【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

三島由紀夫はノーベル文学賞最終候補だったらしいですが、その作品名はなんだったんですか?

A 回答 (2件)

作品ではなく人物に与えられるものなので、ノーベル賞最終候補としての特定の作品名はありません。

    • good
    • 0

作品ではなく作家に与えられる賞ですが、英訳もされた『仮面の告白』や『金閣寺』の影響は大きかったかと。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q<雨がふります 雨がふる>は、前が丁寧文であり、後は普通文ですね。なぜ、丁寧文と普通文が連なっている

北原白秋の作詞の童謡「あめ」は、親しまれていますね。
<雨がふります 雨がふる>が、繰り返し5回現れます。
ところで、このフレーズは同じような内容で、前が丁寧文であり、後は普通文ですね。
質問は、なぜ、丁寧文と普通文が連なっているのでしょうか?
(調子の良い七五調になっていますが)

Aベストアンサー

質問者の方が既にお気づきのように、歌全体を通して調子の良い七五調になるように、
言い方を変えているのでしょう。初めから歌われることを前提にした作詞のはずです。
丁寧な言い方と普通の言い方の組み合わせも、初めは違和感を覚えるかもしれませんが、
<雨がふります 雨がふります>より、また、<雨がふる 雨がふる>より、響きが断
然優れていることに~口に出したり、歌ってみれば~気がつきます。

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Qノーベル文学賞 って、ある作家のある特定の作品に与えられるものではないのでしょうか? 川端康成の雪国

ノーベル文学賞

って、ある作家のある特定の作品に与えられるものではないのでしょうか?

川端康成の雪国がノーベル文学賞を受賞したというのは、どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

ノーベル賞は翻訳賞とも言われています

どのくらい多くの海外で翻訳されているかがほとんど決め手となります

また、海外でも理解できることも大切です

委員会で選ぶのではなく、推薦ですから、推薦する方(ほとんど出版社ですが)の力も大きいです

Qこの古い手書きの漢字は何でしょうか?

これは左右両方とも戸籍に記されている明治時代の同一人物の名です。
「◯蔵」と書かれているかと思いますが、この一文字目が分かりません。

左を見た感じだと「庫」のようですが、略字にしても右のようになるのか判断が付きません。
旧字体だとか略字の知識が必要だと思われますが、どうかご教示願います。

Aベストアンサー

左の「庫」は画像解析で、最初の8例には出ませんでしたが、100例の中には出てきました。「蔵」は誰が見ても「蔵」でしょう。結論、右の字を書いた人が「下手くそ」だった。

Q「雨にもまけず 風にもまけず」ではなく、なぜ「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」なのでしょうか?

「雨にもまけず 風にもまけず」ではなく、
なぜ「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」なのでしょうか?

Aベストアンサー

「片仮名」で残されたのは「雨ニモマケズ」だけで、後の詩や童話は「平かな漢字混じり文」で印刷され、出版されています。青空文庫への収録はまだ全部出来ていないようですがやがて完成されるでしょう。賢治は「この詩(といえるかどうか異説あり)」は発表せず、手帳に書き付けたままでした。

Q脳ある鷹は爪を隠す だから何なんですか?

脳ある鷹は爪を隠す

だから何なんですか?

Aベストアンサー

能ある鷹は爪を隠すの解説】 有能な鷹は獲物に知られないように、普段は鋭い爪を隠しておくことから。 転じて、いざという時にだけその真価を発揮するということ。 「能」を「脳」と書くのは誤り。

Q「シェ-クスピアの全作品は一足の長靴の価値もない」と言ったのは誰ですか?

正確な文言は忘れてしまいましたが、タイトル(「シェ-クスピアの全作品は一足の長靴の価値もない」)のような意味のことを言ったのは、誰ですか?


ご存知の方、ご教授くださいませ。

Aベストアンサー

おそらく、マルクス?

でなくても唯物論者でしょう。文学など実際には役に立たないという文脈だったと思います。

Q一概には言えないかもしれないのですが、トルストイとか昔の文豪の小説を読んでいると、ストーリーとは関係

一概には言えないかもしれないのですが、トルストイとか昔の文豪の小説を読んでいると、ストーリーとは関係のない会話が煩わしく感じられるのは、一体何故なのでしょうか?私の問題ですか?それとも、作家や時代の問題?

Aベストアンサー

欧米文学の特徴のように思えます。

本筋とは無関係なことを、延々と何ページにも
渡って展開する、というのは欧米の小説に
よく見られる手法です。

人物描写にしても、物語の展開の過程で
紹介すればよさそうなものを、
これまた数ページにわたって、こういう性格
なんだ、人物なんだ、と紹介しているのは
うんざりします。

一説には、ページが多くなればなるほど、
作家も出版社も儲かるからだそうです。

Qことわざ ここの答えを教えてください! (テストに出るのですが先生が答えを配り忘れて分かりません)

ことわざ
ここの答えを教えてください!
(テストに出るのですが先生が答えを配り忘れて分かりません)
他にもう1つ質問を投稿しているので宜しければ、そちらの方もお願いします!!

Aベストアンサー

いわぬが花 ウ     他人の飯を食う カ   人の花は赤い  イ
臭いもの身しらず エ  青菜に塩  ア     蓼食う虫も好き好き  オ

取らぬ狸の皮算用 エ  棚からぼた餅 ア   貧すりゃ鈍する  イ 
亀の甲より年の功 カ  命あっての物種 オ  ミイラ取りがミイラになる ウ

雨後の筍  イ     月夜に提灯  オ   寝た子を起こす  エ
天に唾する  ア    判官贔屓  ウ    焼けぼっくいに火が付く  カ 

血を血で洗う オ    敵は本能寺にあり ウ   笛吹けど踊らず  ア
小田原評定  カ    真綿で首を絞める エ   船頭多くして船山に登る  イ

親の光は七光り カ   昔取った杵柄   ウ   水清ければ魚住まず  ア
血は水よりも濃い オ  無くて七癖    イ   清水の舞台から飛び降りる エ

寄らば大樹の陰  ウ  習うより慣れろ  エ   出る杭は打たれる  オ
三つ子の魂百まで イ  木に竹をつぐ   カ   庇を貸して母屋を取られる ア

Q国文法の助動詞と日本語教育文法の接辞と語尾について

国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)とされています。
ナ形容詞(国文法の形容動詞)の場合はいずれにしても語尾(スフィックス)ですが、
イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、語尾でしょうか。

Aベストアンサー

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

  丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思うのですが、日本語文法
  では何に位置付けられているのかを知りたいのです。

というところで、「丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思う」とありますが、ここも「繋辞ではなく」なのでしょうか。

大事な用語が違っていては、何が何だかわからなくなります。

ああ、もっと後の「コメント」で、

  この形容詞(イ形容詞)に用いられる「です」は形容詞(イ形容詞)の語尾(sufix,
  суффикс)なのか、繋辞(copulă, связка)なのかという質問です。

とありますね。「語尾(sufix」ということは、「語尾=接辞(suffix)」ですね。これではっきりしました。
しかし、この「です」はどう見ても、二つの名詞を「繋いで」はいないので、「繋辞」ではありえないでしょう。

井口厚夫の説明がわかりやすくていいですね。コピュラでなく、活用語尾とも言えない。形容詞普通体の、独立できる形にくっついているだけですから。
しいて分類するなら「接辞」でしょうか。

それにしても、

  いろいろな考え方のご紹介は結構ですので、「赤いです。」の「です」を助動詞
  という用語を使わずに外国人にどう教えるのかについてだけご存知の方のご説明
  をお願いします。

という最後のコメントは強烈ですね。

「どう教えるか」という観点から言えば、この「です」の品詞論・形態論的位置づけをごちゃごちゃ考える必要はない、でいいんじゃないですか。そんなことを学生に言う必要もないし、教師も悩む必要はない。
「形容詞の後について「丁寧」の意味を加える」、と言えば終わりです。

日本語学としてこの辺の形態論を教えるなら、何か適当なことを言わなければなりませんが、「日本語文法」での定説・通説などないし、例外的な用法なので例外として扱うのがいいでしょう。

そう言えば、初めの「日本語(教育)文法」とは何を指しているのか、という問いへのお答えはないのですね。まあ、いいですけど。

saburoo

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング