花粉症時期の尿モレ解決のヒント >>

94才になる父の肺のあちこちに影があり、医者からは十中八九悪性だろうと言われました。悪性であればステージ4とも言われました。先生は94才の高齢者に治療したことがなく、抗ガン治療をしても、かえって寝たきりになるであろうと言われました。現在症状がなく、普通に生活ができていれば経過観察をすすめられました。本人はいたって普通に元気で、シャキシャキ歩けるのですが、先生に余命を聞くと、人によって違うが、平均3ヶ月〜半年といわれました。
このまま見守るしかないですか?何か高齢者の身体に負担をかけないで治療する方法はないですか?

A 回答 (2件)

私も肺がんの患者です、現在72歳ですが約3年前に肺がん(腺癌)にて右上葉の切除と気管支の廓清を行いました。

肺がんは骨、脳、副腎等に遠隔転移しやすいですからね、でも貴殿の書き込みの中には本人はいたって元気で、シャキシャキと歩けると記載されており普段のQOLの低下も無いみたいですね、もし本当に肺がんでステージⅣなら骨に転移が有り何処かが痛いと言う言葉が出るのが普通ですがね、それもないし、本当は肺がんの確認は癌細胞の一部を採取してそれを病理検査に出して癌細胞の有無を確認して初めて肺がんと確認するのですが、癌細胞が大きくなれば画像診断だけで肺がんと確認出来ますがね、その場合はTNM分類が大事です、T=癌の大きさ(ステージ)、N=リンパ節への転移の有無、M=遠隔転移の有無です、例T3aN0M0、これはステージは3ですがリンパ節も遠隔転移も無い時です、本当は手術にて癌細胞を切除するのが一番良いのですが94歳と年齢的に手術をする医師はいないと思いますよ、抗がん剤も副作用が有り辛い治療になりますね、肺がんの最後は痛みとの闘いになりそれにプラス抗がん剤治療は余りお勧めの治療ではないですね、肺がんの最後は痛みとの闘いですので緩和治療をお勧めしますがね。保険適用の治療は肺がんは手術、放射線治療、抗がん剤治療の3本柱です、その他民間療法は沢山ネットにあふれていますが、胡散臭い物も多いですからね。お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。先生は十中八九悪性であろうとは言ってますが断定はされていません。悪性で無い可能性もゼロでは無いと言われています。ct画像診断では他の臓器に腫瘍があるとは言われていませんでした。
肺ガンは痛みとの闘いになるのですね。その時がくれば、出来るだけ緩和治療をしてやろうと思います。実体験からの貴重なご助言、たいへんありがたいです。ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/13 23:56

本当につらい状態になったら、海外の安楽死制度を利用してみてもいいとおもいますよ。


ディグニタスで検索すると出てきます。https://president.jp/articles/-/24274
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。その時がくれば、苦しめることなく旅立って欲しいものです。アドバイス、感謝いたします。

お礼日時:2019/03/13 23:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報