専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

暗いニュースの多いこの頃ですが、読書でスッキリできたらと思っています。
そこで、皆さんが読まれた本の中で、読後、ほのぼのあるいは爽やかな気分になった本を紹介してください。
できたら短編を希望します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

○川上弘美著『神様』(中公文庫):10ページ程度の短編集です。

熊の神さま、梨の妖精、河童・・・少しせつない気分になるけどほのぼのとした大人の童話です。少し元気もでます。

○保坂和志著『この人の閾(いき)』(新潮文庫):10年ぶりに会った大学時代の憧れ(?)の先輩はすっかりおばさんになっていたけど素適な大人の女かも・・・なんかほっとするというか不思議な感じの短編集です。

○浅田次郎著『プリズンホテル』シリーズ:とにかく笑えます。涙もでます。スッキリします。

○内田百閒著『阿房列車』:こんな電車の旅したい。日本もまだまだ素適なとこたくさんありますよね。きっと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
10ページ程度の短編集ですか。
是非読んで見たいです。

回答された皆さんありがとうございました。
どれも読んでみたいものばかりで、ポイントをつけにくかったです。

お礼日時:2004/11/30 00:08

私のお勧めは下記の2冊の小説です。


【テスタメント】
グリシャム,ジョン【著】白石 朗【訳】
[新潮文庫 上下2巻]
著者のジョン・グリシャムは法廷もののミステリ作家ですが、
この小説は長編でややミステリ的なところがありますが、
どうして、かなり内容の濃い感動と冒険とロマンの小説です。
78歳の大富豪の老人が110億ドルの財産を残して自殺します。
残された遺産には遺言状があります。
遺言状にある相続人を探すために一人の弁護士が選ばれます。
アル中の弁護士は相続人を探すために密林のアマゾンのジャングルに入ります。
そこで見た光景にビックリします。
これ以上お話は出来ませんが、結末はかなり感動的ですね。

【スキッピング・クリスマス】
訳:白石 朗
ISBNコード:4093563217
判型/頁:4-6/274頁
定価:1,680円(税込)
同じくジョン・グリシャムの著書でホームコメディー風の作品です。
家でクリスマスを祝うという今までの慣習を破ってクリスマス当日から10日間、
カリブ海クルーズに出かけようという主人公に数々の災難が待ち受けます。
結末は感動的ですね。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/nt2grisham.h …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
ジョン.グリシャムも読んだことはありません。
映画になりそうなストーリーですね。

お礼日時:2004/11/28 21:18

『Good Luck』が良かったです。


もう読まれました?

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まだ読んでいません。
読者の感想から、読んでみたいと思いました。

お礼日時:2004/11/28 21:15

こんにちは。



原田宗典さんのエッセイは、どれも思わず笑ってしまう面白いものばかりです。
ハズレはないので、本屋さんでちょっと立ち読みしてみてください。

あと、ほのぼのするという点では
アレックス・シアラー「魔法があるなら」という小説がおすすめです。
短編ではないのですが、子どもでも読めるように書かれた本ですので、簡単に読めますよ。
ドキドキワクワク、最後にホッとします。
暗いニュースが吹き飛びそうな本ですよ。

未読でしたら、是非どうぞ。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31087873
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「魔法があるなら」は、今すぐ読みたい気分になりました。

お礼日時:2004/11/28 17:28

私の趣味がだいぶ入りますがこちらなどどうでしょう。



西の魔女が死んだ(著・梨木 香歩)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101253 …
短編ではありませんが厚さは薄いです。

TUGUMI(著・吉本ばなな)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122018 …
こちらも同様。

ステップファザー・ステップ(著・宮部みゆき)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062632 …
同じ登場人物、短編形式で書かれてます。

どれも爽やか、ほのぼのとしますよ(^-^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も、宮部みゆきは好きでよく読んでます。

お礼日時:2004/11/28 17:25

銀色夏生のエッセイ等はサラサラ読めてすっきりです。


偏見ですが日本人の小説は読んだ後にやるせなさや疲労感が残るような物が多い気がするので、
外国文学に目を向けては如何でしょうか。小さい頃に読んだ児童書の原書翻訳が岩波文庫から
出ています。なかなか面白いです。「岩波文庫 盗賊の森の一夜」等は面白かったですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
銀色夏夫さんの本は読んだことがありません。
読んでみたいと思います。

お礼日時:2004/11/28 17:22

群よう子のエッセイ


ほのぼのとした笑いがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2004/11/28 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読んだ後にスカッとする本

東野圭吾さんの手紙を読んだのですが、内容に引き込まれましたが重い気持ちになってちょっと疲れました・・
読み終わった後にスカっとするものが読みたいです。読んでいる最中もワクワクするような本があれば教えていただきたいです。
普段本を読まないので読みやすいものがいいです。。
またスカっとしつつ感動するものがあればいいのですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2.3年前に福井晴俊に夢中になって読んだことがあるのですが、「亡国のイージス」「川の深さは」はどうでしょう?近頃物語の終わりがすっきりしないというか、こんな風に終わったらいいのにという小説に出会わなくて・・でもこの福井さんの小説は期待を裏切らない終わり方ですよ。

Q読後感爽やかな小説教えてください

 結末がハッピーエンドの、気持ちよく読める
小説を教えてください。
 好きな小説は北村 薫、池澤夏樹、宮部みゆきなどです。あと、GOをかいた人のレヴォリューションなんとか
(うろ覚え。。)もおもしろく感じました。
お願いします!

Aベストアンサー

わたしが結末が大変気に入っている、小説は「テスタメント」です。
法廷物の作家、ジョン・グリシャムの新しい作品ですので、
ミステリー調で書かれていますが、
結末は以外とアッサリしていいます。
110億ドルの遺産を残して自殺した大富豪の相続人をさがすために、
アル中の弁護士がアマゾンの奥地にまで行きますが、
そこで待ち構えていたのは、猛烈な熱さと、
現代文明とかけ離れた原始的な生活。
かなり厚い本ですが、ストリーの展開が変化に富んでいるので、
読み出したらやめられないという感じです。
読んでいると、結末を知りたくなりますが、
そこをじっと我慢すると、
さわやかな結末に到達します。
いい本を読んだという感想が残ります。
新潮社の出版の本です。

Q中身がしっかりしていて、爽やかな結末の本

■中身がしっかりしていて、爽やかな結末の本を探しています。
(恋愛物はあまり好きではありませんのでそれ以外を・・・)
どちらかと言えば、ですが男性作家の方が好きです。

最近読んでみて良かったなと思う本は下記のものです。
---------------------------------------
・「重力ピエロ」伊坂幸太郎
・「DIVE!!」森絵都
・「博士の愛した数式」小川洋子
・「スプートニクの恋人」村上春樹
・「神様から一言」荻原浩
---------------------------------------
何かありましたらお薦めお願い致します。


========================================================
■それと・・・(↑とは別件ですが)、
読んでみようか迷っている本がお薦めかどうか教えて頂けると嬉しいです。

迷ってる本
--------------------------------------------
・「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
・「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
・「ico」宮部みゆき
・「容疑者Xの献身」東野圭吾
・「八月の路上に捨てる」伊藤たかみ
--------------------------------------------

よろしくお願い致します。

■中身がしっかりしていて、爽やかな結末の本を探しています。
(恋愛物はあまり好きではありませんのでそれ以外を・・・)
どちらかと言えば、ですが男性作家の方が好きです。

最近読んでみて良かったなと思う本は下記のものです。
---------------------------------------
・「重力ピエロ」伊坂幸太郎
・「DIVE!!」森絵都
・「博士の愛した数式」小川洋子
・「スプートニクの恋人」村上春樹
・「神様から一言」荻原浩
---------------------------------------
何かありましたらお薦めお願い致しま...続きを読む

Aベストアンサー

恩田陸「夜のピクニック」、「ネバーランド」。
宮部みゆき「ブレイブストーリー」。
森絵都「風に舞い上がるビニールシート」「永遠の出口」。
瀬尾まいこ「幸福の食卓」。

恩田陸は上記二作は爽やかな結末ですよ。ちなみに他の著作は面白いですがあんまり爽やかではないです。
宮部みゆきは、ICOは正直あんまり面白くないです。ブレイブストーリーの方が断然オススメですが、既読ですか。
森絵都、私もこの間DIVE!!にハマりました。上記二作もオススメですよ。
瀬尾まいこの本はどれも爽やか、というか元気になれる感じの本です。幸福な食卓を読んで面白かったら他の著作もオススメです。

なんだか女性作家ばっかりですね・・・。

Qこんな本ありませんか(爽やかな気持ちになれる小説)

登場人物がモラトリアム状態(?)で、
瑞々しく、悲惨じゃなく、爽やかな気持ちになれて、気軽に読める小説を教えてください。

私がそんな感じの小説だな、と思うもの。
江國香織「流しの下の骨」「落下する夕方」「神様のボート」(「すいかの匂い」は怖かったです。)
吉本ばなな「TSUGUMI」(「哀しい予感」はなんとなくダメでした。)

できれば、携帯やインターネットが普及していない
のんびりしているけどそれ程過去じゃない頃(90年代など)
のお話が良いです。

Aベストアンサー

芥川賞作家、三田誠広さんの『いちご同盟』。
青春ものです。

私がこれを知ったのは、1997年に映画化された作品からでした。
夏の日の午前中、たまたまつけたNHKのチャンネルで放映されていました。
まさにモラトリアムな少年が主人公です。

人生の真髄、あの時は苦痛でも、思い出すとなぜか爽やかな気持ちになる…、そんな作品です。
ピアニストを目指す少年が奏でる、ベートーヴェンのピアノソナタ。
作品中に出てくるクラシック音楽を一生懸命聴きまくる、
そんな私の青春!?を思い出す一冊でもあります。w

Q20代で感動、心がすっきりする本

夜になると気分が晴れないので、何か本を読みたいと思うのですが、行き当たりばったりで本を選んでもなかなかこれは!というものに出会えません。

20代女性ですが、これくらいの年代でも楽しめて、これはオススメ!!という本があったら教えてください。ジャンルは問いません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 最近の本、昔の文学作品等、私が今まで読んだ中で比較的読みやすく、しかもオススメの作品を書いてみました。私も同じ年頃なので、おそらく楽しく読んでいただけると思います。

●「ダヴィンチ・コード」ダン・ブラウン著
 徹夜してでも読みきりたいと思う本です。
 ルーブル美術館に実際にある「岩窟の聖母」を巡って殺人事件が起こる。それを解決するためにある教授が呼び出された…。
 作品の中に登場する美術作品・場所がすべて本物だったということで世界でも大ブームを巻き起こしたという、かなり薀蓄のつまった作品です。
 ダン・ブラウンはほかにも3冊出していて、どれもオススメですのでぜひチェックしてください。来年の夏には映画が公開される予定です。

●「博士の好きな数式」小川洋子著
 記憶が数分しか持たないという数学学者の家にやってきたお手伝いさん。自分をなんとか覚えてもらおうと必死に考え出し方法は…。
 かわいらしい、そして、時折、感動で目頭が熱くなるストーリーです。

●「半落ち」横山秀夫著
 簡単に読めます。犯人探しのミステリーかと思わせつつ、ただの推理小説ではありません。映画化もされましたね。
 ある日、主人公の刑事が彼の奥さんを殺して自首をしてきた。殺した日と自首した日の間には二日間の空白があった。その空白期間をめぐって、色んな人物が考察を巡らせるが本人は固く口を閉ざすのだった。その二日間に一体何があったのか…。

●「レディ・ジョーカー」高村薫著
 さずが高村薫!と思わせる大作です。登場人物がたくさんいるわりに各自きちんと構成されたストーリーがあって、最後は笑顔で幕を閉じるミステリーです。
 私はこれでミステリーにはまりました。
 なんでも、グリコ森永事件を参考にして書いたとかで話題になりましたよね。

●「模倣犯」宮部みゆき著
 これも映画化されていましたね。でも、映画より、読んだ方が確実におもしろいですよ。

●「秘密」東野圭吾著
 ミステリーの分野に入っているのがおかしい作品です。これも映画化されました。
 主人公の奥さんがどういうわけか、自分の娘になってしまうという…
最後がどうなるかは読んでからのお楽しみです。

●「深夜特急」沢木耕太郎著
 ノンフィクション。
 沢木耕太郎が、バスでユーラシア大陸を横断する旅を書いた作品。何冊にも渡り、長いですが、一息に読めます。

いわゆる文学作品のオススメは以下です。

●「砂の女」安部公房著
 安部公房の作品はどれもかなり複雑で、理解しづらいですが、これだけは、実際に自分に起こっっている話ではないかと錯覚してしまう、生々しい表現がどんどんページをめくらせます。
 ある日、ある砂丘行った主人公。ふとした事故がきっかけで助けられるが、村人達の策略にはまってしまい、自分の家へ帰れなくなってしまう…。

●「インド夜想曲」アントニオ・タブッキ著
 読んでいるうちに、いつの間にかインドに行きたくなるような本です。終わり方は、人によってそれぞれ捉え方があるのかな…という感じでした。

●「思い出トランプ」向田邦子著
 向田邦子が、ふと思い出す自分の父親の姿を書いたもの。時折笑わせ、時折涙させ、自分の父親もこうだな、と共感させる内容は、さすが向田邦子! 圧巻です。

以下はエッセイのおすすめです。
●「地下鉄の友」泉麻人著
 とにかく笑えます。地下鉄に乗っているだけで、こんなことを考える人はこの人くらいですね。毎日の通勤が楽しくなる本です。

●「イギリスはおいしし」林望著
 林氏が実際にイギリスに行った間のことを描いたエッセイです。
 イギリスは料理がまずくて有名な国。でも、おいしものもある!と主張する林氏が必死になって見つけ出したというイギリスのおいしいものが、ずらり登場します。これもまた、イギリスに行きたくなる本ですよ。

 以上、長々と書きましたが、本当にどれもおもしろいのでぜひ書店に行って、手にとってみてください。
 わりと、古本屋でも見つけれるものばかりだと思いますよ。ネ
 ットで確認するなら、イーブックオフが安くていいかもです。参考までに↓。

参考URL:http://www.ebookoff.co.jp/main

 最近の本、昔の文学作品等、私が今まで読んだ中で比較的読みやすく、しかもオススメの作品を書いてみました。私も同じ年頃なので、おそらく楽しく読んでいただけると思います。

●「ダヴィンチ・コード」ダン・ブラウン著
 徹夜してでも読みきりたいと思う本です。
 ルーブル美術館に実際にある「岩窟の聖母」を巡って殺人事件が起こる。それを解決するためにある教授が呼び出された…。
 作品の中に登場する美術作品・場所がすべて本物だったということで世界でも大ブームを巻き起こしたという、かなり...続きを読む

Q恩田陸など すっきりする小説おしえてください

恩田陸の小説をいくつか読みました。
この人って、すっきりする話ともやもやする話がありますよね。

すっきり
・ネバーランド
・ドミノ

もやもや
・MAZE
・Q&A

わたしはすっきりする話の方をもっと読みたいのですが、タイトルだけでは区別ができません。
ご存じの方、おすすめを教えてください。
(ほかの作家さんでも、読後すっきりする話があればぜひ)

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No.1の方があげられた「夜ピク」はまさにスッキリですよね!
他には、「上と外」「チョコレートコスモス」「図書室の海」「ロミオとロミオは永遠に」「蛇行する川のほとり」が「スッキリ」かな?と思います。最初に挙げた方がより「スッキリ」かなと。
最近の作品はほぼ「もやもや」系なので手をつけられない方がよいかもしれません。

他の作家でのおすすめは、
・「少年少女飛行倶楽部」(加納朋子・文藝春秋)
・「新世界より」(貴志祐介・講談社)
・「風の中のマリア」(百田尚樹・講談社)
・「三匹のおっさん」(有川浩・文藝春秋)

Q心温まる小説、爽やかな気持ちになれる小説 

こんばんは、今まで読まれた小説の中で、心温まる小説や読んだ後、爽やかな気持ちになれるおすすめの小説があれば教えて下さい。
個人的には

四十九のレシピの著者の「風待ちのひと」
宮下奈都 「太陽のパスタ、豆のスープ」
森見登美彦 「恋文の技術」
などが気に入っています。
宮下奈都さんの作品はこれから他のものも読んでみようと思っているので、それ以外でお願い致します。

「鉄道員ぽっぽや」や「ふたり(赤川次郎)」のように多少、ファンタジー要素のあるものは好きなのですが、あまりにファンタジー要素の強い作品はなしで、お願いいたします。(できるだけ現実味のあるストーリーのものでお願いいたます。)

◎「読んだ後、温かい気持ちになれる」作品
◎「読んだ後、爽やかな(晴れ晴れとした)気持ちになれる」作品
○その理由。ネタバレなしで感想お願いします。

では、お待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昨日本屋さんである作家さんの本を買ってきました。
山本幸久さんという方です。
知らなかったのですが、結構沢山著書があるようです。
買った本は半分くらい読みましたが、ファンになるかも。
今読んでいるのは「美晴さん ランナウェイ」という作品ですが、
「はなうた日和」という作品がとても良さそうです。
読んでないのに勧めるのもなんですが、
宮下奈都さんの作品は好きなので、好みが似ているかもしれないと思い・・ご参考まで。


人気Q&Aランキング