でもポリビニルアルコールのように、高分子になると水に溶けないことがあります。
タンパク質も親水性物質アミノ酸の高分子ですが、人がお風呂に入っても溶けませんね。

Qアルコールが水に比べて水素イオンを放出する力が弱いのはなぜですか。

アルコールが水に比べて水素イオンを放出する力が弱いのはなぜですか。

Aベストアンサー

特に弱くはありません。同程度です。

Q電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

Aベストアンサー

昔は電子のことは知られていませんでした。

磁力の場合N極を出発してS極に収斂するように磁力線を描くという暗黙の了解がありますが、その方が人間の感覚に合っているからです。

同じく電流も「何かが流れている」という認識でした。
それにはマイナスからプラスに流れるよりプラスからマイナスに流れると考えた方が人間の感覚に合っています。
なので電流の向きは「プラスからマイナスへ」と決まりました。

その後電子が発見され実は電子の運動(の伝播)だということがわかりますが、それはすでに電流の向きが歴史的に定着した後でした。
さまざまな法則や技術の中に電流の向きは広汎に取り入れられてしまっており、もはや変更は不可能でした。

読めばわかるとおり、電流の向きには電子のような実質はありません。

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング