親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

初めまして。お隣Aさんの土地が接道2m未満ということから、私の土地の一部を売って欲しいとの依頼がありました。条件が合えば、ということで私の土地の条件を調べたのですが、建蔽率ギリギリで少ししか余裕がありません。お隣Aさんからの要望分を差し引いても、まだ余裕があったのでお話しを進めることとさせて頂きました。元々ギリギリなので、念のため私の敷地面積を再確認する意味で測量し、他の境界線に接するお隣Bさんとの境界立会いをお願いすることとなりました。諸費用はAさん負担なのですが、Aさんご依頼のコンサル担当者より、声掛けから日程調整までを私一人でやって欲しいと言うのです。理由は、AさんにBさんとの接点がないから、だそうです。私とBさんの敷地境界線確定の関係であることは認識していますが、そもそもAさんの要望から始まった話しなので、私だけ交渉人員として話しを進めるということにとても違和感を抱いています。勿論、私も中には入りますが、Aさん側主体で進めて行くのが筋なのでは?と不信感すら出てきました。先日、私の敷地の境界杭確認作業のためにBさんの敷地に入ることがあり、その声掛けにBさん宅へ伺ったのは私だけでAさん側の関係者は作業終了まで誰も顔を出さなかったのです。これが違和感の始まりです。価値観や感受性は人それぞれかとは思いますが、お願い事をする時って、それなりの誠意ある言動が必要なのではないでしょうか。それとも私の考え方が間違っていますでしょうか。今後、この事を正直に話して認識を一致させたいと考えていますが、一般論としてこの様な案件でのAさん側の言動は正しく、ごく普通の流れなのでしょうか?詳しい方、是非ともアドバイス頂けないでしょうか。宜しくお願い申し上げます。

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    こんなに早くアドバイスを頂けるとは、また全否定されると思っていた状態でとても的確なご回答でスッキリしました。ご回答頂いた皆様に感謝致します。皆様にベストアンサーをお贈りしたいのですが、より具体的にぶっちゃけたアドバイスを頂戴しました、suzuki0013様とさせて下さい。

      補足日時:2019/03/23 15:54

A 回答 (3件)

あー、これはね、理性論と感情論のぶつかりあいだよ。



コンサルの立場として。
A側のコンサルの意見は理性論であり、直接的にBへ働きかけるのは業務外。
質問者がAへ働きかけることについて我関せずというのは適切。
しかし、本件のような取引の場合は、『関係者間の人間関係や気持ち』も重要ーーーというか"最重要"なので、コンサル業務の一環として関係者の感情面等も考慮する必要がある。
この点では本件のコンサルは柔軟性に欠ける。
若いコンサルや頭でっかちな人はこういう風にドライにやっちゃうことも少なくはない。
ただ、間違いではない。


質問者の立場として。
Bとの協議について当事者なのは質問者でありAではない。
協議が必要になった要因としてAとの取引があるのは間違いないのだが、「Bとの協議をA主体で進めていくのが筋」という考え方は間違っている。
ここで主体になるのはあくまで質問者。
しかし感情論ーーーというか、心情としては質問者の不快感も当然ではある。
A側にも挨拶くらいは一緒に来いというのが、ある意味では常識的ともいえる。
(蛇足ながら。Bとの境界確認の費用をA側が出してくれるのは質問者にとってはメリットがある。まだ境界確定していないのなら、質問者やその次の代等でいずれ必要になり、その際には自己負担だから。)


まとめ。
本件の場合、土地を必要としているのはAであり、質問者やBは別に測量なんぞやらんで構わなかった。
簡単にいえば、質問者やBがヘソ曲げたらどうにもならなかった案件。
そこでA側の主張が『正しいかどうか』については見方にもよる。
権利関係を主体で考えれば正しいといえる。
しかし無意味にリスク(=質問者の不快感)を背負ったことから商売としてはヘタだった。
結果的に質問者から敷地を購入することができたのであれば、結果オーライということになるが・・・?(←いまココかな?)

質問者は不快感を持っているんだよね?
A側に対して、「コンサルの言動が気に入らないのでこの話はなかったことにする!」とでもぶちかましてもいいのでは。
相手もマズいと気づいて平身低頭、態度を改めると思うよ。
改めなかったら、ホントに話をナシにすればいいんだし。

ぐっどらっくb
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもクールに、的確な分かりやすいアドバイスありがとうございます。
仰る『関係者間の人間関係や気持ち』、ここが一番ポイントだと考えています。拘っているかも知れませんが、お願いされたから自分が何においても優位に立って勝ち誇ってやろうなんて微塵も考えてないんです。このお話しは、僭越ながら善意の塊だと思っています。知らん顔していてもいいんです、本来なら。ちょっとしたことで気持ちがガラッと変わる難しいお話しなんだと当事者ながら感じております。境界立会いはこれからです。素人の私だけ行って交渉なんかしたら、Bさんから不信感を抱かれかねないです。正に負のスパイラルの始まりです。ご回答を拝見して、今後冷静に対応出来ます。本当にありがとうございます。感謝です。

お礼日時:2019/03/23 15:46

>Aさん側主体で進めて行くのが筋なのでは?



Aさんが事の発端ですから、基本的には、そのとおりだと思います。
ただ、Aさんが欲しいのは貴方の土地の一部であり、貴方の土地とBさんの土地との筆界確定は、Aさんには関わりのない話。
Aさんの考え方も理解できる部分があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かに竹を割ったかの如く考えるとすれば仰る通りなんです。ただ双方が必要に駆られて発生した事案であれば...などと考えてしまいます。アドバイスを真摯に受け止め、今後に生かしたいと存じます。

お礼日時:2019/03/23 14:41

ご指摘の通りかと思います。


現状は普通のこと、常識に反することかと思います。

Aさん主導、最低でもあなたと顔をそろえて臨むべきことです。

「うちにはそこまでする義務、必要性はない」と突っぱねてもおかしくない案件かと。

おそらく相手の言い分は「売上金、利益を被るのはあなたの方だから」とのことなのでしょうが、あなたも売りたく望んで発生したことではないわけですから。

「ならば売らない、お金もいらない」でいいわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。知人に相談しても、仰る内容と同じ意見でした。真っ向否定される事を覚悟して投稿しましたが、同じ価値観を持っていらっしゃる方が居られてホッとしました。感謝致します。

お礼日時:2019/03/23 14:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣りの新築一戸建ての下水管が外付けなのです

現在住んでいる部屋の横に新築一戸建てが3棟並んで建ちました。その3棟共に外壁に縦に雨戸いのようなパイプが取り付けてあり、上部はU字に下向きに曲がっており、空気口があいています。
不安に思い、施工業者に問い合わせた所、トイレと台所の排水パイプだとのことでした。
窓を開けると目の前に下水管があり
、しかも空気口までむきだしであいているので気持ちが悪く、またもしも亀裂でも入ったら、そこから汚水が流れて来るかもしれない。などと考えてしまい窓を開けることも出来ません。
私の認識不足なのかもしれませんが、今どき下水管を外付けするなど考えもしませんでした。
すぐ前に窓があることがわかっているのたにどうして…と眠れないほどのショックをうけております。もともと神経質なので、下水管が目の前にありしかも穴があいているということがもはや恐怖なのです。
現在ほとんど建て終わり、そろそろ入居されるのではないかと思いますが、
こちらからはなにも言えないのでしょうか?
どうせ日当りは新築された時にさえぎられてしまったので、2階位までの塀を建ててしまおうかとまで考えてしまいます。(実際には費用がまかなえないので無理ですが)
どなたかアドバイスをお願いできませんでしょうか。宜しくお願い致します。

現在住んでいる部屋の横に新築一戸建てが3棟並んで建ちました。その3棟共に外壁に縦に雨戸いのようなパイプが取り付けてあり、上部はU字に下向きに曲がっており、空気口があいています。
不安に思い、施工業者に問い合わせた所、トイレと台所の排水パイプだとのことでした。
窓を開けると目の前に下水管があり
、しかも空気口までむきだしであいているので気持ちが悪く、またもしも亀裂でも入ったら、そこから汚水が流れて来るかもしれない。などと考えてしまい窓を開けることも出来ません。
私の認識不足なの...続きを読む

Aベストアンサー

下水の通気(吸気)口です。
汚水が噴出すことも、臭気が出ることもありません。
全く気にしなくて良いです。

形は違いますが、こんな物です。
https://www.dandorie.com/blog/tsuuki-ben/

あなたの家にも付いているはずですが。

Q現在転勤中のため、自宅を賃貸に出しています。先日ふと自宅をgoogleアースで見てみると家の画像がぼ

現在転勤中のため、自宅を賃貸に出しています。先日ふと自宅をgoogleアースで見てみると家の画像がぼやけて見えなくしてあり、さらに自宅に会社の名前が載っていました。

これはどのような経緯でこの処置がなされているのでしょうか。また自宅を会社として登録する事は違法ではないのでしょうか。
あくまで住居としてお貸ししておりましたので大変違和感を感じています。

Aベストアンサー

民家を会社として登記すること自体は違法ではありませんが、質問者さんと借主との契約上、本来の目的と違うことに使われているのであれば是正を求めることはできます。

Q入居前に賃主が勝手に工事

契約後、入居までの間に、賃主が不動産会社や契約した借主(この場合私)に許可なく勝手に部屋を工事した場合、借主は強く意義を申し立てて良いですか。

一人暮らしを始めるため部屋を見に行き、気に入ったので契約しました。
お風呂にゆっくり入りたかったので、お風呂場に洗面台もなく、トイレも別のタイプです。
入居日を1ヶ月先に設定し、その間に荷物をまとめたり必要な物を買ったりの準備をしていました。

もうすぐ入居日というところで、不動産会社から連絡。
「賃主が不動産会社に連絡なく、お風呂場に洗面台を取り付けてしまいました。」と。
もともとお風呂場に洗面台がないから入居を決めたようなものなので、個人的にすごく困ってます。
取り外すことができない、と不動産会社には言われてしまったのですが、貸主に直接話をして、「見に行った状態の部屋だから契約した」と強気に言いたいのですが、貸主は良かれと思ってらしく、また、貸主と関係が悪くなるのは避けるべきとは思っているので悩んでます。

この場合は取り外しの工事を貸主に頼むことができるのでしょうか。
よろしくお願いします。

契約後、入居までの間に、賃主が不動産会社や契約した借主(この場合私)に許可なく勝手に部屋を工事した場合、借主は強く意義を申し立てて良いですか。

一人暮らしを始めるため部屋を見に行き、気に入ったので契約しました。
お風呂にゆっくり入りたかったので、お風呂場に洗面台もなく、トイレも別のタイプです。
入居日を1ヶ月先に設定し、その間に荷物をまとめたり必要な物を買ったりの準備をしていました。

もうすぐ入居日というところで、不動産会社から連絡。
「賃主が不動産会社に連絡なく、お風...続きを読む

Aベストアンサー

非常に判断の難しいケースですね。


私の考えとして、結論を先に言うと、

異議を申し立てるのは難しい。そのままあきらめるか、貸主との話し合いによって合意解約(無償が理想)にもっていく。

といったところかなと思います。


まず「洗面台を付ける」ことの一般的かつ客観的な評価を考えると、このこと自体が「悪い事」であるとは考えづらい。
部屋に新しい機能を備え付けた訳で、費用も貸主が全て負担しています。

次に「お風呂場に洗面台がないから入居を決めたようなもの」ということが客観的に想定されうる事かどうかを考えると、
これはかなり主観的なものであって、多くの人がそう思うであろう、あるいは重要視するポイントとは簡単には予想できません。
例えば知らないうちにバストイレの物件が3点ユニットバスに変わってしまうとか、洋室だった部屋を和室に変えてしまうとかであれば、
貸主の契約する意思に大きく影響する事が容易に予想できますが。

それを踏まえた上で、今回、貸主がした工事が契約に違反するものであったのかどうかを考えてみると、
それもちょっと難しいだろうと思います。
通常であれば「風呂に洗面台を付けない」と契約上、明確に合意していることは無いだろうからです。
違反になり得るとすれば、契約にあたり「お風呂場に洗面台がないから入居を決めた」と
貸主側に対して明確に表明している事が必要でしょう。

そうでもなければ、借主は「お風呂場に洗面台がないから入居を決めた」と想像するのはまず無理です。
かといって現実問題として、借主側に言わなかった落ち度があるのかといえば、それも厳しすぎる事だとは思いますけどね。

また今回のケースで仲介業者に責任を求めるというのもやはり酷な話でしょう。


他の方の回答にある通り、よかれと思って洗面台を付けた貸主に取り外しをさせるのは客観的に考えて無理ですし、
貸主との関係を悪くしないというのも当然難しい事です。

となると現実的な選択肢は最初に書いた通り、あきらめるか、貸主との合意解約になるのかなと思います。


なおこういった問題では、事実に対する客観的な評価が大切な要素だと考えるため、私はこの様に判断しました。
今回のようなケースは、スパッと法的な結論は出しにくいと思いますので、1つの意見にすぎないと申し上げておきます。

うまく解決する事をお祈りします。

非常に判断の難しいケースですね。


私の考えとして、結論を先に言うと、

異議を申し立てるのは難しい。そのままあきらめるか、貸主との話し合いによって合意解約(無償が理想)にもっていく。

といったところかなと思います。


まず「洗面台を付ける」ことの一般的かつ客観的な評価を考えると、このこと自体が「悪い事」であるとは考えづらい。
部屋に新しい機能を備え付けた訳で、費用も貸主が全て負担しています。

次に「お風呂場に洗面台がないから入居を決めたようなもの」ということが客観的に想定され...続きを読む

Q現金一括で支払うのに、抵当権うんぬんが理解出来ません

親類が築浅と銘打った中古一戸建てを購入しました
不動産やさんと契約を済ませ、一割にあたる金額や印紙代を現金で支払いました

残りの金額も現金で間もなく支払う予定です
残り全部 現金で支払います

それなのに不動産やさんから売主さんの銀行に、売主さんといっしょに
行ってくれと言われてます
どうやら、売主さんの抵当権の関係らしいのですが、こちらは現金一括で
お支払するのに意味解りません
どうしてなのか説明お願いします

Aベストアンサー

特異なことではありません。決裁日当日は買主、売主、不動産屋、宅建士など関係者一同銀行の応接室で精算、登記手続きなどします。

 決済日前でしたら売主がローンの残債がある住宅を不動産屋が仲介で質問者さんに売却したのですが、住宅の担保を取っている銀行が『本当にローン残債を支払ってもらえるんだろうか?』の確認をしたいので現金購入の質問者さんの意向を確認したいだけです。質問者さんのメインバンクが当該銀行なら簡単です。仲介不動屋に残高証明書などを用意すべきか聞きましょう。

Q私有地に許可なく原付バイクがあるんですが、警察に相談した所事件性がない為役所に言えと言われました。

私有地に許可なく原付バイクがあるんですが、警察に相談した所事件性がない為役所に言えと言われました。
市役所のサイトを見るとあるにはあるんですが駐輪場等にある場合しかなく、どう対処すればいいのかよく分かりません。
詳しい方よろお願い致します

Aベストアンサー

役所に引き取ってくれって言えば。
軽自動車とか原付の自動車税は市役所に払ってるんだから。

Q新築で建売戸建て3F建てを購入した(9年前)が1F床下に断熱材が入っていない

9年前に新築で建売木造戸建てを購入したのですが1F床下に断熱材が入っていない事に気付きました。
関西でずっと冬は寒く(約6℃)、夏は異常に暑く(2Fで30℃、3Fで38℃)でしたが、
分譲マンションからの引っ越しでしたので木造の家はこんなに冬は寒く、夏は暑いのかと
思いながら9年過ごしてきました。

最近になって新築の戸建ての内覧に行く機会があり、そこで床下には断熱材が入っているのが
当たり前だという事を知り、自宅に帰り床下点検穴から覗いたところ、断熱材が無い事に気付きました。

そこでネットを調べると建売では床下断熱材は省く場合も少なからずあるとの事でした。
すまいの10年保証に入っているのですが、施工業者に施工不良を訴えるべきでしょうか?

ただ、契約時の重要事項説明書には天井裏と壁の断熱材の種類は記載がありましたが、
床下の記載はありませんでした。

また、自費で設置する場合1F床下が約43㎡なのですが、いくらくらいかかるでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

建売住宅を購入された、と言うことですね。

詰まり、「建物が完成していた。」或いは「工事途中だった。」と
言うことですよね。

そして、売買契約書を交わして、その一連の流れの中で、
「その物件の関連資料一式」を貰ったということですよね。

注文住宅では、施主希望や設計提案があって、その中に、「途中経過の設計図書」が
含まれることが良くあります。

今回は、そういう行為は無かったと思われますので、「その物件の関連資料一式」と言う
解釈が正しいと思います。
詰まり、「正式の設計図書」と判断してよいのではないか、と思います。

余り余談を含みすぎると、結果として誤ったアドバイスになる可能性が
ありますので、施工業者に状況を話して、善処させるのが良いと思います。

特に「仕様」まで明確に記載されていれば、なかなか相手も反論できないでしょう。

Q賃貸契約の連帯保証人になり、滞納分の家賃支払いと現状復帰をと管理会社と保証会社から請求を受けておりま

賃貸契約の連帯保証人になり、滞納分の家賃支払いと現状復帰をと管理会社と保証会社から請求を受けております。。当人は義理の息子ですが、事情により当人が支払いをすることができません。私も金銭的に余裕がなく、支払いをすることが不可能な状況なのですが、良い解決法がないかと思い質問させて頂きました。

Aベストアンサー

>私も金銭的に余裕がなく、支払いをすることが不可能な状況
これを客観的に証明するには自己破産することになりますが、恐らく『不可能な状況』とはそこまで踏み込んだ手続きを要するものでは無いのではないかと想像して回答します。

現在の状況のままでは管理会社や保証会社はいつまで経っても債権を回収できませんから、期限を切って質問者様に対して支払いに関する約定の文書を交わすように話をしてくる可能性があります。債権の金額とその支払い意思を確定させる内容になるでしょう。他の回答にもあるようにその中で分割による支払いなどが提示される可能性もあります。

今の段階で裁判を起こしても管理会社や保証会社には十分勝ち目がありますが、原状回復費用がそのまま認められるかは不確定ですし、裁判費用も掛かります。更に言えば、勝訴判決を得た場合であっても、債権が回収できるかどうかは別の問題です。裁判で負けて尚も債務を弁済しない場合には差押えや強制執行も可能ですが、これにも費用が掛かります。

原状回復費用の請求があると言う事は、既に退居はしており、今後新たな滞納が生じる事は無いという事でしょう。すると、管理会社や保証会社としては確定した債権についての回収の方向性が見えれば良しとすると言う事も考えられます。
なので、その債務に対する質問者様の態度如何で変わって来るでしょうね。

なので、何とか債務を免れたいと言う方向性で立ち向かうのは得策では無いでしょう。
今後の生活に支障の無いような弁済計画は相手が納得しない、かと言って相手が納得できる計画では生活が破綻すると考えれば、どこまで互いに歩み寄れるか?という姿勢で臨まれた方が良いのではないかと思います。

>私も金銭的に余裕がなく、支払いをすることが不可能な状況
これを客観的に証明するには自己破産することになりますが、恐らく『不可能な状況』とはそこまで踏み込んだ手続きを要するものでは無いのではないかと想像して回答します。

現在の状況のままでは管理会社や保証会社はいつまで経っても債権を回収できませんから、期限を切って質問者様に対して支払いに関する約定の文書を交わすように話をしてくる可能性があります。債権の金額とその支払い意思を確定させる内容になるでしょう。他の回答にもあるように...続きを読む

Q父が亡くなったから12年経ちますが遺産相続が貰えるのでしょうか。次男です。まだ署名していません。

父が亡くなったから12年経ちますが遺産相続が貰えるのでしょうか。次男です。まだ署名していません。

Aベストアンサー

ケースバイケースですので一概には言えませんが、
特に協議も行われていないのであれば、被相続人全員で共有している状態のはずです。
今からでも分割協議は可能ですので提案してみましょう。

Q土地売買の違約金の支払いについて

4800万円の古屋付土地を買う契約をしましたが、返済が心配になり、すぐに解約を申し込んだのですが、手付金320万円以外に80万円必要との事。まだ、登記変更はしておらず、今の内なら、全部で400万円で済むと不動産屋がいいますが、手付金以外にも払わなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

契約書に特段の記載が無ければ、320万円の手付金は『解約手付』とされます。買主側からは手付金の放棄、売主側からは手付金+同額の金員を買主に交付することにより契約を解除できます。

ただ、いつまでそれが可能かをハッキリさせておかないとお互いに安心できませんから、手付解約の期日を契約書に記載させておくことが大部分ですね。引き渡し予定日の前日に『やっぱりやめます』などと言われると困りますからね。

そこで、手付解約の期日を定めない場合であっても、契約の当事者が『契約の履行に着手した』段階で手付解除は認めないという考え方が出てきます。この場合、何を以て『履行の着手』と見るかはケースバイケースですね。ただ、手付解除期日を定めているのであれば、その期間内に相手方が契約の履行着手に入ったとしても、手付解除期日の方が優先されます。

解約の処理については契約書に記載された内容に従って進める事になるのですが、質問文では契約内容が判らず、400万円のお金についてもなるべく質問者様側の負担を軽くしようとして算出されたモノなのか、解約を思い留まらせようとして提示したモノなのかが判りません。契約書に手付解約期日が記載されており、今回の申し出がその期限を徒過している場合に、違約金が例えば売買金額の20%相当額と記載されていれば前者の意味合いが強くなるでしょうね。

契約書に特段の記載が無ければ、320万円の手付金は『解約手付』とされます。買主側からは手付金の放棄、売主側からは手付金+同額の金員を買主に交付することにより契約を解除できます。

ただ、いつまでそれが可能かをハッキリさせておかないとお互いに安心できませんから、手付解約の期日を契約書に記載させておくことが大部分ですね。引き渡し予定日の前日に『やっぱりやめます』などと言われると困りますからね。

そこで、手付解約の期日を定めない場合であっても、契約の当事者が『契約の履行に着手した』段...続きを読む

Q隣の土地に賃貸事故物件

お世話になります。

土地の購入を迷っています。

隣の土地に事故物件が建っているからです。

母子の孤独死(自然死)とみられていますが、詳しいことは不明です。

知り合いから土地を分けてもらうということで、
値段は周辺の半値近くです。

そもそも、自然死は事故扱いにあたるかどうかもわかりませんが…。

何か良くない影響があるのではないかと、購入を迷っている状況です。

実際にこのような、または似たようなご経験をされた方など、
ご意見いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>何か良くない影響があるのではないかと、購入を迷っている状況です。

ならやめときなー。
この手の話は気分の問題だから。
質問者が迷うような気持ちになるのならやめておくのがベター。


蛇足ながら参考までに。
『事故物件』『いわくつき』などは心理的瑕疵(しんりてき かし)があるという物件。
瑕疵とはキズのことで、カンタンにいえば、「気分的にキズがある」といったところ。
心理的瑕疵とは、一般人であれば嫌悪感を持つような"歴史的背景"が周知されていることが要件の一つになる。
歴史的"事実"ではなく"背景"なので、語弊を恐れずに言えば「あの家にはユーレイが出る」という根も葉もないウワサでも、昔から近隣で定着していれば、それが歴史的背景の周知となりえる。
本件では言えば「母子の孤独死(自然死)とみられていますが、詳しいことは不明です』が正にコレ。

質問者も述べているが「自然死」は事故物件にはなりえない。
一人暮らしの人が単に亡くなっただけでは同様に事故物件にはなりえない。
世間では「孤独死」というワードの悪印象だけ一人歩きしている向きもある。
事故物件になりえるそういった俗に言う「孤独死」とは、一人暮らしゆえに死亡の発見が著しく『遅れる』や『腐乱』などあった場合。
これは前述の一般人であれば嫌悪感を持つような~~という要件を満たすことで、心理的瑕疵となるからだ。

その反面、本件の場合で目に付くのは『母子』の『孤独死』だ。
孤独死とは一人暮らしの場合に使われるのだからこれは表現がおかしい。
母子が同時に亡くなったのか、短い間に相次いで亡くなったのか。
例えば、親子で老老介護しているようなケース。
介護者が先に病死することで介護するものがいなくなった関係で被介護者も後を追うように亡くなることは昨今珍しくはない。
これだけなら悲しい出来事ではあるが心理的嫌悪はないので、事故物件にはならない可能性が高い。
あるいは、乳幼児を抱えたシングルマザーが貧困の末に母子ともに栄養失調死などで亡くなっていたとしても、心理的嫌悪がないとまでは言えないものの自然死ではあるし、発見状態がひどくなければ事故物件にならない可能性も十分ある。
このように内容的には心理的瑕疵がないとしても、近隣のウワサで"母子" "孤独死" でオマケに"詳しいことは不明"(=尾ひれがつきやすい)とくれば、これは歴史的背景ということになってくる可能性がある。

心理的瑕疵の有無については、建物内で発生したことであれば、その凄惨さや度合いなど状況が重いものでなければ建物を解体することでその心理的瑕疵はなくなる(薄まる)という判例もある。
イメージとしては、バラバラ連続殺人事件の現場の建物は解体しても土地に瑕疵が残るが、自殺や孤独死なら解体すれば瑕疵がなくなるというところ。
本件の建物の場合、前述のウワサの部分(特に尾ひれがつくかつかないか)がどれだけ一人歩きするかにもよるが、建物を解体すればまず確実に心理的瑕疵は消えるだろう。
ウワサが一人歩きしなければこの土地建物は心理的瑕疵はないので、質問者が譲り受ける予定という隣地には瑕疵は全く存在しないといえる。
※しかし、尾ひれがつきまくった場合や、地域柄によっては、向こう三軒両隣までとばっちりを食う恐れはないとは言えない。


などとまあ、長くなったけれど。
冒頭述べたように、質問者の気分として『迷う』のであればこの物件は止めておいたほうがベター。
(知り合いから分けてもらう、周辺相場の半値・・・というのもひっかかるしね。手放したがっているようにも見えるから。なお、この程度のいわくで半値にはならない。隣地では減価しないし、せいぜい1%減価するかしないかじゃないかな)
また、周辺にウワサが流れているみたいなので、とばっちりを食うことを考えると、どうかなーという部分もある。

オマケに、ウワサが流れているなら、ウワサを聞いた誰かが事故物件サイトへ投稿してしまうリスクがある。
そのサイトが違法だとはいわないが、掲載されてしまうことで半永久的に事故物件として公開されてしまう。
これでは建物を解体したとしても年月が経過したとしても心理的瑕疵が薄まりにくくなる。
質問者が購入を検討している物件は半永久的に「事故物件のお隣り」ということになるしね。

こんな感じだから、質問者の気持ちに『迷い』があるなら見送り。
迷いがないならGOしてもいいかもね、半値だし。

ぐっどらっくb

>何か良くない影響があるのではないかと、購入を迷っている状況です。

ならやめときなー。
この手の話は気分の問題だから。
質問者が迷うような気持ちになるのならやめておくのがベター。


蛇足ながら参考までに。
『事故物件』『いわくつき』などは心理的瑕疵(しんりてき かし)があるという物件。
瑕疵とはキズのことで、カンタンにいえば、「気分的にキズがある」といったところ。
心理的瑕疵とは、一般人であれば嫌悪感を持つような"歴史的背景"が周知されていることが要件の一つになる。
歴史的"事実"で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング