あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

途中式で100Xから40Xになっているんですけど、なんでかわかる方教えてください

「途中式で100Xから40Xになっているん」の質問画像

A 回答 (2件)

2行目の60xが抜けています。


3行目はこれを移項して40xになります。

 100x=60×(x+16×2)
 100x=60x+1920
 100x-60x=1920
 40x=1920
 x=48
    • good
    • 0

既に2行目が間違ってるんだよ!!!

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子天秤の仕様で用語が意味不明

製造者HPに問い合わせボタンが無いのでここで。

後記仕様で不明用語は下記です。
1。個数モードとは、
2。天秤なのに計数とは
3。パーセントモードとは
4。100%登録最小質量とは

個数モード=計数可能最小単位質量0.001g+サンプル数5、10、25、50または100個、
パーセントモード=100%登録最小質量0.100g+パーセント最小表示0.01%、0.1%、1%、(100%質量により自動切り替え)

Aベストアンサー

個数モード
サンプル数を100個に設定したら100個のサンプルを載せてその質量を登録。その後に未知の個数を載せて測定すればその個数がわかる。サンプルのばらつきが小さいほど、個数が多いほど正確に測れる。

パーセントモード
100%としたいサンプルを載せて登録。そして未知のものを載せればサンプルに対するパーセントが測定できる。

100%登録最小質量0.100g
0.100gよりも軽いものはサンプルとして登録できない。

Qこの図で水はどちらへ流れますか?

この図で水はどちらへ流れますか?
また、管の出口のエネルギー損失が発生するのはどこですか?
ご回答よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

水槽1の水が配管のAの高さに水面が下がるまで、水槽Bに流れますね?
厳密には、水槽AとBの口径=水面の面積により誤差も生じますが、見た目では同一、あるいは記載がないのでこの設問では加味しないということでしょう。

「管の出口のエネルギーの損失」は、設問が正しいのか、管の出口で生じるのは文章通りに管の出口でしょう?
国語の問題となってしまってます。

他で生じる損失は、管の出口では生じてはいませんので。

おそらく設問は「水槽1の水の出口からaに向かう配管の傾斜」で重力に逆らい水流が上る際にエネルギーが消失すると答えさせたいのかと思います。
あるいは、配管の中を流れる際の摩擦も加味しろと言うことかも知れませんが、これも「摩擦はないものと想定する」など注釈があるのかないのか?

Qどの気体においてもある時の圧力、体積、温度での分子の数はだいたい同じなのでしょうか? (どの気体に関

どの気体においてもある時の圧力、体積、温度での分子の数はだいたい同じなのでしょうか?
(どの気体に関しても標準状態での圧力、体積、温度での分子の数は同じなのでしょうか?)
そのため、違う気体の分子の数に関して炭素を土台としたアボガドロ定数、あるいはある時の圧力、体積、温度での平均的な分子の数が理想気体の状態方程式で使えるのでしょうか?近似ではありますが。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>各気体の性質を考慮したその気体限定の式を作るのでしょうか?
気体毎に違うのですからそうなります。

既にこの一連の質問の回答の中に何度か出てきてますが、
実在気体の近似式は5~6種類考案されてます。

ファンデルワールスの式が有名かな。

Q電流が流れた部分の電気抵抗が大きい場合、ニクロム線のように発熱する とサラッと書いてあるものを読みま

電流が流れた部分の電気抵抗が大きい場合、ニクロム線のように発熱する

とサラッと書いてあるものを読みましたが、
電気抵抗が大きいと、発熱すること、ニクロム線のこの3つのつながりがさっぱりわかりません。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

太いストローと細いストローの違い、で分かるでしょうか。
太いストローは抵抗が少ないので、簡単に吹けます。
細いストローは抵抗が大きい(空気の流れを邪魔する)ので、
太いストローと同じ息の量を同じ時間で吹くには、力いっぱい吹かなければなりません。
この「力いっぱい」がの度合いが発熱量に相当します。
実際にやってみれば、細いストローは少し温まっているのがわかると思います。

細いストローでは空気の流れが速いので、
空気がストローをこする量が大きいから熱くなるのです。
布でストローをこすると熱くなる、これと同じです。

こんな説明でどうでしょうか。

Q化学についてです。 元素記号を書く際、2文字目、筆記体はダメなのでしょうか? Pbのbを筆記体にした

化学についてです。
元素記号を書く際、2文字目、筆記体はダメなのでしょうか?
Pbのbを筆記体にしたら、学校の先生にバツにされました。l以外は筆記体にしない!絶対って書かれたんですけど、そんな規定ほんとに存在するんですか?
確かに、Pbをわざわざ筆記体にするような人は少ないと思いますが、私は中学の時に、bと6を間違えて識別して、間違えたことがあってトラウマになってます。
だからbを筆記体で記しているのですが、物理や数学ではいいのに化学はダメなんですか?
私なりにネットで調べてみましたが、そういった情報はありませんでした。ネットにないなら書物あたりにあるかと思うのですが、そういったルールを見たことある人はいますか?
また、このルールについて何か知っている方はいますか?教えてください。
場合によっては点数は変わることありませんが、抗議しようと思ってます。

Aベストアンサー

全世界の元締めである IUPAC の規定では
元素記号は立体で書く
となっています. だから, 厳密にいえば l だって立体で書かないとダメ.

Qコンビニでタバコ買うのに身分証見せてと言われたんですがw 某県で 自分、誰がどう見ても100%20歳

コンビニでタバコ買うのに身分証見せてと言われたんですがw

某県で

自分、誰がどう見ても100%20歳以上なんですが

ちなみに、店員には「今のギャグでしょ?w」って言ったんですが

本当に身分証提示させられました?w


某県だけですかね?

Aベストアンサー

> 自分、誰がどう見ても100%20歳以上なんですが

そう思っているのは自分だけかも知れませんよ。
複雑な気分かも知れないけれど、若く見られたかも知れませんし。(笑)
まぁその店員さんはマニュアル通りに接しただけでしょう。

Q絶対温度 Kの必要性

セルシウス温度+273が絶対温度になるということですが、そしたら絶対温度Kという単位は不要なんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり絶対温度(K)が便利です。例えば・・・

○ 気体の体積 (ボイルシャルルの法則)
 まあ、「風船の大きさ」ですね。暖めると風船が大きくなることはご存知でしょう。これは、暖めたことで風船の壁に内側からぶつかる原子の運動速度が上がったためといえます。
その場合、もし、20℃から40℃に暖めた場合、大きさは2倍になるのではなく、293K→313Kの比による、約7%大きくなります。
(もっとも、実際には風船の場合はゴムの張力の影響があり、また、完全に冷やしても本当に体積が0になるわけではない(特定の温度で液体や固体となって急に体積が減るが、一方でさらに冷やしてもそれらの体積より小さくならない)のでそれぞれ誤差になることには注意が必要です。)
○ 信号の電子機器の内部雑音 (熱雑音)
 コンピュータや無線機器は、「半導体」(シリコンなど)という物質を使って、小さな信号を大きく増幅することを繰り返しながら動作しますが、この際に問題になるのが「内部雑音」です。半導体は入ってきた信号を増幅するとともに、自分内部で無関係な変動信号(雑音)をわずかながら加えてしてしまうため、入ってくる信号があまりに小さいと出てくる信号が無意味な雑音ばかりになってしまうという欠点があります。
 その内部雑音の原因は、半導体自体の原子の熱振動であり、雑音の強さはまさに半導体の絶対温度に比例しますので、20℃から40℃に上昇した場合も2倍になるのでなく、約7%増加します。
 このような熱振動による雑音を避けるために、より良い半導体を探す研究も続けられていますが、特に小さな電波の信号を扱う天文などの世界では、手っ取り早く半導体を液体窒素などで猛烈に冷やしています。(20℃(293K)から、-190℃(83K)に冷やすと、雑音は本当に1/3.5・・ケルビン温度の比率・・に減少します)

さてさて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり...続きを読む

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q滞空時間が3秒の場合、いってんごびょうかん上昇していってんごびょうかん降下しますが、上昇仕切ると一瞬

滞空時間が3秒の場合、いってんごびょうかん上昇していってんごびょうかん降下しますが、上昇仕切ると一瞬無重力のようになりますね
上がる力が落ちる力と同じになる瞬間です
その時間は含まないのでしょうか?

ふわっとした瞬間の時間はゼロですか?

Aベストアンサー

「滞空時間が3秒」とは、地面からジャンプして、再び地面に着くまでが3秒ということですよね。

勘違いなさっているようですが、地面をジャンプして再び地面に着くまで体にかかっている力は常に一定で下向きの力(重力)です。
上昇中も常に下向きの力を受けています。
ある極小の時間(きっちりゼロ秒間)だけ上昇速度がゼロとなりますが、体には下向きの力がかかり続けています。
そして、体が「無重力」のように"感じる"のはむしろその後の落下中です。

宇宙船のなかの映像で「無重力」として人や物がふわふわ浮いて見える状態こそ、
宇宙船ごと人や物が落ち続けている状態です。
宇宙船は地球の丸みなど無関係にまっすぐ飛んでいきたい(慣性の法則)のに、地球の重力に引っ張られるため、
地球を周回するように落ち続けています。
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/space_environment.html

QLNGが石炭より二酸化炭素排出量が少ない理由

LNGは石炭に比べ二酸化炭素の排出量少ないとよく言われていますが、どういう理由からでしょうか?
二酸化炭素が多いということが熱量が多いということかなと思い、そうであれば熱量あたりの二酸化炭素の排出は同じなような気がします。分子レベルで知りたいなと思います。

Aベストアンサー

炭素は燃焼すると二酸化炭素になり、水素は燃焼により水になる <-これはオッケーかな

LNGは、エタンやメタンを主成分とします
エタンなら炭素2と水素6という比率、メタンだと炭素1と水素4の比率

石炭は基本的に炭素だけ、だけど不純物として硫黄分があったり、他の炭化水素を含む

同じ重量のモノを燃焼させたときに、石炭は基本的に二酸化炭素ばかり排出される
(同時に不純物から発生する有害ガスなども有るので、この処理が面倒)

一方で、LNGなら排出されるのはCO2ばかりではなく、無害なH2Oも排出される

得られるエネルギーが同じなら、CO2ばかりより、Co2+H2Oの方が
Co2だけを比較するなら、H2Oで排出される部分があるLNGの方が優れてるという流れ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング