【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

電池の起電力がEとは内部抵抗を無視したときの電極間の電位差がEということですが,この電位差はどのように生じているのでしょう?電位差があるなら電場がある気がするのですが,例えば化学電池で電極間の電解質水溶液に電場が生じているという記述は見たことがありません。

A 回答 (2件)

電場がなければ電位差は生まれません。


マンガン電池の場合、亜鉛が電解液に溶けだすとき
電子を放出するから、負極はマイナスに帯電します。
これと放出された亜鉛イオンや水素イオンとの間に電場が
発生します。

私は高校の時(45年前)、実験で電解液中の電位分布の
測定とかやらされましたが、最近の高校は
こういう泥臭いことやらないんですかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正極・負極間にではなく電極・電解液間に電場が生じるということでしょうか。その場合"正極・負極間に"電位差は現れるのですか?また電子はそのまま導線に流れていってしまうのに負極はマイナスに帯電するのですか?

どうなんでしょう。少なくとも私の高校ではそのような実験はやってませんね。

お礼日時:2019/03/26 23:55

>電子はそのまま導線に流れていってしまうのに負極はマイナスに帯電するのですか?


導線で正極とショートしたら帯電は消えるでしょうね(^-^;
負荷が有るなら、消費と供給のバランス次第。
重い負荷なら電位差は弱まりますが、電位差がないと負荷に電流は
流せないので消えるということはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ,負極がマイナスに帯電とは導線で回路に繋ぐ前の話なんですね。そのとき電子が過剰な負極と電解液間に電場及び電位差が生じているのですね。

お礼日時:2019/03/27 20:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電池と抵抗でできた簡単な回路を作ります。キルヒホッフの法則によれば,電池を繋いだときにショートしない

電池と抵抗でできた簡単な回路を作ります。キルヒホッフの法則によれば,電池を繋いだときにショートしないためには電池の起電力分の電位降下が抵抗で起きなければなりません(その電位降下は消費電力が原因?)。よって抵抗には電位差及び電場ができます。電場をつくるのは電荷ですから,このとき抵抗の両端に電荷分布ができているのでしょうか?
何か間違ってる点があれば教えてください。

あと電池を繋いでから回路に流れる電子は抵抗が持っていたものですか?それとも電池が出したものですか?

Aベストアンサー

>電池を繋いだときにショートしないためには電池の起電力分の電位降下が抵抗で起きなければなりません(その電位降下は消費電力が原因?)。よって抵抗には電位差及び電場ができます。

なんか、因果関係が逆ですね。
電池をつなげば、回路全体に「電場」ができて、電荷が移動し始めます。抵抗がなければ、この電荷は電場によって加速され続けて「無限大」の電荷が流れます。これが「短絡」です。通常は、導線のわずかな抵抗に大量の電流が流れ、消費電力「I^2・R」の発熱で導線が焼き切れます。
抵抗があれば、加速される電荷は「抵抗」(通常は、電荷と抵抗を構成する電子との衝突)によって一定値(電流、電圧、抵抗の平衡状態)以上の電荷は流れず、そのバランスに相当する「電圧=電位差」が維持されます。

>電場をつくるのは電荷ですから,このとき抵抗の両端に電荷分布ができているのでしょうか?

電場を作っているのは「電池」の電位差です。「起電力」ともいうかな。
抵抗の両端に「電荷分布」はできません。「抵抗の構成原子」と衝突しながら進む「電荷の流れ」があるのです。「静的」なものではなく「動的」です。

>あと電池を繋いでから回路に流れる電子は抵抗が持っていたものですか?それとも電池が出したものですか?

電池、導線、抵抗の中にある電子が、「電場」によって「ところてん」のように押し出されているような感じです。

>電池を繋いだときにショートしないためには電池の起電力分の電位降下が抵抗で起きなければなりません(その電位降下は消費電力が原因?)。よって抵抗には電位差及び電場ができます。

なんか、因果関係が逆ですね。
電池をつなげば、回路全体に「電場」ができて、電荷が移動し始めます。抵抗がなければ、この電荷は電場によって加速され続けて「無限大」の電荷が流れます。これが「短絡」です。通常は、導線のわずかな抵抗に大量の電流が流れ、消費電力「I^2・R」の発熱で導線が焼き切れます。
抵抗があれば、加速...続きを読む

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。

Q電圧降下計算式の近似式について

閲覧ありがとうございます。
電圧降下計算式の近似式について気になることがあります。

調べていると次の式
ΔV=√3I(Rcosθ+Xsinθ)
を電圧降下の近似式として色々なサイトに紹介されていました。

そこでベクトル図は下のように表されていて、δはとても小さく、ABの長さは無視することが出来る。
よって上のような近似式を使える。

となっているのですが、δがとても小さいというイメージがよく分かりません。

δが小さい=XIが小さい
とおもったのですが、そしたらRIcosθ、XIsinθも無視できて電圧降下は無いこととなってしまうのではないか。。。

このように何故無視できるのかわからない状況です。
δがとても小さくなる理由やイメージなど、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肝心なことが書いて有りませんが、この近似というのは|Es|の近似ということ?
つまり|Es|=|Er|+ΔV
を求めたい?

で、RやXの電圧効果は、EsやErに対して微小ということでよいのですよね?

具体的に計算して見ましょう。RとXの電圧の水平成分をa
垂直成分をbとすると、ピタゴラスの定理から
|Es|^2=(|Er|+a)^2+b^2=|Er|^2{1 + 2a/|Er| + (a/|Er|)^2 + (b/|Er|)^2}

|a|, |b| << |Er|

とすると、2次の微小項を捨てて, a, b のー次の項までで近似すれば

|Es|^2≒|Er|^2・(1+2a/|Er|)
両辺の平方根をとると
|Es|=|Er|√(1+2a/|Er|)
1 >> 2a/|Er| として平方根を一次近似すると
|Es|=|Er|(1+a/|Er|)=|Er|+a

aがご質問の△Ⅴなのはわかりますよね。

つまり、一次近似なので、ー次の項を無視せず、2次の項を
無視すればこうなるということ。


>δが小さい=XIが小さい
>とおもったのですが、そしたらRIcosθ、XIsinθも無視できて電圧降下は無いこととなっ>>てしまうのではないか。。。

全部無視するなら近似もへったくれもないです。
もっと頭を整理しましょう。

肝心なことが書いて有りませんが、この近似というのは|Es|の近似ということ?
つまり|Es|=|Er|+ΔV
を求めたい?

で、RやXの電圧効果は、EsやErに対して微小ということでよいのですよね?

具体的に計算して見ましょう。RとXの電圧の水平成分をa
垂直成分をbとすると、ピタゴラスの定理から
|Es|^2=(|Er|+a)^2+b^2=|Er|^2{1 + 2a/|Er| + (a/|Er|)^2 + (b/|Er|)^2}

|a|, |b| << |Er|

とすると、2次の微小項を捨てて, a, b のー次の項までで近似すれば

|Es|^2≒|Er|^2・(1+2a/|Er|)
両辺の平方根をとると
|Es|=|Er|√...続きを読む

Q空気中で発生する衝撃波について

空気中を音速を超える物体が通過した時、その周りに衝撃波が発生しますが、その物体が一粒子である時も同様に衝撃波は生じるのでしょか。

例えば放射線源からα線は音速を遥かに超える速度で飛び出してきます。その周りに衝撃波は生じているのでしょうか?

マクロな物体と違って衝撃波が生じないとした場合、何故なのかも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

衝撃波や空気の「波」は、空気を構成する分子の運動によるマクロ的な「粗密の伝搬」です。従って「波」の形になるにはそれだけの大量な数の「分子」が存在することが必要です。「気体分子運動論」のような、一種の「統計力学的現象」「マクロ系の現象」です。
(「アボガドロ定数:6 * 10^23」が関連する世界です)

アルファ線が個別の原子・分子と衝突する現象は、個々の「原子・分子」の運動として記述できますから、統計力学的な「波」という扱いとは異なるでしょう。いわゆる「ミクロ系の現象」「質点の力学」で扱える現象です。

単独のアルファ粒子の運動を扱うなら後者(ミクロ系)、「放射線」としてある程度の強度のアルファ線を出している線源を取り扱うなら前者(マクロ系)という感じでしょうか。
ただし、単独のアルファ粒子であっても、多数回の衝突や相互作用を繰り返す(つまり「平均行程」上の累積の反応断面積がそれなりに大きい)のであれば、ミクロ系での取り扱いは難しいかもしれません。ニュートン力学で「二体問題」までは簡単に取り扱えても、「三体」以上の「多体問題」が「お手上げ」になってしまうように、そういった「中間的な問題」は結構取り扱いが面倒です。なので「解析的」にではなく、「パチンコ玉式統計」とも呼ばれる「モンテカルロ・シミュレーション」などで「近似的な数値解」を求めることも多いようです。

質問者さんが取り扱いたいと考えている現象が、どちらに近くて、どちらで取り扱うのが「便利」で「より現象に近い近似」なのかによって、どのように扱えばよいのかが決まるのではないでしょうか。
「α線は線源を出て5センチ程度で止まる」という現象は、上に書いた「中間的な問題」に近く、ミクロ系、マクロ系どちらでも正確な記述が難しいかもしれません。

衝撃波や空気の「波」は、空気を構成する分子の運動によるマクロ的な「粗密の伝搬」です。従って「波」の形になるにはそれだけの大量な数の「分子」が存在することが必要です。「気体分子運動論」のような、一種の「統計力学的現象」「マクロ系の現象」です。
(「アボガドロ定数:6 * 10^23」が関連する世界です)

アルファ線が個別の原子・分子と衝突する現象は、個々の「原子・分子」の運動として記述できますから、統計力学的な「波」という扱いとは異なるでしょう。いわゆる「ミクロ系の現象」「質点の力学...続きを読む

QF=mgにおいて、どの高さから落としても下向きにかかる力は一定というわけでしょうか? だとしたら、m

F=mgにおいて、どの高さから落としても下向きにかかる力は一定というわけでしょうか?
だとしたら、mghなどの位置エネルギーは高さにより異なりますが、力は一定なのでしょうか?
だとしたら、エネルギーと力って比例しないのですか?

Aベストアンサー

あの、F×hは仕事量と思うのですが、なぜ発熱と言っているのでしょうか?>
実験が終了するまでの説明を書きたかったので、発熱と書いた。速度,運動量は
実験が終了すると0になる。エネルギーは、エネルギー保存則があるので、すぐには
0にならない。衝撃が起きたとき、エネルギーは発熱や音や振動や飛散物の運動エネルギーになり、これらはすべて、最終的には熱になって消えるので、発熱と書いた。
実は、運動量も運動量保存則があるので、消えないが、それは地球の運動量の変化となるが、地球の質量が大きいので、速度変化は、地球上の人には感じられない。

また、なぜ時間では力積になり、距離では仕事量などのエネルギーになるのでしょうか?
違いはなんとなくわかりますが、力積とエネルギーで求める式が違う理由はよくわかりません。>
運動量(=力積)と距離は両方とも必要な量です。時間と空間(=距離)は宇宙の構成要素です。力×時間は運動量、力×距離は距離となる。相対論の4次元運動量では、空間成分は
運動量,時間成分はエネルギーとなっている。
なぜという理由はない。現実の世界はそうなっている、というのが今できる答えだろう。
なぜ、世界には時間と空間があるのですかという疑問に近い。なぜという疑問はやめて、
運動量やエネルギーがどうなっているかをよく調べるのが、世界をよりよく解明する道であろう。

下向きの力はFで、下向きの衝撃はFtなのでしょうか?>
この質問は正しいです。そのとおりです。
F=mg,Ft=M=mgt=m√(2gh)

あの、F×hは仕事量と思うのですが、なぜ発熱と言っているのでしょうか?>
実験が終了するまでの説明を書きたかったので、発熱と書いた。速度,運動量は
実験が終了すると0になる。エネルギーは、エネルギー保存則があるので、すぐには
0にならない。衝撃が起きたとき、エネルギーは発熱や音や振動や飛散物の運動エネルギーになり、これらはすべて、最終的には熱になって消えるので、発熱と書いた。
実は、運動量も運動量保存則があるので、消えないが、それは地球の運動量の変化となるが、地球の質量が大きいので...続きを読む

Q回答を見てもどうやって変形しているのかわかりません。教えて欲しいです。よろしくお願いします。

回答を見てもどうやって変形しているのかわかりません。教えて欲しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1行目の式変形がわかりません

e^(at)の展開がわからないという話かな?

e^tの級数展開式で tをatに取り替えると

e^(at)=1+(at)+(at)^2/2!+(at)^3/3!+・・・+(at)^n/n!+・・・

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

電流の正体は電子なのに何故、電流は電子とは逆向きの方向へ流れるのですか?

Aベストアンサー

昔は電子のことは知られていませんでした。

磁力の場合N極を出発してS極に収斂するように磁力線を描くという暗黙の了解がありますが、その方が人間の感覚に合っているからです。

同じく電流も「何かが流れている」という認識でした。
それにはマイナスからプラスに流れるよりプラスからマイナスに流れると考えた方が人間の感覚に合っています。
なので電流の向きは「プラスからマイナスへ」と決まりました。

その後電子が発見され実は電子の運動(の伝播)だということがわかりますが、それはすでに電流の向きが歴史的に定着した後でした。
さまざまな法則や技術の中に電流の向きは広汎に取り入れられてしまっており、もはや変更は不可能でした。

読めばわかるとおり、電流の向きには電子のような実質はありません。

Qなぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか? ちなみに、仕事量と運

なぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか?
ちなみに、仕事量と運動エネルギーは同じものですか?
また、力積を速度に関して積分すると運動エネルギーの式になるのは偶然ですか?
正直速度に関して積分するイメージがつかないためたまたま運動エネルギーの式になったのかなと思いました。

Aベストアンサー

>なぜ力積を時間に関して積分すると運動エネルギーを求める式が導けるのでしょうか?

導けません。そもそもカ積はベクトル量。それを時間積分しても
ベクトル量です。絶対にエネルギーにはなりません。

Qコンデンサーの間に金属板を挟むとコンデンサーの電気容量が増えるとのことなのですが挟んだ金属板によって

コンデンサーの間に金属板を挟むとコンデンサーの電気容量が増えるとのことなのですが挟んだ金属板によって電気容量の増える割合って変わりますよね?

Aベストアンサー

こんにちは。こんばんは。おいどん2です。

はい。挟む金属板の厚さによって、容量は変化します。詳しい説明を写真に載せたので参考にしてください。

理想的な金属板(厚み0)なら何も起きませんが、厚みを持った金属板を挿入した場合、コンデンサの合成容量は増加します。

では、金属板の厚みを更に厚くすれば、更に容量を増やすことができるでしょうか?

理論的にはyesですが、現実的には金属板が厚すぎると、蓄積される電荷が同じ時、薄くなったコンデンサに大きな電圧がかかることになります。この状況では絶縁破壊が起き、コンデンサが使い物にならなくなります。

コンデンサを設計する際には、うまく最適化する必要があります。

ご参考まで。

がんばってね!


人気Q&Aランキング