最新閲覧日:

こんにちわ、jixyoji-と申します(*^_^*) 。

仮に自国で殺人を犯した人間が上手く海外へ逃亡した場合自国警察はICPO(国際警察機構)などに依頼して逮捕に動くかと思われるのですが、海外で身柄を拘束したら自国へ送還するのにはどんな手続きを踏んで行うのでしょう?

ちなみにそういった国際上でどんな法律や条約があるのですか?例として国際犯罪者がハーグ条約で国際法廷に引きずり出されるように(新ユーゴの元大統領ミロシェビッチやチリのピノチェトのように)

そういった国際条約は締結してる国家間で行えるのでしょうがEUのエアーポケット第3中立国のスイスや共産国家の中国、ロシア、北朝鮮などはそれに応じる必要は無いんですよね?それ以外にどんな国があるのでしょう?

また上記以外でレアケースで身柄引渡しに応じないケースはありますか?

できるだけ詳細な情報をお待ちしていますm(._.)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 日本はアメリカとだけ、逃亡犯罪人引渡し条約を結んでいます。

それ以外の国ですと、インターポールを使い、犯罪人引渡し手続きをしますが、イギリスやカナダは条約を結んでいることが前提なので役に立ちませんし、その国の国籍があると、自国民不引渡しの原則(フジモリなど)があります。もっとも、日本国民であれば相手の国に条件違反や公安上の理由で国外退去をしてもらって、公海上で逮捕という手もあります。
 最近は、日本側が相手国に捜査資料を渡して、相手国の国内法(国外犯処罰規定)によって、処罰するよう依頼することがあります。最近も中国人の留学生が同じ留学生を殺して中国に逃げ帰った事案について利用されました。参考URLにも詳しく書かれていますので、参考にしてください。

参考URL:http://plaza7.mbn.or.jp/~rejoice/interpol/crimin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)mペコ。

イギリスやカナダなどは条約前置主義国なんですね~。大小問わず事件が国境を越えるといかに手続きが大変かわかってきました(- .-)ヾ ポリポリ。逆に外国人が日本で殺された事件(ルーシー・ブラックマン事件など)も難しいですもんね(×_×;)。これからどんどん国際化が進むにつれこういう諸問題はどう進行していくか疑問になってきました。それにインターネットの普及で色んなウィルス(最近ではサーカムというウィルスが猛威を振るってるようですが)などのコンピューター犯罪も摘発がすごく難しいですよね。海外だと価値観やイデオロギーも違いますから大変さがわかる気がします。

どうもありがとうございました。色んな意見を見たいのでしばし質問は締め切らず保留にしておきますm(__)mペコ。

お礼日時:2001/07/28 01:43

日本と、その国が「逃亡犯罪者の引渡条約」を結んでいれば、その条約の規定に書かれている通り、引き渡されます。

細かい手順がない場合は、犯人が逃亡して捕まった国の法律の手順で、進んでいくことになります。
 共産国家かどうかは、条約とは全然関係ありません。日本と、その国が条約を結んでいるかどうかです。
 条約がなくても、国外退去処分にして、その飛行機の中で逮捕という事例もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますm(__)mペコ。

なるほど~「逃亡犯罪者の引渡条約」とうのがあったのか~・・・知らなかった( ;^^)ヘ..。
共産国家を例に出したのはやはり資本主義社会と関係が程遠いと思ったので、けど条約とは無関係なんですね(゜o゜)。
国外退去処分という方法もあるとは・・・。

とても参考になりました('-'*)。しばし締め切らずに色んな回答を待ってみますのでm(._.)m 。

お礼日時:2001/07/28 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報