【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

94才になる父の肺のあちこちに影があり、医者からは十中八九悪性だろうと言われました。悪性であればステージ4とも言われました。先生は94才の高齢者に治療したことがなく、抗ガン治療をしても、かえって寝たきりになるであろうと言われました。現在症状がなく、普通に生活ができていれば経過観察をすすめられました。本人はいたって普通に元気で、シャキシャキ歩けるのですが、先生に余命を聞くと、人によって違うが、平均3ヶ月〜半年といわれました。
このまま見守るしかないですか?何か高齢者の身体に負担をかけないで治療する方法はないですか?

A 回答 (3件)

抗がん剤は副作用が出ます。

94歳と御高齢であれば積極的な治療はかえって体に負担を掛けてしまうと思います。今まで通りに普通に暮らすことが一番だと思いますよ。痛みとかが出てきたら、その時は麻薬などを使用することになります。状態観察や相談、緊急時の対応目的で訪問看護を入れると心強いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。やはりそれが一番のようですね。お医者さんもそのようにおすすめされています。静かに見守っていこうと思います。

お礼日時:2019/03/13 07:03

無理に治療する必要はありません。

何もしないということも必要です。

抗がん剤は、増癌剤ですから、行うと短期間に急変することになるので、何もしないことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

増癌剤ですか! そのようなことも聞いたことがあります。やはり何もしない方がかえって良いようですね。ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/15 21:58

お歳に鑑みて、何も手を出さずに有りのまま行き着く処へ辿り着かれるのがご本人の為にも最善の形かと考えます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。やはりこの歳で、治療はきついし、本人も望まないでしょうね。ご助言、ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/13 07:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報