【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

趣味で小説を書いているのですが、何かを成し遂げても主人公が全く認められない、というか逆に非難されるように書いています。そう言う作品は読んでいて不快になりますか?少しは認められた方が面白くなるのでしょうか?

A 回答 (5件)

最後には認められるか、認められないにしてもとにかく何らかの救いは欲しいですね。


頑張る姿勢に惚れた人と結ばれるとか。
成し遂げたこと自体は認められなくても、その副産物とか、成し遂げる過程での行いや発見が認められるとか他の人の偉業に繋がるとか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それいいですね。そのように書いてみたいと思います!

お礼日時:2019/03/18 23:16

世の中には悲劇も多いから別にかまわんでは?



かの巨匠、シェークスピアさんだって数多くの悲劇を残しているじゃん
    • good
    • 0

そのストーリーだと終わりに何かインパクトが欲しいですね!ずっと失敗ばかりを繰り返していても読み手も飽きてしまうと思います。

一番大事なのではあなたがこの作品で何を伝えたいかですよ。
あくまで個人の意見ですが
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!参考になりました

お礼日時:2019/03/17 21:32

ハッピーエンドにしてください。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなは救われたけど、主人公は救われない場合ってハッピーエンドというのでしょうか?

お礼日時:2019/03/17 21:10

あなたがどう思うかでしょう



あなたの面白いと思う考えかたでいいのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
読んでもどっちが面白いのかわからないのです。

お礼日時:2019/03/17 21:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文芸サークルのメンバーで困った人がいます。彼に本当のことを言うべきか否か教えてください。

当方小説主体の有志文芸サークルの者です。普段、公民館等に週末集まり活動しています。
実は一人困った男性会員がいます。62歳と最年長の男性会員なんですが、本人曰くプロを目標に
コンテスト等に出しており、高校時代から書き続けているとのこと。ですから40年以上
小説を書いているわけです。彼の若い頃の作品も読ませて頂きましたが、ほとんど上達しておらず今と変わらないのです。本当にプロを目指しているのか?と思うような稚拙表現が散見しており、はっきり申しあげて面白くもなんともありません。三文小説以下です。例えば主人公を何をやらせてもダメな人間に設定したとすると、「丸出駄目夫」という名前にするというセンスです。「阿野園生」という人物も出てきます(あのそのお・優柔不断な人物)。本人は純文学派を気取ってますが、名前の付け方からしてこのようなセンスなのです。ストーリーはまして知るべしです。お笑い小説・コメディのつもりで書いている訳ではないのです。なにしろ「彼は右足を前に出し、次に左足を前に出した」という表現
を使うぐらいです。(つまり歩いていること)
原稿の脱字も甚だしく、作品中20か所ぐらいあるのです。彼は三回読み返しているそうです。

ところが批評会ではみんな彼に気を使い、明らかに無理をしていいことを述べています。持ち上げているのです。いくら年長者とはいえ、これでは彼がますますいい気になってしまうでしょう。
上記のミスを指摘すると彼は癇癪を起します。「脱字なら訂正するが、表現を指摘されるのは不快だ。これは私独自の表現と理解してもらいたい」と彼は言ってます。

明らかに趣味のレベルなのに、大きな勘違いをしていると思うのです。本人は作家気取りで名前を書くときもサインのような字体にしているほどです。

このような会員に「あなたの作品はつまらなく稚拙です。」と言っていいものかどうか
ご意見をお願い申し上げます。

当方小説主体の有志文芸サークルの者です。普段、公民館等に週末集まり活動しています。
実は一人困った男性会員がいます。62歳と最年長の男性会員なんですが、本人曰くプロを目標に
コンテスト等に出しており、高校時代から書き続けているとのこと。ですから40年以上
小説を書いているわけです。彼の若い頃の作品も読ませて頂きましたが、ほとんど上達しておらず今と変わらないのです。本当にプロを目指しているのか?と思うような稚拙表現が散見しており、はっきり申しあげて面白くもなんともありません。三...続きを読む

Aベストアンサー

>このような会員に「あなたの作品はつまらなく稚拙です。」と言っていいものかどうか
ご意見をお願い申し上げます。

直截的すぎますね。
文法的にひどすぎる間違いじゃなければ、あまり言わないほうがよろしいでしょう。
まあ、お互いさまのはずですので。

せっかくの文芸サークルですから、表現に工夫を凝らしてください。
「あなたの作品は淡白な印象で安心して読めますが、もう少し過激であっても良いかもしれない。また、もっと独自の表現を紡ぎだすことでお持ちになっている本来の才能が開花する可能性もあるかと。たとえば、この部分なんか、〇〇〇・・・のようにすると大分印象が変わると思います」

Q小説の中の好きな登場人物

小説の中の登場人物で好きな人(と言うかキャラクター)を教えてください。
「作者」ではなく「登場人物」です。特定できるのなら「動物」でも構いません。
どんなチョイ役でも構いません。実在した人でも構いません。
ジャンルも問いませんがマンガは除いてください。

数が多くなっても読み切れませんので、お一人三人(三作品)まででお願いします。

なお、読んでからお礼をするのでは遅くなってしまいますので
とりあえずは簡単なお礼しかできません。ご了解ください。

楽しみにしています。よろしくお願いします。

---

私は

・大塚英志「木島日記」の『木島平八郎』
 ※知らない坂を見るたびにこの先に「八坂堂」が在るんじゃないか、と思ってしまいます。

・風野真知雄「穴屋佐平次難題始末」の『葛飾北斎』
 ※実在した人物ですが、なんだか彼の実像に近いように思ってしまいます。

・加納朋子「ななつのこ」の『佐伯綾乃』
 ※ストーリーの中でも実は存在しないという特異なキャラクターです。

が気に入っています。

Aベストアンサー

小杉健治 風烈廻り与力シリーズ「青柳剣一郎」
 洞察力に優れ、義理人情に厚く、剣の達人。

Q私は小説を読むのが好きですが、谷崎潤一郎とか川端康成とか、日本の文豪と言われる人のものは、ほとんど読

私は小説を読むのが好きですが、谷崎潤一郎とか川端康成とか、日本の文豪と言われる人のものは、ほとんど読んだことがありません。読む価値がありますか?又、読むとすれば、何を読めば良いでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の美しさを堪能したいなら断然、川端康成でしょうね。
京都弁が嫌いじゃなければ、「古都」がお勧め。

多少堅苦しくて良ければ、長編ですが三島由紀夫の「豊饒の海」。
短編なら「金閣寺」。

読みやすさと、知的ムードを味わいたければ、夏目漱石の三部作。
前期三部作ー「三四郎」「それから」「門」。
後期三部作ー「彼岸過迄」「行人」「こころ」。

Q幻想的な小説を読みたいです。

自分の好みの小説を読みたいのですが、なかなか自分の好みのものに出会えません。教えていただけないでしょうか?

小説ならではの、不思議で懐かしいような、想像力が育まれるような小説を求めてるのですが・・・

ミヒャエル・エンデのモモは好きでした。ほのぼの穏やかな主人公たちで、現代の矛盾が強く描かれていたと思います。展開の先が見えずにハラハラしました。抽象的な時間の概念もワクワクしたものでした。

また小説でないですが、「まっくら森の歌」のような不思議な幻想的雰囲気を求めてる気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=1roJcw-mzus

ハリーポッターとかも悪くはないですが、あまり印象には残ってないです。
世界から猫が消えたなら もなんか違う。
コーヒーが冷める前に もそれなりに面白かったけど・・・

・・・もしなかったら、いつか自分で書いてみようかな。。

Aベストアンサー

その種の作品では大御所のレイ・ブラッドベリの作品などいかがでしょう
「何かが道をやってくる」などお勧めです
https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E9%81%93%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AA/dp/4488612016

それから、回答がズレますが、「まっくら森の歌」がお好きでしたら、同じ谷山浩子さんの作品を検索してみるといいですよ。とりあえず、お勧めを一曲
https://www.youtube.com/watch?v=enGxbE938C4

Q1970年代から1990年代まででオススメの小説ってありますか? 独特と言いますか、あの上品な言葉遣

1970年代から1990年代まででオススメの小説ってありますか?
独特と言いますか、あの上品な言葉遣いの本が読みたいです。

それ以外でもオススメの本がありましたら教えてください!

Aベストアンサー

森茉莉「貧乏贅沢」
有吉佐和子「和宮御留」
単に私の好きな作家さんですが、
「ことばのきれいさ」をポイントにしたらこのふたつかな。
ご参考までに。

Q19世紀イギリスにあった道具

何かの本で読んだのですが、ネットで検索しても一向に出てこず、こちらでご教授させていただこうと思った所存です。
知りたいのは個人が所有している馬車ではなく、ハンサムキャブのことです。
タクシーのように人を乗せていたこの馬車を呼び止める道具があったと思うのですが、懐中時計同じような、笛のようなものだったと記憶しています。
名前がアルバート公からちなんでアルバートという名前だったはずですが、検索しても引っかかりませんでした。
どなたか、これがどんなものだったか知っている方いらっしゃいませんでしょうか。
読んでいた本はフクロウとかそんな名前が付いていたと思います。

Aベストアンサー

ひょっとすると、読まれていたのはこの本のことではありませんか。

谷田博幸
『図説 ヴィクトリア朝百貨事典』
(河出書房新社・ふくろうの本)
アマゾンなどでも扱いはあるようです。

うろ覚えですが、アルバート?のことも出ていたはずです。アルバートに関する直接の情報ではなくて申し訳ないです。

Q楽しいだけの小説オススメ

明るくて楽しいだけの小説オススメ教えてください!
死ぬことをすごくイメージさせられる本を読んでてちょっと気分が落ちて眠れません(楽しいんだけどね)
オタクっぽいやつNGで!
あと難しすぎる奴もちょっと読めません!

Aベストアンサー

人生なんて気楽なもんだと思える小説です。
共にすいすい読めていける小説です。
 イン・ザ・プール 奥田 英朗(続編もあり)
 史上最強の内閣 室積 光

Q質問です。 私は読書が大好きなのですが、図書館を利用した際読みたい本が無く新品でいつも買っています。

質問です。
私は読書が大好きなのですが、図書館を利用した際読みたい本が無く新品でいつも買っています。

皆さんは、図書館で借りるのと書店(新品or中古)で買うのはどちらが好きですか?

Aベストアンサー

買います。
読書が好きなので、本を書く人の収入が途絶えては書けなくなって読みたい本が無くなってしまって困る、と考えて新刊を買います。

本に限らず音楽や映像も同じように考えます。

図書館では絶版や高価すぎて手に入れにくい本を閲覧します。

Qサクサク読める小説を書く人を教えてください 有川浩さんは読みやすいですよね

サクサク読める小説を書く人を教えてください
有川浩さんは読みやすいですよね

Aベストアンサー

>有川浩さんは読みやすいですよね
⇒はい。

池井戸潤や東野圭吾も読みやすいです。(^_^;)
逆に真保裕一はちょっと苦手・・・。

Q一人称視点で、これだ!というようなオススメの小説はありますか? ジャンルは何でもいいです

一人称視点で、これだ!というようなオススメの小説はありますか?
ジャンルは何でもいいです

Aベストアンサー

コナン・ドイル『緋色の研究』
 シャーロック・ホームズ・シリーズ第一作。御存じワトソン医師が語り手。このシリーズ作品は、どんな人を通じて何をいつ語らせると効果的なのか、よく考えられている。
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
 戦時下を生き延びる双子の少年たちが主人公の一人称複数ぼくらによる作文で語られる。
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』
 デブ、SFおたく、生涯童貞の三重苦の主人公オスカー・ワオについて他者が語る。
デュマ・フィス『椿姫』
 椿姫の遺品を巡って、私とぼくが語り手となる。私が遺品の『マノン・レスコー』を競売で手に入れたところ、椿姫の元恋人が遺品を譲ってくれとぼくが現れる。ぼくは椿姫との恋物語を語り出す。

E.ブロンテ『嵐が丘』
ウィルキー・コリンズ『月長石』
 登場人物が入れ替わり立ち代わり語るスタイル。読者は誰をどのくらい信じればいいのか混乱する小説。

ドストエフスキー『地下室の手記』
D.E.ウェストレイク『斧』
J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』
シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』
エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』
 語り手を正常と思えなくなる効果が出ている。

夏目漱石『坊っちゃん』
安部公房『箱男』
ウラジミール・ナボコフ『青白い炎』
カズオ・イシグロ『日の名残り』
W.C.フラナガン(小林信彦)『素晴らしい日本野球』
 読者は語り手を信じられるか、信じていいのかという作品。
 坊っちゃんは単純、皮相的な読み方をするのが健全だと思うが、第一印象で相手を判断し、自分の好き嫌い、快不快に従って意地を張って生きるはた迷惑な青年が語らないままなことは何かという観点で読むのも一興。

パーシヴァル・ワイルド『探偵術教えます』
 通信教育で探偵術を習っている主人公がレッスンに従い事件を解決した毎月の報告記からなる一人称書簡体のユーモアミステリ連作短編集。

夏目漱石『吾輩は猫である』
江戸川乱歩『夜歩く』『人間椅子』
H.F.セイント『透明人間の告白』
乙一『夏と花火と私の死体』
平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』
 普通の人間以外が一人称で語る。漱石が猫に語らせたのは大きな工夫で、一人称で語ると語り手が居合わせなかった場所で起きたことは伝聞、手紙などでしか知る場面は描きにくいところを、始終居なくなったかと思えばいつのまにか戻っていて長時間眠り続けるわけでもない猫であれば半径50m圏内なら出没も不自然ではない。
 では猫のように密かに誰かの生活を覗いている者が居たらとか、椅子の中に人間が潜んで美女が座るのを待ち構えていたらという変態趣味が現れた作品もある。
 居るのがばれたらまずいから声を立てずにじっとしている人、無生物、すでに死んでしまった人など、変わった語り手もいる。

ツルゲーネフ『初恋』
伊藤左千夫『野菊の墓』
幸田文『おとうと』
 愛する人の追想、回想、あるいは同居の身近な家族を看取るまでについて語られる。

森鴎外『澁江抽斎』
大岡昇平『野火』
有吉佐和子『複合汚染』
色川武大『百』
 これらは一人称で語ることで却って私的体験談にとどまらない味わいを深くしている。

コナン・ドイル『緋色の研究』
 シャーロック・ホームズ・シリーズ第一作。御存じワトソン医師が語り手。このシリーズ作品は、どんな人を通じて何をいつ語らせると効果的なのか、よく考えられている。
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
 戦時下を生き延びる双子の少年たちが主人公の一人称複数ぼくらによる作文で語られる。
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』
 デブ、SFおたく、生涯童貞の三重苦の主人公オスカー・ワオについて他者が語る。
デュマ・フィス『椿姫』
 椿姫の遺品を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング