gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

ふと思ったのですが、例えば株で売買してる証券トレーダー。TVを見ていると利益が継続的に月100万円、配当だけでもかなりの金額の人もいますよね。銀行などもお金を借りて国債を買うだけなどやっているところもありましたよね。そういった職業を見ると、本質的に価値を生んでいるのか疑問に思いました。
しかし、実際には価値を産まないのに給料は高いという仕事も多い気がします。
他にはどのようなものがありますか?

また、そもそも、創出した価値と給与が比例するというのは仮設として正しいでしょうか?

A 回答 (2件)

価値というものをどのようにみるのかに関わっている問題だと思います。



仮に、金(カネ)で価値が測れるものという仮説を立てたとします。(以下はその仮説の上での話です)
 ~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~
ガソリン50リットルに6000円を出して購入する人は、ガソリン50リットルにはその価値があると見なしているのです。
同様にガソリン50リットルを6000円をもらって売る人は、ガソリン50リットルにはその価値があると見なしているのです。
すごい状況を想定します。 「現在陥っている窮状を訴えて、この状態を解決するため1000万円欲しいと懇願する」 これがいわゆる特殊詐欺だとします。 電話を受けた高齢の女性が、「自分が用意できるのは850万円が限度」だと言って、850万円を振り込むか受け取りにきた代理人に渡した。 この場合、高齢女性にとっては孫の窮状を自分が助けるという行為には850万円を出すだけの価値があったのです。 850万円を受ける側も、捕まるリスクや諸費用と稼ぎを考えて850万円の価値を認めたのです。850円しか受け取れない場合には受け取りに手間をかけることはしないのです。
ユーチューバで巨額の稼ぎを得ているというニュース?をみたことがありますが、このユーチューブの閲覧にいくらかの費用をかけてもいいという閲覧者やユーチューブ閲覧者に広告を表示できることを期待する業者などの小額の支払いが重なった(支払A+支払B+支払C+支払D+支払E+支払F+支払G+支払H,,,,,=受け取り巨額)ということは、多数の価値が一つの価値に集積しているのです。 特許権や著作権、放送権、劇場での公演などでも同じように考えることが出来るとすると、個々の支払者は享受出来る価値に見合っているからカネを払っているのでしょう。受け取り側は受取総額をあらかじめ決め納得しているのではないのですが、期待値としては総額○○万円くらいになるとイイナと考えて、それだけの価値があるように考えているのです。結果として、半額だったり、3倍だったり、大損だったりということはあるでしょうが、それはそれだけの価値のものだったと考えることになると思います。農家で作物を作って売る場合でも、売れた総額の価値だったなぁと思わなくてはならないでしょう。本来は△△の価値があったハズという思いはあるかもしれませんが、結果を受け入れるしかないです。思いの外高額に売れた場合も、この時期にはこれだけの価値に上がったんだからこれで正当な金額だと儲けを喜ぶのでしょう。

株や債権を売買する、相場ものに手を出すという場合も、その時点での価格がその適正な価値を表していると考えるのでしょう。その後に、価格が変動し、価格が上昇しても、下降しても、あるいは3年後に同価格であったとしても、暴落しても、高騰しても、その時々に適正な価値で売買が行われていると考えるのであれば、大儲け、大損しても期待とは違っただけのことで、価値そのものは取引価格が示す通りなのでしょう。

カネの貸借の場合、1月後に1割利息をつけるから1万円貸してくれと借り入れる人は、今の1万円にそれだけの価値があると認めていることになります。 年2%で1億円借りて商売を拡大しようとする人は、年4%の1億円の価値はないと考えているのだと思います。 宝くじを買う人は、(あたった場合の夢をみる価値+当たり外れの確率×等の金額)が、千円あるいは1万円に相当するのだと考えているのでしょう。 1千万円出して宝くじを買うほどの価値には思ってはいないのだということでしょう。
入学金と授業料などを払って入学し通学と授業を受ける時間を費やす人は、学校に通うことや勉強することや卒業経歴を得ることに見合う価値があると考え、学校側もそうした金額や時間を懸けさせる価値を提供していると考えているのでしょう。
人を集め、雇い、給料を払う企業や市役所や消防・警察なども、その素人や経験者に給料を払い、費用を懸けるだけの価値があると考えているのでしょう。応募しトレーニングを受け勤務規則に従って勤務する人も、受ける地位や給料や厚生福利などの価値が、勤務に関わるあれこれと見合っていると考えるのでしょう。

 ~~~~~   ~~~~~~~   ~~~~~~~    ~~~~~~~~~
本質的に価値を生んでいるのか 実際には価値を産まないのではないか そもそも、創出した価値があるのか

難しいところだと思います。 価値は、生んだり、産んだり、喪失・創出・育てたりできるのか。
価値を認めることは、《金(カネ)で価値が測れるものという仮説》から言えることだと思います。
絵画や美術品、ショービジネス、観光、特許や工業製品、運送サービス、調理や清掃、廃棄物処理、研究、製造や加工、受験塾も、救命救急医療などでも、土木工事、家や土地でも、価値を認めるということは、納得出来ます。

今まではなかった新しい食品やネットサービスを考え作り提供を始めることが可能なのは分かります。ただそれらが価値あるものと認められないと、価値を生んだことにはならない、価値を増やしたことにもならないように思います。
 ~~~~~   ~~~~~~~   ~~~~~~~    ~~~~~~~~~
そもそも、創出した価値と給与が比例するというのは仮説として正しいでしょうか?

仮説というのは、仮の説、仮定条件としておいたもので、それと連続する整合範囲を調べたり、不整合になることをいうものだと思います。 
新人の勤務開始から1ヶ月目、4ヶ月目、8ヶ月目でパフォーマンスは違うのが普通ですが、給料は毎月同額であることも多く、月々のパフォーマンス実績と給料が比例していることは少ないでしょう。 有給休暇や有給の休職期間があるならば、勤務のパフォーマンスと給料は比例してない可能性が高く、中高齢になって壮年期よりもパフォーマンスが下がっても給料が下がらないのであれば、勤務のパフォーマンスと給料は正比例の傾向にはないのは確かです。 給与や給料は、期間に対して支払われますが、長期将来的な期待や過去に対する考慮も含めて支払われるというように、受取側も、支払側も考えているのではないでしょうか。 病気、怪我、事故で就業出来なくなってもその時点で給料がなくならないである期間は給料、給与、報酬がもらえるのは、従業員でも経営者でも、プロ選手結構あります。契約にもいろいろありますが、多くの契約は、いろいろなケースを想定しての期間の観点で価値を想定して給料給与を決めています。そういう点で考えれば、給与は時々のパフォーマンスに見合わせて払われるのではなく、長期的価値の値踏みや期待と不安との関連で総合して決められるということでしょう。 出来高払いの契約にしても、時間賃金を決めるやり方でも、出来高や時間でどれだけのパフォーマンスがあるのかは不明の状況で契約するのですから、期待と不安と確率の推定で価値を決めて、それに対応する将来給与の計算方式を、現時点で決めているとも解釈は出来ます。 そういう見方をするのならば、《創出した価値と給与が比例するという仮説》よりは、《創出するであろう価値と給与が比例するという仮説》の方が適用実例は多いと思います。
売れ行きに比例することが多い印税、クリックされた回数に比例する広告料謝礼のようなのも、実績払いには違いないですが、計算のベースとしての比例定数にどう金額を設定するか、計算式をどう決めるかという行為の中に価値を測定する方式が織り込まれているので、事前の価値期待が具体的な報酬計算式に織り込まれているとも言えると思います。 その計算式で報酬や給与が支払われているのであれば、そのとき報酬や給与を受け取るサイドで実績を “「創出した価値」に基づく給与や報酬だった”とも言ってもおかしくはないです。 そして、“創出した価値と給与が比例していた”と表現するのも可能だと思います。

お金を借りてそれを証拠金にして債権や株式投資や、貸金業などでバンバン稼いでも、(儲けがなく、大損しても)それはそれです。 まじめに勤めこつこつ貯め借金もして建てた家が翌年裏山の崖崩れで倒壊し借金だけがんこっても、それはそれです。 宝くじや遺産相続で大金を得て、その金がカネを産むというような案配に進んでも、それはそれです。 価値はカネで測れても、保有するカネの増減で価値の増減の原因を特定できるのではないのだと思います。 
「“創出した価値と給与が比例していた”と表現するのも可能」でも、「“給与が創出した価値と比例していた”と表現するのも可能」とは限らないのだと思います。 
不当な取引となると思うのですが、A社が競争場からB社を追い出すためにB社のキーとなっている人物Cを全く関係ないD社に高額報酬を餌にスカウトさせたたとします。B社はCを失ったためA社との競争力を失いA社は市場供すに勝ちます。CにD社が払う高額報酬はA社が負担してもA社にはそれ以上の価値がでています。CはB社に勤務しているときよりもD社から高給料を得ています。しかし、CがD社の勤務それ自体で産んでいる価値、創出している価値は、あまりないのかもしれません。窓際勤務のような仕事でも高給を得ているのかもしれません。 Cがサボり、怠惰、仕事をしないという状態になってもらうことを、A社は価値の増大と考え評価して報酬を払っているという意味では、A社には高額の報酬を払う価値があることになります。 C個人では、B社で仕事をしたりしない、価値を生んだりしないことが、報酬や給料の獲得では有利という状況は、ないことはないのでしょう。
    • good
    • 0

しかし、実際には価値を産まないのに給料は高いという仕事も多い気がします。


 ↑
ハイ、その通りで、金融業の方が
製造業よりも収入は高いのが一般です。



他にはどのようなものがありますか?
 ↑
利子や配当で生活しているお金持ち。

アラブのお金持ちもそうですね。

石油を開発したのは先進国で、労働している
のは途上国の出稼ぎ労働者。
で、自国民は何も価値を生み出していないけど
贅沢三昧している。



また、そもそも、創出した価値と給与が比例する
というのは仮設として正しいでしょうか?
 ↑
正しくありません。
経済学者のピケテイ氏が、過去二百年を
調査した結果、次のようなことを指摘しています。

現代では、利子や配当の方が、額に汗する
労働よりも、収入が多い。

これはオカシイ。
なんとかすべきだ。
(ピケテイ 21世紀の資本論)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学の問題です。 もはや1からわかりません、 どうか、どうかお願いします。

経済学の問題です。
もはや1からわかりません、
どうか、どうかお願いします。

Aベストアンサー

このままでは表が読めない!

Qリニア新幹線って本当に必要なの? 現在の新幹線でも充分に早いのに5兆円ものお金を費やしてつくる価値が

リニア新幹線って本当に必要なの?

現在の新幹線でも充分に早いのに5兆円ものお金を費やしてつくる価値があるのか? 話によるとリニア新幹線を走る区間の85%は、トンネルや地下を走るとか
ただ人を早く目的地に到着させるだけで旅の楽しみでもある車外から見える風景もない味気ない旅になると思えてなりません。昔、こんなことを言ってましたね。狭い日本、そんなに急いで何処行くのってね!
JRは、現在の新幹線でも充分に利益があると思いますがあえて着工する目的は、なんでしょうか?
もし完成するば飛行機に乗るお客さんが減って航空会社の影響も心配です。

Aベストアンサー

リニアは少なくとも東京-大阪間は絶対必要です。
理由は
①東海や関西で起きるとされている巨大地震の影響を受けにくい中仙道ルートの新線(第二東海道線)が必要だから
②東海道新幹線は今年で開業55年になり、コンクリート橋脚の寿命などの限界が来ていて、大規模改修が今後必要になるから
③100年後の世界での鉄道の有り方を考えているから
です。

①に関しては、実は戦前から計画があり新幹線自体、東海道ルートと中仙道ルートが検討されていました。新幹線は戦前の弾丸列車構想とそれにより一部着工されたトンネルなどを使うため東海道ルートになりましたが、災害対応としての中仙道ルートは常に構想されていたのです。

 中仙道ルートが採用されない一番大きな理由は「山がある起伏が大きい地形」です。鉄輪を使う電車は大きな勾配を登ることができないのです。リニアは電磁石で進むので、勾配を大きくすることができ、なおかつ最高時速を落とさずに高低差を一気に登ることができるのです。

ですから「リニア技術があるからこそ、中仙道に第二新幹線を通せる」といえます。

②他の方も書かれていますが、新幹線の容量はすでに目いっぱいです。どのくらい目いっぱいかと言うと「山手線の一番本数が多い時間帯よりも、1時間当たりの本数が多い」ぐらいです。東京駅や品川駅だと、新幹線のほうが山手線よりも1時間当たり多く出発するのです。

しかし開業から55年になり、コンクリートの限界は60年程度と言われていますので(ただし、補修をすれば100年程度までは新しくしなくてもよい)今の容量のまま改修工事をするのは莫大な費用と、多大な時間がかかります。JR東海が「自費でもいいからリニアを作る。もう待てない」と表明したのは「新幹線の改修の問題」が大きかったからです。

したがって「リニア建設の採算性」は「新幹線をこのままの容量で走らせながら改修する費用」を踏まえて考える必要があります。それを考えればペイするとJR東海は考えたわけです。

③近年、世界中で高速鉄道が利用されるようになり「ユーラシア大陸横断高速鉄道」という考えも出てきています。
今現在太平洋側からヨーロッパ側に移動できるシベリア鉄道はウラジオストックからウラジオストクからモスクワまで全線9000km以上、今は7泊8日もかかります。
しかしリニアが時速500キロのスピードで走れれば18時間、時速600キロなら15時間で着くことなります。15時間なら飛行機と勝負できるでしょうし、飛行機と違って途中停車も可能になります。

これらの新技術をリードするためには実際の路線が必要なのです。
そして、ユーラシア大陸よりも各州を結ぶアメリカ横断リニアはものすごく実現性が高くなるでしょう。

>ただ人を早く目的地に到着させるだけで旅の楽しみでもある車外から見える風景もない味気ない旅になると思えてなりません。
すでにのぞみは2時間半程度で東京と大阪を結んでいます。戦後初の電車特急が出来た時は8時間、新幹線開業時は4時間だったのが、どんどん短くなっています。
これはこの区間の利用者がほとんど「ビジネス利用」だからです。
 ですから「旅行者」ではないのです。リニアができて、時間が短縮されれば喜ぶ利用者のほうが多いのです。


>もし完成するば飛行機に乗るお客さんが減って航空会社の影響も心配です。
東京ー大阪間の新幹線のシェアは86%、夜行バスが6%程度、ですから飛行機のシェアは10%もないのです。特に東京ー名古屋間なら新幹線のシェアは100%なので、航空会社の影響はほとんどない、といっていいぐらいです。

リニアは少なくとも東京-大阪間は絶対必要です。
理由は
①東海や関西で起きるとされている巨大地震の影響を受けにくい中仙道ルートの新線(第二東海道線)が必要だから
②東海道新幹線は今年で開業55年になり、コンクリート橋脚の寿命などの限界が来ていて、大規模改修が今後必要になるから
③100年後の世界での鉄道の有り方を考えているから
です。

①に関しては、実は戦前から計画があり新幹線自体、東海道ルートと中仙道ルートが検討されていました。新幹線は戦前の弾丸列車構想とそれにより一部着工されたトン...続きを読む

Q豊臣秀吉は朝鮮半島南部くらいなら支配できたのではないですか?

豊臣秀吉の朝鮮出兵ですが、朝鮮の首都(漢城)はすぐに陥落し、次に明軍との戦争になり、明・朝鮮連合軍との戦争になって最終的に撤退することになります。

でも、いくら秀吉軍が強いといっても、さすがに明を征服できる力があったようには思えません。

明との衝突を避け、目的を朝鮮半島南部の支配に限定すれば、目的が達成できた可能性が高いと思いますが、どうでしょうか。
そして、毛利や島津、徳川といった、後で逆らってきそうな大大名を朝鮮南部に配置すれば、邪魔者を追い出せますし、一挙両得のように思います。

Aベストアンサー

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っています。
ちなみに、文禄の役の時に碧蹄館の戦いで大損害を出した明は、
以後は朝鮮の意向を無視して講和に方針転換しています。
さらに慶長の役が終わった後、明史では

  (前略)喪師數十萬,糜餉數百萬,
  中朝與屬國迄無勝算,至關白死而禍始息
 (明史 朝鮮伝(320巻)26年11月)

  10万の兵を失い、100万の糧食を浪費したけど
  中朝(中国)と属国(朝鮮)には勝算が無かった。
  関白(秀吉)が死んだから終わってくれた。

と書かれていたくらいです。
このように、明とはそれなりの勝負はできているので、
本格的に準備をすればいい勝負はしたと思います。

余談ですが、南原城の戦いで見ても判るように
明は朝鮮南部まで軍を進めています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8E%9F%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
講和がうまくいった場合など、状況にもよりますが、
朝鮮南部だから明が来ないというわけではありません。


日本が勝てなかった理由は兵站が続かなかったから。
(慶長の役を含めるなら秀吉が死んだから)
当時、兵糧はある程度を現地調達するのが常でしたが、
朝鮮はそもそも春窮という言葉があるくらい貧しく、
耕作に適する土地が少ないので収穫は期待できません。
戦時には日本・朝鮮・明がそれぞれ徴発したから
ますます何もなくなりました。
たとえ朝鮮南部に限定して支配しても、
長大な国境線を長期にわたって維持するのは
(明側が意図しなくても)焦土戦術となって
かなりの負担で益は無いと思われます。


ちなみに、今の韓国の歴史認識に惑わされて
朝鮮人は果敢に抵抗した事を憂慮する方が多いようです。
確かに住民の反乱はそれなりにてこずりましたが、
日本が漢城に到着した時、国王は逃走し、町は既に焼かれていて
王子二名を捕虜にしたのは朝鮮人の働きなのは有名な話。
碧蹄館の戦いに先立つ第三次平壌城の戦いで
「日本側の戦死者を調べるとほとんど朝鮮人でした」
というオチが朝鮮王朝実録に書いてあるくらい。
  是日天兵當陣斬獲一千二百八十五級、生擒二名、
  竝擄浙江人張大膳、奪馬二千九百八十五匹、
  救出本國被擄男婦一千二百二十五名。
  (中略)
  李如松 平壤之役、所斬首級、半皆朝鮮之民、
  焚溺萬餘、盡皆朝鮮之民
政策さえ誤らなければ統治できなくはないと思います。

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っていま...続きを読む

Q経済学について、質問です 1、日銀は銀行が保有する預金の内、一部を準備として日銀の口座に預けている。

経済学について、質問です

1、日銀は銀行が保有する預金の内、一部を準備として日銀の口座に預けている。なぜ準備が必要なのか?

2、今、準備率が5%だったとする。信用創造によって、経済の貨幣供給及び、信用乗数はどうなると考えられるか?(日銀が1兆円の通貨を発行している場合)

3、銀行への資金需要が十分に無い場合、
どのような事がおきるのか?



これらを解いて欲しいです。お願いします。

3、

Aベストアンサー

1.預けているのではなく「預けさせている」。それは過去「取り付け」で銀行に一銭もお金が無くなり日銀が緊急融資をせねばならなくなった時の反省。宮崎駿の「かぜたちぬ」で名古屋の亀八銀行が破綻している。
2.実際には現在マイナス金利で、上記の様な事は全く起きていないどころか、日銀は預けさせたくないのだが制度的に決まっているから仕方が無い。
3.1.の様なことがおこる「はず」

Q市中銀行の準備率の増加は、生産量、利子率にどのような影響を及ぼしますか?

市中銀行の準備率の増加は、生産量、利子率にどのような影響を及ぼしますか?

Aベストアンサー

No2の訂正。

いま、Mを通貨供給量、H=マネタリーベース(ハイパワードマネーともいう)、つまり市中銀行が日銀に保有する預金と日銀券発行高の合計、C=現金通貨(市中に出回る現金)、D=市中銀行の預金、Rを市中銀行の準備(市中銀行が日銀に保有する預金とか、各銀行が銀行内に預金の引き出しに備えて保有する現金)とすると
M=C+D
H=C+R
となるから、
M/H = (C+D)/(C+R) = (C/D+1)/(C/D + R/D)=(k+1)/(k+r) (*)
よって
M=[(k+1)/(k+r)]H
となる。H,k一定の下で、rの上昇はMの減少を導く。
ここで、k=C/D=民間の現金・預金比率、r=R/D=市中銀行の預金準備率である。


と訂正してください。上の(*)の右辺の部分と、 kとrの定義を訂正しました。


要するに、(*)の右辺(左から2番目)の分子、分母を預金残高Dで割ると、一番右の右辺が得られます。民間部門の現金性向を表すkを一定とすると、準備率rが上がると与えられたH(マネタリーベース量)のもとで、M(通貨供給量)が減少します。Mが減少すると、マクロのISーLM分析を思い出してください。利子率が上がり、よって投資が減り、GDPが減少するのです。

No2の訂正。

いま、Mを通貨供給量、H=マネタリーベース(ハイパワードマネーともいう)、つまり市中銀行が日銀に保有する預金と日銀券発行高の合計、C=現金通貨(市中に出回る現金)、D=市中銀行の預金、Rを市中銀行の準備(市中銀行が日銀に保有する預金とか、各銀行が銀行内に預金の引き出しに備えて保有する現金)とすると
M=C+D
H=C+R
となるから、
M/H = (C+D)/(C+R) = (C/D+1)/(C/D + R/D)=(k+1)/(k+r) (*)
よって
M=[(k+1)/(k+r)]H
となる。H,k一定の下で、rの上...続きを読む

Q世帯年収がプラスになるのはおかしい? 日本は超高齢化社会で高齢者ばかりのはず。 高齢者の収入は国民年

世帯年収がプラスになるのはおかしい?

日本は超高齢化社会で高齢者ばかりのはず。

高齢者の収入は国民年金受給者が年収80万円。厚生年金受給者が年収130万円。基礎年金受給者200万円。

要するに高齢化社会が進むほど世帯年収は下がるはず。

それなのに高齢化社会、人口減少社会の日本で世帯年収が上がり続けているはずがない。

逆に微減で収まってる今の状況は現役世代はバブル並みの給料を受け取っていないとおかしい。

Aベストアンサー

たとえば、25年ほど前までは55歳定年で、現在では65歳のところが増えています。
実際には70を過ぎても働いている人も多いです。
少子化とはいえ、働く人口は増えていますよね?定年が伸びたわけだから。
また、女性が仕事をする率も増えています。
http://www.garbagenews.net/archives/2228545.html
こちらのグラフを見ればよく分かると思いますが、給与所得者は年々増えています。
ただ、団塊の世代が70歳を超えてきた現在、あと数年で世帯年収は減るのは確実ですね。

Q気体は体積が分かれば 個体は重さと化学式がわかれば なんmolかがわかりますよね? では液体はモル濃

気体は体積が分かれば
個体は重さと化学式がわかれば
なんmolかがわかりますよね?
では液体はモル濃度と体積がわかれば溶質の方のmolがわかるって認識で合ってますか?

Aベストアンサー

間違ってます。

気体の体積がわかっても物質量はわかりません。その時の温度や圧力もわかるのであれば、ある程度の精度でわかります。

固体だろうが、液体だろうが、気体だろうが、重さ(というより質量)と化学式がわかれば物質量はわかります。

液体は・・・というのが、「溶液は」であるならその部分は正しいです。

Q「とうもろこし」にまつわる世界観

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしから作られる添加物は何百種類に及ぶといわれます。
ドライミルと呼ばれる製粉所に対して、ウェットミル(湿式工場)があります。
ここは複雑なパイプや機械部品からなる怪獣みたいなもので、毎日大量のとうもろこしを飲み込み、反対側についている蛇口から、さまざまな製品、糖類、デンプン、アルコールや酸、乳化剤や安定剤を流し出す。そのほとんどが食品添加物として、シリアルやスナック菓子、調味料やドレッシング、チキンナゲットや冷凍食品、ありとあらゆるものに使われています。

この中で「ブドウ糖果糖液糖」これは1960年代に日本で開発されたとうもろこしを原料とする甘味料で、安価で甘味が強いので、砂糖に変わるものとして、清涼飲料水、調味料、菓子類、加工食品全般に大量に使われていて、血糖値が上昇しやすくなるという危険性があります。
また、最近よく耳にする「難消化性デキストリン」
これは消化されないデンプン。食べても消化されないので、胃も腸も通り抜けてしまう。つまりカロリーのない究極のダイエット食品。「栄養にはなりません」なんて宣伝したら逆効果ではないか、と考える人もいましたが、昨今のダイエットブームが追い風になりました。これでカロリーを考えずに安心して食べられる。ダイエットに救世主とも言える存在になったのです。いわば、栄養もなくただ人の中を通りすぎるだけという、一見役に立たないことで勢力をさらに拡大しようとしています。

人間の食料だけでなく、牛、豚、鶏の飼料として加工されます。ほとんどがアメリカ産牛肉一億頭分の飼料。
ここで思い出すのが、ケーキを作っていたときのこと。使用していた卵は海藻、青菜、木酢、かき殻、米ぬか、オリゴ糖、パプリカ、にんにくなど20種類以上を配合したえさを食べている鶏で、濃厚で味わいのある卵だったのですが、あるとき、飼料のベースを輸入とうもろこしに変えるということになって受け入れざるを得ませんでしたが、結果はやはりケーキの食味が変わり、業者を替えることになりました。

人間と同じように、食べ物にも個性があって、どんなに栄養のある良いものでも、一種類の食べ物だけを食べて生きる事はできません。主食副食バランスよく食べてはじめて、健康が支えられるように人間はできていると思います。
皆さんはどのように思われますか?

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしか...続きを読む

Aベストアンサー

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源となり、酪農製品も摂らず、ピーナッツバターやアーモンドバターを、全粉のパンに塗り、お茶も、ビーツや生姜の薄切りを煮だしたものを飲んでいます。

何が体にいいのかよくわからないのですが、キノアやケールやビーツなど、あまりおいしくない食材も、出すと喜ばれるので、頑張って調理しています。あとは、季節の野菜を、組み合わせを考えて、蒸したり、茹でたり、いためたりして、”味付けをしないで”、そのまま食卓に出しています。サラダには、ライムジュースを振りかけるだけです。

基本的に、出来合いのものを使わず、食料品店で、丸のままの食材を買ってきて、それを調理する、というやり方です。体には良いのかもしれませんが、手がかかるし、そして、食費も普通の倍以上はかかります。

これが、行き過ぎた健康志向、アメリカの意識高い系の食事の実態です。もはや、バランスが取れればよい、などという問題ではないところに来ています。

一方、80パーセント以上のアメリカ人は、現在でも、漂白された白いパンを食べ、チーズバーガーをほおばり、ビールにバーベキュー、タコスに山のようなチーズ、トウモロコシだらけのシリアルを毎日食べているような状況です。

私も、食事はバランスさえ取れていて、おいしければ、それが、ベストだろうと考えていましたが、私の家族を見る限り、何が何だか、判らなくなっている現状です。私事で恐縮ですが、お知らせまで。

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源と...続きを読む

Q経済学の問題

経済学の問題です。初学者で何もわかりません。
答えしかないのですが、、どうしても写真の図のTCとFCの求め方がわかりません、
解法を教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

>当にありがとうございます!!
解けました!
あとおこがましいんですが
もう一つの質問しているので二問回答頂けると助かります、
明日追試です

とあなたの別の問題のコメントにある。回答したのはそちらのほうだが、その問題とここの問題は同じ問題でしょう?

Q絶対善はあるのです。

私は絶対善はあると主張していますが、皆さんはそんなものなどないと否定されます。でも私が言いたい事は常識的なことなのです。

この群れ社会において最も大切なものは何か?それは群れ社会の安寧秩序です。これは社会が平穏でルールが守られ安心して暮らせることです。これを守る事が最も正しい事なのです。この群れ社会においてこれ以上大切なことはないのです。これに異論がありますか?

そしてその群れ社会の安寧秩序を守る為に最も優れた方法が「私より公を優先すること」なのです。でも「私より公を優先すること」と言われても何か分からないでしょう。ですから分かり易く言えば愛や思いやりや慈悲心などですと説明しています。これはキリストが説いた愛です、孔子が説いた仁、つまり思いやりです、そして釈迦が説いた慈悲の心です。そしてこれらに内包、共通しているのが「私より公を優先する心、行為」です。

「私より公を優先する」とは分かり易く言えば「私欲という自分の思いを少し抑えて公の為とみんなで考え行うこと」です。自分の私欲の心を少し抑えて、一人一人がみんなの為と考えることです。これは民主主義を示しています。そして「みんなの為」と考えるということは皆さん一人一人がリーダー、その群れのトップの立場に立って考えると言うことです。それは強い責任感をもって考えると言うことです。そのような心を一人一人みんながもって、みんなで考えれば最も正しい答えに辿り着ける確率が高くなるよ、ということです。これ以上に優れた方法が何かありますか? これが私の言う絶対善なのです。

その群れ社会にとって絶対的に正しいことは社会の安寧秩序であり、そのために最も優れた方法が「私より公を優先する事、つまり愛や思いやりや慈悲心」なのです。もちろんこれは最高の方法を示しているので一般的にはなかなかできないことです。しかしそれを目指す事こそが最もより良い社会が創れるのだ、と言う事なのです。

私は絶対善はあると主張していますが、皆さんはそんなものなどないと否定されます。でも私が言いたい事は常識的なことなのです。

この群れ社会において最も大切なものは何か?それは群れ社会の安寧秩序です。これは社会が平穏でルールが守られ安心して暮らせることです。これを守る事が最も正しい事なのです。この群れ社会においてこれ以上大切なことはないのです。これに異論がありますか?

そしてその群れ社会の安寧秩序を守る為に最も優れた方法が「私より公を優先すること」なのです。でも「私より公を...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろな人がいっぱい書き込んでくれて、芯木(shinwood)さんは今回いろいろ学んだんじゃないでしょうか。芯木さんの今回の作戦の誤りは、世の中には、形式を重要視する人と実態を重要視する人の両方がいることを無視して、実態を重視する芯木さんの一方的な表現を使ってその主張がなされていることです。

「手術は成功した。しかし、患者は死んだ」

要するに、患者の生死の実態よりも、手術の手順と形式の正確さの方に興味を持つ方がこの世の中にはいくらでも居られるのです。そして、哲学好きな人にこの形式組の人がいっぱいいます。そうした方々は、言葉の使用法の形式の方に興味が優先してしまい、たとへそこで使われている言葉が不完全でもそこで言っていることの内容や実態をなんとか理解しようという方向に興味を向けない傾向にあります。

「あんたの言いたことはなんとなく判るんだが、そのような言葉の用法はその内容と矛盾しており、間違っている」

などと言って、言葉の使い方が間違っているから、あなたの言う内容も間違いだ、などと考えてしまう人もいくらでもいます。だから、芯木さんが言いたいことの本質を論じようとするのではなくて、絶対の意味などの言葉の使い方がこだわった回答が多くなっているのです。

そのような人たちは、左を指差しながら、「右、右」と言っている人の心を察することができず、その間違いを言いつのる傾向があります。この場合、常識的に見て、指を差している方向をその発信者が言いたいのは明らかですのに。

物事を論じるためには、その内容も、その言葉の使い方も、両方とも重要です。しかし、その両方を同時に論じることにどれだけの生産性があるか、自明ではありません。大論文でもない限り、それを意識せずに両方とも同時に論じてしまうと誤解を招き、混乱さえ起こしかねません。ですから、何かを論じる場合には、内容か、形式か、そのどちらにより重点を置いているのか、文面から明確にわかるように書いておく方が、生産的な議論のやり取りができます。

ここでの主題は「公に対する奉仕」なのだと思いますが、例えば、「公」という言葉一つとっても、人によってその意味がだいぶ違い、芯木さんが言いたい意味では受け取ってくれない場合が散見されます。いわんや、「絶対」などという、一神教の影響を受けた西洋文化大好連中が好んで使う言葉は、哲学好みの人たちには刺激的すぎて芯木さんの言いたい内容よりも、その刺激的な言葉に拘ってしまう人がいくらでもいます。

出来るだけ刺激的な言葉を避けてご自分で言いたいことを表現することを工夫すると、芯木さんのご主張に賛同する方も増えるのではないでしょうか。また、どうしても「絶対」と言う言葉を使いたいならば、論述を始める前に、ここでのこの言葉は、、、、を意味するものとして特殊な使い方をしている、などと一言を入れておくと、読者もそのつもりで読んでくださると思います。

いろいろな人がいっぱい書き込んでくれて、芯木(shinwood)さんは今回いろいろ学んだんじゃないでしょうか。芯木さんの今回の作戦の誤りは、世の中には、形式を重要視する人と実態を重要視する人の両方がいることを無視して、実態を重視する芯木さんの一方的な表現を使ってその主張がなされていることです。

「手術は成功した。しかし、患者は死んだ」

要するに、患者の生死の実態よりも、手術の手順と形式の正確さの方に興味を持つ方がこの世の中にはいくらでも居られるのです。そして、哲学好きな人にこの形式...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング