痔になりやすい生活習慣とは?

こんばんは、私は現在障害年金二級を受けながら生活しています。
二級になってから2回更新をして今の等級になってから二回更新をしています。
初めは3年更新で現在は5年更新になっていて今年更新です。
症状はもう固定されたので恐らく一番長い5年になったのですよね?

A 回答 (1件)

> 症状はもう固定されたので



そうではないです。
1年・2年・3年・4年・5年のいずれかの間隔でいわゆる「更新」を行なうのですが、前回と今回を比べたときに障害状態に大きな変化が見られない(注:症状の固定、というわけではない)ことが続いたのならば、その間隔を長めに取ろう(最大5年)というだけの話です。

ほんとうに「症状はもう完全に固定された」ということであれば、「診断書提出不要」という通知が来ます。
そうでないのですから、症状が固定された‥‥とは言い切れませんよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですか、回答ありがとうございます。

お礼日時:2019/03/28 20:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今 障害年金を2ヶ月に1回 16万貰ってます でも 今年 1月28日から契約社員で働き始めました 2

今 障害年金を2ヶ月に1回 16万貰ってます でも 今年 1月28日から契約社員で働き始めました 2月から社会保険にも加入しました でも 仕事 もう辞めそうです(´・ω・`)
聞きたいのですが 4月15日には 16万貰えるのでしょうか? 半分の8万になってしまうのでしょうか?それとも 無くなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>それまではどれだけ儲けても通知どおりに年金が支給されます

この表現は語弊があります。
もし受給されている年金が20歳前に初診日のある傷病による障害基礎年金であれば、所得制限を超えた場合更新前であっても減額もしくは支給停止になる可能性はあります。
ただし、所得制限になるには給与収入で換算すると少なくとも400万程度の年収が必要でありまた給与があったから即ということにはなりません。
質問文にお書きの状況から特に障害基礎年金の支給には問題ないと判断したので№1のように回答致しました。

Q障害者年金について、教えてください。 双極性障害、癲癇の疑いを患っています。 この症状で、年金の受給

障害者年金について、教えてください。
双極性障害、癲癇の疑いを患っています。
この症状で、年金の受給はかのうなのでしょうか?
また、受給は何年間受けれるのでしょうか。
国民年金、障害者年金と両方受給できるのでしょうか

受給に対して、自立支援は受けていますが、手帳は必要でしょうか。
すいませんが教えてください

Aベストアンサー

年金は保険です。
民間生命保険会社の保険商品(生命保険)と同様に、保険料納付などが必須です。
したがって、障害がどんなに重くても、必須条件(回答2のとおり)が満たされてなければ受けられません。
その点で、障害者手帳をはじめとする障害者福祉施策とは大きく異なります。
と言いますか、無関係と言っても良いでしょう。年金は福祉ではないのです。勘違いはしないで下さい。

精神の障害の場合は、まず、障害者総合支援法に基づく自立支援医療(精神通院)を活用しましょう。
医療費の軽減につながります。
障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を受けるのは、その後でもかまいません。
経済的なメリットという点では、自立支援医療の活用がまず真っ先に求められると思います。
なぜなら、治療を優先してゆかなければしかたがないからです。
金銭的なことよりも、まず治療を優先させてほしいものです。
障害者手帳や年金はその後だと思います。
(なお、障害者手帳を受けなくとも、自立支援医療は単独で利用できます。)

特別障害者手当は、身体障害が重複するときや身体と精神の障害を併せ持つ人であって、かつ、常時の介護を受けなければならない人に限って受けられます。
その認定基準は年金と酷似していますが、障害が重複していることが大前提なので、認定は年金よりも厳しいとお考え下さい。
このため、誰もが受けられるような性格のものではありません。厳しい所得制限もあります。軽々しく奨めるようなものではないので、回答3には疑問符が付きます。
特別障害者手当は、障害年金と併せて受け取ることができます。
なお、申請にあたっては、制度ごとに診断書が必要です。
1つの診断書を他の制度の申請に使い回す、というようなことはできません。

これらの手続きを1度に進めようとすると、混乱や誤りを招きかねません。
個人的には、ここは年金カテゴリですから、回答3のように年金以外の制度のこと(福祉)まで言及するのはできれば避けたほうがいい、と思います。
面倒でも、1つずつ絞りながら、ひとつひとつ順番に、じっくりと確認しながら手続きを進めて下さい。

年金は保険です。
民間生命保険会社の保険商品(生命保険)と同様に、保険料納付などが必須です。
したがって、障害がどんなに重くても、必須条件(回答2のとおり)が満たされてなければ受けられません。
その点で、障害者手帳をはじめとする障害者福祉施策とは大きく異なります。
と言いますか、無関係と言っても良いでしょう。年金は福祉ではないのです。勘違いはしないで下さい。

精神の障害の場合は、まず、障害者総合支援法に基づく自立支援医療(精神通院)を活用しましょう。
医療費の軽減につながります...続きを読む

Q障害年金について 申請したあと、障害状態確認の為に 時間を要する為に結果は遅延すると 回答があった場

障害年金について
申請したあと、障害状態確認の為に
時間を要する為に結果は遅延すると
回答があった場合、

障害状態確認とは、申立書に書いてある
掛かった病院などにカルテを開示させたり、診断書作成医に確認を取ったり
するものでしょうか。

年金機構は、同意書もなしで
カルテ開示や医師への確認など
する権利はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言いますね。
答えはYESです。権限を持っています(法令で定められています。)。

厚生労働省(厚生労働大臣)は、国民年金法第109条の4などを根拠にして、日本年金機構に、年金に係る事務(権限)を委任しています。
そのため、日本年金機構は、厚生労働省が行なうべき、国民年金法第107条などによる調査を職権で行なうことができます(職権で行なう=強制力がある ⇒ だから、いちいち同意書などは取らない)。

具体的な内容は、次のとおりです。

◯ 障害の状態に関する書類などの再提出を求めたり、医師を通じて再確認したりする
◯ 身分関係(戸籍謄本や住民票)を再確認したりする
◯ 障害基礎年金の子の加算に関して、子が障害児であることを再確認したりする
◯ もう1度診察を受けるように命令する

こういう所で質問しても、いわゆる「同病者」からの「まともでない回答」しか付きやしません。
つじつまが合わなかったり、明らかに間違っていたり、はては個人的な攻撃になってしまっていたり。
ですから、役に立ちやしませんよ。
事実、ここで付けられた回答はみんな間違っています。

あれこれ悩むより、さっさと年金事務所や専門職(社会保険労務士)に聞いたほうが無難です。
また、法令できちっとした根拠が定められているからこそ、行政(日本年金機構ももちろん含む)の事務が進められます。
逆に言いますと、根拠のないことを絶対にやろうとはしないのも行政です。
ですから、早い話が、権利があるからやっています。
つまり、「権利があるんでしょうか?」などと、うだうだ言う以前の決まりごとです。

日本年金機構から再確認などがなされる、ということは、あなたも医師も障害の状態をまともに示さなかったということに他なりません。
ですが、逆に言えば、不利にならないよう、善意で再確認がなされるんですよ。
なぜなら、そのまま再確認をせずに通してしまったら、受けられるはずのものも受けられませんから。

ですから、再確認というのは、むしろ、受給の可能性を拡げるための処置でもあります。
そういう認識を持たないで不満ばかり言ってしまうとしたら、それは間違いです。

結論から言いますね。
答えはYESです。権限を持っています(法令で定められています。)。

厚生労働省(厚生労働大臣)は、国民年金法第109条の4などを根拠にして、日本年金機構に、年金に係る事務(権限)を委任しています。
そのため、日本年金機構は、厚生労働省が行なうべき、国民年金法第107条などによる調査を職権で行なうことができます(職権で行なう=強制力がある ⇒ だから、いちいち同意書などは取らない)。

具体的な内容は、次のとおりです。

◯ 障害の状態に関する書類などの再提出を...続きを読む

Q障害年金申請中なのですが、担当医のいうところによると、うちの患者さんで落ちた人はいない。 と、おっし

障害年金申請中なのですが、担当医のいうところによると、うちの患者さんで落ちた人はいない。
と、おっしゃるのです。
なにか診断書に通る秘技でもあるのでしょうか。
審査が厳しいと聞いていますが。

Aベストアンサー

障害年金は症状・障害の程度に応じて認められます。なので、診断書の症状が、審査基準の規定どおりの重さであれば通ります(通りやすい)。あなたの担当医は、症状が重く、年金の認められる見込みがある患者だけ診断書を書いているんでしょう。あと、担当医は長年の経験から「これくらいの症状(診断書の記載)なら年金が認められるだろう」というのが分かっているんでしょう。

医師は制度上とても信用されています。なので、医師が作成した診断書も信用されます。なので診断書は、明らかな不備がないかぎり、そのまま採用されます。まあ、だからこそ医師は、年金請求用の診断書が責任重大だし手間がかかる(し、その割に儲からない)ので、できるだけ作成したがらないんですけどね。

Q障害年金の審査に通る可能性があるのかわからず困っています。

精神障害での障害年金の申請を考えています。
約20年前から「強迫性障害」、15年前から「うつや不安状態」の傾向があるのですが、
5年前に1回行った医者で「軽度のうつ」(薬処方)、3年前に数回通った病院で「強迫性障害」(障害手帳の説明のみ、診察の必要性・薬はなし)と診断されました。
通院して半年の現在の医者では、はっきりと診断する方針ではないためか、一応「強迫性障害」と「社交性不安障害」かなと診断されました。

その時々で1番悩んでいた症状を先生に話してそのまま診断されているだけなので、症状の一部しか診断されていませんし、発症して長いのに1度も薬では治療していないので申請しても病気として判断されないのではと不安です。
強迫性障害は毎日ですが、うつに関しては仕事したり人に会ったり何か刺激を受けた時に寝たきり・何も手につかないという風に悪化して、刺激を受けずに暮らしていればそこまで落ち込まずに暮らせているので、援助は必要ですがうつ病と言っていいのかわかりません。

今までの症状ではうつ病以外対象にならなさそうですが、役所では強迫性障害でも対象でないとは言われませんでした。
調べてもサイトによってかなり見解が違っていて、こんな微妙な症状では申請しても無駄でしょうか?

3年前から医療機関外のカウンセリングに通ったり、今の心療内科に併設されているカウンセリングで社交性不安障害に関する行動療法を半年受けたりしましたが、やはり医療機関でしっかり治療したのに治らないという状況でないと受給は難しいでしょうか?
通院していない期間の症状も申請用紙に書くようですが、発症からの期間の長さや通院期間外の症状などは審査にどれほど影響あるのでしょうか?
このまま通院期間が長くなっても可能性は低いでしょうか?

金銭的に余裕がないので障害年金で本格的な治療をしたいと思っています。
何かアドバイスや経験談などを教えて頂きたいです。

精神障害での障害年金の申請を考えています。
約20年前から「強迫性障害」、15年前から「うつや不安状態」の傾向があるのですが、
5年前に1回行った医者で「軽度のうつ」(薬処方)、3年前に数回通った病院で「強迫性障害」(障害手帳の説明のみ、診察の必要性・薬はなし)と診断されました。
通院して半年の現在の医者では、はっきりと診断する方針ではないためか、一応「強迫性障害」と「社交性不安障害」かなと診断されました。

その時々で1番悩んでいた症状を先生に話してそのまま診断されているだけな...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。詳細な説明は他の回答者の言うとおりです。あなたが今後、通院する中で心に留めておくといいことを、要点だけ説明します。

●障害年金を請求できるのかどうか
制度上は請求できる状態にあるのでしょう。「制度上は」というのは、年金の納付状況や「初診日から1年半以上経っている」等の要件は満たしているという意味です。役所に相談して事後請求できると言われたんですから、その点はほぼ確実だと思います。初診証明を実際に入手できるかが不安ですが。

ただし、役人は医学的なことに関して何もコメントしていないはずです。障害年金を請求できる病気は制度で決められています。なので、あなたの病名・病態によっては請求できません。

●障害年金を請求できる病気であるかどうか
社交不安障害や強迫性障害だけでは、障害年金を請求できません。これらの病気はパーソナリティ障害と呼ばれます。物凄くざっくり言うと「性格が極端すぎる」ということです。この意味において、潔癖症と同じレベルの話です。「綺麗好きが強い」というだけの話です。

ただし、強迫性障害等がある場合、それ以外にも何か問題を抱えていることがあるでしょう。強迫性障害等が精神的な症状を引き起こすことがあります(抑うつ、不眠など)。逆に、強迫性障害等が発達障害や統合失調症等によって引き起こされることがあります。そういう問題があれば、そっちで請求できます。

●障害年金が認められるか?
年金を請求できても、実際に認められるかどうかは別の問題です。障害年金は障害・症状の程度に応じて認められます。ここでいう「程度」というのは、ざっくり言うと「日常生活が症状によってどれくらい制限を受けているか」のことです。もうちょっと具体的に言うと、「普通に働けるよう健康を維持できるか」「生命を維持できるか」が分かりやすい目安です。例えば、「病気が理由で食事を満足に摂れない」「病気が理由で体や部屋を清潔に保てない」「病気が理由でお金の管理ができない」「病気が理由で眠れない」というのがあると、障害・症状が重いと判定されます。

●通院について
以上のような症状であなたが長い間困っているとしても、そのことを医師が把握するには長期間通院しないといけません。この期間は、医師があなたの言うことを信用してくれるまでにかかる期間だとも言えます。半年くらいは必要でしょう(法的な根拠がないですが)。なので、あなたはじっくりと通院を続けて、パーソナリティ障害以外にどんな疾患を抱えているかをちゃんと医師に診察してもらいましょう。

その際、上で説明した「目安」を参考にして、生活上の「制限」「困っていること」を日頃からメモしておくと診察時に便利です。なお、ここで言う「困っていること」は、症状自体に関係することです。「働けなくて金銭的に困っている」というのは違います。あくまで「なぜ働けないか」が重要です。

●余談
僕も医師と医学を信用していません。彼らは現在の標準的な医学だけで考えて、ほとんどマニュアルに沿って治療方法を選択するだけです。でも、そういう方法では、特に精神疾患は治りません。むしろ患者を薬漬けにして、余計に症状をこじらせるだけです。ある医師は、統合失調症が向精神薬の副作用&後遺症だと言っているくらいです。

ですが、精神疾患で生活できない人は確かにいます。そういう人は障害年金に頼らざるを得ません。そして障害年金を受給するには、医師の力を借りるしかありません。医師の力を借りるには、形だけでも「治療」「通院」を続けないといけません。そうしないと医師はカルテを書けないですし、カルテに基づいて診断書を書けないですから。そういう「打算」で通院するのも、生きていくための方策です。

#3です。詳細な説明は他の回答者の言うとおりです。あなたが今後、通院する中で心に留めておくといいことを、要点だけ説明します。

●障害年金を請求できるのかどうか
制度上は請求できる状態にあるのでしょう。「制度上は」というのは、年金の納付状況や「初診日から1年半以上経っている」等の要件は満たしているという意味です。役所に相談して事後請求できると言われたんですから、その点はほぼ確実だと思います。初診証明を実際に入手できるかが不安ですが。

ただし、役人は医学的なことに関して何もコメ...続きを読む

Q障害基礎年金と就労、生活状況について

障害基礎年金について教えてください。
私は広汎性発達障害とADHDを併発しており、精神障害者保健福祉手帳2級を所持しております。

現在契約社員として時短勤務中、訳あって一人暮らしです。
一応働けてはいる……のですが、生活面が壊滅的で、
食事→1日1食で良い方、食べても少ない、偏食。
入浴・着替え→毎日は困難。ひどい時は1週間に2回ほど。
服薬→しょっちゅう忘れる。余っている薬の数は把握していない。
金銭管理→課金ばかりしてしまって生活を圧迫する。
対人→初めての場だと緊張で手が震えて文字が書けない。コップが持てない。話が頭に入ってこない。

などといった具合で、仕送りなどで暮らしてはいけているのですが、正直厳しいですし、仕事も今はできていますが大体長くても1年くらいで辞めてしまうことがほとんどです。その1年も勤怠が安定せず、休職したり休みがちだったりします。休みの日はほとんど引きこもっていて、買い物や散歩に出かけることはほとんどありません。感覚過敏などから人混みが苦手なため、電車などの交通機関では立っているのが困難で、ヘルプマークをつけて座らせていただいています。

この場合、仕事をしていても障害基礎年金(20歳前発症なので)はいただけるのでしょうか?(保険料の未納はないです)また、この情報だけでは判断しがたいとは思いますが、いただけるとしたら等級はどれになると思いますか?

ご回答お待ちしております。

障害基礎年金について教えてください。
私は広汎性発達障害とADHDを併発しており、精神障害者保健福祉手帳2級を所持しております。

現在契約社員として時短勤務中、訳あって一人暮らしです。
一応働けてはいる……のですが、生活面が壊滅的で、
食事→1日1食で良い方、食べても少ない、偏食。
入浴・着替え→毎日は困難。ひどい時は1週間に2回ほど。
服薬→しょっちゅう忘れる。余っている薬の数は把握していない。
金銭管理→課金ばかりしてしまって生活を圧迫する。
対人→初めての場だと緊張で手が震えて文...続きを読む

Aベストアンサー

文面からすると、あなたはかなり障害年金の審査基準に詳しいようですね。質問文の内容が正しいなら2級が相当でしょう。1級は、そういう自己認識や質問自体ができないような人です。

あとは、あなたの現状&症状を医師が正しく診断書に反映してくれるかが問題です。医師と信頼関係を築きましょう。

ちなみに、手帳で○○級だから障害年金でも○○級ということは言えません。手帳と障害年金の基準は全く別だからです。

Q障害年金についての質問です。 うつ病で通院歴2年。 仕事はしていません。 5年程母親の介護をしていま

障害年金についての質問です。
うつ病で通院歴2年。
仕事はしていません。
5年程母親の介護をしています。
母親の介護がきっかけでうつ病になりました。
今障害年金を申請中です。
うつ病でも母親の介護をしていると障害年金の受給は難しいでしょうか?
どなたか回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

親の介護をしていることが年金の支給に関してマイナスに作用することはないでしょう。むしろ心を病む理由として信憑性が高いので、プラスに作用するでしょう。とは言え結局、審査に大きく影響するのは医師が診断書に書く症状の重さです。

Q額改定請求をしたいけど、出来ない状態パ-ト2 検査入院は必要ですか?

まずタイトルが質問と異なると思われる、突っ込まれる覚悟で質問します。私は障害者基礎年金を受給しています。40代半ばで年金コ-ドは6350です。
私は額改定請求を考えています。これまで私は、身体異常を重視して質問してきました。事実、身体に異常が出ることで、かなり日常生活で困ることが多いので。
根気よく分かりやすく回答して下さるうちに、私は私の傷病や症状から今の身体異常での額改定請求は、出来ないのではないか?と、思い始めました。
回答者様とのやり取りの中で、私は身体に異常を感じる前に読み、書き、計算に困ることがあったことに気付かされました。
読みで言えば、ATMやコンビニのコピー機の説明されている説明文の意味を理解するのに(もともと理解力に劣るけど)衰えを感じ、時間がかかります。また興味がある分野であっても、文章での説明は理解が出来ない、頭に入って来ません。
書きで言えば習ったことを忘れないように自分の言葉でメモを書いても、メモの意味が分からないのです。
計算で言えばかけ算の九九が、3×8=24が8×3と同じだと気が付くことに、時間がかかります。足し算や引き算は手を使えないと、電卓がないと出来ません。また68+3の場合、時間をかけて何とか71と回答出来るけど、68+13となると紙に書いても回答に時間がかかります。ピッタリの数字(5や10等)のみの計算(コピー等)にいくら必要とか分からず、多めに金額を入れてます。
日常生活で言えばコンビニのコピー機の利用を後ろで待たれたら、焦りかえって操作ミスが多くなったり、先に多めに投入しておつりがあったこと等は度々あります。レジで待っている間、100均での購入は事前に計算してお金を出しています。順番がきて計算が間違っていたら、とりあえず手に持っているお金を出して追加金を出したら良いと頭では分かっていても、すべて財布に閉まってお金を出します。
障害者年金の一年に援助してもらえる金額の、半分以上を1ヶ月で使ったことやもあります(ネットに詳しい人に相談して、消費者センターに相談して、全額取り返した)。外出先で銀行の通帳を落としたことに気付かず、気付いても足の踏み場がないほどの部屋のどこかにあるとたかをくくっていたら、警察から連絡を受けました。
私はすぐ忘れる性格でこれだけ外出先で困っていたにもかかわらず忘れるため、身体が外出が出来ないために異常を起こしたのではないか?だから身体の異常は出たけど治るの、繰り返しなのかもしれないと思っています。
上記のことは主治医に話していません。話さなければいけないと気が付きました。
と、同時に痛みで目は覚めたけどあまりの痛みで寝返りが出来ない、意を決して起き上がるまでにかなりの時間がかかり、数年前に診断された腰痛でヘルニアと診断された後、さらに行動に移ることに時間がかかること。腹痛を起こすと腰まで痛みを起こすこと。腹痛はコ-ヒ-を飲んだ時は必ず起こす。しかもそのコ-ヒ-は100均の無糖コ-ヒ-であり、豆で購入した無糖のコ-ヒ-では腹痛は起こさない。インスタントコ-ヒ-はグラニュー糖を入れるので、腹痛を起こす頻度を低いことに気が付きました。最近では、診断されてはいないけど目を覚ましたら足までしびれることもあり、家族に坐骨神経痛の可能性があるとも言われました。
上記に関してはかかりつけの精神科医に、話さなければと思っていますが、腹痛に関しては進行具合が分からないので、額改定をするために身体のどこかに異常があるとかはで検査入院してから、かかりつけの精神科医に話したら良いのですか?

まずタイトルが質問と異なると思われる、突っ込まれる覚悟で質問します。私は障害者基礎年金を受給しています。40代半ばで年金コ-ドは6350です。
私は額改定請求を考えています。これまで私は、身体異常を重視して質問してきました。事実、身体に異常が出ることで、かなり日常生活で困ることが多いので。
根気よく分かりやすく回答して下さるうちに、私は私の傷病や症状から今の身体異常での額改定請求は、出来ないのではないか?と、思い始めました。
回答者様とのやり取りの中で、私は身体に異常を感...続きを読む

Aベストアンサー

最初に、少しお断り&お願いをしておきたいと思います。
何度やり取りしたところで、正直申しあげて、これ以上は言えるようなことがありません。
そのため、今後は、質問を繰り返すよりもお医者さんとの関係を良く築けるように診察を受ける、ということに集中してほしいと思います。

てんかんの認定は、精神障害者保健福祉手帳でも障害年金でも、それぞれ、決まりごとがあります。
てんかんの重さや種類、1年・1か月・1週間あたりの発作の回数や時間‥‥といったものを見ます。
そして、たとえ発作があっても、薬を飲むことで発作が抑えられていて回数や時間が決まりごとに達してはいない、という状態であったなら、手帳や障害年金の対象にはなりません。
あなたは「けいれんを起こした」と言いたいかもしれませんが、認定されるかされないかは、あなたが決めることではありません。
したがって、必ず、お医者さんの判断にしたがって下さい。

あなたは、もともと「急性脳症後遺症」です。
正直、私も、何度もそう申しあげています。
急性脳症という病気で脳が傷ついてしまった結果、発達や知能に遅れや障害が出てしまった‥‥。
そのために、広汎性発達障害や精神発達遅滞(知的障害)という診断名も付いている‥‥。
ですから、ごくごくあたりまえのことなのですが、手帳や障害年金の対象となる範囲内で言えば、「急性脳症後遺症」「広汎性発達障害」「精神発達遅滞(知的障害)」のほかにはありません。

解離性障害、というのは、つじつまが合わない・説明が付かない身体症状をあらわすための言い方です。
障害‥‥という名前を使ってはいますが、統合失調症やうつ病などの精神疾患とは全く違いますし、障害でもありません。
人格障害といいますか、早い話が、わがままや仮病・詐病のたぐいで「病気ではないのに、まるで病気のように見えてしまういろいろな症状があらわれる状態」のことをいいます。
症状としてはかなり極端なのに、なぜかけろっと治ってしまったり、説明がつかない状態になります。
私としては、解離性障害というよりも、身体表現性障害といったほうが適切なのではないかと思います。これも同様の人格障害で、症状もよく似ていますが。

解離性障害としての症状は、私は、発達や知能の遅れから来ている可能性もある、と思っています。
要は、自分の考えなどを頭の中で上手くまとめたり、言葉に出したりすることができないので、心と身体とがうまく釣り合わずにイライラしてしまう‥‥。
その結果、心の叫び・悲鳴とでもいったような感じで、身体の症状に出てしまうのでしょう。
ただ、こういったことを繰り返すと、はっきり言って、あなたは周りからどんどん理解されなくなってしまいます。
ほらふき少年といいますか、オオカミ少年のように見られてしまって、相手にされなくなりますよ。
なぜなら「訴える症状は大げさなのに、実際にはほんとうに大したことがない」からです。

ですから、発達障害や知的障害としての治療・訓練のほうにポイントを置いたほうが良いと思います。
精神疾患としては、統合失調症のような症状がきわめて重いわけでもなければ、うつのために何もできないというわけでもないですよね?
ほんとうにそういう状態ならば、ここでの書き込みすら不可能になりますから。
ですから、はっきり言って、2級の状態かどうかも怪しい‥‥というのが、私の本音だったりもします
(診断書の書き方がどうこう‥‥というよりも、そもそも、障害の状態としてはかなり軽いと思います。)

ヘルニアも含めて身体の症状のことは、手帳や障害年金のことから、すっかり離して下さい。
主治医の先生(精神科のお医者さん?)には話してもいいと思いますが、手帳や障害年金のときに一緒にしてはだめですよ。
結局、額改定請求なんかできやしないんですから(身体の病気でもないし、神経が死んでしまったとか、脳が死んでしまったとか、脳梗塞で半身がマヒした‥‥とかでもないので)。

以上です。
やり取りは、これで最後にさせて下さい。あとは、お医者さんにしたがっていただくしかないです。

最初に、少しお断り&お願いをしておきたいと思います。
何度やり取りしたところで、正直申しあげて、これ以上は言えるようなことがありません。
そのため、今後は、質問を繰り返すよりもお医者さんとの関係を良く築けるように診察を受ける、ということに集中してほしいと思います。

てんかんの認定は、精神障害者保健福祉手帳でも障害年金でも、それぞれ、決まりごとがあります。
てんかんの重さや種類、1年・1か月・1週間あたりの発作の回数や時間‥‥といったものを見ます。
そして、たとえ発作があっても、...続きを読む

Qパーキンソン病で1種3級の身体障害者です。障害者年金の受給申請を検討しています。(年金事務所に相談済

パーキンソン病で1種3級の身体障害者です。障害者年金の受給申請を検討しています。(年金事務所に相談済。可能性はあるようなので。)初診の書面を取ろうとしたところ、担当医師は退職していました。別の医師が記入してくれるようですが、その際、注意すべき事項はありますか?

Aベストアンサー

2点あります。
少々長文になってしまいますので、恐縮ですが、お気をつけてお読みいただますと幸いです。

初診の証明、ということであれば、受診状況等証明書のことではないでしょうか。
診断書とは違いますので、1年半以上うんぬんということとはまた別の話で、回答1は必ずしも正しい内容ではありません。
受診状況等申立書の⑩で該当番号1「診療録より記載したものです」に◯を付けていただき、初診時医療機関で別の医師から証明をしていただければ足ります。
医療機関が管理している診療録の証明書、という位置付けです。
したがって、実際に診察していない医師でも書類を作成できます。

これに対し、障害認定日(初診日から1年半が経ったとき)や請求日直近の障害状態を記入する年金用診断書の場合は、上記の受診状況等証明書とは違います。
原則、医師法第20条による診断書となるので、実際に診察した医師でなければ作成できません。
そのため、別の医師に作成を依頼せざるを得ないときは、診断書下欄の「上記のとおり、診断します」の箇所に線を引いて抹消していただいたのち、「上記のとおり、診療録に記載されてあることを証明します」と訂正文を書き加えてもらいます(必須)。
訂正箇所には、代理となる別の医師の個人印を押印してもらって下さい(抹消線の上に)。
それによって、医療機関が管理している診療録の証明書、といった位置付けに変わるため、先ほど申し上げた受診状況等申立書と同様、実際に診察していない医師でも書類を作成できます。

質問なさっている書類は、受診状況等証明書のことでしょうか? それとも年金用診断書のことでしょうか?
その違いをまず認識していただき、上述のとおり、正しい対応をなさって下さい。

なお、初診時医療機関と障害認定日時点の受診医療機関とが同じ場合は、受診状況等証明書の添付を省略することも可能で、年金用診断書において初診年月日を明確に示すことで足ります。
ただし、その場合であっても、実際に診察した医師とは別の医師に書類を作成してもらうときは、上述の内容のとおりです。

本来は、年金事務所から詳細を説明していただくべき事項でもあります。
さらに疑問などが生じた場合は、ネットで質問なさるよりも、年金事務所にお尋ねになるようにして下さい。

2点あります。
少々長文になってしまいますので、恐縮ですが、お気をつけてお読みいただますと幸いです。

初診の証明、ということであれば、受診状況等証明書のことではないでしょうか。
診断書とは違いますので、1年半以上うんぬんということとはまた別の話で、回答1は必ずしも正しい内容ではありません。
受診状況等申立書の⑩で該当番号1「診療録より記載したものです」に◯を付けていただき、初診時医療機関で別の医師から証明をしていただければ足ります。
医療機関が管理している診療録の証明書、という...続きを読む

Q一般就労してる者は障害年金を貰うには厳しいのでしょうか。年金の方にちょっと厳しいと言われたのですが。

一般就労してる者は障害年金を貰うには厳しいのでしょうか。年金の方にちょっと厳しいと言われたのですが。障害基礎年金のほうです。

Aベストアンサー

大丈夫!「働いているから障害年金は難しいというのは
都市伝説」とケースワーカーが言ってました。

現に私、就労25年目ですが無事障害年金が
認定されました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング