寺山修司さんの戯曲で、「人生は一幕のお芝居」っていうのを主題にした戯曲ってありますか?題名を教えてください。毛皮のマリーがそうだった気がしたんですが、改めて読んでみたら、主題ではないかなー、って思いました。
あと、なんか、昔どこかで読んだ寺山さんの戯曲のなかで、いろんなひとが次々、きょうは私の番よ、とか言って、それまで「主人」演じていた人から「主人」の小道具を取り上げて自分に着せて、「主人」になるような話があった気がして、それが、「人生は一幕のお芝居」っていうのを主題にした戯曲っぽかったんですが、題名がおもいだせません。わかる人がいたら教えてください。

A 回答 (2件)

多分、「奴婢訓」ではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

たぶんそれだと思います。ありがとうございます。
主題、違いましたねー。ざんねん!
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/28 18:31

再びpei-peiです。



「所詮は人生は一幕の芝居に過ぎない」は、やはり「毛皮のマリー」のせりふのようですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すてきなサイトの紹介、ありがとうございました。
寺山さんがちょっぴり動く画像に魅入ってしまいました・・・。ドキドキ。
人生は一幕のお芝居に過ぎない、ってことはいろんなところに書いてあった気がしますが、主題にはなってないんでしょうかね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/28 22:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺山修司のような短歌

寺山修司のように、虚構(フィクション)を好んで歌った歌人を探しています。
特に人生や生活の中の「私」からの解放を感じられる作品が良いです。
お勧めがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

少し方向性は違いますが、
春日井 健 などいかがでしょうか。特に初期。

寺山修司と同人誌『極』を発行していた歌人の一人です。
ちなみに、同人には塚本邦雄、岡井隆が加わっていたと思います。

Q寺山修司について

寺山修司の詩、小説、エッセー、戯曲などなど愛読しているものです。
彼が語る出生やエッセーの中の生活には多分にフィクションが用いられているようですが
(まさにそこが魅力でもありますが)
何か彼の生い立ちや生活についてほぼノンフィクションで書かれた
お薦めの本があったら教えてください。
もちろんどなたが書かれているものでも良いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。僕は寺山修司さんについては全然詳しくありません。それでも「ポケットに名言を」「両手いっぱいの言葉」という本の中にある寺山さんの言葉そのものにとても感銘を受けています。詳しくない僕が紹介するのもなんなのですが、ノンフィクションの本(読んだことないんですが)知ってますのでご参考にと思います。

寺山はつ「母の蛍・寺山修司のいる風景」(新書館)寺山さんのお母さんの回想録のようです。

九條今日子(映子)「ムッシュウ・寺山修司」(ちくま文庫)妻・九條の回想録のようです。

萩原朔美「思い出の中の寺山修司」(筑摩書房)劇団・天井桟敷で寺山さんと苦楽を共にした萩原さんの回想録で、とても興味深い話が書かれているようです。

柳美里「窓のある書店から」(角川)に寺山さんについて書かれている部分があります。(この本は持ってますので読みました)

ご参考になれば幸いです。

Q寺山修司はなぜすごいのですか?

たびたび本屋や図書館に行きますが、いろんな本に寺山修司が天才のように書いてあるのを目にします。彼のどこが天才なのでしょうか?一般にどのように評価されているのでしょうか?その彼の天才である事が生い立ちなど関連があると思われるようなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は短歌が好きですので短歌のことだけしか知らないのですが、
寺山修司は独自の世界観を見事に創り上げていると思います。
独自の世界観=彼だけの短歌、とでもいいましょうか。
他の歌人とは一線を画しています。

寺山修司の世界だけを見ているとその素晴らしさはわかりません。
いろんな芸術、文学に触れてみると、
寺山修司の世界観の素晴らしさが際立ち、
よくおわかりになると思います。

Qヴェニスの商人の戯曲解釈

大学の入試試験で

【シェイクスピアのヴェニスの商人の戯曲解釈を一分間述べなさい。】

という試験があるのですが、どのようなことを言えば良いのかさっぱりわかりません(;_;)もう時間があまりなく、とても焦っています!

『終始キリスト教の優越性をたたえている戯曲である。シャイロックはそんなキリスト教を偽善と言って痛烈に批判している。』

こんな感じの文章で良いんでしょうか?どなたかアイデアをお願いします!

Aベストアンサー

 
まず初めに言っておきます。
 
自分は、映画しか見ていません。
戯曲そのものは読んでいないので、
映画を見た感想的なことになります。
 
ですが、多少なりともヒントになるかと思います。
 
全体を通じて感じたことは、
『人を呪わば穴二つ』です。
 
つまり、善人である【アントーニオ】を陥れるため、
契約書を楯にとり、厳格な『法』の執行を望むけど、
逆に『法』によって破滅する悪人の【シャイロック】
ということになります。


ここで、キリスト教的に思考するなら、

クリスチャンの【アントーニオ】は、
キリストの教えを守り、慈悲の心を見せて、
自分の生命を狙った(殺そうとした)
異教徒の【シャイロック】であっても
生命を救おうとしますし、
若い法学者【ポーシャ】は、神の使いであり、
その導きにより【シャイロック】は、キリスト教に改宗します。

 
こんなんでどうでしょう?
参考になるでしょうか?
 

Q寺山修司の短歌なのですが、『わが拇印むらさき色に濁る日を 断崖にゆく涜

寺山修司の短歌なのですが、『わが拇印むらさき色に濁る日を 断崖にゆく涜るるために』の解釈が知りたいです。わかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

いくつもの嘘に拇印をつきてきしわが親指に濁るむらさき
という歌があります。
そこから考えると、世俗の嘘(と思える)の契約で穢れてきた自分の日々は、その穢れ(涜れ)のために断崖を落ちるのがふさわしい、それほど自分の日常が肯定できない、それを叫びたい(というよりは述懐したい)というふうに私は思いましたが、自信はありません。

Q寺山修二の短歌について

”マッチするつかの間の・・・・”の意味を教えてください。

Aベストアンサー

 この「教えてgoo」を検索すれば過去に回答がありますよ。
 でも、自分で一つ一つの言葉をじっくり考えながら読んでいけば、自ずと解るはずです。人に頼らず自分でとことん考えてから、他の人の意見を聞いた方がいいと思います。作品の読み方は人それぞれ違うものです。名作と言われる作品も読み手によってかなり違うと思います。
 例えば俳句ですが
   阿部完市(漢字が違っているかもしれません)
    炎天に僧一人降り岐阜羽島
   という俳句の解釈で論争があったと記憶しています。「岐阜羽島」を新幹線の駅のみに解釈していいのかということです。結論はどうだったか記憶にありませんが、かなり論議がありました。私はどちらでもいいと思っていますが。ある時は新幹線、ある時は単なる地名という具合にその時の気持ちで読むということです。食べ物と同じです。
   
 しかし、言葉の中にない意味をねつ造してはいけません。マッチならマッチという言葉をどう捉えるか人それぞれ違います。例えばある人はそれから「マッチ売りの少女」のことがイメージとして出てくると思うのはあり得ることですが、太陽をイメージするとすればそれはちょっと行き過ぎです。マッチはすぐ消えてしまうものだからです。言葉は重層的なものです。でもその言葉の層にない意味を読みに使ってはならいのです。それさえしなければ自由に読んでいいと思います。

 この「教えてgoo」を検索すれば過去に回答がありますよ。
 でも、自分で一つ一つの言葉をじっくり考えながら読んでいけば、自ずと解るはずです。人に頼らず自分でとことん考えてから、他の人の意見を聞いた方がいいと思います。作品の読み方は人それぞれ違うものです。名作と言われる作品も読み手によってかなり違うと思います。
 例えば俳句ですが
   阿部完市(漢字が違っているかもしれません)
    炎天に僧一人降り岐阜羽島
   という俳句の解釈で論争があったと記憶しています。「岐阜羽...続きを読む

Q寺山修司の・・・

こんばんわ☆
最近寺山修司にはまりました。寺山修司少女詩集を読んだのですが、その中にある
「なみだはにんげんのつくることのできる一ばん小さな海です」
というのが好きです。これを読んでいてふと思ったのですがこの詩にある海とはいったいどういうものを表しているのでしょうか?みなさんはどう考えられますか?

あと、海に関するおすすめの詩やおすすめの詩集(海以外でもOKです!)などないでしょうか?あれば教えてください。


よろしくおねがいします♪

Aベストアンサー

寺山さんの言葉にはとてもかっこいいものが多く、
私もその『一ばんみじかい抒情詩』は好きなもののひとつです。
小さいものと大きなものの対比が面白いですよね

野暮を承知で言うなら
人間の遠い祖先は魚だったらしく
かつては海から生まれ水中に暮らしていたとか。
そのなごりで、人間の涙と海水はとてもよく似た成分だとか。
母の胎内の羊水も海水に似ているそうです。
寺山さんの作品には「母」にこだわったものも多く、
この詩の海も、母なるものの象徴でもあるでしょう。

寺山さんの海と言えば
ちょっとさびしい時にだまってみつめる海・・・

『猫の航海日誌』もおすすめです。

Q人間関係を主題にした本

「マリア様がみてる」(コバルト文庫)にはまった者です。「マリア様がみてる」のように人間関係を主題にした小説、またはマンガを教えてください。

Aベストアンサー

追加

「海がきこえる」氷室冴子

高知を舞台に、東京から転向してきた女子高校生と友情との
間に揺れる男子高校生の物語。


「王城の守護者」司馬遼太郎

一途な大名と天皇への忠節です。マリ見ての様な内面の描写
ではなく、司馬遼太郎の観察的人間関係が主体の絆を描いてます。

ところで、マリ見て以外の今野作品は読んだのでしょうか?

Q寺山修司さんの作品で

記憶がおぼろげなのですが、寺山修司さんの作品で
『人は不完全な死体として生まれやがて完全な死体に返るのだ』
といったような言葉を含むものがあったと思います。
この作品のタイトル、収録されている本を教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。

思潮社の方は自信なかったのですが、今、ちょっと調べましたら、下記の「墓場まで何マイル?」に遺稿として掲載されているようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894561840/qid=1120701029/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/249-6593992-2789139

Q「家族」主題の短編ホラー小説探しています。

大学のゼミで、ホラー小説と家族との関わりについて分析しています。
手軽に読める長さのホラー短編・ショートショートで、何か良いものは無いでしょうか?
話の要素として、家族がキーワードとして絡んでくるものが良いです。

Aベストアンサー

同じく角川ホラー文庫で、「ラストファミリー」 森村 誠一
はいかがでしょうか

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4041753562/503-3969350-7603135?v=glance&n=465392


人気Q&Aランキング

おすすめ情報