「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

 空気を動脈に注射すると人は死んでしまうのでしょうか?。一定時間心臓に血が巡らなくなるのかもしれませんが、また時間が経てば血が巡るでしょうから、一定時間
短時間の心停止のみになると私は思うのですが、専門知識をお持ちの方のご意見を頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



その場合は「空気塞栓」という現象が起きます。

つまり、特に脳のように血流がちょっとの時間止まっただけでも莫大な被害が出る臓器の中の血管が細かく分かれて行く所で、空気の泡がが詰まってしまい、その先に血液がいかなくなるのです。

ある程度耐久力のある臓器ならどうにか回復できますが、脳の場合、致命傷を受けてしまう事が多いんです。

病院などで事故で血管に空気をいれてしまった場合は、最悪でも、この事態を避ける為に、頭を下げて足を高くします。

心臓が空気でロックする場合ですが、動脈では相当な圧力をかけて空気を送り込むか大量の空気を入れないと起こりません。
動脈から枝わかれした先で空気塞栓が発生してその先に血がいなかくなるので、心臓まで空気が行く事はあまりないからです。

むしろ、血液が心臓に帰って来る血管である静脈の太い部分に空気が入ると、心臓が空気でロックしてしまう現象が起きやすいです。

心臓が空気で満たされると、空気の弾性が大変大きいの中の空気を圧縮するだけで心臓の容積が消費されてしまい血液を送り出す事ができなくなります。

そうなると、心臓にもどる血流がなくなりますので、復旧する事はありません。
    • good
    • 3

昔、聞いた話ですが、300ccぐらいの空気を入れると死ぬらしいです。

それ以下なら大丈夫みたいですよ。ナチスの人体実験での結果だったと思います。
人間ってそう簡単には死なないんですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどのくらい空気を注射すると死ぬの?

 中学生まで注射はこわくなかったのですが、中学生のとき友人から「まちがえて空気を注射されて死んだ人がいる」ということをきき
さらに戦争中楽に死なせるために空気注射をつかったという話をきき以来とても注射が怖くなりました。注射をすると死ぬとおもってしまって注射のとき
体が震えてしまいます。
実際どれくらいの空気を注射するとしぬのでしょうか?

Aベストアンサー

脳の毛細血管をふさいでしまう、とされる説もありましたが、「法医学教室の午後」か「死体は語る」で解説されていたのは、心臓の弁がずーずーすかすかになるくらい空気を入れないと死に至らないそうです。
赤ん坊ならいざ知らず、大人は10ccくらいじゃ死なないでしょうね。苦しいのかもしれませんが。

Q血管に空気が入ると死にますか?

昔の映画などで、血管に空気を注射して殺す、みたいなシーンの記憶があるのですが、血管に空気が入ると死にますか?

今日、点滴を受けていた時に、少し空気が混入していたのでドキッとしました。
もちろん、私は死んではいませんが、それは微量だったからでしょうか?

Aベストアンサー

もう正確な回答を死ってらっしゃると思うのですが。
私は、看護学生なのですが、看護技術のときに学習して、空気は少量では影響がないことを知って、へえ~~~と思ったものです。
何年か前に、看護師の妻が、夫を注射器で空気を入れて、殺したという、かなり恐ろしい事件があったと思います。
そのことを授業のときに先生がおっしゃっていたのですが、
人が死ぬような空気を血管に入れるためには、かなり太い注射器で、200CC以上の空気を入れないと、だめだから、空気を大量に入れることは、大変難しいようです。

なので、普通の点滴のラインから空気が混入しても大丈夫なようです。しかし、なにが起こるかわからないので、空気を入れないように、するのは大切だと思いました。

Q動脈と静脈のエアーについて

看護師です。
バスキャスの洗浄やAラインの採血など動脈には、絶対に空気が入らないよう細心の注意を払いますよね。閉塞が心配だから。
一方で静脈では多少の空気が入ってしまっても静脈内で空気が溶けるから大丈夫と教わりました。
そこで質問です。
なぜ動脈では閉塞が起きて、静脈には起こらないのですか?
静脈に入った空気はどういった機序で溶けるのでしょう?

Aベストアンサー

(血管造影に従事している)放射線技師です。
ご存知かと思いますが、動脈に空気が入らないよう細心の注意を払うのは、脳などの終動脈でエアーがつまらないようにするためです。動脈はそのまま体の各部位に流れてしまいますから危険です。
しかし、静脈においては、その後心臓にもどるので、右心房→右心室→肺動脈と流れ、肺の毛細血管にたどり着きます。
このとき、少量のエアーであれば、肺には非常に多くの毛細血管があるため、多少引っかかってしまっても、影響はありません。もちろん、多ければ肺梗塞を起こすでしょうが…。

また、そもそも肺は呼吸器官であり、空気交換に優れているため、「吸収」が可能らしいです(吸収という表現が正しいかは分かりませんが)。

お互い、エア抜き気をつけましょう~。

Q注射器の空気を、ちゃんと抜かないで注射されても大丈夫ですか?

医療従事者の方、教えてください。

獣医さんが、せっかちな人で、
ワクチンを打つのに、注射器の中に、注射液を吸い上げてから、ほとんどまったく中の空気を抜かずに、手の加減で、空気だけ入らないように、注射をしていました。

前に、ドラマで、お医者さんが空気を注射して人をあやめているドラマをみたことがあります。

慎重な先生だと、よく空気しっかりと出して、空気が残っていないか、何度も注射器を爪で弾いて、それから何度も確認している先生も、見かけますが、
実際は、空気はちゃんと抜かないでもいいものなのですか?

今日の獣医さんは、ほとんどまったく空気を抜かないで、シリンダーに、6分の1くらい空気が残っている状態で、注射をして、目分量で、空気の入らないくらいのところで止めていました。

ちょっと心配に感じたので、次回のため、本当のところはどうなのか、
医療従事者のかたに聞きたいです。

何も知らないしろうとの疑問ですが、よろしければお願いいたします。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

医師ではなく法律学を学んだ中年です。
裁判になった例で知的障害のある姪を空気塞栓で殺害しようとした事件があります。この裁判で出された判決理由にどれ位の空気を静脈に送り込んだら死亡するかが書かれていました。その量は成人で30ミリリットルから300ミリリットルと幅があるとされています。
医師の方からの回答にも有るように少量の空気では空気塞栓は起きません。注射器一本分の空気を送り込まないと死にません。犬・猫であっても体重比で同じぐらいの量が必要になります。
結果的に言えば、問題になる量は注射されて居ない事になります。
只、気分は悪いと思うので、次回からは別の獣医さんに掛かることをお勧めします。

Q点滴での空気の混入

この前点滴してきましたが血管の中に
空気が入っていくのを見ました。
看護婦さんに大丈夫ですかと聞いたのですが
死なないからという返答でした。
知りあいの看護士の話だと肺から出されるから大丈夫だといいます。
本当に肺は空気がはいるとフィルターの役目をするのですか
教えてくださいませんか。

Aベストアンサー

また来ました。m(__)m
どの位の量か知りたいようですので、参考までに計算してみました。

点滴の針側のチューブは確か3mm以上の太さのものはつなげないはずですので、最大で3mmの内径だとして計算すると、
入った空気の量(3cm)=3.14×(3mm/2:半径の事)の2乗×3cm となります。
計算すると、3mmのチューブで3センチの長さに空気が入ったとして、0.2cc(もしくはミリリットルも同じ)となり、まず影響を及ぼす量とはいえないでしょう。
実際には3ミリのチューブではなく1.5ミリ位のチューブを使う場合が多いと思いますので、この四分の一程度かと思います。

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。

Q心臓が動く時、空気が入ってる感じがします

中2の女です。まだこんな歳なのに、心臓に異常を感じる時があります。

丁度半年くらい前、深夜宿題をしている時に急に胸が苦しくなり、息をするのが辛くなりました。
慌てずに腕で脈を取ってみたのですが、その時は120位あったと思います。
その日から常に心臓がバクバクいってるような感じがしてます。

夏休み前くらいでしょうか。物凄く胸がバックンバックンと鼓動して、朝会中に倒れてしまいました。(その時は凄く暑かったです)
それからもバクバクはエスカレートするばっかりで、今も胸が苦しいです。。。
バックンと大きく鼓動すると、心臓に空気が入っているような感じがします。
空気が入った感じがすると、鼓動のリズムが崩れている感じがします。これは、一般的に言う「不整脈」でしょうか?
大きく息を吸うと動機が激しくなります。同年代の友達にはこんな症状が出ている人はいないのでとても不安です。
良い返事待っています。

Aベストアンサー

年齢や症状を詳しく書かれているのですが、こういうのは実際に診察・検査をして診ないと何とも言えないと言う事を覚えておいてください。

で、
>大きく息を吸うと動機が激しくなります
⇒此れ自体は自律神経によるものです。息を吐くときには遅くなるはずです。

>深夜宿題をしている時に急に胸が苦しくなり
⇒呼吸自体が浅くなり、脳・体が酸素不足になっていたのかも知れません。

其の異常事態に体が驚いて、脈拍を上げたことも考えられます。

姿勢はどうでしょうか? 悪い姿勢だと、呼吸に関係する筋肉も働きが悪くなり、更に口・鼻から肺までの空気の通り道が細くなりやすく、出入りが悪くなります。

姿勢としては、足首、膝、股関節は各々90度程度に。
頭の天辺が天井から糸で吊るされている感じにまっすぐにする。
勿論、背筋もまっすぐに。

これで、<深く>、<ユックリ>とした呼吸を行ないましょう。

<年齢>との関係もありますが、
そのほかにも適度な運動と、適正な食事の摂取と、体に悪い物を食べないなどもして、健康度を上げてゆくことも、
病院で検査で正常となりましたら行う事が良いでしょう。

年齢や症状を詳しく書かれているのですが、こういうのは実際に診察・検査をして診ないと何とも言えないと言う事を覚えておいてください。

で、
>大きく息を吸うと動機が激しくなります
⇒此れ自体は自律神経によるものです。息を吐くときには遅くなるはずです。

>深夜宿題をしている時に急に胸が苦しくなり
⇒呼吸自体が浅くなり、脳・体が酸素不足になっていたのかも知れません。

其の異常事態に体が驚いて、脈拍を上げたことも考えられます。

姿勢はどうでしょうか? 悪い姿勢だと、呼吸に関係...続きを読む

Q教えてください。

先日、はだしのゲンの漫画を見ていたら空気注射による負傷兵の安楽死の話がありました。本当に心の痛む事実にただただ絶句するしかありませんでした。時に、なぜ血管に空気を注射するだけで安楽死してしまうのでしょうか?メカニズムとかを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

空気塞栓だと思います。ただできる場所は心臓とかではなく
肺胞の毛細血管だと思います。
安楽に死ねるとは限りません。胸が苦しくなって倒れ、意識
が遠のくまでしばらくかかると思われます。
近頃話題のエコノミークラス症候群は足にできた血栓が肺胞
の毛細血管を詰まらせるものですが、血栓の代わりに空気が
入って細い血管をダメにするわけですね。
だから血液中に吸収できてしまうくらい微量の空気では起こ
りません。一般的致死量がわからなくてすみませんが、太い
血管用の注射でブスッと押し込めば死に至るんじゃないでし
ょうか。
どちらにしても怖い話ですね。

Q点滴の中に空気が入った、教えて下さい。

「点滴の中に空気が入った」
点滴のルートの中に、空気?気泡?が付いている状況。
輸液の滴下とともに、血管中に入りました。
この空気は、どこに行ったのですか?

Aベストアンサー

空気と静脈では、静脈の圧力の方が強いので、血が逆流することはあっても、空気が入ることはありません。
管に空気が混じることがありますが、少量だと肺で吸収されるから心配ないよ。
100ccぐらいまでなら大丈夫と聞きましたが、本当に大丈夫なのか実験したわけではないので・・・・

Q採血時の不安、事故

 23G翼状針で採血したところ、ルートに血液が逆流してきましたが、間もなくシリンでに空気があったせいか、陰圧で内筒が引けません。
無理やり内筒を引きつずけると、血管に与える影響は?
又内筒を押してしまうと血管に空気が注入されてしまうのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
翼状針はチューブが細くて長いので管路抵抗が大きいのと、中に空気が入ってる為、シリンジや真空採血管の効果が低下します。
その為、陰圧をかけた(シリンジなら引いた状態)状態で少し待たないと採血できません。

「ルートに逆流」の意味がよく判りませんが、翼状針についてるチューブの事なら、血液の流入が確認できた状態で静脈に針が達している事が確認されます。

血管が細い人や出にくい人に無理に陰圧を強く掛けつづけると血管壁が針先の斜めの部分に張り付いたりして採血がうまく出来ませんが、構造上先に述べたように引き続けないとダメです。
張り付いただけならまだいいのですが、針先が血管壁に触れると損傷の可能性もありますので、翼状針を使う場合、ダメそうだったら無理しないですぐに中止し、細いゲージの針をシリンジに直接付けてやりなおすべきです。

内筒を戻す場合ですが、陰圧が感じられなくなるまで戻す分には全く影響がありませんが、それ以上に戻すと、針やチューブの中の血液が逆流します。
特に引き始め部分の血液には、組織トロンボプラスチンの混入が考えられ、それゆえに、検査などで凝固の影響を受ける血算などは注射筒内の先端部分に近い血液を使用し、出来るだけ凝固を防ぐのが普通です。

この組織トロンボプラスチンが血管内に逆流すると血管内凝固が発生する危険があります。

空気の注入の危険ですが、注射筒内に元々空気が入ってたとかじゃなければ、注射筒に血液が入ってる状態で逆さにして針(チューブ)側に空気を上げたりしなければ空気注入の心配は理論上はありません。

こんにちは。
翼状針はチューブが細くて長いので管路抵抗が大きいのと、中に空気が入ってる為、シリンジや真空採血管の効果が低下します。
その為、陰圧をかけた(シリンジなら引いた状態)状態で少し待たないと採血できません。

「ルートに逆流」の意味がよく判りませんが、翼状針についてるチューブの事なら、血液の流入が確認できた状態で静脈に針が達している事が確認されます。

血管が細い人や出にくい人に無理に陰圧を強く掛けつづけると血管壁が針先の斜めの部分に張り付いたりして採血がうまく出...続きを読む


人気Q&Aランキング