VAIO PCG883に、Solaris8 04\01をインストールしているのですが
ビデオチップを認識できず、その後手動で選択しているのですが
目的のチップがリストの中にありません。

使用しているビデオチップは
128bit高速グラフィックアクセラレーター
NeoMagic MagicMedia 256AV(NM2200)

になります。

このビデオチップは、HCLでは確認できませんでしたが
どうにかしてインストールしたいので、情報をお持ちの方は
お願いいたします。

# 最悪の場合、CDEの環境はなくてもよいので、OSだけの
# インストールでもかまわないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NM2200に対応するためのSolaris8用パッチはまだ出ていないようです。


VGAモードでインストールしておき、後で、XFree86を入れてはいかがでしょうか。XFree3.3.6、4.1.0では、NM2200に対応しているようです。
http://www.xfree86.org/4.1.0/Status21.html#21

この回答への補足

ご回答誠にありがとうございます。

とりあえず、VGAモードでインストールを続けましたが
一回目の再起動で、うまく再起動ができません。
原因?として考えられるのが
・4GB HDDを11GB HDD として誤認識している。
・boot Patitionが認識されていない?
等々の原因では?と思っております。

また、インストールしているハードがノートPCで
しかも、NICがPCMCIAのカードになり、OSが入っても
NICを使用できない環境になってしまいます・・・
これではどうしようもないので、PCMCIAをサポートした
LINUXをインストールし、その上でVMwareをインストールし
その後、Solaris 8をインストールしようと思います。

# ご認識や、アドバイス等がありましたらご教授ください。

以上です。
ご回答ありがとうございます。

補足日時:2001/07/30 15:39
    • good
    • 0

私がx86にインストールした時は、


「SOLARIS 8 INSTALLATION」のCDからはインストールできませんでした。(Web StartとかいうInstallをしようとしてXを立ち上げて落ちる)

「SOLARIS 8 SOFTWARE 1 OF 2」のCDで立ち上げて普通にやると 昔ながらの Motif ベースのインストーラが起動してインストールできました。
コマンドラインからのインストールも出来るはずですが、私はわかりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVAIO PCG-C1 への Vine Linux インストール (CD-ROM無しで)

調べたところ、FDからのInstallは、FDがUSBの為出来ないということでした。その為、HDDからInstallをしようとしているのですが、途中でKernal panicを起こして停止してしまいます。何が原因で停止しているのか、残念ながら今の私の少ない知識では判断しかねております。

どなたか、原因がわかる方、そしてもし、回避策をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご助言いただけませんでしょうか?

試した手順は下記の通りです。VAIO PCG-C1にLinuxを
インストールした方のサイトを見つけて、まねして実行してみたものです。

1.空きエリアの作成
1-1.デフラグ
1-2.PartitionMAGIC にてCドライブの分断
領域 状態 種類 Mバイト システム 使用
C:1 A PRI DOS 1603 FAT32 52%
2 Non-DOS 1425 45%
3 Non-DOS 71 2%
2.ハイバネ設定変更
2-1.ハイバネファイルの削除
C:\>phdisk /DELETE /FILE
2-2.ハイバネ用パーティションの作成
C:\>phdisk /CREATE /PARTITION
3.VineデストリビューションCD(Ver2.6.0)に入っている
下記ファイルを、C:\loadlinにコピー
「vmlinuz」「autoboot.bat」「INITRD.img」
「LOADIN.exe」
4.「autoboot.bat」の内容を下記のように変更
loadlin vmlinuz initrd=INITRD.img expert
5.DOSモードでPCを立ち上げ、
c:\loadlin\>us(リターン)
c:\loadlin\>autoboot.bat(リターン)
6.なにやらたくさんコメントが出てきた後に、Kernel
panicを起こして停止

前後のコメントを記載します。
-TCP: Hash tables configured(established 4096 bind 4096)
-NET4: Unix domain sockets 1.0/SMP for Linux NET4.0
-cramfs: wrong magic
-Kernel panic:VFS: Unable to mount root fs on 03:01

調べたところ、FDからのInstallは、FDがUSBの為出来ないということでした。その為、HDDからInstallをしようとしているのですが、途中でKernal panicを起こして停止してしまいます。何が原因で停止しているのか、残念ながら今の私の少ない知識では判断しかねております。

どなたか、原因がわかる方、そしてもし、回避策をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご助言いただけませんでしょうか?

試した手順は下記の通りです。VAIO PCG-C1にLinuxを
インストールした方のサイトを見つけて、まねして実行してみ...続きを読む

Aベストアンサー

お節介とは思いますが,いろいろ試して,さらに判明したことがあ
るので追加しておきます.

・Vine-2.6 のハードディスクインストールでは,RedHat-7 以降と
 同様に,ディレクトリツリーではなく,iso イメージを使用する.
 ftpサイトからisoイメージをダウンロードするか,何らかのツー
 ルで,CDからisoイメージを吸い出して,単体のファイルとして,
 コピーしておく.ファイル名は何でもいいみたい(!).

・images/fdless/ 以下にある initrd.img では,fat に置かれた
 iso イメージを見つけられない.確認すると,fat.o vfat.o 等
 の必要なモジュールが含まれていなかった.

・images/fdless/ 以下にある initrd.img では,インストーラー
 を日本語モードで起動できない.

・images/boot.img から取り出した vmlinuz と initrd.img を使
 えば,vfat に置かれた iso イメージを使って,ハードディスク
 からのインストールが可能.
 その際,日本語モードでは「Vine/RPMS 及び Vine/base のある…」
 と,ディレクトリツリーを要求するメッセージが表示されるが,
 これは間違い.無視して,iso イメージファイルがあるディレクト
 リを指定すれば良い.(英語モードでは,ちゃんと「iso イメージ
 のあるディレクトリを指定せよ」と出る)

お節介とは思いますが,いろいろ試して,さらに判明したことがあ
るので追加しておきます.

・Vine-2.6 のハードディスクインストールでは,RedHat-7 以降と
 同様に,ディレクトリツリーではなく,iso イメージを使用する.
 ftpサイトからisoイメージをダウンロードするか,何らかのツー
 ルで,CDからisoイメージを吸い出して,単体のファイルとして,
 コピーしておく.ファイル名は何でもいいみたい(!).

・images/fdless/ 以下にある initrd.img では,fat に置かれた
 iso イメージを...続きを読む

QSolarisへソフトのインストール

Solarisにあるソフトをインストールしたいのですが、インストーラを
起動するとき

Invocation of this Java Application has caused an InvocationTargetException. This application will now exit. (LAX)

というエラーが発生します。何分Solarisについては初心者ですので、
原因がわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか>
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メッセージを読みました。

どうやら、CDEを使わない(コンソールモード)で、GUIベースのインストーラを使うと、このエラーが出るようです。

CDE上でインストーラを起動してみて下さい。

QSolaris CDE環境で24ビットカラーを

Solarisをインストールすると、CDE等は、デフォルトでは8ビットカラーモードで使用することになります。これを24ビットのフルカラーで使用するように変更したいのですが、どのようにしたらできるのでしょうか?
 OpenWindowsデスクトップなら、
・コマンドモードでログイン
・"/usr/openwin/bin/openwin -dev /dev/fb defdepth 24"
として変更可能なのですが、私が知りたいのは、CDE環境で24ビットフルカラーにする方法です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

dtlogin を起動するために、Xserver を動かさなければいけませんが、
CDE には、Xserver の起動スクリプトが用意されています。
そのスクリプトを編集して、オプションを追加してあげれば、24 bit で
起動させることができます。
(PGX などは、m64config で切り替えることができるので、ご利用の
frame buffer をきちんと調べておくのもお勧めです)


# mkdir -p /etc/dt/config
# cp /usr/dt/config/Xservers /etc/dt/config/

してから、

# vi /etc/dt/config/Xservers

で、最下行のエントリを書き換える。

 :0 Local local_uid@console root /usr/openwin/bin/Xsun :0 -nobanner

次のようにする。

 :0 Local local_uid@console root /usr/openwin/bin/Xsun :0 -nobanner -dev /dev/fb defdepth 24

でもって、reboot かければよいです。

dtlogin を起動するために、Xserver を動かさなければいけませんが、
CDE には、Xserver の起動スクリプトが用意されています。
そのスクリプトを編集して、オプションを追加してあげれば、24 bit で
起動させることができます。
(PGX などは、m64config で切り替えることができるので、ご利用の
frame buffer をきちんと調べておくのもお勧めです)


# mkdir -p /etc/dt/config
# cp /usr/dt/config/Xservers /etc/dt/config/

してから、

# vi /etc/dt/config/Xservers

で、最下行のエントリ...続きを読む

QGimp で作った絵をエプソンPM2200Cで印刷する方法

RedHat 7.3 に エプソンのプリンタPM2200Cをつないでいます。
Mojilla の印刷ボタンをクリックするとすんなり印刷できるのですが、
Gimp で作画して印刷をクリックすると設定画面になり、機種の選択を
しなければなりませんが、選択しの中にPM2200Cはありません。
もちろん印刷もできません。

どうすれば印刷できるのか教えてください。

Aベストアンサー

海外で販売したときのプリンタ名が日本のものと違う場合もあります
ので、この URL のプリンタ用で試してみてはどうでしょうか。

参考URL:http://www.linuxprinting.org/show_printer.cgi?recnum=Epson-PM_2200C

QVAIO PCG-C1MRXにWin98とXPを同居させたいです。

PCG-C1MRXにWin98とXPを同居させたいのですが、出来ずに困っています。
出荷状態時やフルリカバリ時、HDDの始めの方?にハイバネーションの
領域が確保されるといった話を聞いたことがあるので、希望としては、
フルリカバリ後にWin98を加えてブート時に切り替えたいと考えています。
市販のツールを使わずにする方法と、いずれさらにOSを追加したくなる
ことを考慮して市販ツールを使用しての方法と両方について知りたいです。

ご存知の方がおられましたらアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>>フルリカバリ後にWin98を加えて
ダメです。FAT32(98ですね)の後でないと、NTFS(XPです)は入りません。
試しに、XP上で98のCDを入れてSEUP.EXEを走らせて見てください。
ダメならゴミ箱です。

XPの互換モードでは動きませんでしたか。
市販ツールが出ていますが万能でもないようです。
見極めが難しいです。

個人的意見ですが、経験から言うと(Me*2000、Me*XP Proで実験済み)
同じPC上でデュアルブートしますと、(同じアプリケーションを共有している場合などに)OS自体が不安定になるようです。
どうしても9x系でしか動かないアプリがあるとか、機器があるとか以外で遊びでやるにはデメリットが大きいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報