お尋ねします。8月に輸入住宅総レンガ張りの家を新築したばかりです。でも2ヶ月程経った頃からレンガにヒビが入り始め現在では縦に一階下部分から2階上まで一本線が入ったようにヒビがいってしまいました。それも90センチ幅程ごとに上記同様4箇所です。家は2×4、コンパネのような物を張り→防水シート→サイディング→レンガというような構造です。基礎はベタ基礎。基礎化粧部分にも2箇所ヒビ。業者に見せた所、サイディングのつなぎ目部分が動いてレンガにヒビが入ったとの事。今年は大型の台風が多かった為、家が動き影響されたのだろうと。まだ新築の為、割れている部分のレンガは張替えて欲しいのですが、業者は縦に割れているのは家には問題ないし、どうせまた割れるし目立たないからそのままで良いのではと言います。憧れのレンガ張りってそんなにモロイ物なのでしょうか?基礎化粧部分も基礎自体には問題ないからと言われましたが、ヒビが入っている事にはかなり見た目抵抗があります。やはりレンガ張替えは無意味なのでしょうか?基礎化粧部分もキレイに仕上げて頂く事は不可能なのでしょうか?土地は古い岩盤土地です。とてもとても悩んでいます。どなたか詳しい方助けて下さい。宜しくお願い致しますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。

またまた、全然回答ではないのですが・・・。

輸入住宅に10年住んだ感想を書きますね。参考になればと思います。

長所
1.何といっても外観がいいですよね。我が家は結構大きいので、じろじろ見られることも多いです。(中には写真を撮っている人も・・・)
2.近所は10年経ってきたので、外壁を塗り替えるところが増えています。その点、総レンガはいいですよね。そちらの業者は「水が染み込んでコケが生える事で輸入住宅のいい味が出るのです」とおっしゃっていますが、我が家のレンガは新築のように綺麗です。でもコケが生えるのも素敵かもしれませんね。
3.天井が高いので、のびのびしますよね。でも、冬場は暖気が上に行ってしまって、足元が寒かったりしますよ。
4.我が家はカナダの輸入住宅ですので、断熱材がものすごくたくさん入っています。この季節でも家の中はあったかいです。

短所
1.2から3年くらい前でしょうか?突然、1階に雨漏りが・・・・。・゜゜・(>_<)・゜゜・。原因がなかなかわかりませんでした。まず、レンガとレンガの間の目地部分から雨がしみこんでいるのが原因とされました。大工さんが2週間ほどかけて目地部分に筆でコーティングしていきました・・・効果なし(泣)。次に2階のベランダが疑われてベランダを塗り替えました。・・・効果なし(再泣)。ここで、今お世話になっている大工さんに変えてみると、「ベランダのサッシが問題ですね」と即答。実はサッシ自体は良かったのですが、サッシの下のレール部分からしみこんでいたのです。この部分が木で作られていたのです。(日本ではアルミですよね) 。何せ、カナダは雨が降りませんから、木で十分なのでしょうね。
さて、レール部分だけを交換すればOKと思いきや、輸入住宅用でも規格は変わるらしく、部品がないとのこと・・・。今後を考えれば、日本製に付け替えた方が良いですよと言われましたが、サッシ自体はカナダ規格なので、日本製の土台部分ではサッシが入りません・・・。結局、日本製の土台に日本製のサッシに総交換(号泣)。

2.今年の台風時に別の場所(今度は2階)から雨漏り・・・(再号泣)。今度は簡単に原因がわかりました。大工さんがやってきて「きっと屋根が割れてるよ」と。命綱をつけて屋根に上る大工さん。屋根が2ヶ所割れていたそうです。(実は台風の翌日に他の家の雨どいが庭に落ちていました。きっと、それが屋根に激突していたのでしょう)。

3.我が家のドアや腰板は白で統一していますが、10年経つとよごれが目立ってきました。

4.玄関ドアも木製ですが、梅雨時や台風時には水分を吸って大きくなるのでしょうか?開閉がきつくなります。


いろいろ書きましたが、悪いところも含めて大変気に入っております。いい家になるといいですね。
    • good
    • 1

あんまり詳しくはないのですが、


>サイディングのつなぎ目部分が動いてレンガにヒビが入ったとの事。
多分つなぎ目部分の上にレンガが貼ってあってそれが割れたのだと思います。木造という柔の構造の建物(2×4だからそれでも剛かな?)にレンガという硬いものをはるというのは、ある程度割れて当たり前ではないでしょうか。それを防ぐというか目立たなくするために目地を入れるのだと思います。一般的には下地のつなぎ目部分と同じ場所に目地を入れれば問題ないのですが、レンガの貼り方や割り付けの関係でつなぎ目をまたがって貼ってしまうと絶対割れると思います。
No.2の方はその貼り方と割り付けがうまくいって、地震や風による横揺れも目地で全て吸収してしまっているではないでしょうか。
それで補修の方法なんですが、業者の言う通り単に貼替えただけならまた必ず割れると思います。ですので半割のレンガ(1/2サイズのもの)を使って、目地を上から下まで通すようにするしかないと思います。
新築でなかなか納得いかないと思いますが、まだまだ瑕疵担保責任の範囲内です。ご自身が納得するまでクレームをつけても大丈夫です。ガンバって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難うございました。確かに張り替えても割れる確立の方が高いなぁと思います(悲)輸入住宅って片目つぶって見ないとアラがたくさん見えて住んでみて唖然としてしまう事多々です・・・明日業者さんが来るのでよく検討してみたいと思います。有難うございました♪

お礼日時:2004/12/02 16:36

 直接のお答えでなく申し訳ないのですが・・・。



 実は我が家も輸入住宅で、1・2階とも全ての壁を総レンガにしております。平成6年末に建てましたから、ちょうど10年です。

 レンガとレンガの間の目地部分にはひびが入っている箇所(外観からは全く目立ちません)もありますが、レンガ自体が割れたことなど10年間で一度もありません。

 さらに我が家は九州で今年の台風により、大きな庭木が数本倒れるなど被害を被りましたが、レンガに関しては全く被害がありませんでした。

 さらに申し上げますと、建物内部の「天井と壁とのつなぎ目」や「壁と壁のつなぎ目」をみると、そのつなぎ目部分のクロスが微妙によじれています。定期的に見てもらっている大工さん(建築した業者は倒産してしまって ^^;)によれば、これは少し家がゆがんでしまったためということでした。
 つまり、我が家の場合、築後少しは家がゆがんではきたが、レンガは一枚も割れていないということになります。

>業者は縦に割れているのは家には問題ないし、どうせまた割れるし目立たないからそのままで良いのではと・・・個人的には絶対におかしいと思います。

>どうせまた割れるし目立たないからそのままで良いのではと・・・わたしなら、断固戦います。

 レンガの質が良くないのか、建物の造りが良くないのか、土地が地盤沈下しているのか、あるいは業者の言い分が正しいのか、どれが正しいのかはわかりませんが、悩んで長引くよりは、一度、他の専門家に見てもらって、早く決着をつけた方が良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難うございました。実は我が家も九州、福岡市内です♪業者が倒産ですか・・大変だったですね。我が家も建築した業者が倒産しないかとよく不安に思います。ほんと今年は台風がよくきました(汗)サッシ枠からは雨が降込むし気が気ではありませんでした。先週業者に連絡したら、他の総レンガ住宅もヒビが入ってますとの回答。でもそこから水が染み込んでコケが生える事で輸入住宅のいい味が出るのです!みたいな回答を言ってましたが(汗)なんだか他にも多々問題多くてとっても疲れます。頑張って戦ってみます。有難うございました★

お礼日時:2004/12/02 16:48

>輸入住宅総レンガ張り


>家が動き影響されたのだろうと
基礎工事が合理化されていませんか。
私の関係するレンガは耐火レンガなので多少異なりますが.かなりの荷重を見込みます(1回やっただけなので.今は関係すうちを忘却)。
レンガとは異なりますが.タイルの場合「縦割れは全面剥離の予兆」と記憶しています。
窯の場合には崩れても安定した方向に崩れるように施工しますので特に気にしませんが.建築物でタイルように工事した場合には.全面剥離の可能性があります。崩れたときにレンガがどちらがわに傾くか.家の方向に崩れるようになっている場合にはレンガを支えるだけの力が構造物にあるか.外側に崩れるようになっている場合には.落下防止の対策がなされているか.が問題になります。

欧米の住宅の場合に.
地盤が古生代以前なので比較的安定。
地震が皆無なので耐震性能を考慮しない
となっていて.耐久性がほとんどありません。もし
>古い岩盤土地で
が凝灰岩とか砂岩のような堆積がん(主に新生代)場合には沈降により崩れるときがあります。

土台が割れている場合には.いつ家が崩れてもおかしくはありません。
また.以前大谷石(栃木県宇都宮市産石材)の半板を耐火断熱のために木造建築に張るという工法がありましたが.建築基準法改正により禁止されました。どのような経緯で禁止されたかはわかりませんが.強度の不足が原因と聞いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難うございました。一度納得がいくまで調べた方が良さそうですね・・・明日同じ住宅メーカーで建築された総レンガの家に住まれている方の家を訪問してみようと考えています。我が家が総レンガを建築しようと決意したきっかけになった家なんですよねぇ。住宅メーカーによるとそちらのご自宅もレンガ割れが起きているとの事なので(汗)頑張ってみます!

お礼日時:2004/12/04 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディスクグラインダーの刃(ブロック・レンガ切断)

先日、レンガを切断しましたが刃の摩耗が
激しく吃驚しました。
レンガ二つ切断しただけで想像以上の
摩耗にショックを受けました。
刃は一枚100円程度で買えますけど
このペースで消耗すると頻繁に刃を交換する
必要があり困ります。今日は偶然いつも行っている
所とは別のホームセンターに行ったらディスクグラインダー
用の「ダイヤモンドカッターの刃」が399円で売っていました。
この値段ならレンガ切断用の刃、4枚分の価格ですから
若し今使っている刃の四倍長持ちすれば得しますから
考えています。メーカーは忘れましたが
「ダイヤモンドカッターの刃」を使った事がある
人の感想を教えて下さい。

Aベストアンサー

のべ半月くらい使っていますけど、はは交換していません。5分ぐらい切断して、30分ぐらい他の仕事をして(ハクローが怖い。某工場(法人名は語存じなくても製品の写真を示せばほとんどの方ならば見たことはあるはずです)で知人かハクローもどきになってしまったことがありますので)、、という周期です。

>ダイヤモンドカッターの刃」が399円で売
私のは1000円以上しました。物が大きいので100円の鉄工用ですと2枚使わないと切れないのでダイヤモンドカッターでないと使い物になりません。

粉塵がひどいので、防塵マスクを忘れないこと。

Qサイディング縦張り クボタ・松下

四角いシンプルモダン住宅を新築中です。サイディングをクボタ・松下のセラミックコートのキャストストライプを縦張りしようと考えております。色はニューセラホワイトとストレートセラグレーです。
縦の継ぎ目に中間水切りを入れるかシーリングで仕上げるか迷っております。
見た目機能が非常に気になります。
実際に張った方、詳しい方ご教授お願い致します。

http://www.kmew.co.jp/home/st_lineup_i.jsp

Aベストアンサー

もちろん 水切りを入れる事をお勧めします。
見た目が気になるのは分かりますが、多分 今、感じていらっしゃる程
目立つものではないですよ。

外壁にはサッシも付きますし そのお色と合わされたらいかがですか?
(サッシのお色にもよりますが・・)

コーキングはどうしても朽ちてきますし、大切な家を守る為にも 外周りは「出来る限りの雨じまいをする」 事が大切です。

Qレンガ積みとレンガブリック 違いについて

レンガの門柱、花壇、袖壁等、「レンガ積み」と「コンクリートブロック+レンガブリック貼り」とでは
どう違うのでしょうか?見た目には共にレンガ造りに見えます。
業者さんからはレンガ積みしか提案されませんでしたが、もし安いなら後者のほうが
よかったです。ブリックを貼るほうがコスト的にも安いでしょうか。
もし安いなら何故そちらを提案してくれなかったのでしょうか。
予算オーバーでレンガをあきらめた部分もあります。

Aベストアンサー

レンガブリックはレンガの薄いものを貼りつけるという工法だと思います。
まずはブロックを積みそれからブリックを貼りつけて目地を埋め仕上げるという工程です。
たかさがひくい、曲面を利用する等の設計であれば工程の少ないレンガ積の方が安いと思います。
高さが高いものだと組積工法のレンガ積は向いていないので鉄筋を入れたブリック貼りの工法になると思います。
コストが掛けられないならばコンクリートブロックのままで工事を終了して後はDIYでブリックを貼っても楽しかったかもしれませんね。

Q外壁で木目調のサイディングとレンガ調サイディングの相性

ニチハの木目調のサイディングのティントイエローひとつで行こうと決心したもののメーカーでサンプル画像を作って見たらなんだかのっぺりしすぎているのでアクセントをつけたいと思いました。
でパターンがありベランダと玄関部分だけを他のサイディングにすることができるのですが、
全体が木目調(ティントイエロー)でベランダと玄関ドア周りをレンガ調のサイディングにしようかな?と思ったのですが・・・
アンバランスではないでしょうか?
他にオススメなどはありますでしょうか?
またこのような組み合わせの家をもし見たことがある方どんな印象ですか?
どんなことでもいいので教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願します。

Aベストアンサー

どういうデザインか見ていないので,何ともいいようがないのですが…。
全体がレンガ調のデザインに木目調のベランダは良く有りますね。実際にレンガ造に木のベランダをつけることはありますので。お考えになっている逆のパターンも無い訳ではないと思います。
いろんな住宅メーカーのパンフレット,住宅雑誌を見て参考にするのが良いと思います。

Qレンガの敷き方

レンガの敷き方
知り合いからレンガを貰ったのですが、
庭に敷く方法で質問します。
今までで、レンガを敷いているところを
3軒みましたが、2通りの方法がありました。
1)単に庭の土をレンガ分位、掘ってレンガを
 敷き詰めている(2軒)
2)土を掘るところまでは、同じですが、
 レンガを敷く際に、レンガ用の接着剤(モルタル?)を
 塗りながら、敷いていました。

掘って敷くだけで良いのでしょうか?
レンガ用の接着剤を使った方がいいのでしょうか?
その場合、レンガ用の接着剤は何と言う名称で探せば
あるでしょうか?
(ホームセンターで聞いて見たのですが、結局分かりませんでした)

Aベストアンサー

 DIYでアプローチを作ったレンガワーク経験者です。
 他の回答者さんが言われている通り、ホームセンターの書籍コーナーで本を立ち読みするのが一番わかりやすいです。下地にモルタル(砂とセメント)を使うかどうかは地盤や目的次第だと思います。地盤が柔らかいとレンガが沈んでしまいますし、レンガの上に車を駐めるのならコンクリート(砂とセメントとジャリ)+ワイヤーメッシュで下地を作る必要があります。
 レンガを敷き終えたら隙間を埋めるのに珪砂(ケイシャ)という砂を使います。珪砂をレンガの上にまき、ほうきで掃いて隙間に砂を入れるとレンガが動かなくなります。
 ちなみにレンガをもらったと言うことですが何個あるのでしょうか?うちでは2m×5mで1パレット(約800個)使いましたけど...

Qベタ基礎の立ち上がり部分のアンカーボルト周辺にヒビがあり、一箇所穴がありまさした!これは大丈夫なので

ベタ基礎の立ち上がり部分のアンカーボルト周辺にヒビがあり、一箇所穴がありまさした!これは大丈夫なのでしょうか?
補修はどのように直しますか?

Aベストアンサー

コンクリート流し込んだ後にアンカーをねじ込んだやり方で起こる穴開きですね。

クラックは表面的なものなので問題ないでしょう。
ただ、あと刺しで起こりやすいのは、中にも空洞ができているかもしれないという事。
表面の穴の状態が深いところでも起きているかもしれません。
それは計器使わないと調べようはないのですが。
(これを気にし出すと、今回質問している以上の全アンカーへの不信感につながりますが、アンカーのない部分にも空洞は出来得ますので、見様見真似で初めて基礎工事する業者ということはないので、全体的に気にしなくてよいかと)
一般的には問題ないでしょう。

アンカーが錆びているとの意見があるようですが、水滴が付いているだけですよね?
近年基礎屋も現場ごとにアンカーを仕入れるほどに在庫を持ちたがらないので、なかなかサビだらけの部材は目にしませんし。

ちなみに少々のサビは問題ないので気にしないでください。
アンカーはメッキされているのでコンクリートと鉄との密着は本来皆無ですし、基礎の中の鉄筋はそもそもサビがないものは物流的に存在しないので。

Q「レンガ」と「赤レンガ」の違い

「レンガ」と「赤レンガ」の違いを教えてください。
なぜ敢えて「赤」レンガというのでしょうか?

Aベストアンサー

煉瓦には種類が多く色の白っぽいか赤っぽいかで何煉瓦かというのは難しいですが。回答の中で言われていたとおり原料の粘土に含まれる鉄分の量で色が決まります。しかし窯で焚くとき酸素を充分供給しながら焼くと赤になりますし、酸素を少なくして煙を出しながら焼くと黒っぽい色になります。黒の煉瓦や屋根瓦の色ががそうです。炭化(燻す)と強度がましますので瓦を焼くときは燻します。話が逸れましたが、耐火煉瓦(陶芸の窯に使われる煉瓦)はだいたい肌色に近い赤くない色をしています。鉄分場含まれると耐火温度が下がりますので、鉄分の少ない粘土を使いますので白っぽい色をしています。装飾目的で白っぽい煉瓦を作りには鉄分の少ない粘土で作るということです。

Q新築工事の基礎コンクリートのヒビ割れが不安です。

在来軸組工法で新築工事が始まりました。先月末にベタ基礎工事が始まりました。12cm幅の立ち上がり部分のコンクリート打設の日は天候がよく最高気温24度位にあがりました。そのためか、基礎の天井表面コンクリートに沢山のヒビ割れが生じました。工務店さんは気にするほどのことはないし、天端ならしで2cm厚のモルタルを敷くので綺麗になるといってました。考えるに、気温上昇も考えられますが、天井水平部分に渡した鉄筋のかぶり厚が2~3cmしかないためだと思います。鉄筋が渡してある中心線付近に筋ヒビが見られます。養生シートはしてませんでした。
 その後、天端ならしが先日行われましたが、夕方になって、あと5mほどで作業終了というころで雨が降り出しました。その部分には新聞紙を1枚掛けて他部はそのままで帰られました。その後、深夜まで雨は降り続きました。時折は激しい雨粒もありました。
 翌朝、天端の表面を見たところ、新聞紙を掛けたところはまだ良いのですが、それより前の作業部分は、表面が流れて、ザラザラになり、また、天端の両サイド(縁部)にヒビがいっぱい生じてました。作業後15時間経過してますが、生乾きなので触ると欠けそうです。雨で、モルタルの粘性が流れた様な気がして心配です。
 昨日、天端表面を綺麗にコンクリートを練ったもので補修してましたが、綺麗になってもこれまでのヒビは中に残っていると思います。こういう基礎の状況で、今後40年安心して暮らせるでしょうか。強度が心配です。どなたか教えて下さい。
 

在来軸組工法で新築工事が始まりました。先月末にベタ基礎工事が始まりました。12cm幅の立ち上がり部分のコンクリート打設の日は天候がよく最高気温24度位にあがりました。そのためか、基礎の天井表面コンクリートに沢山のヒビ割れが生じました。工務店さんは気にするほどのことはないし、天端ならしで2cm厚のモルタルを敷くので綺麗になるといってました。考えるに、気温上昇も考えられますが、天井水平部分に渡した鉄筋のかぶり厚が2~3cmしかないためだと思います。鉄筋が渡してある中心線付近に...続きを読む

Aベストアンサー

ベタ基礎とか鉄筋のかぶり厚とか天端とか業界用語を使っていますね。
勉強をしているみたいなので、もうちょっと技術的に説明します。

気温
コンクリート作成から打ち込みまでの時間は25℃未満は120分以内。25℃以上は90分以内で打設すれば良い事になってます。24℃ならコンクリートに問題はでません。

ひび割れ
コンクリートは構造計算では圧縮力のみを計算し、引張力は全て鉄筋で計算します。
鉄筋で拘束されているコンクリートならば、少量のひび程度では圧縮力は低下しません。
コンクリートは収縮する建材なので鉄筋コンクリートの建築物ですらひびは絶対に入ります。
大きなひびになったとしても、ひびを改修する工事方法があります。

かぶり厚さ
布基礎の土に接しない部分の最小かぶり厚さは40ミリです。
天端モルタルを増し打ちと考えれば、合計で40~50ミリになっているので問題ありません。

骨材分離
雨によりセメントペーストが流れ出て、骨材が分離しています。
分離した部分をブラシなどで取り除き、増し打ちをすれば問題ありません。
鉄筋コンクリートの建築物でも、夕立に見舞われた時には同様な問題が発生します。

基礎耐久力
基礎が破壊されたとしても、外周部に鉄骨を設置して補強する工事方法が存在します。
古い建築基準法で施工された基礎の耐震改修工事として販売されている商品です。

考察
気温が高い場合は水分の急激な蒸発を防ぐため、散水養生をするべきです。
コンクリート打設後に沈み亀裂を防止するため、タンピングをするべきです。
工務店が完璧な施工をしているとは言い難いですが、問題があるような工事では無いと思われます。

ちょっと難しくなっちゃいましたが、既に出ている回答は全て技術的に説明が付くという事がわかっていただければ幸いです。

ベタ基礎とか鉄筋のかぶり厚とか天端とか業界用語を使っていますね。
勉強をしているみたいなので、もうちょっと技術的に説明します。

気温
コンクリート作成から打ち込みまでの時間は25℃未満は120分以内。25℃以上は90分以内で打設すれば良い事になってます。24℃ならコンクリートに問題はでません。

ひび割れ
コンクリートは構造計算では圧縮力のみを計算し、引張力は全て鉄筋で計算します。
鉄筋で拘束されているコンクリートならば、少量のひび程度では圧縮力は低下しません。
コンクリー...続きを読む

Q駐車にレンガを敷こうと思っています

駐車にレンガを敷こうと思っていますが、レンガを敷く前に敷く物は、砕石を敷いてテンアツし、砂を敷いて、レンガでいいのでしょうか?
砂とレンガの間には、モルタル使うものなのでしょうか?
使わないと、づれますか?

Aベストアンサー

砕石の上には、業界用語で「バサバサ」を置きます。これは、セメントと砂を1:3くらいの割合で水なしで混ぜたものです。この上にレンガを並べますが、レンガは、並べる前に水につけておいてください。
並べたレンガの上に砂をかけ、レンガとレンガの間に落としていきます。(砂は、洗い砂を使用してください)
1ヶ月くらいは、下地のセメントの灰汁が浮き上がり、レンガが白い粉を吹いたようになりますが、雨風で自然に取れていきます。
詳しくは、下記のサイトで。

参考URL:http://www.eco-angels.com/shop/shikikata.html

Q深基礎部分にジャンカ、コールドジョイントと思われる箇所を発見

現在、新築の住宅を建築中なのですが、基礎工事のことで気になることがあります。

基礎の立ち上がり部分に、生コンを打設して約1週間ほど経過した後、現場を確認しに行くと、深基礎部分にジャンカ、コールドジョイントと思われる箇所を発見しました(以下、URLをご覧下さい)。
http://blog.goo.ne.jp/teruzo1031

しかしながら、専門家ではないため、実際のところジャンカ、コールドジョイントなのか判断がつきません。

もしこれが、仮に、ジャンカ、コールドジョイントであった場合、今後どのようにハウスメーカーに対処を申し入れたら良いのか等のアドバイスを頂ければと思っております。

Aベストアンサー

写真を見ましたが、ジャンカもコールドジョイントも全くありません。

極めて、堅実なコンクリートです。

クレームを付けても、瑕疵になる様な欠陥になる事項はありません。

施主も良く勉強して下さい。ただ、現場代理人や設計者にはご自分が納得される様な説明を受けて下さい。

一番上の写真は、型枠の継ぎ目の精度が悪かった為に出来た物。
(コンパネを型枠に使って、4枚の取り合い部)

他の写真は、アバタと言われる気泡の跡でこれもこの程度は一般的。

これを作らない様に、するにはコンクリート打設時に↓の用具を使わなければいけません。

http://www.ikawa-con.jp/?OVRAW=%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%B3%E3%83%B3&OVKEY=%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%B3%E3%83%B3&OVMTC=standard&OVADID=580317541&OVKWID=5220847541


人気Q&Aランキング