ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

2つのひも状の物体(A・B)があり、それらは共に同じ素材、同じ断面積であったとします。
但し、断面形状がAとBでは異なる場合、伸びは変わるのでしょうか?それとも素材・断面積が同じであれば、伸びは同じなのでしょうか?
また、このように断面積が同じでも断面形状の違いによる伸びの違いがあるとすれば、それは何に起因するのでしょうか?
断面形状から伸び方を判断する場合、何を見れば、それの伸び易さ、伸び難さがわかるのでしょうか?

物理の勉強かと思うのですが、あまり詳しくないので、簡単にわかりやすく教えて頂けますと幸いです。

A 回答 (1件)

物理学に対して,さらにある種の仮定を設けた「構造力学」という学問の範囲での回答は以下のようになるでしょうか。


 ある一様な材料と断面形(棒の長手方向を法線方向とする棒内部の仮想的な面)をした細長い棒を,その長手方向に端部を力 P で引っ張るものとします。この場合,棒の内部に生じる抵抗力は,断面に生じる「軸力」N と呼ばれるものになり,それが端部の外力 P とつり合いますから,N = P になります。そして,「応力」という変形できる物体内部の微視的な抵抗圧力のことを割愛して結果だけを示します(ここは長くなるし,ちょっと定義が難しいので)と,伸びを ε(ギリシャ文字のイプシロン)とすると
  N = EA ε,   ε = P/(EA)
になります。A は棒の断面積ですが,断面形状という要素はどこにも含まれません。どんな形だろうと,総断面積が A です。そして E はヤング率あるいはヤング係数と呼ばれる係数で,材料の抵抗の度合いを表します。(E ε) の積が,上でちょっと書いた「応力」という内部の微視的な抵抗力で,圧力の単位を持っています。ですから

・断面形状が異なるものの断面積と材料が同じなら,同じ力に対して生じる伸びは同じ値になる。

・もし,断面形状や材料が長手方向あるいは断面内で一様ではない場合はその限りではない。微視的な乱れが出て,それが断面形状によって影響を受ける場合がある。このことは上では説明していません。上の説明は,あくまでも材料や断面が一様な場合に限られるので。

・伸びやすさとか伸び難さは上述の EA で表される。EA が大きければ伸び難い棒であり,逆に小さければ伸びやすい。ゴムの E は針金の E より小さいから伸びやすいといったわけ。

という回答になります。構造力学の範疇ではなく,もっと微視的な材料力学で回答するのはちょっと面倒なのでやめておきます。他の方がもしかしたら回答くださるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくわかりやすい御説明ありがとうございました。
断面積が同じならば、断面形状が異なっていても、伸びは変わらないという事ですね。

お礼日時:2019/03/18 09:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF=mgにおいて、どの高さから落としても下向きにかかる力は一定というわけでしょうか? だとしたら、m

F=mgにおいて、どの高さから落としても下向きにかかる力は一定というわけでしょうか?
だとしたら、mghなどの位置エネルギーは高さにより異なりますが、力は一定なのでしょうか?
だとしたら、エネルギーと力って比例しないのですか?

Aベストアンサー

あの、F×hは仕事量と思うのですが、なぜ発熱と言っているのでしょうか?>
実験が終了するまでの説明を書きたかったので、発熱と書いた。速度,運動量は
実験が終了すると0になる。エネルギーは、エネルギー保存則があるので、すぐには
0にならない。衝撃が起きたとき、エネルギーは発熱や音や振動や飛散物の運動エネルギーになり、これらはすべて、最終的には熱になって消えるので、発熱と書いた。
実は、運動量も運動量保存則があるので、消えないが、それは地球の運動量の変化となるが、地球の質量が大きいので、速度変化は、地球上の人には感じられない。

また、なぜ時間では力積になり、距離では仕事量などのエネルギーになるのでしょうか?
違いはなんとなくわかりますが、力積とエネルギーで求める式が違う理由はよくわかりません。>
運動量(=力積)と距離は両方とも必要な量です。時間と空間(=距離)は宇宙の構成要素です。力×時間は運動量、力×距離は距離となる。相対論の4次元運動量では、空間成分は
運動量,時間成分はエネルギーとなっている。
なぜという理由はない。現実の世界はそうなっている、というのが今できる答えだろう。
なぜ、世界には時間と空間があるのですかという疑問に近い。なぜという疑問はやめて、
運動量やエネルギーがどうなっているかをよく調べるのが、世界をよりよく解明する道であろう。

下向きの力はFで、下向きの衝撃はFtなのでしょうか?>
この質問は正しいです。そのとおりです。
F=mg,Ft=M=mgt=m√(2gh)

あの、F×hは仕事量と思うのですが、なぜ発熱と言っているのでしょうか?>
実験が終了するまでの説明を書きたかったので、発熱と書いた。速度,運動量は
実験が終了すると0になる。エネルギーは、エネルギー保存則があるので、すぐには
0にならない。衝撃が起きたとき、エネルギーは発熱や音や振動や飛散物の運動エネルギーになり、これらはすべて、最終的には熱になって消えるので、発熱と書いた。
実は、運動量も運動量保存則があるので、消えないが、それは地球の運動量の変化となるが、地球の質量が大きいので...続きを読む

Q理想気体の状態方程式PV/T=nRと導けた後、標準状態以外でもRが定数となる理由を説明、証明が出来な

理想気体の状態方程式PV/T=nRと導けた後、標準状態以外でもRが定数となる理由を説明、証明が出来ないかと思いました。

Aベストアンサー

No.4投稿のつづき
あのちなみに、1molからn molになる際に、
PV=TRからPV=nTRと置けるのは何故でしょうか?>

(2) 気体運動論とエネルギー等分配則の説明で、式⑩から式⑪を導く追加説明
PV=RT__⑩
さらに、物質量を1モルからn倍して、nモルとすると⑪となる。
PV=nRT__⑪
追加説明:
1モルの式⑩から体積Vを求めると、V=RT/P__⑫ である。
従って、気体1モルを体積Vの箱に押し込むと、圧力はちょうどPになる。
物質量を1モルからn倍して、nモルとするには、この気体の入った箱をn個作って並べる。すると、物質量はn倍になり、体積もn倍になり、全体のVは式⑫のn倍になるから
V=nRT/P__⑬
このn個の箱を、温度、圧力、体積を変えずに、全部つないで一つの箱にすると、
式⑬はそのまま成立する。⑬から⑪が出る。

Q理想気体の状態方程式は、地上などの1気圧に近い程度での気体に関する近似しかできないのでしょうか? す

理想気体の状態方程式は、地上などの1気圧に近い程度での気体に関する近似しかできないのでしょうか?

すなわち、地上での閉じられた空間、すなわち標準状態での気圧、温度、体積に近い気体に対してのみ理想気体の状態方程式は近似として使えるのでしようか?

Aベストアンサー

標準状態では近くありません。
が高校程度では誤差の範囲というだけです。

標準状態と理想気体は全く関係がありません。

Q導体を静電場の中に置くと導体内部の電荷が電気力を受けて移動し,その移動が終わって安定したとき ①導体

導体を静電場の中に置くと導体内部の電荷が電気力を受けて移動し,その移動が終わって安定したとき
①導体内部は等電位であり,電場は0
②マクロにみた電荷分布は導体表面のみ
となるそうなのですが,

そもそも移動が終わって安定するというのが分かりません。この空間(導体内部と外部)には
1.外部電場
2.導体内の負電荷(自由電子)が作る電場
3.導体内の正電荷が作る電場
があって空間の各点の電場はこれらの重ね合わせになると思います。正電荷と負電荷が移動して距離が遠くなっていくとお互いの電場の影響(電荷は互いに引力を及ぼす)が弱くなり,安定どころかより加速的に移動していくと思います。
また,移動が終わって安定するとしても①のように内部電場が0になる理由がよく分かりません。だんだん0に向かうのは分かりますが,2,3の重ね合わせの電場の強さが1の電場を超えてしまうことはないのでしょうか?

長文失礼しました(-_-)

Aベストアンサー

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>内部電場が重ね合わせで0になるのは分かったのですが,最終的に電荷分布が表面のみになるなら表面の電場も0になるのでしょうか?表面の電場が0でないなら電荷が電気力を受けるのでそのまま移動を続けようとして安定して止まらないと思います。それとも単に端部ではそれ以上移動できないから止まるだけですか?

「電場」とは、その単位「V/m」から分かるように「単位距離当たりの電位差」「電位の変化率」です。
導体の端部では、「電位」は突然変化するので、「変化率」としての「電場の大きさ」は定義できません。

「電位」は、導体の外側では「一定勾配の直線的な変化」であるのに対して、導体内では「一定値」つまり「水平」になり、反対側の端部から外に出ると再び「一定勾配の直線的な変化」になります。

「電場」はその微分値ですので、導体の外側では「一定値」、導体内部では「ゼロ」になります。端部では定義できません。

>表面の電場が0でないなら電荷が電気力を受けるのでそのまま移動を続けようとして安定して止まらないと思います。

いやいや、電荷が動くのは「表面の電場」ではなく、「導体内の電場」によってです。表面に偏在した電荷によって、端部相互間に「電位差」ができ、それによって導体内部に「局所的電場」(外部電場とは逆向き)ができます。それと「外部電場」の合成で、結果として導体内部の電場がゼロとなるのです。導体端部相互間の「電位差」はずっと維持されます。

この「端部に電荷が偏在する」のを、どうやら「導体中の自由電子がすべて流れ込む」ようなイメージを持たれているようですね。そうではなく、「導体中の自由電子のほんの一部」です。それは、#4さんの説明のように、「流れる」というよりは「原子1個分だけ隣に移動する」「導体内の電子が、ほんのちょっとずつシフトする」というイメージに近いです。
移動する側の端部では、電子がちょっとシフトすると「電子過剰」になって負電荷に帯電し、逆の端部では電子が出て行っても補充されないので「電子不足」になってせ電荷に端電子、その結果できる「負電荷~正電荷」間の「電位差」によって、上記の「導体内部の局所的電場」(外部電場とは逆向き)ができるということなのです。

「電荷があることによる電位」と、その「電位差が作る電場」とを、うまくイメージすることが大事です。

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>内部電場が重ね合わせで0になるのは分かったのですが,最終的に電荷分布が表面のみになるなら表面の電場も0になるのでしょうか?表面の電場が0でないなら電荷が電気力を受けるのでそのまま移動を続けようとして安定して止まらないと思います。それとも単に端部ではそれ以上移動できないから止まるだけですか?

「電場」とは、その単位「V/m」から分かるように「単位距離当たりの電位差」「電位の変化率」です。
導体の端部では、「電位」は突然変化するので、「変...続きを読む

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q運動エネルギー

運動エネルギーは(mv^2)/2ですが
なぜ運動量mvをvについて積分した式なのでしょうか
個人的には運動量のほうが運動エネルギーに思えます

Aベストアンサー

加えた仕事が、エネルギーの変化分です。
エネルギーの初期値をゼロにすれば、加えた仕事はエネルギーそのもの。

加えた仕事は、「力」を変位で積分したものです。(高校物理では、「力」を一定にするので「力の距離の掛け算」)
つまり
 W = ∫Fdx = ∫(ma)dx = m∫(dv/dt)dx = m∫(dx/dt)dv = m∫vdv = (1/2)mv^2

初期値をゼロにするのでなければ、積分を「定積分」にしてください。そうすれば「変化分」になります。

Qタイムマシーンは漫画や小説やSF映画には沢山登場していますが、現実にはどんなに未来に成ってもタイムマ

タイムマシーンは漫画や小説やSF映画には沢山登場していますが、現実にはどんなに未来に成ってもタイムマシーンの発明は無理だと思います、家の死んだ親父は未来に成ってもタイムマシーンの発明は無理と言っていました、だけともバーチャルリアリティの眼鏡で恐竜に会ったり遠い昔に絶滅をした猿人や動物に会ったり、SF映画に出てくる空を飛ぶ車を高層ビルの横を飛んでいる姿を見れるように成る事を話をしていました、そう言えば古いドラえもんの初期の漫画を見ると2000年代に空を飛ぶ車の事が描かれていますね、回答をお願いします、

Aベストアンサー

一応,科学顧問がいる TV シリーズ(米国)で使われている方法などを日本語で説明したサイトがあります。
  https://www.m-nomura.com/st/index.html
の「タイムワープ」の二つの見出しをご覧ください。参考まで。その「世界 (universe)」では29世紀には時空を越えた移動が可能なようですが,これは,ま,おまけ。

Q位置エネルギーの基準の取り方について

お尋ねします。
ひもでつながれた物体P、物体Qの運動の問題です。
今物体Pがお椀の縁に置かれていて、そこからひもでつながった物体Qがぶら下がっています。
これから起こる運動(物体Phaお椀の中に滑っていき、それによって物体Qは上方に移動する)について教えてください。

この場合、初期状態と運動中のエネルギー保存則をたてるとき、
物体Pはお椀の底を位置エネルギーの基準にとり、物体Qは最初のぶら下がっている状態を位置エネルギーの基準にしても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

力学的エネルギー保存則を立てるために、P,Qの基準の位置(高さ)を定めるのであれば、
PとQの基準の位置を一致させる必要はありません。
つまり、PとQ、別々に基準の位置を決めて構いません。

なぜなら、力学的エネルギー保存則は、もともと
(運動エネルギーの変化)=(位置エネルギーの変化)
を書き直したもので、位置エネルギーの基準をどこにしようとも、
位置エネルギーの変化は変わらないからです。

Q空気抵抗の式はなぜF=kv²と出来たのでしょうか? また、F=kv² からFを求めてからkを求めて、

空気抵抗の式はなぜF=kv²と出来たのでしょうか?
また、F=kv² からFを求めてからkを求めて、その後でF1= mg-kv²を求める事で空気抵抗を考慮した下向きの力を求めるのでしょうか?
ちなみに、F=mgは空気抵抗を考慮しないで下向きに働く力を求める式ですが、ほぼ真空の空間でF=mgが正しい事を証明したのでしょうか?
また、空気抵抗がかかる場合とかからない場合では重力加速度gは違うのでしょうか?
それとも空気抵抗がかかる場合もかからない場合もgはほぼ同じで、下向きにかかる力だけが異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

実際に実験してみると、誤差が結構ありますが
高校レベルの物理では「流体の慣性抵抗を考慮した場合の自然落下」がよくテキストに出てきますね。
この事象はv^2 に(だいたい)比例することが経験則から分かっており、公式が定義されています。


層流を形成するような速度が遅い場合、流体の粘性抵抗を考慮しなければならない時は抵抗がもっと小さくなります。
イメージしにくいかもしれないですが、例えば車のカタログにある空気抵抗を示すCd値は規定の速度で算出するように決められています。なぜなら、低速時は抵抗がすごく小さくて、高速道路で走る時の抵抗はもっと大きくなります。

実世界は温度、渦、色んなものが影響するのでその式の通りとはなりませんが、力の釣り合いを考えさせたりする都合上、式の定義が与えられてるんでしょうね。(なので、私は日本の物理って微分積分の練習みたいだなって感じてます)

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング