ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

春から中学生です。
中学校になると期末テスト、中間テスト、などがあると聞いております。
その点で、一番勉強しておいたほうがいい“数学”の範囲はどこでしょうか?
図形や分数の部分ですか?
教えて下さい。m(_ _)m

A 回答 (8件)

どんな数学の問題を解くにしても、1番のベースになってくるのは計算力です。

定理や公式が分かっていても、正しい答えを導き出せなかったらもともこもありません。
なので、計算問題を出来るだけ多く解くことをオススメします。量をこなせば必ず力はつくはずです!
    • good
    • 0

正味中2の2学期までは遊びほうけていいと思います。

    • good
    • 0

中一は絶対にしっかり勉強しとかないと後でホントに大変な事になるから o(・`д・´。)ヵ゛ンハ゛レ ! 特に英語と数学は重点的にした方がいいと思います。

    • good
    • 0

そんなに心配しなくても大丈夫。


あなたにやる気さえあれば、
特に心配しなくてもいい。
ただし、小学校の計算はしっかり出来たらいいね。
そして、学校が始まったら、授業に集中しよう。
    • good
    • 0

多くの学校で入学後に復習テストのようなものがあります。


小学校の勉強がどの程度出来ているか見るものです。
ですからまず小学校の復習をしっかりやりましょう。
最初は正負の式をやると思いますが、
新中1向けに準備出来る問題集もあるので、本屋で探してみて下さい。
範囲はテストまでに習ったところですが、合間に小テストもあります。
宿題でやっておくように言われたワークからは必ず出題されます。
テストは日々の勉強の集大成です。
テスト勉強という考え方をやめ、暗記モノは少しずつ確実に覚えるようにして、
その日にならったことをその日のうちに消化するようにしましょう。
中学入学おめでとうございます。頑張って。
    • good
    • 0

数学は、習ったその日に復習をすればついていけるはずです!


私はこのような感じでやっていますが、いい結果を得られるのでおすすめです!
    • good
    • 0

数十年前のおっさんの経験では、中間テスト、期末テストとも事前にテストで出る問題の範囲を教師が授業中に教えてくれましたぞ。


「次回のテストはp○○から○○まで」とか「連立方程式の計算と応用問題」って感じ。
    • good
    • 0

数学は大丈夫だと思う!


英語が大事ですよ!
しっかり勉強しよう!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(2)(3)の問題の意味、解き方が分かりません… Yの増加量÷Xの増加量が変化の割合になることは分か

(2)(3)の問題の意味、解き方が分かりません…

Yの増加量÷Xの増加量が変化の割合になることは分かります。

Aベストアンサー

変化の割合をうまく理解すると、一次関数や二次関数がとてもわかりやすく簡単になります。数式での表し方だけでなく、グラフにおける意味などもあわせて考えると良いと思います。

二次関数のグラフにおける変化の割合は、①変域が指定されている場合には「変域内のグラフの2つの端点をつなぐ直線の傾き」で表され、②グラフ上のある1点については、「その点におけるグラフの接線の傾き」として表されます。
また、ただ簡単に、変化の割合が正(+)か負(-)かを見分けるだけでしたら、③「左端から右端に向かってグラフを指でなぞったとき、それぞれの地点での指の動きが上向き(上り坂、変化の割合が+)か下向き(下り坂、変化の割合が-)か」でも判断できます。この方法で判断すると、二次関数のグラフでは、原点を中心に左右で変化な割合の+-が逆になるのがおわかり頂けると思います。

(2)
xが増加すればyも常に増加する、のであれば、変化の割合が常に正(+)であれば良いことになります。(例え変化したとしても、常に+であればよいので、一定である必要はありませんが、、、)
一次関数における変化の割合(傾き)は常に一定で、xの係数と等しいでしたから、一つめの答えは、「一次関数でxの係数が+であるもの」です。
二次関数の場合は先に述べたように左右で変化の割合の+-が入れかわってしまうので、当てはまりません。
よって、答えは、「一次関数でxの係数が+であるもの」だけを選べば良かったのです。

(3)
x≧0のときだけ、xが増加すればyも増加する(上り坂のグラフ、変化の割合が+)、つまり、x<0のときは、xが増加すればyは減少する(下り坂のグラフ、変化の割合が-)ものを選ぶ問題です。
一次関数では変化の割合が常に一定でしたので、この問題には当てはまりません。
二次関数では原点(x=0)を境に変化の割合の+-が入れ替わりますので当てはまりそうです。
ここで、x≧0とはグラフの右半分を、x<0とはグラフの左半分を指しますから、左半分は下り坂、右半分は上り坂のグラフを選べば良いのです。つまり、x二乗の係数が+である二次関数を選べば良いことになります。

言葉だけの説明ではわかりにくいですので、ご自分で図を書きながら読み直してみて下さい。この考えが身につくと計算いらずで答えが求まりますので、速くラクに答えを見つけることができるようになります。

(補足)
十分に理解できるようになられれば、(3)に次のような疑問を抱かれると思います。
「x=0」のときの変化の割合は0なのに、なぜはんいに含まれるのか。
それは、「変化」させるためには、xが2つ必要となるからです。二つとも0にすることはできません。どちらか片一方であれば0にすることもできるのです。(②の考え方を見直してみて下さい。)

変化の割合をうまく理解すると、一次関数や二次関数がとてもわかりやすく簡単になります。数式での表し方だけでなく、グラフにおける意味などもあわせて考えると良いと思います。

二次関数のグラフにおける変化の割合は、①変域が指定されている場合には「変域内のグラフの2つの端点をつなぐ直線の傾き」で表され、②グラフ上のある1点については、「その点におけるグラフの接線の傾き」として表されます。
また、ただ簡単に、変化の割合が正(+)か負(-)かを見分けるだけでしたら、③「左端から右端に向かって...続きを読む

Qxの値を求めよ。 答えわかる人教えてください!

xの値を求めよ。
答えわかる人教えてください!

Aベストアンサー

⑤25^2-24^2=9^2-x^2
 x^2=81-625+576=32
 x=√32=4√2

⑥x=√(15^2-12^2)+√(13^2-12^2)
  =√(225-144)+√(169-144)
  =√81+√25
  =9+5
  =14

Q数学の話なんですが、学校のテストだったら答えが変だと「いや、これはないな」って思って間違えってわかる

数学の話なんですが、学校のテストだったら答えが変だと「いや、これはないな」って思って間違えってわかるんですけど、私立の問題はほとんど答えが複雑なので間違えてるか合ってるかわからず、結局計算ミスしてることが多いです。どうすればいいでしょうか、、、、

Aベストアンサー

自分の答えに自信を持つほど、数学を学ぶしかないね。気持ちは分かるがそれしか方法ないんよ。

Q中3の理科です! 斜面上の台車には重力Fと垂直抗力Nがはたらいていた。 FとNの力の大きさを比べると

中3の理科です!
斜面上の台車には重力Fと垂直抗力Nがはたらいていた。

FとNの力の大きさを比べると、Fの方が大きいのは何でですか??

解説には、垂直抗力Nと重力Fの斜面に垂直な分力がつりあっている。FとFの斜面に垂直な分力ではFの方が大きい
と書いてあるんですが意味わかりません…

Aベストアンサー

重力Fはまっすぐ下に伸びている。
垂直抗力Nは、斜面と垂直に伸びている。
それとは別に台車を斜面に沿って滑り落とす力(Vとする)も、斜面と平行に働いている。

①NとVは、Fを斜面に垂直な方向と斜面に平行な方向に「分力」したものである。

②図に描くと、NとVとFは、Fを斜辺とする直角三角形の関係になっていることがわかる。
 直角三角形では、斜辺が最も長い。

Qなぜ10-2×2という式になるんですか??

なぜ10-2×2という式になるんですか??

Aベストアンサー

AB=DCとなるのがわかるかな。
三角形ABDも三角形DACも二等辺三角形になる。
よって、AB=AD=DCとなる。
つまり、ABの長さは、DCの長さを求めればいい。
ということで、BC-BH-DH=10-2-2=10-2×2となる。

Qこれってなんでマイナス2分の1じゃなくて マイナス2になるんですか?

これってなんでマイナス2分の1じゃなくて
マイナス2になるんですか?

Aベストアンサー

反比例というのは、かけるといつも同じ数になる。
x=-21の時、y=2/7だから、かけると-6だね。
だから、y=3のときは、x=-2だとかけたら-6になるよね。
だから、x=-2だよ。
簡単だろ。

Qこれの解き方を教えてください お願いします

これの解き方を教えてください
お願いします

Aベストアンサー

与式 = θ とおけば
 tanθ = cot[(3/5)パイ]
ということです。

cotA = tan[(1/2)パイ - A]
ですから
 tanθ = cot[(3/5)パイ] = tan[(1/2)パイ - (3/5)パイ] = tan[-(1/10)パイ]
より、θの定義域を
 -(1/2)パイ < θ < (1/2)パイ
として、
 θ = -(1/10)パイ
つまり
 tan^(-1){cot[(3/5)パイ]} = -(1/10)パイ
です。


人気Q&Aランキング