先日、立風書房から出版されている「暗黒のメルヘン」という本を読みました。その中に収められている一篇の、小栗虫太郎の「白蟻」という作品についての質問です。
ところが、途中途中に「×」や「○」で読めない箇所や「(以下601字削除)」といった記述があり、少々分かりにくく感じました。編者(渋沢龍彦氏)の解説にも何も書いてありません。恐らく差別的であったりして削除されたのではないかとは思いますが、その経緯についてご存知の方、教えて下さい。
また、全文が読める本等もあればその情報もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

青空文庫にその本がカタログされています。

読んでないので「X」などがあるかどうか知りませんが、参考までに。

小栗虫太郎
書籍名 : 白蟻
底本 : 「小栗虫太郎傑作選II 白蟻」現代教養文庫、社会思想社
1976(昭和51)年9月30日発行
底本の親本 :
入力者名 : 酔尻焼猿人

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
マイナーな方らしく、情報が無くてどうしようもなかったのです。早速探してみます。

お礼日時:2001/07/29 02:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ