ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

先日簿記2級に合格する事がまだ出来ました。
現在仕事で経理をしています。
今後も経理の仕事を続けて行こうと思います。
更なるスキルアップ(転職も視野に入れています)の為、簿記1級か簿記論を勉強しようかと思っていますが、経理として活かせる知識はどちらでしょうか?
また、ネット等で調べると2級以上の知識は必要ないとも見かけます。
難しい資格なので、学ぶなら実践に役立つものがいいです。

A 回答 (1件)

日商2級所持者です。



何度か日商1級や公認会計士(短答式のみ)にチャレンジしましたが不合格なので偉そうなことは書けませんが・・・勤め先は少人数の会社なので、若い頃から「決算整理→決算書及び付属書類作成→税務申告書作成(下書き)」をやってきました。
また、連結対象子会社であることもあり、親会社の経理部門と話しをするために、経理に係る諸規則の制定・改正も多少は勉強しなければなりませんでした。
そういう経験から考えると、
①合格は横に置いといて次の順番で知識を深めながら、実務で実績を作り上げていかれてはどうでしょうか?
・第1段階
 日簿1級
  または
 公認会計士試験(短答式)の「財務諸表論」と「管理会計」
・第2段階(税務申告書作成を優先して)
 税理士試験の「法人税」「消費税」
・第3段階
 公認会計士試験(短答式)の残り科目(企業法、監査論)
②資格取得を優先するのであれば、日簿1級→【公認会計士(短答式)】→税理士科目合格(簿記論、財務諸表)→税理士試験科目合格(法人税、消費税)→税理士 と言う形が考えラります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり年齢的にも今は実務経験を優先しつつ、知識もつけていく必要があるのですね。
今の会社でどこまで経験がつめるかはわかりませんが、頑張ってみたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/16 18:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在36歳で、中小企業に勤めています。 1年前から経理を任される事になり、知識をつけるため簿記2級を

現在36歳で、中小企業に勤めています。
1年前から経理を任される事になり、知識をつけるため簿記2級を取得しました。
性格的にすごく経理が自分に合っている気がしています。
しかし、最近知識がついたためか、社長や役員の会話からあまり経営状態が良くない事が分かってしまいました。
私としては、更に知識を深めたいという気持ちがあり、2つの選択肢で迷っています。

①税理士事務所に転職。
→3歳の子供がいて、残業する事が出来ない事と、あまりコミュニケーションスキルが高くないので、企業訪問には向いてないかもしれませんが、気持ち的にはチャレンジしてみたい。

②今の会社で実務経験を積んで経理として転職
→更にスキルアップ(資金繰り等)するためには何を勉強したら良いでしょうか?
また倒産した時に備えて準備しておいた方がいい事はありますか?

Aベストアンサー

私も日簿2級所持で、少人数の会社で総務(気持ちは経理)に在籍しております。

ご質問文を拝読しましたが、
①税理士事務所
気持ちだけでは「税理士事務所」は無理と考えます。
仮に税理士事務所に入所したとしても、コミュニケーションが苦手ですとクライアントへの説明や提案・指示が出来ないのでは?
また、日簿2級程度では、データ入力と入力結果に対しての簡易なチェック程度しか仕事が回ってこないと思います。

②現在の会社で経験
私は上司の出向解除などの理由から、入社3年目からは決算業務を任され、その後は税務申告書作成[下書き作成⇒顧問税理士と話し合い]・連結決算[報告フォーマットへ入力して親会社へ提出]なども任されるようになりました。
そういう経験から勝手な事を書くと、先ずは勤務先の決算業務に関与して一連の流れが理解できるようになった方が良いと思います。
その次に、多少間違ってはいても税務申告書を自力で書けるように、過去の「決算書」「総勘定元帳」「科目明細書(税務申告書に付属する書類)」を参考にしながら、税務申告書を作ってみると良いです。
併せて、税理士試験の勉強[簿記論、財務諸表論、法人税法の3つがオーソドックスかな?]

私も日簿2級所持で、少人数の会社で総務(気持ちは経理)に在籍しております。

ご質問文を拝読しましたが、
①税理士事務所
気持ちだけでは「税理士事務所」は無理と考えます。
仮に税理士事務所に入所したとしても、コミュニケーションが苦手ですとクライアントへの説明や提案・指示が出来ないのでは?
また、日簿2級程度では、データ入力と入力結果に対しての簡易なチェック程度しか仕事が回ってこないと思います。

②現在の会社で経験
私は上司の出向解除などの理由から、入社3年目からは決算業務を任され、その後...続きを読む

Q仕訳がわかりません

給料を振り込むときに、振込手数料を引いて振り込みます。その時の仕訳は
どうすればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

例えば、普通預金から300,000円の給料を社員の口座へ振り込むが、その際、648円の振込手数料を差し引いて振り込む場合、

〔借方〕従業員給与300,000/〔貸方〕普通預金299,352
〔借方〕………(空白)……/〔貸方〕普通預金648

通帳記入すると、300,000が記入されるのではなく、299,352と648が記入されます。

Q給料を振り込むときに手数料を引いて・・

その答えがこれ。
この仕訳おかしくありませんか。回答者も自分の間違いに気づいているかもしれないが。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10981049.html

Aベストアンサー

給与30万円から振込手数料500円を差し引いて振り込んだ場合の仕訳の一例を考えてみます。

①振込手数料500円を差し引いて給料を振り込んだ
  給料手当 300,000 普通預金 299,500
            受取手数料  500

②振込手数料500円が普通預金から引き落とされた
  支払手数料 500    普通預金 500

上記①②の仕訳を(貸借相殺して)まとめると

 給料手当 300,000 普通預金 300,000

となりますので、基本的にその方の回答で正解です。

なお「通帳記入すると 300,000が記入されるのではなく、299,352と648が記入されます」については、手数料の引き落とされるタイミングや銀行に提出する伝票の書き方により異なりますが、この問題の主旨ではありませんのであまり立入りません。

Q会社の積立金について。 皆の積立金を経理のおばちゃんが自分の名義の通帳にまとめて入れています。 明細

会社の積立金について。
皆の積立金を経理のおばちゃんが自分の名義の通帳にまとめて入れています。
明細は毎月、独自のWordで管理してるみたいですが。おかしくないですか?

Aベストアンサー

> 会社の積立金について。
話しの流れから、任意の積立金と言うのは判りました。
労働基準法第18条には該当しない預金と言うことで回答を続けさせていただきます。

余計なことですが、これが労働基準法第18条に定める「社内預金」に該当した時には厳しい管理が必要となります。
 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-2a.pdf


> 皆の積立金
積立金はどのような形で各人は支払っているのでしょうか?
1 給料から天引き
 原則として給料から私的な積立金等を天引きすることはできません[労働基準法違反]。
 例外として、次のものは給料から天引きできます。
 ①法律に「控除しても良いですよ」と定められている社会保険料や税金など
 ②労働協約[会社-労働組合]か労使書面協定[会社-労働者代表]を結び【内容に変更がない限り、1回結べばよい(期限がある場合は再度行う必要がある)】、そこに「〇〇の費用は控除します」と書いてあるもの

2 集金に回ってくる
 労基法ではそこまで管理していないので、方法としては問題なし


> おかしくないですか?
他の方と同じ意見です。
ご質問者様個人の行動としては、早々に全額引出をしてもらい、積み立てを止めましょう。
また、誰か音頭取りができる方にお願いして、この積み立てを続けるかどうかと、預金口座をどのような形で運用するのか等の意見を全員に聞いて、仕切り直した方が良いです。

> 会社の積立金について。
話しの流れから、任意の積立金と言うのは判りました。
労働基準法第18条には該当しない預金と言うことで回答を続けさせていただきます。

余計なことですが、これが労働基準法第18条に定める「社内預金」に該当した時には厳しい管理が必要となります。
 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-2a.pdf


> 皆の積立金
積立金はどのような形で各人は支払っているのでしょうか?
1 給料から天引き
 原則として給料から私的な積立金等を天引きすること...続きを読む

Q娘が事務をしております。22才です。辞めたい辞めたい、向かないといいます。相談されました。事務は、経

娘が事務をしております。22才です。辞めたい辞めたい、向かないといいます。相談されました。事務は、経理をしております。春くらいにはと、思っておりますが、なにぶん今は忙しいらしく。予算等、あまり、年度変わってだいぶたてばずるずるいきそうです。経理的に春ならば、何月くらいがよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

娘さんが質問していると思って回答します。

法律的には、特に期間を定めて働いているのでなければ、退職届を出して2週間後には辞めることができると定められています。
民法 第627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入をすることができる。この場合、雇用は、解約申入の後、2週間を経過して終了する。
http://www.situgyou.com/taisyoku/ts_taisyokuhou.htm
コンビニで(退職願ではなく)退職届を買ってきて、理由欄には「一身上の都合」とだけ書いて責任者に渡してください。
なにを言われたとしても2週間経ったら出勤する義務はなくなります。

どうしても辞めさせないと言われたら、「法律で辞める権利はあると思うので、労働基準監督署に相談してみますが、よろしいですか?」と言えば大体は解決するはず。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/location.html
手渡しでの退職届を受け取らない場合は、郵送で送っても構いません。また、内容証明郵便で送る方法もありますが、これは角が立ちますので最後の手段。
http://career-theory.net/letter-of-resignation-by-mail-4222

以上のような方法がありますが、やはりお互い円満に解決するのが一番です。
辞めたい理由を(嘘も方便で)丁寧に伝えて、納得してもらった上で退職できるよう工夫してみてください。
ただ、人が足りないからなどと言われて、無理してズルズルと仕事を続ける必要はありません。
退職の意思を示してから2週間で退職できると法律が定めているのは、その2週間の間に雇用者側が替わりの人を見つけることを想定しているからです。
ただし、就業規則などで「一ヶ月前までに申し出る事」などと決めている会社もあるので、その場合は従う必要があります。
確認しておいてください。


また、民法第628条には以下の規定があります。
※当事者が雇用の期間を定めるときであっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。但し、その事由が当事者の一方の過失によって生したときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。※

質問者さんの場合は、特に期間を定めているわけではないと思いますが、その場合でも適用可能な法律です。
ご自身に過失がない、つまり「やむを得ない事由」と認定されれば、2週間待たずに即刻退職も可能です。

娘さんが質問していると思って回答します。

法律的には、特に期間を定めて働いているのでなければ、退職届を出して2週間後には辞めることができると定められています。
民法 第627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入をすることができる。この場合、雇用は、解約申入の後、2週間を経過して終了する。
http://www.situgyou.com/taisyoku/ts_taisyokuhou.htm
コンビニで(退職願ではなく)退職届を買ってきて、理由欄には「一身上の都合」とだけ書いて責任者に渡して...続きを読む

Q退職金の源泉徴収票の支払い金額の明細を窓口が提出してくれない

初めての質問をさせていただきます、よろしくお願いします。

タイトルのとおり、退職金の源泉徴収票の支払い金額の明細を窓口が提出してくれないのですが、(公務員の退職金となります)
①これは給与支払い義務の違反にあたるものと思いますが、訴えて勝てるものでしょうか?
②または訴えるとしたら、弁護士さんにどんな書類や資料が必要になるでしょうか?
詳しい方ご教授よろしくお願いいたします。

なお、不満点としましては、源泉徴収票には退職所得控除額と支払い金額の2項目しか記入がなく、
①+退職所得控除額からのいくらかの加算
②-税金の種類と金額
が見えず、算定根拠が見えなく不信感をいだいているためです。

Aベストアンサー

こんにちは。

 自分でも計算できますよ。

〇退職所得控除額
 計算方法は下の表のとおりです。
 (注)勤続年数が20年以下の場合…80万円に満たないときは80万円

〇源泉徴収額
・課税退職金所得:(退職金-退職所得控除額)×1/2(千円未満切捨)
・所得税額:課税退職所得金額×所得税率(※)
・復興特別所得税額:所得税額×2.1%

(※)所得税率
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

〇市町村民税・都道府県民税
・(支払金額-退職所得控除額)×2分の1=退職所得の金額(千円未満切捨て)
・退職所得の金額×市町村民税率(6%)=市町村民税額(百円未満切捨て)
・退職所得の金額×都道府県民税率(4%)=都道府県民税額(百円未満切捨て)

---------------------------

①+退職所得控除額からのいくらかの加算

 加障害者となったことが直接の原因で退職した場合の加算ですか? 
 でしたら、上記により計算した退職所得控除額に、100万円を加算した金額が退職所得控除額になります。

②-税金の種類と金額

 支払額から上記のとおり計算できます。
 支払金額から退職所得控除額を引いて課税される退職所得額がありましたら、所得税、住民税(市区町村民税、都道府県民税)が課税されます。

こんにちは。

 自分でも計算できますよ。

〇退職所得控除額
 計算方法は下の表のとおりです。
 (注)勤続年数が20年以下の場合…80万円に満たないときは80万円

〇源泉徴収額
・課税退職金所得:(退職金-退職所得控除額)×1/2(千円未満切捨)
・所得税額:課税退職所得金額×所得税率(※)
・復興特別所得税額:所得税額×2.1%

(※)所得税率
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

〇市町村民税・都道府県民税
・(支払金額-退職所得控除額)×2分の1=退職所得の金額(千円未満切...続きを読む

Q医薬品と記載があれば医療費控除の対象になるのですか?

処方箋の薬だけではなく、薬局で買った薬も医療費の控除対象になると聞きました。

薬局で買ったものは、どんなものが医療費控除の対象になるのか、イマイチわかりません。

医薬品と裏面に記載があれば、医療費控除の対象になるのでしょうか?

ならば、アンメルツヨコヨコも第3類医薬品ですから、医療費控除の対象でしょうか?

Aベストアンサー

>医薬品と裏面に記載があれば…

そんな条件はありません。
------------------------------------------------------------
2 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価(風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。)
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122.htm
------------------------------------------------------------

に該当すれば良いわけで、肩や腰が痛いからアンメルツヨコヨコを買ってきたのなら、医療費控除の対象になります。

とはいえ、「医薬品」との表記がないものを買ってきて病気やけがが治ったとは、心情的に言いにくですし、税務署で突っ込まれても困りますので、医療費控除には含めないのが無難でしょう。

セルフメディケーション税制は、従来からある医療費控除とは次元が異なるものであり、ご質問の意図と直接の関係はありません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1129.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

>医薬品と裏面に記載があれば…

そんな条件はありません。
------------------------------------------------------------
2 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価(風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。)
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122.htm
------------------------------------------------------------

に該当すれば良いわけで、肩や腰が痛い...続きを読む

Q個人所有の車の下取り 仕訳の方法

ご教授下さい

個人事業主、消費税非課税です
2年前に事業立ち上げてます

事業開始前に購入していた、9年目の車を今回下取りに出しました
下取り金額は3万円です
(この車は事業用にも使っていましたが、当時の購入金額が正確に分からなかった事、事業開始時点で6年以上経過していたため、減価償却資産にはしませんでした)

下取り金及び個人のお金で、新たに事業にも使う(案分5/7)予定の車を買いました

この場合、下取りをしてもらった車の下取り金は、雑収入で処理すれば良いでしょうか?
それとも固定資産売却益とすべきでしょうか
残高が無いので、新車の車両運搬具と相殺はできない様に思います

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

下取りに出した車は減価償却資産ではなかったのですよね。
でしたら、仕訳は不要です。
雑収入にする必要もなく、雑所得でもありません。

「3万円ー減価償却後の車の価格ー売却手数料」が譲渡所得となります。


3万円-ゼローゼロ=3万円が譲渡所得となりますが、生活用動産の売却なので非課税。
「それはガソリン代や修理費などを経費にしていたのなら、事業用資産」という見解がありますが、私は生活用動産だと思います。
 自分の車で、事業用として減価償却資産にしてないものを、事業のために使う事はあるわけです。
そのさい、ガソリン代くらいは経費にしましょう。
ガソリン代を事業経費にしてるのなら、その車は事業用資産だという理屈はおかしい。
事業主の知人の車を借りて、その際ガソリンを満タンにして返す場合に「事業用資産でない車へのガソリン代負担は経費にならない」という話になります。
おかしいんです。

譲渡所得だ、いや譲渡所得であるが非課税なのだという論の前に「3万円の値引きをしてもらっただけ」と捉えて、あまり考えなくてもよろしいと思うのですが。

Qインターネットバンキングのデータインポート

会社でのインターネットバンキングの振込データを、Excelで作成しバンキングにインポートできるようにしたいのですが、お知恵を貸して下さい。

Aベストアンサー

全銀フォーマットで、テキストデータを作ればいいです。
全銀フォーマットをキーワードで検索してください。
以前、600人の給与振込みデータを作ったことがあります。

Q税理士事務所への転職を考えています。 簿記2級所得後、次に役に立つ資格は何がいいでしょうか? 検討し

税理士事務所への転職を考えています。
簿記2級所得後、次に役に立つ資格は何がいいでしょうか?
検討している資格は以下で、
①コミュニケーション力向上の為、秘書検定準1級級。
②税理士試験受験資格が無い為、簿記1級。
③公認会計士
どれも難しい資格なのは承知しています。
勉強期間は子育てと現在の仕事の合間の隙間時間を利用して通信教育で5年以内にとりたいと考えています。

Aベストアンサー

高い理想や目標を否定するつもりはありませんが、資格試験の難易度などをしっかりと押さえつつ、あまりレベルを飛ばしての受験はお勧めしません。

秘書検定は経験がありませんが、下位の級を飛ばして受験が認められていても、下位の級の知識をしかk理と持っていることが前提の試験でしょうから、ご注意ください。

税理士や公認会計士の試験は、寝る間を惜しんで学習して受験して、合格率が一桁などの難関試験です。
司法試験などと並ぶ、それに近い難関資格で、だれもががんばれば合格できるというような試験でもありませんし、何年もかけて目指すような試験となることでしょう。

税理士事務所の職員には、税理士試験などの受験性も多くいるとは思いますが、すべてではありません。

税理士試験に興味があるのであれば、簿記検定での受験資格も考えられますし、経理事務経験などでの受験資格もあります。さらに言えば他資格による受験資格もあります。
他資格というのは、行政書士試験の合格などですかね。
税理士に慣れれば、行政書士は無試験で登録できるのかもしれませんが、上記に書いたように誰もが合格できるものではなく、挫折した際には科目合格での評価ぐらいでしょう。
保険も含めて行政書士資格を取るのもありでしょう。税理士事務所などでは顧問先の許認可、顧問先経営者の遺言書作成から相続業務などで、行政書士として持つ知識や業務範囲が役立つこともあり、それを視野に入れた税理士事務所もあります。

税理士事務所への就職という点でいえば、税務会計検定が良いかもしれません。
私は役に立ったと思っています。
あと将来の保険として、せっかく簿記検定を合格されているのであれば、建設業経理検定も検討されてはいかがですかね。
当然税理士事務所のお客さんにも建設業合有りその基礎知識にもなります。
公共事業を扱う建設業等の会社へ転職となれば、建設業経理検定2級以上であれば評価されます。
幅広い基礎知識という点でいえば、FPなんかもよいのかもしれません。

簿記検定の上位の級や税務会計検定などから税理士を目指したいのであれば、科目合格を含め目指すとよいでしょう。
ただ、私の経験で言わせてもらえれば、専門学校で朝から夜まで授業や演習を行い、宿題や予習復習などで睡眠時間を削って税理士試験を受けている受験生でも科目合格者は一握りです。それを計画的に5科目5年でとれる保証はどこにもないでしょう。今の仕事の期間だけでなく、科目合格で転職後に追加で科目合格を目指すなどを考えるとよいのかもしれません。
あと、通信の大学などで単位を修得し、修士課程での税理士試験免除も併せて検討するとよいのかもしれません。
会計士試験は、働きながらは難しいと思います。

高い理想や目標を否定するつもりはありませんが、資格試験の難易度などをしっかりと押さえつつ、あまりレベルを飛ばしての受験はお勧めしません。

秘書検定は経験がありませんが、下位の級を飛ばして受験が認められていても、下位の級の知識をしかk理と持っていることが前提の試験でしょうから、ご注意ください。

税理士や公認会計士の試験は、寝る間を惜しんで学習して受験して、合格率が一桁などの難関試験です。
司法試験などと並ぶ、それに近い難関資格で、だれもががんばれば合格できるというような試験で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング