『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

(※書いてる人一応日本人です)日本人は嫉妬や他人への批判が多く、人をほめないと言いますか世界的にみて本当にそうでしょうか?昔から、自己啓発本などでドリームキラーの存在や、日本人の特に金持ちに対するやっかみなどが多いと言います。対象的にアメリカなどは金持ちやヒーローを礼賛し、その手の批判はほとんどないと言ったような論法で言われています。だから金持ちはシンガポールやその他の国に逃げていく、ともいわれています。

本当に日人本は世界でも類を見ないほど人をほめず、嫉妬ばかりしている民族なのでしょうか?私自身も当然嫉妬する気持ちなどはありますが、海外をほとんど知らないため、彼らがそういうことで本が売れ、講演席が満杯になるための論法のような気がします。

海外在住の方、海外事情に詳しい方の肌感覚をご教示いただけたら幸いです。

A 回答 (6件)

まず、質問者さんの解釈の問題なのか、本の書き方の問題なのかは知りませんが、「アメリカやシンガポール」=「世界」ではありませんよね。

ただ、ひょっとしたら、おっしゃっていることは、日本のいわゆる"横並びを好む"という傾向についてではないでしょうか。

昨今でこそ「多様性」が叫ばれてはいますが、日本は長いこと、クラスの全員が同じ内容の授業を受け、年功序列で出世し、一律にボーナスを得るような社会を享受してきました。反面、米国は資本主義社会の典型で、能力主義でもありますので、学校ではレベル別に班や授業を分けることで、一芸に秀でた生徒がますます伸び、遅れている子は丁寧に見てもらう傾向があり、社会においても、儲ける能力のある人が存分に儲けることを可能にしている傾向があります。シンガポールについては詳しくありませんが、シンガポールもアジアの中でとりわけ安定した資本主義社会を長く享受してきました。

そういう国では儲ける人を後押しする風土やシステムが充実しているわけですから、儲け方が上手な人はそこへ「逃げていく」傾向が確かにあるのかもしれません。また、儲ける人を後押しする風土というのは、具体的には褒めて伸ばす風土でもあります。

しかし、そういう国々では、儲ける人が多い分、落ちこぼれる人も激しく落ちこぼれます。また、同じ資本主義社会でも、英国は金持ちに対して重税が課せられることで有名で、ゆえに有名人はフランスや米国に「逃げていく」ことが、少なくとも過去には少なくありませんでした。そしてロシアやベトナムといった、いわゆる共産圏では、社会制度ゆえに極端な大金持ちは今も生まれにくいです。さらには、今は欧米の多くの金持ちが、日本に来て投資などでさらに儲けています。したがって、「海外にいたほうが金持ちには必ず得」というわけでは全くありません。

一方では、日本は謙虚さや人との距離を美徳とします。ハグなどで赤の他人と触れ合う文化は欧米のみならず、中東や、アジアにも広く一般にありますが、日本では、比較的、希薄です。とりわけ日本の首都圏では、通りすがりの赤の他人の服を褒める人は稀ですし、良くも悪くも感情を表にはあまり出しません。それに比べると、米国人は、まったく知らない人に向かって「あなた、美人ね!」とか「そのワンピース、似合うよ」と言います。しかし、私の経験では、大阪の人など、日本の一部の地方の人にもそういう傾向があるように感じます。また、首都圏でも、見知らぬ赤ちゃんを「かわいい」と口にして褒める人は多いと感じます。

それから、オープンな雰囲気が成り立っている場では、嫉妬や批判が「陰口」になりにくいです。たとえ負の意見であっても、理性を持って相手にそれを伝えることで、お互いの改善に向けての大人の議論に発展しやすいからです。そういう大人の議論は、国を問わず洗練された地域のほうが成り立ちやすいです。具体的にはニューヨークや東京です。とはいえ、そういう都市の中にも、洗練度が低い市民や、そういう風土に慣れきっていない人がいるのもまた事実です。

そういうわけで、地域や人によって確かに差はあるのかもしれません。ただ、「啓発本」や「講演」があるからには、最終的な目標としては「だからあなたも海外に移住しなさい」ではなく「あっちにいる人間にはできていることなのだから、こっちにいるあなたたちにもできるはずだ」ということではないかと想像します。

なお、本題のカテゴリーに話を戻しますと、『クレイジー・リッチ!』などが参考になるのではないかと思います。
https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/03 19:57

帰国子女です。


まず歴史的な背景としては#2さんの意見に同意します。

現実問題として「日本人は世界的見て『もっとも人を褒めない民族』であることは間違いない」と思います。

たとえば多国籍にまたがる会社で人事評価を統一してしまうと、日本とアメリカでは真逆の結果になると言われています。
たとえば5段階で評価すると、アメリカは良い方から一番目・2番目が多く評価され真ん中にある3番目の評価が付けばかなり低いとされていて、日本ではご存知の通り真ん中なら普通、よほど抜きんでていなければ1番目の評価が付くことは無い、といえるでしょう。

ですから世界的な企業では、その地域に合わせた評価基準を使っているのです。

理由については#2さんが書いている通りだと思いますが、欧米では「ユニークであること」がいまでも評価の対象になります。同調圧力は当然にあり、いじめもありますが、日本と一番違うのは「社会にでてからの同調圧力は高くない」ことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/03 19:56

初めて聞きました。

誰がそんな事を言っているのですか。国民性ではなく個人の問題でしょう。
貴方の周囲にそういう人が多いとしても、それは日本人だからと言える根拠はどこにあるのでしょうか。アメリカ人に関しても同じです。

>だから金持ちはシンガポールやその他の国に逃げていく、ともいわれています

シンガポールにはキャピタルゲイン課税、住民税、贈与税、相続税がありません。
無税とは言いませんが、税金に関してはかなり低率なのでお金持ちが住むにはことさら都合がいいのです。
    • good
    • 0

日本人の場合 自分にも厳しいのだろう。


簡単に「俺つえー」みたいなのをやると 「あいつバカなんじゃね?」「自信過剰」「自慢してみっともない」と モラルがない人間に見られる。
「能ある鷹は爪を隠す」をむしろ美徳としている。

自分を褒めないのだから 他人もめったに褒めない。
やたらに褒めると「あいつは愛想ばかりが良い」となるし 褒められるのに慣れてない者が天狗になってポカしたりすると「ほら見たことか お前のせいだ」と指を刺される。

もともと農耕民族で 協力こそ宝 が身についてるから 「出る杭は叩かれる」を嫌い 金持ちの多くは他人を抑えて富を奪う者が多いので これを「悪」としがち。
能力があって評価される 野球選手やテニスプレーヤーなどは 「これらは違う 努力して磨いてこうなった者たち 当然」と こうなる。

しかし 「もしかして自分に問題があるのでは」と思いがちなので 韓国から「お前が悪い」と言われれば「そうかも」と思い アメリカから「強いのが正しい」と言われれば「そうかも」と思い どこかの本に「嫉妬や批判が多い」と言われれば 「そうかも」と思う。
こうして暫くはウロウロするのだが そのうち「あ やっぱり違うわ 今のままがいいわ」と元に戻ったりを繰り返す。

ここで海外在住の人に「こうだ」と言われれば また「そうかも」と思うに違いない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/02 12:14

褒めないというのはたしかにそのとおりで、たとえば


・ワインの評価法は加点法(よいところを見つけ加点していく)
・日本酒の評価法は減点法(満点から欠点の分の点数を引いていく)
というところにも表れています。

たぶん江戸時代の秩序重視社会から来ているのだと思います。
秩序を重視するなら今あるものの継続でよく、
個人を褒めて抜擢することはかえって今ある安定社会の破壊となります。
もちろんそれだけでは個々のモチベーションが上がりませんから昇進や加増などの褒美はありましたが、
それはちょっとでもミスをしたらたちどころに腹を切ることとの引き換えです。

たぶん戦国のころはもっと褒めていたでしょう。
信長でさえ、佐久間信盛を放逐するとき弾劾文の中でまず光秀、秀吉をほめました。
「それに引きかえおまえは~」
というわけです。
認めるところをきちんと認め報いないと、家臣の心が離れ離脱され、生き残っていけないからです。

で、この場合の世界とは要するに西欧社会のことですが、西欧社会と日本とでは一つ大きな違いがあります。
それは亡国の危機です。
現在でも国境線が変動するヨーロッパを見れば、それは実感できると思います。
ほとんどの国が陸続きで移動に手間がかからない。
しかもヨーロッパ全域でも日本の数倍程度の面積のところにに数十国。
その熾烈さは日本の戦国時代をもしのいだはずです。
その中で生き残っていくには、日本のように秩序重視ではやっていけませんでした。
才能のあるものは取り立て、功を挙げたものは賞賛しないとあっという間に人は去り、他国の餌食となりました。
1人抜きん出たものがいれば、国は数年からの数十年の安泰を得ます。
これほど貴重なものはちょっとないでしょう。

ヨーロッパもローマ共和国の中期までは秩序主義でした。
寡頭制の下指導層全員に指導の機会を与えるために、年功序列が厳密に定められていました。
それを破りうるのは独裁官制度ですが、この任期は長くても半年でした。
もし半年の間好き勝手をしたら、そのあと同僚から袋叩きに遭います。

もっともポエニ戦役後この年功序列制は次第にほころび始め、
カエサルのころにはすっかり形骸化してしまいます。
社会の変化や大国化、制度の動脈硬化、そういうものがマイナスの方向に働き始めたのです。
そのころからローマは何かあると抜きん出た能力を持つものが事態を収める、ということの連続になります。
英雄の時代の出現です。
そしてそのまま帝政に引き継がれていきます。
ヨーロッパに英雄主義が浸透するのはそのころであり、ローマの子を自任する欧米諸国も、その考えを脈々と引き継いでいるのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。歴史的背景もあるのですね。

お礼日時:2019/04/02 12:13

妬みや嫉妬はどの国でもあることです。


日本人が特にそうだとは思いません。
むしろ朝鮮人の妬みや嫉妬と比べるととても謙虚に思えます。
日本には昔から「清貧」という言葉があるようにカネがすべてではないという風潮はあります。
でもだからといって金持ちすべてを軽蔑しているわけではありません。
意地汚い儲け方をしている金持ちを嫌うだけです。
きれいなカネ使いをしている人はむしろ尊敬されます。
海外に金持ちが出て行くのは税金対策もあるかもしれませんね。
日本の税制では金持ちに厳しく高い税金を課していますからね。
その結果もあって日本は世界でも有数の格差の小さい国と見られています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですよね。私も何も日本だけじゃないと思います。多少国民性でもって差はあると思いますが。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/04/02 12:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴッドファーザーの映画て、な気がテーマですか

ゴッドファーザーの映画て、な気がテーマですか

Aベストアンサー

ゴッドファーザーのテーマは「アメリカに移民したイタリア系家族の愛情と、アメリカにおける地位の歴史」です。

これとほぼ同じテーマなのが「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」です。ただしこちらはユダヤ系アメリカ人ですが・・
(どちらもロバート・デ・ニーロが出ているのが興味深いです(ゴッドファーザー2だけ))

アメリカの移民の歴史は最初にイギリスやオランダなどのプロテスタント系の清教徒がやってきて、農民として畑を耕しつつ信仰を継続する生活を送り、アメリカ独立後だんだん都市化するにしたがって、カソリック系の人々も移民するようになってきました。

イタリア系は移民の数が少なく、ということはアメリカに移民してきても頼れる親戚やイタリア系コミュニティなどが少なく、だからかなり苦労したようです。
 ゴッドファーザーにわざわざ軍人が出てくるのは「イタリア系がアメリカに根付くのに個人個人がもがいた証」なのです。

ということで、家族愛だけでなくアメリカにおけるイタリア系移民の歴史的な物語がテーマです。

Q映画に詳しい方にお聞きします。写真のシーンがある映画のタイトルを教えてください。

映画に詳しい方にお聞きします。写真のシーンがある映画のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

No.1さんがおっしゃる通り、これはテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」のワンシーンです。
ここに写っている女優さんは、イギリスの女優Lena Headey(レナ・ヘディ、リーナ・ヒーディ)です。ドラマの中ではサーセイ・ラニスター役で出演しています。
なお、このドラマはHuluで配信されています。
https://www.happyon.jp/game-of-thrones

Qヒッチコック作品「めまい」について。

「めまい」の最後で、せっかく出会った大好きな女性を死なせてしまう場面が出てきます。

もし、私だったら、恋焦がれていた女性にやっと出会えたし、替え玉だったことも分かったのですから、それで十分で、それ以上に彼女を追い詰めて、彼女を死なせるようなことは決してしない、と思うのですが、ヒッチコックはどうして、彼女を死なせるエンディングにしたのでしょうか?

私には、このエンディングは、もし主人公が普通の人間だったら、とても考えられないような異常な行動であり、とても不自然に思えます。
ヒッチコックともあろう監督が、どうして、そういう普通ならありえない不自然な行動を主人公に取らせたのでしょうか?

主人公が異常な性格の持ち主であった事を言いたかったのでしょうか?
同じ状況を作り出したら、極度の高所恐怖症が治るとでも言うのでしょうか?
そうだとしたら、そんな事は医学的にありえないことだと思うのに、どうしてそんな不自然な行動を描いたのか、理解に苦しみます。

皆様は、どうお考えになりますか?

Aベストアンサー

「めまい」を見たのは大昔なので、データベースのあらすじを読みながら記憶を辿っています。
(以下、ネタバレ)





彼は死なせてはいませんよね。むしろ、キスして和解しています。ところが、彼女が、まったく別の人影に怯えて事故死してしまいます。彼はむしろ、そこで喪失感という地獄にさいなまれます。

ではなぜ彼女は死んだか。それは美しい悪女が死んだ方が耽美だからです。ヒッチコックは耽美派ですから。悪女を生かす作品もありますが、たいていはコメディ仕立てです。

いずれにしても「めまい」がテーマですから、何かに翻弄されて、身も心もくらくらすることを描いた作品です。そして、翻弄するものが美しければ、翻弄されるのも、少なくとも客席から見ている限りは心地好いものだと感じてしまいます。






(ネタバレ、以上)

Qホラー映画のタイトルを教えて下さい。

恐らく70~80年代のホラー映画です。

吸血鬼(もしくは悪魔の生まれ変わり)の若い男性と、恐らく主人公である若い女性が対決するような内容かと思います。主人公である若い女性は長髪で白いパジャマみたいなワンピース?を着用、夜の墓場っぽい場所?で十字架っぽい長い杖を持っていて、それが多少輝いている場面を覚えています。村人たちはすでに全滅か悪側になっていたような感じかもしれません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『魔界からの逆襲』だと思います。
ラストの杖の描写はご記憶のとおりです。

Fear No Evil (1981)

Q古い洋画2本 タイトルを教えてください

1本めは 現代劇 といっても45年ほど以前にTVで観た現代劇
前半の内容をあまり憶えていませんが 旅先で主人公がガイドを雇います
以降をガイドの案内で移動していくのですが 主人公の望む移動先からは
どんどんズレていきます 主人公は不信感をつのらせます
終盤とうとう、わけのわからん荒れ地にまで連れていかれます
ついに激昂した主人公はメスを使って(主人公は外科医です)ガイドの手首
の脈所を斬って
どこへ進めばよいか正直に言え そうしないと、おまえは失血死するぞ
そう迫ります そこでガイドが告げるには
あなたは数年前に、わたしの子を執刀してミスで死なせた これは仇討です
ラストシーンでは ガイドを見捨てて、あてもなく歩き去る医師の姿 それが
画面が引いて俯瞰になって 医師がさまよう荒れ地がえんえんと、はるかに
遠く遠くつづいて 主人公もガイドも助からない結末が暗示されて終わり

2本めは ギャング時代のアメリカが舞台 コメディです
冒頭あたりで裏切り者が処刑される場面 暗殺者が発砲します 撃たれた男
は断末魔に身をよじり、よろめいて部屋のストーブに手をついて あちちっ
さらに後ずさって壁に当たって 壁がペンキ塗りたてだったのに気づき あっ
中盤くらいでしたか銃撃戦で 三人が並んで敵を撃ち攻めますが 三人の中
ひとりだけが拳銃で、あとの二人は長身の銃 並んで撃つときの銃声が
バアーンッ バアーンッ ぱん バアーンッ バアーンッ ぱん
しまいに二人が拳銃の仲間を もう止めろ おまえのせいで気分が出ない
と叱る ラストでは抗争に結着のつく場面で 敵の一人が悪あがきでナイフを
抜くと 味方の男が応じて出した飛出ナイフは1mほどあってビヨーンと開く

2本とも古いし、よほどマイナー作だったのか検索だけでは不明でした
わたしも観たよ、それ知ってるよ という方々がいらしたら助力を願います

1本めは 現代劇 といっても45年ほど以前にTVで観た現代劇
前半の内容をあまり憶えていませんが 旅先で主人公がガイドを雇います
以降をガイドの案内で移動していくのですが 主人公の望む移動先からは
どんどんズレていきます 主人公は不信感をつのらせます
終盤とうとう、わけのわからん荒れ地にまで連れていかれます
ついに激昂した主人公はメスを使って(主人公は外科医です)ガイドの手首
の脈所を斬って
どこへ進めばよいか正直に言え そうしないと、おまえは失血死するぞ
そう迫ります そこ...続きを読む

Aベストアンサー

1:たぶん「眼には眼を」(主演クルト・ユルゲンス フランス映画)
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-1576.html

Q二十年ぐらいまえに土曜日の午後二時ぐらいのロードショーでやっていた映画のタイトル

アメリカ映画(洋画)でした。
主人公が、ジョーブ(?)という知的障害(何かの事故)の人間に、薬を飲ませてそのジョーブはどんどん天才に近づいていく。
最終的に、ジョーブは電話回線の中に入っていって「世界中の電話を鳴らしてやる」ということを実際に行い、映画が終わる。
こんな映画だったかと思います。

Aベストアンサー

「バーチャル・ウォーズ」かもしれません。
こちらでご確認を。
https://movie.walkerplus.com/mv7237/

Q出演者の多くがあまり有名じゃない役者ばかりのオススメ邦画を教えてください。

出演者の多くが、あまり有名じゃない役者ばかりのオススメの邦画を教えてください。

※ 実写です。
※ ドキュメンタリー以外です。
※ 私は芸能通ではないので、少し(最近)有名でも知らない可能性が高いです。
(というか殆ど民放は見ない)

Aベストアンサー

いい作品は、公開時に出演者が有名ではなくても、公開後に評判を呼んで、誰かが有名になってしまうものではありますが、公開時に無名、ということでもよろしければ下記の作品がおすすめです。

『カメラを止めるな!』
最初の30分を我慢して後半を観ると、つまらなかった前半も含めて一気に面白く感じられます。

『誰も知らない』
のちに有名になった柳楽優弥のデビュー作で、ほぼ全編が無名な子役4人を中心に展開します。

ちなみに、なぜそういうものをお探しなのでしょう。意図を補足していただければ、さらに何か思いつくかもしれません。また、日頃、お好きなジャンルやドラマなども補足なさるといいかもしれません。

Q昔テレビの深夜帯で観た洋画のタイトル

ラストシーンしか覚えていませんが、主人公?の老人男性がスーパーのレジでパートをしており(店長か客に酷く怒られていた)、屋根裏みたいなアパートに帰宅後、踏み台に乗って梁のロープで首を吊る(踏み台を倒してぶら下がった足だけ映っていた)という映画でした。観たのは多分15年以上前、ヨーロッパ映画みたいな雰囲気だったと思います。

Aベストアンサー

ショーシャンクの空に
だと思います
質問者さんが見たシーンは主人公ではありませんね
脇役です

Q昭和の映画館って冷暖房完備でしたか?

昭和の映画館って冷暖房完備でしたか?

Aベストアンサー

昭和も長い期間ありまして、質問者さんがいつ頃の昭和を聞いておられるのか次第です。

56才になる親父ですが、子供の頃に見に通った地元の映画館は夏場は蒸し暑く冷房などありませんでしたし、冬場もだるまストーブひとつで空いているときにはかなり寒い思いをしました。
(人気の映画などで人の入りが多いと人の体温で全体が温まる感じ)

平成間際の昭和後期は冷暖房共にどこも快適になってましたね。

Q90年頃のホラー映画のタイトルを探しています。

90年頃金曜ロードショー?で放送だと思います。放映日の13日をかけてのホラー映画だったので、13日の金曜日だと思ったのですが、殆ど街を舞台なのでどうも違うようです。

あらすじは あるアメリカの田舎町に政府関係の中年調査員?が保護施設から逃走した男を捜している。探している男は何かの事件でその街での13日の金曜日に異常な関心を持っていたので必ずやってくると訪れたらしい。
持っている拳銃が馬鹿でかく案内していた警官が驚いていた。
金曜日の夜街で住民を殺しまくった末に現れた男がヒロインに返り打ちにあったのに平気で起き上がって再び襲いかかる
もう駄目だと思ったときに現れた調査員がマグナム?数発で男を射殺して、バルコニーから吹き飛ばす。
調査員がバルコニーから下を覗くと男の死体は無かった。

単なる異常犯罪者じゃなくて、オカルトだったんだとちゃぶ台替えしで印象に残ってます。
タイトル知っておられたらお願いします。

Aベストアンサー

13日の金曜日ではなく10月31日の話ですが、「ハロウィン」シリーズに似ています。
まったく違う作品かもしれませんが…参考程度にどうぞ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
http://hasama.hippy.jp/fpbbs2/01movie/halloween.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング