【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

新築の立会検査の時に外構や庭が完成してないです。
立会検査が終わってから庭や外構が完成するのですが、立会検査の後に外構や庭に不備があった場合、指摘して直してもらう事は出来るのでしょうか。

A 回答 (5件)

そのまま業者に質問してください。



疑問があるなら、放置せず、業者に申し入れるべきです。

1)立会検査
 「立会検査」とは、どういう意味でしょうか?
 建物に付いての、「完了引き渡し検査」という意味でしょうか?
 それとも、「外構工事、庭工事」は、別途「立会検査」を行うのでしょうか?
 施主としては、「全てが完了してから」、一括して、立ち会いたいのですが、
 如何でしょうか?

2)心配
 「外構工事、庭工事」の業者が、建物の外壁を傷つけてしまった、或いは
 汚してしまった場合、建物の「立会検査」が完了していれば、「泣き寝入り」の
 危険は無いのでしょうか?

3)鍵
 立会検査と建物引き渡しの関係は、どのように考えていますか?
 上記の心配がある以上、「外構工事、庭工事」の完了後の
 「竣工検査」に合格しないと、鍵及び建物の引き渡しは、
 受けることが出来ませんが、構いませんか?

4)その他
 だらし無い業者は、このような区切りの仕方がいい加減で、深く考えていません。
 
 「立会検査」とは何を意味するのか?
 それを明確にさせるべきです。

 ここで質問されても、ご自宅に対応した正しい答えは
 出てきません。

 疑問点は徹底的に、質問し、納得出来る答えを求めるべきです。

 こういった質問や問は、本来、業者にとっても誤解を解消できるので、
 望ましいことです。
 施主としては、当然のことです。
    • good
    • 1

>>引き渡し前の確認のことだよ。

外構と庭がまだ完成してないのにやるって言ってるよ。
検査主体がだれかって事です。
施主の引き渡し時の検査じゃなく施工会社の社内検査なら一応の立会するだけで
あとで引き渡し時に貴方が検査し不備や不都合箇所を指摘すれば良いだけです。
建築主事検査なら立会する必要もなし。指摘があれば当然直さないと検査済証が出ません。
    • good
    • 0

契約に含まれてる工事が途中で完了した事にしてしまうなんてあり得ません。


別注なら話は別ですけど
    • good
    • 2

>引き渡し前の確認のことだよ。


法の完了検査じゃないの?
施主がいいならいいんじゃね?
外構をどうするかは施主が考えたらいいし、

>外構と庭がまだ完成してないのにやるって言ってるよ。

言論の自由。
リスクを負うのは施主だし。
    • good
    • 0

立ち会い検査って何?


建築基準法で定める完了検査のこと?
完了検査であれば基本は外構は関係ない。
(検査の対象外)
例外として外壁後退など法律上にからむものなら別だが、その場合には門や塀が完成していないと検査をしないはず。

施主に引き渡す完了検査であれば工事の請け負い契約によりますよ。
外構を含むならもちろんすべてだろうし、建物と分けて検査はしないのでは?
(二度手間)

質問が何を意味するかわかりませんが、契約の内容通りに工事が完成したことは必ず確認しますよね。

あと「立ち会い」の文言について。
施主はあなた。
あなたは立ち会う立ち話じゃない。
検査をする人間。
ただし契約の内容で専門的なことをすべて理解はしていないだろうから、あなたに委任された代理の人間が行い、あなたへ結果を報告するわけ。

手戻りがあればその内容を、きちんと直したか、その結果の報告までして完結。
何かあれば責任は施工者だけでなくミスを見逃した人間も負う。

で、検査をする人間と、される人間ってわかりますよね???
仮にハウスメーカーとして、ハウスメーカーの中にも役割がある。
営業も工事施工者も検査はできない。
なぜか?
自分でしたものを自分で検査できないでしょ。
中立的な立場の人間がいるんです。

それに完了検査でミスが出ることはあまり無いはず。
なぜかと言うと施工管理をしている施工者が各工程で必ずチェックをしているはずなんです。
そして完成時には検査の前に総チェック。
もし完成のときにボロボロ手直しが出るようなら施工管理も工事監理も今まで機能していなかった証拠。

>指摘して直してもらう事は出来るのでしょうか。

へりくだらず、普通に対応すればいい。
昼飯にラーメン頼んでチャーハンが出たら作り直させますよね。
ましてやラーメンの底にゴキブリの死骸でもあればなおさらでしょ。
家は安い買い物じゃない。
初めに直さないと修正ができないものもある。
クレーマーは嫌われますが、契約=設計と内容が違う、あるべきものが無い、備品や設備等が本来の機能を発揮しない、傷、ガタツキ、日焼け、気になることがあればとりあえずはすべて指摘していいです。
無理なもの、仕方ないもの、受容範囲、これらがあればチェックする側とチェックされる側と、双方から施主のあなたに説明があるはずですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

引き渡し前の確認のことだよ。外構と庭がまだ完成してないのにやるって言ってるよ。

お礼日時:2019/03/21 15:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは不良建築ではないのでしょうか? 最近築19年目の3階建ての家の屋根裏を見ると ご覧のように支柱

これは不良建築ではないのでしょうか?

最近築19年目の3階建ての家の屋根裏を見ると

ご覧のように支柱の鉄骨の高さが足りずボルト止めされておりません どうも溶接でしのいで有るようです
これは建築業者に保証して貰えるでしょうか?

Aベストアンサー

柱の長さが足りないため、梁を取り付けるためのガセットプレートに梁が固定されていません。2017年に改正された民法では瑕疵という言葉はなくなりまして「契約の内容に適合しない」項目(562条)と認められます。これも、改正された民法で、引き渡した日から1年が請求期間であったものが、それを知った日から1年以内が請求可能期間となりました。(637条)その建設会社がまだ、存在するなら是正を求めるべきです。ただ、是正方法については、専門家を介入させるべきです。これほどのひどい仕事をする業者に是正工事を任せるのは危険です。また、先方との交渉も法律家に任せた方が良いと思います。

Q現金一括で支払うのに、抵当権うんぬんが理解出来ません

親類が築浅と銘打った中古一戸建てを購入しました
不動産やさんと契約を済ませ、一割にあたる金額や印紙代を現金で支払いました

残りの金額も現金で間もなく支払う予定です
残り全部 現金で支払います

それなのに不動産やさんから売主さんの銀行に、売主さんといっしょに
行ってくれと言われてます
どうやら、売主さんの抵当権の関係らしいのですが、こちらは現金一括で
お支払するのに意味解りません
どうしてなのか説明お願いします

Aベストアンサー

特異なことではありません。決裁日当日は買主、売主、不動産屋、宅建士など関係者一同銀行の応接室で精算、登記手続きなどします。

 決済日前でしたら売主がローンの残債がある住宅を不動産屋が仲介で質問者さんに売却したのですが、住宅の担保を取っている銀行が『本当にローン残債を支払ってもらえるんだろうか?』の確認をしたいので現金購入の質問者さんの意向を確認したいだけです。質問者さんのメインバンクが当該銀行なら簡単です。仲介不動屋に残高証明書などを用意すべきか聞きましょう。

Qこれは何でしょうか?築1年です。 床下の基礎部分、赤い血のかたまりのようなものを見つけました。サビ?

これは何でしょうか?築1年です。
床下の基礎部分、赤い血のかたまりのようなものを見つけました。サビ?でしょうか。

Aベストアンサー

サビのように見えるね。
鉄筋そのもののサビというよりも、鉄粉がサビたんじゃないかな。
基礎の床面に目視できない程度の少量の鉄粉が落ちていて、それが雨水などで水抜きの穴へ流れ込むことで集積、外へ排出されずに残った鉄粉が時間の経過でサビて写真のようになった。
手前側にもうっすらとサビの色が出ているのでまず間違いないと思う。
この症状自体は別に珍しくはないかな。

ちなみに血なら時間の経過で酸化してドス黒くなる。
写真の茶色は血にしてはきれいすぎる。

コンクリなどのヒビ割れなどから水が入って鉄筋がサビた場合にはもう少し違う症状で露出する。
今回は鉄筋がサビたのでは?という心配はいらないと思う。

Q新築早々に割れていた窓ガラスの交換義務

新築直後に窓ガラスの割れに気づきました。
一度目は施工業者の負担で交換しました。交換した翌日に、また割れていました。
ガラス業者が来て調べたところ隣家の給湯器による熱割れとのことでした。
数時間で割れることもあるそうです。
隣家の給湯器と窓の距離は非常に近いです。
2度目のガラス交換を、いくら催促しても行ってもらえません。
施工業者に交換義務はないのでしょうか?
給湯器の前に窓ガラスを設置することは、施工業者のミスではないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>施工業者に交換義務はないのでしょうか?
>給湯器の前に窓ガラスを設置することは、施工業者のミスではないのでしょうか?

原因が間違いなく隣地の給湯機の熱であれば、施工業者(設計士)のミスです。

その場合、当然無償の交換となりますが、何か対策を講じなければ同じ結果となります。

隣地の給湯機との間に、木製もしくはアルミ製のルーバーを設置するとか、直接熱が
ガラスに当たる事を避けなければならないでしょう。

Q家が揺れています(新築)

注文住宅で家を建て、引っ越しました。
もともと地盤が緩い場所ということもあり、地盤補強工事もしています。
木造3階建てです。

引っ越してから半月ほどして、日中家の中がユラユラ揺れていることに
気づきました。といってもペンダントライトが揺れるとかいうほどでもなく、
じっと座ったり寝転がるとわかる程度です。時折グラッと軽く突きあげるような
揺れがあります(それも物が動いたりするほどではないです)

メーカーの担当に相談すると、直線距離で200メートルほどの場所で大きな解体工事をしており、
地盤が弱いと地盤をつたわって振動が来ることがあるということだったので
解体が終わるまでは仕方ないかと思っているのですが、船酔いのような症状が出てきました。
私自身が在宅で座り仕事のためじっと揺れと付き合うしかなく、しんどいです。
確かに、引越してしばらくは気になりませんでしたし、今も日中のみで夕方17時ごろには
揺れが止むので工事なんだろうとは思うのですが……。

これほど微細な揺れだと対策はできないでしょうか。
まわりのお家の方々もこんな感じでユラユラ揺れてるの…?と思うのですが
経験されたことがある方はいらっしゃいますか?

一戸建てはほどほどに揺れるものとは聞いていたのですが
住宅密集地で今後また近い場所での工事なども予定されており、
その都度こんな状態なのかと思うと気が滅入ります…。
ずっと鉄筋のマンション住まいだったため、戸建ての様子がわかりません。
似たような経験をされた方などいらしたらお話うかがえるとうれしいです。

注文住宅で家を建て、引っ越しました。
もともと地盤が緩い場所ということもあり、地盤補強工事もしています。
木造3階建てです。

引っ越してから半月ほどして、日中家の中がユラユラ揺れていることに
気づきました。といってもペンダントライトが揺れるとかいうほどでもなく、
じっと座ったり寝転がるとわかる程度です。時折グラッと軽く突きあげるような
揺れがあります(それも物が動いたりするほどではないです)

メーカーの担当に相談すると、直線距離で200メートルほどの場所で大きな解体工事を...続きを読む

Aベストアンサー

現場を拝見していないので無責任ですが、様子を見られては如何でしょうか?

直線距離で200メートルで揺れるということは、以下の理由が
考えられるように思います。

軟弱地盤と言っても、支持地盤(硬い地盤)までの距離(深さ)が結構ある、と
言う意味でしょう。

硬い地盤の上に、堆積物(例えば火山灰)等が堆積して、住宅等の基礎では、
その硬い地盤(支持層)まで、杭等で支持させるのは、経済的に負担が大きく、
現実的ではないため、地盤補強或いは、地盤改良等で、軟弱地盤の上に、住宅等の
建築物が「浮いている」状態を作り出して、建物が沈下しないようにする、と
言うのが、一般的な考え方だと思います。

離れたところで振動を伴う工事(解体工事)等を行うと、その振動が、硬い支持地盤まで
到達し、その地盤で「反射」して、思いの外遠くまで到達することが、ときにあります。
今回は、そのケースかも知れません。

取り分け、最近の解体工事では、騒音防止の観点から、コンクリート等の解体には、
「振動」を採用する工法もあり、可能性がないわけではありません。

仮に、それが原因であれば、その工事が終了すれば、振動が無くなる可能性が
大きいです。

また、他の場所で工事を行っても、恐らくは振動は発生しないでしょう。
振動の伝播には、支持層までの深さと距離が密接に関係しますが、
今回はその相関がたまたま合致したように思います。

また、3階建てということで、余計に振動を拾ってしまっている
可能性もあります。
釣り竿を伸ばして振れば、先端が大きく動くのと同じで、建物の高さが高い分、
揺れを感じます。

但し、地震に対する揺れの大きさは、法律で決まっていますので、倒壊等の
危険とは関係がありません。
強度的には、問題がありませんが、それでも、タイミングがたまたま在って、
揺れているように思います。

残念ながら、上記のような理由の場合は、解体工事終了を待つしかありません。

現場を拝見していないので無責任ですが、様子を見られては如何でしょうか?

直線距離で200メートルで揺れるということは、以下の理由が
考えられるように思います。

軟弱地盤と言っても、支持地盤(硬い地盤)までの距離(深さ)が結構ある、と
言う意味でしょう。

硬い地盤の上に、堆積物(例えば火山灰)等が堆積して、住宅等の基礎では、
その硬い地盤(支持層)まで、杭等で支持させるのは、経済的に負担が大きく、
現実的ではないため、地盤補強或いは、地盤改良等で、軟弱地盤の上に、住宅等の
建築物...続きを読む

Q新築で建売戸建て3F建てを購入した(9年前)が1F床下に断熱材が入っていない

9年前に新築で建売木造戸建てを購入したのですが1F床下に断熱材が入っていない事に気付きました。
関西でずっと冬は寒く(約6℃)、夏は異常に暑く(2Fで30℃、3Fで38℃)でしたが、
分譲マンションからの引っ越しでしたので木造の家はこんなに冬は寒く、夏は暑いのかと
思いながら9年過ごしてきました。

最近になって新築の戸建ての内覧に行く機会があり、そこで床下には断熱材が入っているのが
当たり前だという事を知り、自宅に帰り床下点検穴から覗いたところ、断熱材が無い事に気付きました。

そこでネットを調べると建売では床下断熱材は省く場合も少なからずあるとの事でした。
すまいの10年保証に入っているのですが、施工業者に施工不良を訴えるべきでしょうか?

ただ、契約時の重要事項説明書には天井裏と壁の断熱材の種類は記載がありましたが、
床下の記載はありませんでした。

また、自費で設置する場合1F床下が約43㎡なのですが、いくらくらいかかるでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

建売住宅を購入された、と言うことですね。

詰まり、「建物が完成していた。」或いは「工事途中だった。」と
言うことですよね。

そして、売買契約書を交わして、その一連の流れの中で、
「その物件の関連資料一式」を貰ったということですよね。

注文住宅では、施主希望や設計提案があって、その中に、「途中経過の設計図書」が
含まれることが良くあります。

今回は、そういう行為は無かったと思われますので、「その物件の関連資料一式」と言う
解釈が正しいと思います。
詰まり、「正式の設計図書」と判断してよいのではないか、と思います。

余り余談を含みすぎると、結果として誤ったアドバイスになる可能性が
ありますので、施工業者に状況を話して、善処させるのが良いと思います。

特に「仕様」まで明確に記載されていれば、なかなか相手も反論できないでしょう。

Q家を建てたいと思ってます 場所はわたしの父の畑の土地です 私は結婚して嫁ぎましたが嫁いだ先の家を売り

家を建てたいと思ってます
場所はわたしの父の畑の土地です
私は結婚して嫁ぎましたが嫁いだ先の家を売り、農地を宅地にして家を建てたいとゆうものです
近所の人は同じように農地を宅地にして住んでる家が2件あります。
親は分家で家は建てれると思うと言ってましたが絶対とは言い切れません。
建てたい畑のすぐ近くに家もあり市道?私道?もあります
どこに聞いて何をすれば建てれるかわかりますか?おしえてください

Aベストアンサー

まずは多分 土地改良区の人に測量をお願いしてください。
自分の土地と思っていたのに結局イスイから何メートル離れた所からとか
いろんな規制があるようですので
基礎を打つ前にきちんとご自分の土地を認識しておかないと
大変な事になります。
法務局とどちらが先かわかりませんが
敷地面積に対してどこからどこまでを必ず杭を打って境界線をはっきりさせて置いてくださいね。
あとからいちゃもんつけられてブロック塀を作り直させられた人もいらっしゃいます。
いろんなご事情があったのですね。
間に入ってご苦労された事でしょう。
新天地での生活が新たな出発視点となりますように。
わからないとは言え失礼な事をごめんなさい。

Q調整区域に建売住宅が販売されています。 60坪以上の土地で家が販売されています。とても安くて魅力的な

調整区域に建売住宅が販売されています。
60坪以上の土地で家が販売されています。とても安くて魅力的なのですが、今後この家を購入し、売却する場合、調整区域という土地は何か問題になることはあるのでしょうか?単に土地が安いので安く売ることになるということなのでしょうか?
調整区域と調べてもイマイチよくわかりません。簡単にわかりやすく教えていただけると助かります。よろしくお願いいてします。

Aベストアンサー

市街化調整区域とは、自治体が都市計画を行ううえで、街づくりの青写真を設計して、それに合わせて建物などを誘導するんです。
火葬場とパチンコ屋と保育園と学校と戸建て住宅と産廃処理場が連続していたらトラブル起きますよね(^^;
駅があればその周辺を商業地域にして、高層住宅なども。
郊外では高い建物を(原則)禁止として良好な住環境をつくる。
主要道路の沿道には大規模な小売店舗を誘致する。
環境で問題が起きそうな工場は住宅地から離す。
かつ工場が立地する場所には住宅を建築禁止とする。
住宅街では良好な街区とするために敷地の最低規模や境界線からの離れ距離を定めたりもします。
都市計画で都市公園も。

説明したらキリ無いんですが、これが「都市計画」です。

都市計画が要らない地域もあります。
北海道の原野、人口100人以下の離島など、悲しいですがどう考えても人が集まらない場所。
人が集まりませんから商店街も建て売り住宅も規制自体が無意味。
インフラもありませんので、住むな、とは言わないが上下水道、ガス、電力などの確保も自治体は関与しません。
すべてが自己責任(または民間任せ)です。

都市計画を策定したら、大まかに、建物を積極的に建てさせる区域と抑制する区域に「線引き」します。
この「市街化を抑制する区域」を「市街化調整区域」と呼びます。
(線引きをした時期ってけっこう重要です)

管轄の自治体(たぶん市役所)の都市計画課に行くと、都市計画を策定しているならば「都市計画図」と呼ばれる市内全域のカラー地図があります。
有償で分けてもくれますよ(高いが)。
市街化区域は商業地域が赤など、一定のルールで着色してありますが、市街化調整区域は着色の無い真っ白。
このことから調整区域を「白地区域、または白地地域」とも呼ばれます。

市街化調整区域で建築行為をするには、何らかの都市計画法の許可が必要になります。
(市街化区域のように建築確認申請1本ではダメ)

で、今回の質問は建て売り住宅ですよね。
建て売りなら購入者を限定していないはず。
ならば、まず心配はいりません。
普通に市街化区域にある建て売り住宅と同じ、将来の売却にも問題は無いでしょ。
この辺りは問い合わせのときに担当の営業が、契約をする意思を見せたら宅建資格の所持者が、重要事項説明で書面で説明をします。
疑問があれば、とことん聞いてください。
購入する方は都市計画法など知るよしも無し、恥ずかしいことではありません。
(営業レベルだとまともに答えられない場合がありますが、これはとっても恥ずかしいことです(^^;)

今の時代、調整区域で新築建て売りの違反建築などまずありませんよ。
建築基準法の違反建築と違い、都市計画法の違反は建築自体が不可のため、除却、つまり取り壊しが基本なわけで、そんな危ない橋を渡る業者などおりません。
調整区域の建て売りなんか、思いっきり目立ちますし、近所からの通報もあるから完成までたどり着きませんし。

ちなみに建築部局、つまり建築指導担当は市街化調整区域の建築の可否、あるいは建築の条件に関してノータッチ。
聞いても教えてくれません。
教える職員がいたら越権行為、アホです。
もし電話で問い合わせたとして、
「あの、調整区域のことで…」
と伝えた瞬間に開発担当に転送されるはず。

都市計画法の許可の条文(条件)は宅地部局、開発担当の部署になります。
建築確認申請では都市計画法が審査対象法令のため、可否の反対側のみしますが、なぜそうなったかは介入する権限が無いし、実際に知らないと思います。
建築部局が知るとしたら都市計画法第29条の開発行為になるケースかと。
今回は1宅地(1棟)ですかね?

調整区域の特徴を。
まず、静かです(笑
建築要件が無いなら周囲に新しく建物か建ちませんから。
あと、固定資産税のうち、都市計画税がありません。
何故か?
先にお話ししたように、調整区域は建築を抑制したいんです。
理由のひとつにインフラを効率的に整備したい。
人がいない場所に下水道を整備なんかしたら自治体は破産しますから、市街化区域を集中的に整備するわけ。
つまり、、、
調整区域ではインフラを期待しないでください。
公共下水道は未整備、近くまで来ても接続はさせません。
基本は浄化槽でしょ。
道路の整備も、U字溝の排水設備も、みんな後回しです。
ヘタしたら井戸の場合さえあるし。
「税を取らない代わりに地域の整備はしない」
ですから放置プレイ。

メリット、デメリット、良く良く考えて決断してくださいまし。
将来の売却時にもこれらデメリットは引き継がれますから。

市街化調整区域とは、自治体が都市計画を行ううえで、街づくりの青写真を設計して、それに合わせて建物などを誘導するんです。
火葬場とパチンコ屋と保育園と学校と戸建て住宅と産廃処理場が連続していたらトラブル起きますよね(^^;
駅があればその周辺を商業地域にして、高層住宅なども。
郊外では高い建物を(原則)禁止として良好な住環境をつくる。
主要道路の沿道には大規模な小売店舗を誘致する。
環境で問題が起きそうな工場は住宅地から離す。
かつ工場が立地する場所には住宅を建築禁止とする。
住...続きを読む

Q今日、土地を見に行ってきました。 気に入ったのですが、唯一、ひとつ気になることがあります。 目の前が

今日、土地を見に行ってきました。
気に入ったのですが、唯一、ひとつ気になることがあります。
目の前が4メートルくらいのコンクリートで高台のように前のうちが高いところに立っていて二回屋です。

日当たりはどうにかなりそうです。
心配性な性格なため、震度8ぐらいのがきたら潰される…とか考えると止めるべきか…かなり悩みます。

分かってはいます。そんなこと言ってたらいつになっても見つからない。
旦那からも言われてます。
ですが地震…

皆さんは地震や自然災害はあまり気にされないで建てるものでしょうか?
私みたいに心配性のはよくないですか?

Aベストアンサー

私もその土地は買いませんね。
夫の実家がその目の前のお宅みたいな高台状態です。
区画整備の際、後方の土地への勾配に合わせるようにと言われたらしいんですが、姑がノイローゼになるくらい役所と戦ったんですって。
ご近所さんからも嫌悪されるくらいだったそうで、今だに町内では怖がられていますが、でも、自分の土地が奥に行くにしたがって傾斜していくなんて誰だって嫌だと思うんですよね…どじゃ降りだったら自然と家屋とその基礎めがけて雨水が流れてくるわけだし。
その雨水を後方のお宅の敷地に流すわけにはいかないから、横の擁壁から流すしかないわけで…でも、家によっては後ろに流しているところもありますよ。
そこの擁壁の排水の穴(管)がどこにあるかも確認しました??

それに、夫の実家の後方一帯は、元は沼地です。
夫の実家までが何代も前のご先祖の時代から地盤が高かった(固かった)そうです。
私の実家も急勾配の斜面の中腹にありましたが、その下はやはり沼地でした。
県が巨大な公営住宅を建てようとしたんですが、何度も盛り土してもびっちゃびちゃで、数十年は放置し、数年前からソーラーパネルだらけになりましたよ。
実家は壊したんですけど、基礎は土留めの為にも残しましたから、税金は宅地扱いのままです。
それでも、実家の上方向からの土砂を留められず、コンクリの一部(簡素な造りですが、鉄筋は入っています)はひび割れ、剥き出しになった鉄筋も錆びついているし、下方も、ウチと下のお宅で土留め用の植栽をしましたけど、下のお宅の植栽の根っこが剥き出しになってきていますので、ウチの方で西洋芝(一般的に植えられる高麗芝よりも強い)の種を大量に撒いたのが昨年のことでした。

うちの庭木の落ち葉が下のお宅の雨樋に溜まり、上の落ち葉がウチの雨樋に溜まり・・・ですよ。
(トイレは汲み取り式だったので、土砂降りの時は便器から溢れそうになり、ご近所さんが協力してくれてすくい取ったもんです)

私もその土地は買いませんね。
夫の実家がその目の前のお宅みたいな高台状態です。
区画整備の際、後方の土地への勾配に合わせるようにと言われたらしいんですが、姑がノイローゼになるくらい役所と戦ったんですって。
ご近所さんからも嫌悪されるくらいだったそうで、今だに町内では怖がられていますが、でも、自分の土地が奥に行くにしたがって傾斜していくなんて誰だって嫌だと思うんですよね…どじゃ降りだったら自然と家屋とその基礎めがけて雨水が流れてくるわけだし。
その雨水を後方のお宅の敷地に流すわけ...続きを読む

Q新築住宅の給湯設備について。

新築住宅を検討しています。
なにも言わなくてもオール電化。エコキュート、電気調理設備が標準です。
オール電化とはざっくり、給湯設備と、調理設備の2点を電化にするかの選択と聞きました。
オール電化には、「キラキラとしたエコな未来の」みたいな漠然としたイメージでしたが・・・

エコキュートって、格安深夜電力ありきの設備であるという当たり前に、待てよ・・・と。
火力発電所を使っている今の世の中、深夜だからって安く電気を売る意味が無いですよね。
燃料を使ってしまうんですもの。そもそも電気は湯を沸かすのが苦手で、ヒートポンプがあっても
元々苦手な人が得意技を使っても、湯を沸かすのが得意な人に並ぶかちょっと追い越す程度で。

省エネと、低コストは、別物であって、今はエコキュートが低コストですけど、省エネでは
ないのかな、原発の未来が細くなってるし・・・。という軸ができました。今後は、社会が
より省エネの方に倒れていくと思っています。そちら側が低コストにシフトするはずです。

じゃあ、都市ガス給湯かな。調べると、給湯システムが灯油の人がいたりしました。
漠然としたイメージで「未来の住宅」からは、灯油給湯が、前時代的に思えて仕方ないのですが、
一周回って、脱オール電化、前時代的な給湯設備が、次世代のトレンドになるのかなと
感じているんですが、どうでしょうか?

新築住宅を検討しています。
なにも言わなくてもオール電化。エコキュート、電気調理設備が標準です。
オール電化とはざっくり、給湯設備と、調理設備の2点を電化にするかの選択と聞きました。
オール電化には、「キラキラとしたエコな未来の」みたいな漠然としたイメージでしたが・・・

エコキュートって、格安深夜電力ありきの設備であるという当たり前に、待てよ・・・と。
火力発電所を使っている今の世の中、深夜だからって安く電気を売る意味が無いですよね。
燃料を使ってしまうんですもの。そもそ...続きを読む

Aベストアンサー

トレンドそのものが移り変わるので一概には。
結果としてその時々に「生き残りに勝った手段」となりますし、各業界がそのためにしのぎを削っていますし、個々の状況にもよります。
また、どこかが無くなることもほぼありません。

固体燃料の普及が始まれば、太陽光や風力の発電からの蓄電。
これが一番「エコ」です。
(その材料作りのコストを加味しても)
ただ、蓄電池がいくらで手に入るかとか別の話ですが。


ガスは配管供給ではなくプロパンのボンベでの使用が、災害時に強い。
灯油は電源無いと動かないので発電機も必要だったり。

そこまで考えるかどうかでしょう。

災害時は卓上コンロのみで考えるならそこは無視できます。

ちなみに発電施設が深夜も発電しているのは、止める・再始動がコストが掛かるからで、エコじゃないと言われてしまえば止めますが、電気代自体が上がります。
世の中は「歩留まり」というものが大きく大きく関わって動いているので。

一人抜け駆けで高効率なエコはできない世の中であることは承知するしかないですね。
植物収穫>繊維>糸>衣服を自前でなんて人は日本には居ないでしょうし、エアコンを寒いくらいに効かせながらテレビの前で「原発反対」なんて人ばかりですし。
40坪の家を20Aや30Aで暮らしてる家庭はまず見掛けないです。

それぞれがどこで擦り合わせするかです。

トレンドそのものが移り変わるので一概には。
結果としてその時々に「生き残りに勝った手段」となりますし、各業界がそのためにしのぎを削っていますし、個々の状況にもよります。
また、どこかが無くなることもほぼありません。

固体燃料の普及が始まれば、太陽光や風力の発電からの蓄電。
これが一番「エコ」です。
(その材料作りのコストを加味しても)
ただ、蓄電池がいくらで手に入るかとか別の話ですが。


ガスは配管供給ではなくプロパンのボンベでの使用が、災害時に強い。
灯油は電源無いと動かないので...続きを読む


人気Q&Aランキング