グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

繋がる の可能形は何ですか。繋がられるですか。

質問者からの補足コメント

  • 一旦なるほどと思いましたが、よく考えると繋がるの未然形は 繋がら-ない なので、やっぱり 繋がら-れる では?
    聞き慣れない言葉ですが。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/03/21 09:38
  • お礼のところで、一点分からないと書きましたが、五段動詞の可能形の標準はいわゆる可能動詞(-e-ru) であるということですね。よく分かりました。

    No.10の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/03/21 18:50

A 回答 (18件中1~10件)

何だかいろいろ錯綜していますね。



まず、可能形(可能動詞・可能構文)というのは、すべての動詞についてあるわけではありません。

   可能構文は意志的な行為について述べるため、通常、主語は有情物であり、
   動詞は意志動詞に限られる。
                『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

例えば、自然現象である「雨が降る」「雷が鳴る」は、
   ×雨が降れる  ×雷が鳴れる
とは言えません。

人間の非意志的な動作、例えば「財布を忘れる」も、
   ×財布を忘れられる
で、可能形は使えませんが、「嫌なことを忘れる」なら、「忘れよう」と努力して、
    嫌なことを忘れられた/忘れられない
のように可能形が使えます。

「つながる」も、
    この路線は地下鉄につながっている
では非意志ですが、
    世界の人とつながろう!
のような用法なら意志動詞です。

「意志動詞」というのもよく分からないところがありますが、ある動詞が意志動詞かどうかというよりも、用法ごとに考えるべきでしょう。

さて、「つながる」の「可能形」ですが、ひらがな単位でやるよりも、形態論の分析はローマ字を使ったほうがいいでしょう。

   可能構文の述語動詞は、動詞の語幹に可能の接辞をつけて作られる。可能構文は、
   動詞の語幹に接辞「-e-ru」(I型動詞の場合)や「-rare-ru」(Ⅱ型動詞、「来る」
   の場合)が付加した派生動詞によって表される。
           『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

「つながる」は五段動詞(I型動詞)ですので、
   tunagar -u → tunagar -eru つながれる (「つながられる」は受身形)
です。
  例 世界の人々とネットでつながれると思ったのだが、なかなかうまくつながれない。

「可能動詞」という言い方は、五段動詞の場合、助動詞「れる・られる」の付加による
   よむ → よまれる
の形ではなく、普通は「よめる」が可能を表す形として使われるので、それを「よむ」とは別の独立した動詞として名付けたものでしょう。(すみません。この辺の事情はよく知りません。)

この「よめる」という形は、ひらがな単位での分析では「よむ」から作ろうとすると無理があるので、可能形とは呼びたくないのでしょう。

上の、ローマ字を使った(つまりは音素表記?)なら、語幹に「れる」ではなく「-e-ru」をつければいいわけです。

なお、大辞林などが「可能動詞」を付記していないのは、「つながる」の多くの用法が非意志的なものだからではないでしょうか。上に書いたように、ある動詞の用法全体が意志的(つまり可能動詞がありうる)あるいは非意志的であるとは言えないので、その動詞の「可能動詞」が[ある/ない]とどちらかに決めることは難しいのです。

以下は補足的なことです。

「つなぐ」「つなげる」の可能形は、
   tunag -u → tunag -e-ru (可能動詞)  (「つながれる」は受身形)
tunage -ru → tunage -rare-ru (元が一段動詞なので「可能動詞」はない)
です。
この二つの「つなげる」は、上は「つなぐ」の可能形(可能動詞)で、「~できる」の意味を持ち、
下は単なる他動詞です。
   恥ずかしくて手をつなげない。(つなぐことができない)
   コードとコードをつなげる。(結びつける・延長する)

可能の「れる・られる」について、いまだに国語辞典などが「五段動詞は未然形に「れる」がつく」としているのはちょっと驚きでした。
   読まれる 書かれる 泳がれる 死なれる 解かれる 持たれる 言われる 切られる
などを可能の意味で使われると、誤解が生じるのではないでしょうか。(もちろん、普通「読める・泳げる」が使われる、とは注記してありますが。)

saburoo
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
よく分かりました。一点だけ分からないのは、

> 「つながる」は五段動詞(I型動詞)ですので、
   tunagar -u → tunagar -eru つながれる (「つながられる」は受身形)
です。

受身形と可能形はいつも同じだと思っていたのですが、異なる場合もあるということですか。

お礼日時:2019/03/21 18:23

繋がることができる

    • good
    • 0

まず、「つなぐ」の意味を辞書で確認してみてください。


http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …
「つなぐ」の可能の形には、次の二つがあります。
①つなげる…五段活用動詞「つなぐ」から下一段化し、可能の意味を表した語。
「つなぐことができる」の意味。
例 彼女と手をつなげる。
②つながれる…五段動詞「つなぐ」の未然形に、助動詞「れる」が付いた形。
意味は①と同じだが、現代ではこの形はめったに使われない。
例 彼女と手をつながれる。

ややこしいのは、上の可能動詞「つなげる」とは別の「つなげる」があることです。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …

この「つなげる」の場合は、下一段活用なので、可能動詞はありません。
(対応する可能動詞を持つのは五段活用動詞だけです。))
無理に作れば「つなげれる」になりますが、これはいわゆる「ら抜き言葉」です。
「つなげる」は上記のように下一段活用なので、その未然形に「られる」が付いて、
「つなげられる」となります。これが「つなげる」の可能の形です。

補足1
助動詞「れる」は五段活用動詞とサ行変格動詞の一部の未然形に付き、
助動詞「られる」は上一段活用動詞、下一段活用動詞、カ行変格活用動詞、
一部のサ行変格活用動詞の未然形に付きます。
五段…書く→つなぐ→つながれる、書かれる、読む→読まれる
サ変A…する→される
上一段…見る→見られる、降りる→降りられる
下一段…つなげる→つなげられる
カ変…来る→来られる
サ変B…論ずる→論ぜられる

補足2
助動詞「れる/られる」は、自発・可能・受け身・尊敬の意味を表します。どの
意味かは、文脈によって変わります。

補足3
「見れる」「出れる」などの「ら抜き言葉」は、将来標準的な言い方になる可能性
がありますが、現在の規範文法(学校文法)では誤りとされています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/22 17:33

>「日本語文法」では認めているのですか。


五段動詞だけ「可能動詞」があるのではないのですか。

一般には五段活用動詞だけに「可能動詞」があり、その他の活用にはないといわれています。(いわゆるラ抜き言葉)、しかし、学者の中には将来はそういう「見れる」「寝れる」「来れる」「できる」が普通になるだろうと予測する人もいます。実際に「ネット」上にも使われています。私自身「来れる」や「できる」は無意識に使っています。「合格できる」など皆使っているのではないでしょうか。「できる」など使うのが当たり前だという人もあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/22 14:58

文法は万能ではありません。


現実に使われている、言葉、多くの表現を分類・分析して体系つけたのが文法です・
あなたの考え方はまず文法ありき・・・です、本来の文法とは逆の考えです。
繋ぐ、の可能形ありきが前提の質問です、可能形?、そんなものありません、だとしたら、ありえない質問していることになります。
繋ぐ、+がる、または+げる。
繋がることができます、繋げることができます、どちらも日常でも使われる言葉です。
これをまずどういう感じで受け止め理解するかが先です、その上で文法的に整理して、文法のどの位置に阿多は目られるか。
繋がる → 勝手に、自然に、意図せずに・・・(助動詞、自発、受動、使役、の自発に近い?)、繋げる → 意識して、他から何等かの影響を与えて(助動詞、自発、受動、使役、の使役に近い?)。
包丁 → よく切れる(助動詞 れる・・この場合は可能)。
ゴム紐 → よく伸びる(よく伸びれる、またはよく伸びられる、あなたはこんな表現するんですね!、ということになります)。
    • good
    • 0

#9です。


#10のniwa 先生のご回答は参考になりました。


特に「つながる」は意志動詞を無意識に想定していたのですが、非情物で非意志動詞の場合もあるという点です。

世界の人と繋がれる。

とは言えても、

この路線は地下鉄に繋がれる。

とは確かに言わないですしね。


「世界の人と繋がれる」
tunagar -u → tunagar -eru つながれる
という構図も教えていただきました。

「これだけ明るいと新聞も何とか読める」
yom-u→yom-eru よめる
「はしごを使えば屋根まで上がれる」
agar-u→agar-eru あがれる
「プールがきれいなので安心して泳げる」
oyog-u→oyog-eru およげる

なども同様かと思われます。
ところで個人的には、
「これだけ明るいと新聞も何とか読まれる」
「はしごを使えば屋根まで上がられる」
「プールがきれいなので安心して泳がれる」
なども違和感はありません。
音素としては、
yom-u→yom-ar-eru よまれる
agar-u→agar-ar-eru あがられる
oyog-u→oyog-ar-eru およげる
となるんですかね。

「こんなに暗いと新聞も読まれない」
「はしごを使っても屋根まで上がられない」
「プールがきたないので安心して泳がれない」
といった否定形だと違和感はさらに薄れます。
いずれも大辞泉でいうところの 未然形+「れる」の形です。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/235119/meaning/m …

しかし、
「世界の人と繋がられる」
「世界の人と繋がられない」
といった文はどうしても受け付けません。
これは感覚的なものにすぎないのか、または、なんらかの法則によって当然のことなのか。
そのへんのことで若干もやもやしています。
音素としては、
tunagar -u → tunagar -ar-eru つながられる
となるのでしょうか。
ここにきてふと思ったのですが、
「彼ならもう少し食い下がられる」
kuisagar -u →kuisagar -ar-eru くいさがられる
も受け付けませんね。
食い下がれる
です。
一方、
「この馬なら背が低いので容易に跨られる」
matagar -u →matagar -ar-eru またがられる
は受け付ける。
特になんらかの法則があるようにも見えませんね、今の段階では。
niwa 先生の解説を理解しきれていないのかもしれませんが。
どう思われますか?


因みに、日本語文法とか国文法とかの違いというものは全くわからない浅学の者ですが、ウィキには、

類似の動詞
可能動詞と別に、五段活用に対する下一段活用(古くは下二段活用)の自発動詞も数は少ないが存在する。例えば「切る」に対する「切れる」や、「裂く」に対する「裂ける」などがある。

という記述があるようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD …
    • good
    • 0

余談です。


「吹く」には自動詞(風が吹く)と他動詞(笛を吹く)があります。(知る人ぞ知る)下記辞書では、1が自動詞、2が他動詞と考えられますが、
 [可能]ふける
となっています。と言うことは、この辞書の「可能動詞」は他動詞にのみ言えることで、あまり信用できないことになります。難しいもんもですね。

【デジタル大辞泉】

ふ・く 【吹く/噴く】
[動カ五(四)]

㋐(吹く)空気が流れ動く。風が起こる。風が通ってゆく。「そよ風が―・く」
㋑内部から水や蒸気などが勢いよくとび出す。ふき出す。「血が―・く」「鍋(なべ)が―・く」
㋒今まで見えなかったものが外や表面に現れ出る。「新芽が―・く」「粉が―・いた干し柿」
㋓相場が上がる。「小豆相場が―・く」


㋐(吹く)口をすぼめて、強く息を出す。また、そのようにして物に当てる。「風車(かざぐるま)を―・いて回す」
㋑細い口から勢いよく出す。ほとばしり出す。「銃が火を―・く」「エンジンが白煙を―・く」
㋒息と一緒に口から出す。「タバコの煙を―・く」
㋓(吹く)出す息で音をたてる。「口笛を―・く」
㋔今まで見えなかったものを外や表面に現し出す。「柳が芽を―・く」「緑青を―・いた銅像」
㋕(吹く)出まかせや大げさなことを言う。「ほらを―・く」
㋖(吹く)鉱石を溶かして金属を分離させる。精錬する。「銅を―・く」
㋗(吹く)鋳造する。「鐘を―・く」
3 息をする。〈名義抄〉

[補説](1) 風が吹きわたるときの音、または口をすぼめて息を出すときの音がもとになってできた語という。(2) 1㋒と2㋔とは、結果は同じ状態を意味するが、2㋔は内部からの力や勢いがそのような状態にするという観点に基づくもの。(3) 2㋕は「また、調子に乗ってふいている」のように自動詞的にも用いる。

[可能]ふける
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
「可能動詞」は奥が深そうですね。

お礼日時:2019/03/21 19:36

#9です。



> 繋が-らない

ですか。そうすると活用は、

繋が-らない
繋がり-ます
繋がる
繋がる-とき
繋がれ-ば
繋がれ

になるのですか。

あ、そうですね。
可能表現(未然形接続)と可能動詞(語幹接続)を混同していたようです。
とりあえず「 繋が-らない」は撤回します。
失礼しました。
もう少し考える時間をいただいて、まだ開いているようでしたら、さいどおじゃまさせていただきたいと思います。
    • good
    • 0

No.10の方のご回答を見て、「可能動詞」や「可能形」には、「意思動詞」であることが条件になる点に納得しました。

特に「可能動詞」においてはそうですね。とすれば「繋がろう」という意思があれば、「繋がれる」という可能動詞が存在していいわけです。地下鉄の「〇〇線は××線に繋がれる」とは、言えないけれど、「各国の人々と心が繋がれる」と言えるわけですね。
 もう一つ、五段活用の動詞は問題なく可能動詞が作れるなら(すなわち意思動詞であれば)、「歩かれる」という可能形は必要なく、「歩ける」という可能動詞が使えると言うことですね。
 これで、質問者も納得されるでしょう。
 しかし、その外の活用(上一・下一・カ変・サ変)をする動詞(意思動詞)の「可能動詞」(「見れる」「寝れる」「できる」「来れる」)はやはりどう考えればいいのでしょうか。「日本語文法」では認めているようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も納得できました。

> しかし、その外の活用(上一・下一・カ変・サ変)をする動詞(意思動詞)の「可能動詞」(「見れる」「寝れる」「できる」「来れる」)はやはりどう考えればいいのでしょうか。「日本語文法」では認めているようですが。

「日本語文法」では認めているのですか。
五段動詞だけ「可能動詞」があるのではないのですか。

お礼日時:2019/03/21 19:25

5段活用の自動詞ですから、#3さんのご回答どおりで、



繋がれる

が正解でしょう。

繋がら-ない

ではなく、

繋が-らない

です。

ただ、文法的にはこうなるわけですが、

繋ぐことができる

とするのが自然な表現です。

因みに、

繋げる

は他動詞「繋ぐ」の可能動詞。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 繋が-らない

ですか。そうすると活用は、

繋が-らない
繋がり-ます
繋がる
繋がる-とき
繋がれ-ば
繋がれ

になるのですか。

お礼日時:2019/03/21 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。 『私は教会の時

『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。

『私は教会の時計台が見える』のように、『見える』のは『私』などの人?であって、時計台は見られる方なのでは?と思ってしまいます。

中学2年生レベルで解説お願いします。

Aベストアンサー

学校の国文法では、
『教会の時計台が見える』の主語は『教会の時計台』
と教えられます。
ちなみに『私は教会の時計台が見える』は間違いで『私には教会の時計台が見える』が正しい文です。『私には』は『見える』の修飾語であり、主語ではありません。

Q文章の内容と (、)点もないのですが おかしくないでしょうか?

以下の文章ですが!28年前の元彼女です。
---------------------------------
そんなAちゃんが私を呼ぶときの「B君」と少し小さなはっきりとした心地よい心に響く癒し的な声が印象的で昨日のように思い出されます。
-------------------
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなAちゃんが私を「B君」と呼ぶときの、少し小さい「けれど」はっきりとした心地よい心に響く癒し的な声が印象的で、昨日のように思い出されます。

「少し小さいけれどはっきりとした心地よい心に響く癒し的な」が長すぎるので、いったん削除し、2つの文に分けてみてはどうですか。

そんなAちゃんが私を「B君」と呼ぶときの声が印象的で、昨日のように思い出されます。それは、少し小さいけれどはっきりとした心地よい心に響く癒し的な声でした。

Q国文法の助動詞と日本語教育文法の接辞と語尾について

国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)とされています。
ナ形容詞(国文法の形容動詞)の場合はいずれにしても語尾(スフィックス)ですが、
イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、語尾でしょうか。

Aベストアンサー

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

  丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思うのですが、日本語文法
  では何に位置付けられているのかを知りたいのです。

というところで、「丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思う」とありますが、ここも「繋辞ではなく」なのでしょうか。

大事な用語が違っていては、何が何だかわからなくなります。

ああ、もっと後の「コメント」で、

  この形容詞(イ形容詞)に用いられる「です」は形容詞(イ形容詞)の語尾(sufix,
  суффикс)なのか、繋辞(copulă, связка)なのかという質問です。

とありますね。「語尾(sufix」ということは、「語尾=接辞(suffix)」ですね。これではっきりしました。
しかし、この「です」はどう見ても、二つの名詞を「繋いで」はいないので、「繋辞」ではありえないでしょう。

井口厚夫の説明がわかりやすくていいですね。コピュラでなく、活用語尾とも言えない。形容詞普通体の、独立できる形にくっついているだけですから。
しいて分類するなら「接辞」でしょうか。

それにしても、

  いろいろな考え方のご紹介は結構ですので、「赤いです。」の「です」を助動詞
  という用語を使わずに外国人にどう教えるのかについてだけご存知の方のご説明
  をお願いします。

という最後のコメントは強烈ですね。

「どう教えるか」という観点から言えば、この「です」の品詞論・形態論的位置づけをごちゃごちゃ考える必要はない、でいいんじゃないですか。そんなことを学生に言う必要もないし、教師も悩む必要はない。
「形容詞の後について「丁寧」の意味を加える」、と言えば終わりです。

日本語学としてこの辺の形態論を教えるなら、何か適当なことを言わなければなりませんが、「日本語文法」での定説・通説などないし、例外的な用法なので例外として扱うのがいいでしょう。

そう言えば、初めの「日本語(教育)文法」とは何を指しているのか、という問いへのお答えはないのですね。まあ、いいですけど。

saburoo

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

...続きを読む

Q「“におって”いただけますか」は、通常使う言葉ですか?

先日、テレビで、50代くらいの男性が、インタビューアに器の中の竹の微粉末を差し出して
「におっていただけますか」と声を掛けました。(もしかしたら、聞き間違いであるかもしれませんが)
この場面で、私なら、通常は「嗅いで頂けますか」とか「香り(匂い)を嗅いで頂けますか」と言う、と思います。
質問は「“におって”いただけますか」は、通常使う言葉ですか?

Aベストアンサー

方言
匂いをかぐ。《におう》京都府葛野郡631島根県725岡山県真庭郡747広島市785山口県729山口市791徳島県811高知県864熊本県天草郡936大分県941鹿児島県種子島054《にゆう》大分県大分郡・大分市941《におぐ》京都市621大阪市638

しかし、実は他動詞としての用法もあったわけです。
【二】〔他ハ四〕
(1)香りを発散させる。
*古今和歌集〔905〜914〕冬・三三五「花の色は雪にまじりて見えずともかをだににほへ人のしるべく〈小野篁〉」
(2)匂いをかぐ。かぎわける。   ←◎
*俳諧・続寒菊〔1780〕「徳利匂ふて酢を買にゆく〈芭蕉〉」
【三】〔他ハ下二〕
美しく染める。におわせる。
*万葉集〔8C後〕一六・三八〇一「住吉の岸野の榛(はり)に丹穂所経(ニホフれ)ど匂はぬ我や匂ひて居らむ〈作者未詳〉」

関西語は古い伝統を守り続けていて、それが現在では「方言」と見なされていることになります。

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q「を」か「が」

すみません、これを教えていただけますでしょうか。

下記の文章について「を」を使った方がいいですか。「が」を使った方がいいですか。

1)日本語の新聞が読めます。
  日本語の新聞を読めます。

2)私は英語が少し話せます。
  私は英語を少し話せます。

それかどちらでも日本語的に大丈夫でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>下記の文章について「を」を使った方がいいですか。「が」を使った方がいいですか。
 どちらも同じように使えます。どちらを使っても構いません。

>どちらでも日本語的に大丈夫でしょうか。
 大丈夫です。

 時々同じような問題があります。
 いろいろ違いを説明する人がいますが、多くの場合、微妙な違いしかありません(厳密に考えればほんの少し違う気もしますが、他者に押し付ける気はありません。無視してよい程度のことです)。
 個人的には、こういう可能を表わすときはガを使うようにしていますが、それは個人の趣味の問題です。他者に押し付ける気はありません。
 ただし、近くに同じ助詞がある場合は別です。
 この点は、No.7のかたのコメントに賛成です。

1)日本語の新聞ヲ読むことガできます。
2)私は英語ヲ少し話すことガできます。

 どちらも、すぐ後ろにガがあるので、ヲを使うほうがよいでしょう。
 下記の例でも同様です。

1)A(中国にあるこの喫茶店は)日本語の新聞ヲ読める点ガ セールスポイントです。
 すぐ後ろにガがあるので、ヲを使うほうがよいでしょう。
1)B(中国にあるこの喫茶店は)日本語の新聞ガ読めることヲ セールスポイントにしています。
 すぐ後ろにヲがあるので、ガを使うほうがよいでしょう。

 近くに同じ助詞がある場合は、避けるべきです。
 こういう書き分けができるのは、ヲとガが同じように使えるからです。仮に「ヲとガでは意味が違う」と考えるなら、こういう自由な書き分けができなくなります。

 詳しくは下記をご参照ください。同じ質問でよくわからないやり取りになったときに書いたものです。
【自動詞と他動詞〈6〉 ヲガ交替(←オイ!)〈1〉〈2〉】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12359746188.html

>下記の文章について「を」を使った方がいいですか。「が」を使った方がいいですか。
 どちらも同じように使えます。どちらを使っても構いません。

>どちらでも日本語的に大丈夫でしょうか。
 大丈夫です。

 時々同じような問題があります。
 いろいろ違いを説明する人がいますが、多くの場合、微妙な違いしかありません(厳密に考えればほんの少し違う気もしますが、他者に押し付ける気はありません。無視してよい程度のことです)。
 個人的には、こういう可能を表わすときはガを使うようにしています...続きを読む

Q「何年もの間」の「もの」の説明

外国人に日本語を教えています。
「何年もの間、二人はそれを不思議に思っていました」という文ですが、
「何年もの間」の「もの」はどう説明したらいいでしょうか。
「何年間も」と同じ意味と言ってもいいですか。

Aベストアンサー

この「の」は、名詞と名詞を繋いでいます。机の上、僕の楽しみ、などと同じです。「の」の前の語が後の語の説明となっていますが、日本語文法としては連体修飾格を作る格助詞とされます。説明にあたる名詞と説明される名詞を仲立ちするわけです。

「も」は係助詞に分類することもありますが、単に「強調」を表現するときは副助詞でよいと思います。
https://www.kokugobunpou.com/%E5%8A%A9%E8%A9%9E/%E4%B8%BB%E3%81%AA%E5%89%AF%E5%8A%A9%E8%A9%9E%E3%81%AE%E7%94%A8%E6%B3%95/

「何年も」その期間をとても長いと強調した上で、「の」によって「間」に対する連体修飾語としているわけです。

Q「ややこしい」という日本語の使い方について

日本語を勉強中の中国人です。「ややこしい」という日本語はよくない言葉でしょうか^ - ^;今日日本の出張者に『よく「ややこしい」という日本語も知っていますね』と言われました。なんだかよくない日本語を覚えてしまったような感じがします。

使うシチュエーションとしては、会社のビルの入館時に、パスポートを受付に見せて入館カードを配布してくれるシステムとなっております。私が階下へ迎えにいった時にそのルールを出張者の方に説明したときに使いました。その手続きのことを言う時に、「複雑ですね」、「面倒ですね」、「煩雑ですね」のような言葉のほうがきれいでしょうか。正直に言って「ややこしい」という日本語はどのような時に使うものなのかまだよく把握できておりません。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

失礼とか品が無いというのではなく、単にネガティヴな評価の意味があるので、使うには注意が必要だと思います。例えば「嫌い」「イヤ」「駄目」といった言葉は否定的な評価なので、乱用すると他人は聞いていてあまり気持ちいいものではありません。また、いい大人はあまり親しくない相手の前でこういった言葉は避けます。それと同じです。
日本では会話において根本的にそういう意識があります。

「ややこしい」「面倒臭い」「わかりにくい」といった表現は直接的過ぎるダメ出しになってしまうので、「ちょっと難しい」とかおっしゃるような「複雑」といった言葉を使うといいですが、ただ、目上や特に丁寧に扱わなくてはならない相手の前では、こういった「物事を否定する」発言自体を避けた方がいいということもあります。(目上が「難しいね」等と言った場合に同調するなら可。)
それと、どうしても否定的な評価をしなければならない時に「ちょっと」「あんまり」「そんなに」といった言葉を頭に置くのも、よくやる表現です。例えば「ちょっと違う」「あんまり良くない」「そんなに美味しくない」など。否定的にも見える表現には大抵こういった言葉を置いて意味を和らげるのが定番です。

失礼とか品が無いというのではなく、単にネガティヴな評価の意味があるので、使うには注意が必要だと思います。例えば「嫌い」「イヤ」「駄目」といった言葉は否定的な評価なので、乱用すると他人は聞いていてあまり気持ちいいものではありません。また、いい大人はあまり親しくない相手の前でこういった言葉は避けます。それと同じです。
日本では会話において根本的にそういう意識があります。

「ややこしい」「面倒臭い」「わかりにくい」といった表現は直接的過ぎるダメ出しになってしまうので、「ちょっと難...続きを読む

Q旅とは文字通り命懸けだった とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。 何故「旅」が文字通り命懸けなの

旅とは文字通り命懸けだった

とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。
何故「旅」が文字通り命懸けなのでしょうか

Aベストアンサー

この場合の「文字通り」は「命懸け」にかかっているのでは。

 旅とは"本当に"命懸けだった
 旅とは"例えではなく"命懸けのものだった
 旅とは"掛け値なしに"命懸けのものだった

…といった意味合いに思えます。

Q知り合いが「言う」の事を「ゆう」と打ちます。 めっちゃ気持ち悪かったので指摘したら「誤字の方が頭悪い

知り合いが「言う」の事を「ゆう」と打ちます。
めっちゃ気持ち悪かったので指摘したら「誤字の方が頭悪いから」って言われました。でもその人はTwitterのプロフィールに「短気」を「短期」と表記してました。こんな人どう思いますか?

Aベストアンサー

言うを「ゆう」と打つヤツは日本語を知らないとてつもないバカだし、
短気を短期と表記するヤツも日本語を知らないバカ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング