人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

中3数学です。
テストに出た問題がわかりません。
アとイの面積のうち、大きい方が小さい方の5倍になるのは、点PがAを出発してから何秒後か求めよ。
答え→7.2√2
なのですが、2√2とは、どういう考え方をして出したのでしょうか?
いつもは難しめなところは先生が解説してくれるのですが、なぜか今回は無くて困ってます。
自分で考えてみましたが、√の答えになりません(;゙゚'ω゚'):
教えてください。お願いします....!

「中3数学です。 テストに出た問題がわかり」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • なんかややこしくなっているので書き直します、
    答えは7と2√2、です!
    .と,を打ち間違えました、すみませんm(_ _)m

      補足日時:2019/03/12 22:55

A 回答 (4件)

ℓがDに達する前であれば、A を出発した t 秒後には(t<4)


 アの面積 = S1 = (1/2) × t × (3/4)t = (3/8)t^2
 イの面積 = 18 - S1 = 18 - (3/8)t^2
となるのは分かりますか?

S1 < S2 なので、S2 = 5S1 になるのは
 18 - (3/8)t^2 = 5 × (3/8)t^2
より
 6 × (3/8)t^2 = 18
→ t^2 = 8
→ t = √8 = 2√2 (s)

ℓがDを通過した後(4<t<8)であれば、
 アの面積 = S3 = 6 + (t - 4) × 3 = 3t - 6
 イの面積 = S4 = (8 - t) × 3 = 24 - 3t
S3 = 5S4 になるのは
 3t - 6 = 5 × (24 - 3t)
より
 18t = 126
→ t = 7 (s)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

あ!なるほど!そんな式が建てられるのですね。
何秒後に面積の大きさがどうなるか、という計算はしたのですがそれを基に式にすることができませんでした....。式を立てればめちゃくちゃ簡単に解けますね笑
ありがとうございます!!

お礼日時:2019/03/17 00:56

確かに、先生が解説するまでもない問題でしょう!ア:イ=1:5とは、全体の台形:小さい面積=6:1になるから、


全体の台形=(4+8)・3/2=18
よって、小さい方の面積は、18/6=3
最初のPをx(秒)とすれば、その面積は、x・(3/4)・x/2=3 ∴x^2=8 ∴x=2√2
A→Bに進む速度が1cm/sだから、x=t (秒)より2√2 秒後

また、Bには、8秒で到着するから、8-t=uとすれば
BC=3なので、PからBCへの垂線との交点をEとすれば、
四角形PBCEの面積=3つまり、u=1になればいいので、t=8-1=7 秒後
    • good
    • 1
この回答へのお礼

がんばります

6:1、そう考えることもできましたね!!
比を使うことが頭から抜け落ちてました。
これは先生が解説するまでもないような問題ですね笑
がしかしその問題を私は解くことができなかったという事実はあるので、春休み中は数学を疎かにしないようにします...
ありがとうございます!!

お礼日時:2019/03/17 01:03

台形ABCDの面積は(4+8)/2*3=18cm²です。

ア:イ=1:5、5:1になる時間ですね。
18÷6=3cm² 3:15か15:3の時です。アが3になる時直角三角形の面積は1/2*x*3/4*x=3から、
(AP=xと置いた、xはcmと秒に共通)
x²=8⇒x=±√8=2√2秒(x>0より)
イが3になる時四角形の面積は(8-x)*3=3から、
8-x=1⇒x=7秒
と考えるといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解決しました

3:15...
この考え方めちゃくちゃ便利ですね。このような考え方にたどり着けませんでした。
ありがとうございます!!!

お礼日時:2019/03/17 01:01

点D から辺AB へ降ろした垂線の足を E、


直線 l と辺AD または辺DC との交点を Q としましょう。

時間の経過について、アが単調増加、イが単調減少
であることに気がついたでしょうか? そのため、
ア/イ の面積比は、時刻について単調増加します。

大き方が小さい方の5倍というのは、
ア/イ = 1/5 または 5/1 ということです。
そのような時刻がひとつづつあることが、
ア/イ の単調性から判ります。

ア + イ = □ABCD = (8+4)・3/2 = 18 cm^2 から、
そのような時刻での ア,イ の面積の値も判ります。
ア/イ = 1/5 の時刻に ア = 3 cm^2, イ = 15 cm^2、
ア/イ = 5/1 の時刻に ア = 15 cm^2, イ = 3 cm^2 です。

P = E となるのは時刻 (8 - 4)/1 = 4 秒後ですが、
このとき ア/イ = 1/2 なので、1/5 < 1/2 < 5/1 より
ア/イ = 1/5 の時刻には P は E より左に、
ア/イ = 5/1 の時刻には P は E より右にあります。

以上より、
P が E より左にあって ア = 3 cm^2 である時刻と、
P が E より右にあって イ = 3 cm^2 である時刻を
求めればよいのだと解ります。

ア = 3 cm^2 となる時刻 t は、
ア = △APQ = t・(3/4)t/2 = 3 から t = 2√2 秒後 です。

イ = 3 cm^2 となる時刻 u は、
イ = □PBCQ = (8-u)・3 = 3 から u = 7 秒後 です。

...と、答えてはみたものの、
他人の解答を読んでも得るものは少ないので、
質問者自身の答案(部分答案でも)を書いて
添削を受けたほうが、参考になると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

そんな考え方もできるのですか....。目から鱗が落ちました。

やはり自分の考え方を示した方が良いのですね。アドバイスありがとうございます!!
実は前も同じ指摘を受けたことがあったので、こう考えたのですがどこで間違ったのでしょうか?
と画像をつけて分からなかった問題について質問し3人ほどの方が回答してくれたのですが、皆さんことごとく私の考え方には触れずに回答されていたので、考え方を載せても無意味なのかと感じてしまいまして....。
一度の経験で判断するのはダメでしたかね。気をつけます!

お礼日時:2019/03/17 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中2の数学の問題について この問題を、 中学2年生で習う範囲だけで解くと、 どうなりますか? 教えて

中2の数学の問題について

この問題を、
中学2年生で習う範囲だけで解くと、
どうなりますか?
教えてください!

中2ではおそらく相似は習わないと思うのですが、、

わかる方どうかお願いします!

Aベストアンサー

0.
△AHE=△AFE – △AFH

1.
「△AFE」
=392× 9 /14× 1 /2=126

2.
・ 「△AFH」=△BFH (底辺FH共通,高さAB//EFなので同じ)

・「△AFH」=△AGH+△GFH
△BFH = △BGF+△GFH
より, △AGH=△BGF
△AFC=△AGH+□GFCH
△BCH=△BGF+□GFCH
より, △AFC=△BCH
△AFC=△DFC
=392× 5/14× 1/2
=70
△AFC=△BCH=70

・ △BFH=△BCH× 9 /14
=70 × 9 /14
=45

・ 「△AFH」=△BFH=45

3.
△AHE=△AFE – △AFH
=126 – 45
=81

A. △AHEは81cm ²

Q数学 因数分解 X^3+x^2+x−1 の 因数分解のやり方を教えてください。 答:(x^2+1)(

数学 因数分解

X^3+x^2+x−1 の
因数分解のやり方を教えてください。

答:(x^2+1)(x−1)

Aベストアンサー

χ^3ーχ^2+χ−1
(χ-1)で χ^3ーχ^2を、
括ると、
=(χ-1)(χ^2)+(χ-1)
全体を (χ-1)で、
括ると、
=(χ-1)((χ^2)-1)

思い付きさえ すれば、
詰まり、
基礎な 理屈さえ、
抑えられていれば、
割と 簡単よ?

Q食塩水の問題について

公式の解き方をまとめた図ですが、イメージがわかないのです。

日本人に置き換えて考えてみたのですが、私のイメージが間違っていたら教えてください。
食塩の重さ=東日本の人口
食塩水の重さ=東日本(塩)+西日本(水)の人口
食塩の割合=東日本の人口(塩)の比率


東日本の人口の求め方(食塩の重さ)=日本の人口(食塩水の重さ)×東日本の人口比(割合)
日本の人口(食塩水の重さ)の求め方=東日本の人口÷東日本の人口比=あれれ???
東日本の人口比の求め方=日本の人口÷東日本の人口


食塩水の求め方が訳が分からないですね・・・。

Aベストアンサー

人口比ではなく、日本人が東日本に住んでいる率にすればOKでしょう。


あれれ?となってしまったところについて
東日本の人口が3人(食塩水の部分)、日本の人口が10人(食塩水と水の部分)だったとします。このとき東日本率は30%(0.3)です。3÷0.3=10ですね。考えて方は面白いと思います。

Q(2)をおしえてください

(2)をおしえてください

Aベストアンサー

(1+2+2²)(1+3)(1+5)(1+7)
これは2²x3x5x7=420の約数 に関連する展開式です
これを展開してできる項は1や2²x5x7=140,2x3x5x7=210など多数ありますが、その1つ1つは420の約数になります
そして、1つ1つ展開する場合
1つ目のカッコからは1か2か2²(3個中1個)を選んで
2つ目のカッコからは2個中1個を
3つ目のカッコからは2個中1個を
4つ目のカッコからは2個中1個を
選んで掛け算して1や140や210などの項ができるのですから
展開して出来る項の総数は3x2x2x2=24です。
つまり420の約数は24個となります

20の約数についてなら
20=2²x5ですから
(1+2+2²)(1+5)を展開してできる項の1つ1つが20の約数となります(実際に展開して確認すると納得が行きます)
展開してできる項の数は3x2=6ですから、20の約数の数は6こと分かる、と言う仕組みです。

これを踏まえ(2)
約数が8個となる数の、約数 に関連する展開式のタイプは
①(a⁰+a¹+a²+・・・+a⁷)
②(a⁰+a¹+a²+a³)(b⁰+b¹)
③(a⁰+a¹)(b⁰+b¹)(c⁰+c¹) ただしa,b,cは素数
の3つです!(これがヒントに書かれている事の意味)
3つのタイプとも、ある約数が8個であるという話なのですが
①タイプでは約数8個を持つ数nとしては、a=2、つまりn=2⁷=128に関する話とする場合が最小です。
②ではa=2,b=3,つまりn=2³x3¹=24の約数に関する話とするときが(約数8個を持つ数nとして)最小です。
③ではa=2,b=3,c=5つまりn=2x3x5=30の約数に関する話とするときが(約数8個を持つ数nとして)最小です。
このうちで最小のものは②の24ですからこれが求めるべき答えとなります!

(1+2+2²)(1+3)(1+5)(1+7)
これは2²x3x5x7=420の約数 に関連する展開式です
これを展開してできる項は1や2²x5x7=140,2x3x5x7=210など多数ありますが、その1つ1つは420の約数になります
そして、1つ1つ展開する場合
1つ目のカッコからは1か2か2²(3個中1個)を選んで
2つ目のカッコからは2個中1個を
3つ目のカッコからは2個中1個を
4つ目のカッコからは2個中1個を
選んで掛け算して1や140や210などの項ができるのですから
展開して出来る項の総数は3x2x2x2=24です。
つまり420の約数は24個となります

...続きを読む

Q中3の数学

円周角の定理の利用
添付ファイルのXの角度がわかりません。
AP、ABは円Oの接線です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

△AOP と △AOB で、AP, AB は 円O の接線ですから、AP=AB 。
PO, BO は 共に 円Oの半径ですから、PO=BO 、AO は共通で、
△AOP≡△AOB 。 同様に △POD≡△COD 。
つまり、∠AOB=∠AOP, ∠DOP=∠DOC 。
x=∠AOP+∠POD=(1/2)(∠POB+∠POC)=90° 。
( ∠POB+∠POC は 直線になりますから、180° です。)

>何故、∠OAP=1/2・∠BAP になるかがわかりません。

角の二等分線は、内接円の中心を通ります。

Q数学I 展開の問題です。 x(x-5)^2 "^2は二乗です。" この式の展開のやり方が分かりません

数学I 展開の問題です。
x(x-5)^2 "^2は二乗です。"
この式の展開のやり方が分かりません。
「括弧の前にあるx」と「括弧についている二乗」はどちらを先に計算すれば良いのですか?

Aベストアンサー

どちらでも良いですが、分かりやすく楽なほうであれば2乗を先に計算するほうですね。

Q(1)は解決しました。 (2)のこたえが0になるとき(3)の証明がうまくいくんですけど、(2)が0に

(1)は解決しました。
(2)のこたえが0になるとき(3)の証明がうまくいくんですけど、(2)が0になる意味がわからないです。教えてほしいです!また0にならないときは(3)の解き方も教えてほしいです!お願いします

Aベストアンサー

#2です。

>c内に極が存在するのに積分値が0になるのがよくわからなかった

閉じた経路内に極が存在しても、全ての極に対する留数の和が0であればその経路での積分の値は0になります。

たとえば g(z)=1/(z^2+1) として0を中心とした半径R(>1)の円周を1周分の経路で積分すると、この経路で囲まれた中に二つの極(z=±i)がありますが、この経路での積分は0になります。

Q「次の不等式を証明せよりまた、等号が成り立つのはどのようなときか。a,b,c,dは正の数する」 高校

「次の不等式を証明せよりまた、等号が成り立つのはどのようなときか。a,b,c,dは正の数する」
高校数学のこの問題がわかりません。
相加平均と相乗平均の大小関係を用いることは習ったのですが証明の仕方がイマイチ、、

みんなの前で説明しないといけないのでわかるかたよろしくお願い致します(_ _)

Aベストアンサー

b/a + d/c = (bc + da)/ac
a/b + c/d = (da + bc)/bd

従って、
(b/a + d/c)(a/b + c/d) = (bc + da)(da + bc)/abcd
= (abcd + (bc)^2 + (da)^2 + abcd)/abcd
= 2 + [(bc)^2 + (da)^2]/abcd
= 2 + [ (bc - da)^2 + 2abcd ]/abcd
= 4 + (bc - da)^2 /abcd ≧ 4

等号成立は
 bc = ad
のとき。

Qsinθ×cosθは何になるんですか? 角度θの時の斜辺に対しての高さの比×角度θの時の斜辺に対して

sinθ×cosθは何になるんですか?
角度θの時の斜辺に対しての高さの比×角度θの時の斜辺に対しての底辺の比=?

Aベストアンサー

↓ こういうことをお求めなのかな?

Q4問とも解答の過程と合わせて答えを教えて欲しいです。 よろしくお願いします。

4問とも解答の過程と合わせて答えを教えて欲しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(fg)'=f'g+fg' ∴ fg'=(fg)'ーf'g ∴ ∫ fg' =fgー∫ f'g
1) f(x)=x^2 f'(x)=2x g(x)=∫ e^1-x dx=ーe^1-x より
∫ x^2・e^1-x=x^2・(ーe^1-x )ー∫ 2x・(ーe^1-x)=ーx^2・e^1-x +2∫x・e^1-x)dx
=ーx^2・e^1-x +2{ x(ーe^1-x )ー∫ (ーe^1-x dx }
=ーx^2・e^1-x ー2 x ・e^1-x ー2 e^1-x +C
=ー(x^2 +2x +2 )・e^1-x +C
同じ要領で!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング