最新閲覧日:

家に塗り薬が二つあります。一つは薬局で。もう一つは皮膚科でいただいたものですがどっちかが、熱のはなができた時に薬局で購入いたしました。(1)テトラコーチン軟膏(2)ベトネベートNクリームです。どちらかとは思うのですが・・・もしかしたらこの二つじゃないかも?しれません(どっかに無くしてしまったのかも?)すみませんがこの二つのどちらかでしたら教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本当に”熱のはな”であれば、どちらもステロイドの塗り薬なので使用してはいけません。


俗に言う”熱のはな”とは、単純ヘルペスというウイルスが原因でできます。ステロイドの塗り薬は
かえってこのウイルスを増やしてしまい、症状を悪化させますので、禁忌です。
お薬としては、抗ウイルス薬である”ゾビラックス軟膏”や”アラセナ軟膏”という塗り薬
をつかいますが、薬局にはありませんので、皮膚科でもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。メモいたしました。助かります。

お礼日時:2001/07/30 15:10

薬品の詳しい事は、全く無知なのですが・・・



先日ねつのはなが出来て薬局で勧められて購入したのが
(1)テトラコーチン軟膏の方でした~

安易に使用したらダメなんですね(>_<)
薬局に行ったらば、安易に売ってくれましたけど(笑)

一日、2.3回薄く延ばして塗って下さいね~と説明されました。
早く直ると良いですね(T_T)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。分かってすっきりです。

お礼日時:2001/07/30 15:07

(1)テトラ・コーチゾン軟膏


抗生物質と副腎皮質ホルモンをあわせた製剤ですネ。
湿疹、皮膚炎、火傷、感染性湿疹様皮膚炎、尋常性毛瘡、急性歯肉炎、舌炎などに用います。

(2)ベトネベートNクリーム
外用の副腎皮質ホルモン製剤ですネ。
湿疹、皮膚炎、乾癬、熱傷、虫刺され、感染性湿疹様皮膚炎、尋常性毛瘡などに用います。

どちらも、あまり安易な使用はされないほうがイイですヨ。ホルモン剤の使用はできるだけ慎重に行なうべきものですから‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。そうですよね・・・あまり使わない方がいいんでしょうがなかなか直らなくて痛くてこまっています。(T_T)

お礼日時:2001/07/28 03:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ