あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

これまでエホバ以外の勧誘をされたことがなくて
(家の浄土宗を除くと)人生で2度目の宗教の勧誘で
折角の機会なので一度経験してみたいと思って行ってきました

ちなみに宗教に入りたい願望は元々ない人種です
でも世の中絶望だらけだし、入る人の気持ちが分からなくもないので、
入ってる人を責めたり否定するつもりも全くないです
ただ私はその時間、趣味に費やしたいと思う方でして、時間のかかる宗教に興味がないのです
家の仏教もいわれるがまま、一応形だけやっているのみです

ただ、知的好奇心があって、機会があるなら何らかの宗教のお話を聞きたいとは思ってました
それで自分の世界が変わって宗教に没入するならするで、良いとも思ってました
ですから、話は(自分のリソースを割く以上)私の持てる全力で聴きました

万が一身バレすると何となく怖いので宗教名や詳細は伏せます

お話の中で、疑問だったのは
「ネットを見てはいけない、(この宗教の)良い事なんて一つも書いてないし分からない」
「(この)宗教の批判をしたら地獄に落ちる」
「(科学的に判明している事象を用いて)これがこの宗教でしか受けられない奇跡」
「死後天国に行ける方法を教えているのはうちだけ」
みたいな事を言われたんですけれど
別にそんなことはないよなあと思ってしまいました

この宗教に限らず、新興宗教とはどこもそんなもんなんでしょうか??
宗教については基本的に無知なので、ここが特殊なのか
どこも似たようなもんなのか、気になりました

その他、数日に渡って聴いた(信者さん曰くまだまだたくさんあるという)話の中でも
2,3の矛盾を感じる事を堂々と述べていて
結局私自身はこの宗教を信仰するつもりは全く起きなかったのですが
案の定というか、「もう一度聴きに行こう、そうすれば分かる」
「おさらいをしないと(ここのいいところが)分からないんだ」としつこく薦めてきます
しまいには「(諸事情で)モニター越しだったから分からなかったんだ」とまで言われて辟易。
対面じゃないと通じない話って、それ大麻でも使ってるんですか?みたいな…怖くなり。
(そういう悪質過ぎる宗教ではないようです、ここは確認済み)

「個人の信仰する宗教を否定するつもりはないし
貴方は貴方で今後も信仰したらいいと思うけど、私はしない」と断りを入れたら、
裏切られた、信じてくれると思った、みたいな…期待が強すぎるようで納得してくれず
「違う方法で聴けばイイって分かるから」と本当にしつこいです
奇跡の件も、私の中では既に決着がついているのですが
信者からすれば奇跡なのだろうし、、何を言っても平行線をたどる気がして、
疲れたので話は途中で打ち切りました
その時に見るからにションボリしていた(今にも泣きそうな)顔が忘れられません…

この一連の流れのせいで、
今後この薦めてきた友人と疎遠になりそうで、どうしようかなと思っています
(数年前に入ったばかりの友人とは元々とても楽しく会話できる長い付き合いです)

こういう時って、どうしたらいい感じに収まるんでしょうか?
出来れば縁切りはしたくないですし、私は宗教に入らない方向で(笑)いきたいです

そんなところ最初から行かなければ良かったんだ、という類のお説教は無しでお願いします
自分なりに痛感していますので今後例え他のに誘われても二度と行きません(´・・`)

だらだらとした長文で申し訳ありません
最後まで読んでいただいて気が向いたら、ご意見いただけると嬉しいです

A 回答 (4件)

この宗教に限らず、新興宗教とはどこもそんなもんなんでしょうか??


宗教については基本的に無知なので、ここが特殊なのか
どこも似たようなもんなのか、気になりました
 ↑
似たようなものです。
・自分の頭で考えてはいけない。
・ただひたすら信じるのだ。
・批判したら地獄。
・信仰したら病気が治った、という例を紹介。
・寄付をせびる。
・信者を増やすことが至上命題。
・会誌を売りつける。



今後この薦めてきた友人と疎遠になりそうで、どうしようかなと思っています
(数年前に入ったばかりの友人とは元々とても楽しく会話できる長い付き合いです)
こういう時って、どうしたらいい感じに収まるんでしょうか?
出来れば縁切りはしたくないですし、私は宗教に入らない方向で(笑)いきたいです
 ↑
宗教は怖いですよ。
当人は良いことだと堅く信じていますので
余計にやっかいです。

元ヤクザの知人から聞いたことがあります。
「どんなに良い人だと思っても、ヤクザとは付き合っては
 いけない。
 親子友人の関係さえ、利用せざるをえなくなるのが
 ヤクザという組織なんだ」

似たモノを感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この宗教について調べると、懇切丁寧に
全ての事柄について否定とその根拠を述べているブログ?に当たります
結末は「そういうのを詐欺っていうんですよ」でした

私自身は、自分の時間を累計3日ほど使われた程度で
お金をもぎ取られたりはしていないのですが、心がどっと疲れました…
友人からの連絡がくると、見る・取るのが怖いです

ヤクザがおさわり厳禁なのは周知の事実ですが
宗教もお触り厳禁だったんですね
この度、遅ればせながら痛感したので
残念だけど、なるべく疎遠にしていこうと思います

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/20 15:28

その新興宗教はインチキでたらめ、イエスキリストが信じるに値する御方聖書をよむ。

    • good
    • 0

多少人間関係がわるくなっても、 逃げるべきです。


自分には合わない。ぐらい簡単な理由でOK。
あまりくどくどと説明しようとすると、相手のペースに引き込まれるおそれが有ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんです、言葉巧みにアレコレまくし立ててくるので
いつもの様子と違って怖いし、平行線辿ってしまうので疲れます

やっぱり元の関係に修復するのは厳しいですかねえ…
親しい友人だったので残念です

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/20 15:31

さぁ・・・。



「自分にとっての真理が
絶対的真理」
の世界ですからねぇ。

個人的には
「いい加減がイイ加減」
だと思いますよ。
その程度の、グータラな方が
気持ちが救われます。私はネ。

「生き仏様も仏様」だと私は考えています。
生き仏様って、
自分を含めた生きている人間です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教や仏教やイスラム教やヒンドゥー教等は 何とか統一できないものか?

宗教が統一できれば世界的に平和にも近づくのではないでしょうか

どうやるのかは分かりませんが 統一教会はキリスト教の神霊を統一しようとして失敗した

キリスト教に拘らず 全ての人に 無宗教の人にも納得の行く教えを練り出せないものか?

まずはそれらの宗教の代表が会議してる様なので もっと危機感を持って

自分から変わる意識を持って 緊張感を持って月に一度でも2週に一度でも会議を2,3日

かけても何とかして宗教が協力して進化する様な宗教哲学を活性化出来ないものでしょうか?

Aベストアンサー

宗教間対話は、共通の目的を、確認し合う事からだと思います
その第一が
「生存の権利は、誰人と言えども、いかなる理由であっても
これを犯してはならない」
と言う事です

ダライラマ等が参加する、宗教間の対話など
ただのパフォーマンスに過ぎず、下心がミエミエで
何の問題の解決にもなりません

宗教間対話」のあり方として
「積極的寛容」を提示しなければなりません
①それぞれの宗教が「原点の心」に基づく、
②「独自性」と「共通性」を自覚する、
③自己の宗教の「創造的発展」、
④人類的課題の克服に協調することを目的とする
等が挙げられます、

柳沼正広氏による第2章「キリスト教と諸宗教 宗教の神学」では、
キリスト教が他の諸宗教をどのように考えてきたかが述べられています。
諸宗教に対する考え方として、
排他主義、包括主義、多元主義、多元主義への批判を取り上げています。
他宗教を理解する努力のなかで、
自身の宗教への理解や反省が深められていく
宗教間対話の持つ重要性について論じています。

中国における中心的な思想である儒教に対して、
外来宗教である仏教と、儒教より後に成立した道教が
、自らの立場を主張しつつ、互いに交流と対話を
行ってきた歴史を辿っています

統合、に必要なものは「信」です
「不信」が統合を不可能にしています
宗教間の争いを無くすには
信頼関係を結び、友好、交流活動の継続しかありません

信は  結合 善 勇気 幸福 平和 不可能を可能にします
不信は 分断 悪 臆病 不幸 戦争 可能を不可能にします

宗教間対話は、共通の目的を、確認し合う事からだと思います
その第一が
「生存の権利は、誰人と言えども、いかなる理由であっても
これを犯してはならない」
と言う事です

ダライラマ等が参加する、宗教間の対話など
ただのパフォーマンスに過ぎず、下心がミエミエで
何の問題の解決にもなりません

宗教間対話」のあり方として
「積極的寛容」を提示しなければなりません
①それぞれの宗教が「原点の心」に基づく、
②「独自性」と「共通性」を自覚する、
③自己の宗教の「創造的発展」、
④人類的課題の克服に協調...続きを読む

Qなぜ神様は恵まれない人たちを救済しないのですか?

なぜ神様は恵まれない人たちを救済しないのですか?

Aベストアンサー

人の幸不幸は、神に原因があるのではなく、自分自身にあるのです。

神に原因であれば救っていただける場合もあるでしょうけれど、人間(本人)に
原因があるのであれば、自分で何とかしなければならないし、自分でしか救えない
ものなのです。
逆に、自分に原因がある事を自覚して、真剣に努力すればその不幸な原因からも
幸福へと転換出来るという事です。これを『宿命転換』と言います。

Q国家とは?

国家とは?

Aベストアンサー

二階建ての構造に成っていると捉えるとよいでしょう。

《一階:スサノヲ市民社会 ‐ 二階:アマテラス公民圏》連関として。

・ アマテラス公民圏:アマテラス公務員+アマテラシテ(元首)

・ アマテラシテ(元首):国王・象徴・大統領

・ 主権在民にもとづき 二階の権力は やがて一階に大政奉還す
るようになるでしょう。

・ 一階である世界のムラ・ムラ(市町村)が互いに連帯して 第
二階としての・狭義の国家を主導する世界的な共同自治のシステム
に移って行くことでしょう。
(インタナショナルなインタムライズムと言います)。

Qもし、日本にキリスト教がもっと普及していたら?

アメリカでは、人口の70%がキリスト教徒だそうです。
日本では、キリスト教徒は人口の1%です。その割には、クリスマス、バレンタイン、ハロウィンなどキリスト教の行事が盛んですが。
それはさておき、
もし、日本に、キリスト教が、もっと普及していたら、日本は変わっていたと思いますか?日本の社会や国民性は変わっていたと思いますか?もしそうなら、どのように変わっていたと思いますか?

Aベストアンサー

日本は「宣教師の墓場」といわれていたくらいで、西洋では知識階層の宣教師の論法が日本の農民に論破されるくらいですから、普及することはあり得ないと思いますよ。ザビエルが日本を撤退するとき、「ほとほと疲れた」と書いています。

インドが200年イギリスに支配されてもキリスト教が布教できなかったり、中国にも景教以外のキリスト教はほとんど入っていません。アブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など)に対抗できる精神的風土を持つ国にはキリスト教は進入できませんでした。持っていなかった韓国のキリスト教はカトリックやプロテスタントではなく、カルト教会が大部分で、代表が統一神霊協会です。

Q地球と人間はどちらが大切なのでしょうか?

愛は地球を救うと言う夏のチャリティ番組もありますが

人間が救われないと 地球を救っても何かおかしい様な?

確かに地球環境を守るか改善しないと人間も生きて行けなくなるかもしれませんが

人間が滅びてもまた進化した知的生命体が生まれるでしょう。

しかし僕らは人間だから人間が滅びたら何になるんだろうか?

この悲惨な世界で人間が大事か 地球が大事か?

Aベストアンサー

こういう問題は、極論すると
わかりやすくなると思います。

科学技術が発達して、人間が宇宙に住めるように
なった場合を想定してください。

地球が無くなっても、人間は宇宙で生き続ける
ことが出来ます。

つまり、人間にとって、地球の存在は必須では
ないのです。

人間の方が大切です。

Q外国では無宗教の方は何をしでかすか分からない危険な奴と思われるそうですが、テロのニュース等を見ると宗

外国では無宗教の方は何をしでかすか分からない危険な奴と思われるそうですが、テロのニュース等を見ると宗教に入っている人達の方がよっぽど危険に思えます。

どうして無宗教は危険な奴と思われるんでしょうか?

Aベストアンサー

たぶんあなたの言っている文化圏は欧米のキリスト教文化圏だと思うので、それを前提にしますが、ポイントは二つあると思います。

①日本人の「無宗教」に対する誤解。
②キリスト教徒の、非キリスト教徒に対する偏見。



①の説明。

日本人の「無宗教」とは、純粋に「信仰する宗教がない」と言う意味であり、他の宗教の存在を否定する意味ではありません。しかし、海外で言う無宗教は、一神教のキリスト教やユダヤ教、イスラム教の神の存在を否定する思想だと思ってください。

日本人の思う「無宗教」とは、海外で言うところの不可知論者に似ます。
不可知論者は特定の宗教を持ちませんが、他人が信じている神を否定し、他の宗教を攻撃する事もしません。
しかし、海外で言う無宗教論者は、特定の宗教を持たないのは同様ですが、他人が信じる神を否定し、他の宗教を攻撃します。

言い方を変えれば、不可知論者は信仰の自由を侵害しませんが、無宗教論者は信仰の自由を侵害します。人権と聞くと、日本では宗教問題はあまりイメージされないでしょうが、海外でいう人権とは信仰の自由がメインになります。

あなたは、無宗教者を信仰の自由を侵害する思想だと思っていないので、このような疑問を抱くのだと思います。信仰の自由を侵害する思想は、特に海外では危険視されます。



②の説明。

①では本来の無宗教の説明と、その危険性について語りましたが、キリスト教徒の非キリスト教徒への偏見も問題があります。あなたはどの国のキリスト教の事か明言されていませんが、仮にアメリカとします。

アメリカは実は宗教色の強い国で、非キリスト教徒への偏見はかなり強いです。例えば、日本人女性がアメリカに留学した時に、キリスト教の牧師に「あなたはキリスト教を信仰していないのに、あなたには道徳心がある。理解できない。」と言われたそうです。彼らは、キリスト教徒しか道徳心は持っていないと考えています。

日本人で、「神道、或いは日本仏教の信者でしか、道徳心を持つ事はありえない。」という思想の人は、探すのも大変でしょうし、もしもいたらその人は相当なキ○ガ○です。

しかし、アメリカでは、「キリスト教徒しか、道徳心を持たない。」と言う思想は珍しくなく、普通の牧師でも結構います。そういう人からすれば、仏教徒でもそう思うのですから、キリスト教の存在そのものを否定する無宗教論者などは、許しがたく危険な連中と思うでしょう。




参考までに。

たぶんあなたの言っている文化圏は欧米のキリスト教文化圏だと思うので、それを前提にしますが、ポイントは二つあると思います。

①日本人の「無宗教」に対する誤解。
②キリスト教徒の、非キリスト教徒に対する偏見。



①の説明。

日本人の「無宗教」とは、純粋に「信仰する宗教がない」と言う意味であり、他の宗教の存在を否定する意味ではありません。しかし、海外で言う無宗教は、一神教のキリスト教やユダヤ教、イスラム教の神の存在を否定する思想だと思ってください。

日本人の思う「無宗教」とは、海外...続きを読む

Qこれまで数千人の命を救ってきた天才外科医1人の命となんの取り柄もないニート50人の命。どっちが大事で

これまで数千人の命を救ってきた天才外科医1人の命となんの取り柄もないニート50人の命。どっちが大事ですか?

Aベストアンサー

政治や経済、そして社会の利益から考えれば、天才外科医1人の命のほうが大事です。

でも、人道的にはどちらも大事、と云うしかありません。

宗教的には、ニート50人の命のほうが大事です。
本質的には、数は関係ありませんが、あえて選択するならと云う事です。
なぜかと云えば、天才はニートよりは理性という点において、数段神に近いという立場を確保しているからです。

だから神は、神にとっての遠い存在である“弱者”への想いが強いのです。

Qクリスチャンではない日本人の意識について 私はクリスチャンではないのですが、よくさまざまな教会へ行き

クリスチャンではない日本人の意識について

私はクリスチャンではないのですが、よくさまざまな教会へ行きます。
教会によって違った特徴があるのでそれを目的に見に行っているといってもいいかもしれません。

今回は旅行先の沖縄で日曜礼拝に参加しました。
そこは観光地なので、会う人達に「今日はどこへ行ったの?」と聞かれるので、普通に礼拝に行ってきました。と伝えると、ワンテンポおいてから「へぇ、、、」みたいな返事になってました。(その後で、クリスチャンだったんか…と影で言われました)また、その教会の道中、道を聞いたりすると地元民でも「ちょっとそこはよくわからないかな」といって濁されてる感がありました。

私は宗教関係は特に何も意識することはないのですが、日本人的には気にしちゃうのでしょうか?地域差とかあるのでしょうか?もしかして、タブーだったりするのでしょうか?

沖縄は教会が多いイメージがあって、他の県より抵抗みたいなのが少ないと思っていたのですが、そんなことはなかったみたいです。

詳しい方教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私は沖縄県民ですがキリスト教だけが偏見があるのでは無く、布教活動のある宗教に良い印象が無いと思います
私は歴史的な寺社仏閣を巡る事は私も好きですし、遺産的な価値のあるイタリアの教会には憧れもあるので貴女の気持ちはわかります。
しかし信仰心もマナーも無くパワースポットと呼ばれる場所へ行けばご利益があると勘違いした有象無象の観光客と一括りにされると嫌だなとも思っています。
日本だと人の信仰は自由だけど関わりたくないと思うのが大多数かと思いますが、そ
私は沖縄県民ですがキリスト教だけに偏見があるのでは無く、布教活動のある宗教に良い印象が無いのだと思います
日本では他人の信仰は否定しないけど勧誘してくる宗教には関わり合いたくないのが一般的ではないでしょうか?
単純に沖縄は戦争で死体がゴロゴロあったので死体置き場の後にアメリカ人が建てた教会が結果的にゴロゴロあるだけだと思います。
なので慰霊碑的な宗教施設だと思うんですね。礼拝は洗礼を受けた家族が習慣で通うようなイメージです。

Q一概には言えないかもしれないのですが、トルストイとか昔の文豪の小説を読んでいると、ストーリーとは関係

一概には言えないかもしれないのですが、トルストイとか昔の文豪の小説を読んでいると、ストーリーとは関係のない会話が煩わしく感じられるのは、一体何故なのでしょうか?私の問題ですか?それとも、作家や時代の問題?

Aベストアンサー

欧米文学の特徴のように思えます。

本筋とは無関係なことを、延々と何ページにも
渡って展開する、というのは欧米の小説に
よく見られる手法です。

人物描写にしても、物語の展開の過程で
紹介すればよさそうなものを、
これまた数ページにわたって、こういう性格
なんだ、人物なんだ、と紹介しているのは
うんざりします。

一説には、ページが多くなればなるほど、
作家も出版社も儲かるからだそうです。

Q哲学カテ界隈で話が噛み合わない現象が起きるのは何故だと思いますか?

タイトル通りです
自分で色々考えてますがたまには
他人の意見聞いてみたくなったので質問しました

私個人の現在の考えでは
「質問という体で問いかけしてるが
実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が
欲しいだけなんとちゃうかな」
って考えが主流となってますね

「話が噛み合わない現象なんて起きてないよ!」
って思う人はこの質問スルーしてください
尚、この質問は哲学的な問答を求めていません
アンケートみたいなものです

Aベストアンサー

>私個人の現在の考えでは
「質問という体で問いかけしてるが
実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が
欲しいだけなんとちゃうかな」
って考えが主流となってますね

顕著ですね。
基本的に素人の集まりにすぎないので、質疑を交わすこと自体が問題を次第に掘り下げていく形になる場合が多いと思います。
持論を述べるのはむしろたたき台として必要なわけですが、しかし、賛同者を求めるのが目的の人は、その過程を重視せずに、相手を持論に引きずり込むことだけを考えている。
最初から質問が目的じゃないので噛み合うはずがない。

そういった輩と、真摯に何かを探求しようとする人との違いは、論理的な根拠を示しつつ持論を展開しているかどうか、という点。
賛同を求める乞食の輩は、論理的な根拠が提示できなくなると、強引にかぶせてきますからすぐに判別できる。
どうでも良い箇所では物分かりの良い顔して猫なで声を出すのが得意ですが、いざ本丸に攻め込まれると見境も無く髪を振り乱してあたふた大声で怒鳴り散らす。
おだてられての木登りも大得意。

それでも論理を辿ることさえお互いできれば、そんなに大きな齟齬は生じないものです。
で、そういう輩に限って、自分の質問に回答がひとつもつかなかったりすると、自分の頭が良すぎて他人には理解できないのだ、などと妄想に浸りつつ、ひとり悦にいったりする。
ダダを捏ねる赤ん坊みたいなもので、誰か面倒を見てくれる人がいると世の中は平和で助かる。
見解の相違だね、とお互いに質疑を保留できる余裕があるうちは、可能性がまだある。

>私個人の現在の考えでは
「質問という体で問いかけしてるが
実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が
欲しいだけなんとちゃうかな」
って考えが主流となってますね

顕著ですね。
基本的に素人の集まりにすぎないので、質疑を交わすこと自体が問題を次第に掘り下げていく形になる場合が多いと思います。
持論を述べるのはむしろたたき台として必要なわけですが、しかし、賛同者を求めるのが目的の人は、その過程を重視せずに、相手を持論に引きずり込むことだけを考えている。
最初から質問が目的じゃな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング