はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

40代、50代で 突然死する原因は、何の病気なのでしょうか?
何の病気によって、突然死するのでしょうか?

A 回答 (8件)

心不全、くも膜下出血はストレスが原因です、20代30代でも起こります。

    • good
    • 0

病気になる方は、日ごろの行いです。

身から出た錆です。毎日、その原因を作っている方は突然死することになりますね。気を付けた方がいいですよ。
    • good
    • 0

心筋梗塞とか脳卒中の突然死が多いですね。


私の知人は32歳の若さで心筋梗塞で亡くなりました。
自宅に帰って、バタンと倒れてそれっきりだったそうです。
    • good
    • 0

あと怖いのは大動脈解離や解離性動脈瘤ですね。

    • good
    • 1

オイラの同級生(女性だったけど)10代の娘と喧嘩したときに、クモ膜下出血起こして死んじゃった。


先天性の脳血管奇形があって、脳動脈瘤が破裂したらしい。

でも、まあ、普通に考えると、
癌>心疾患≃自殺>脳疾患
ってかんじかな。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/s …
    • good
    • 0

脳血管疾患、心臓疾患 など



他にも、こんなコラムも
https://gqjapan.jp/life/grooming-health/20160523 …
    • good
    • 1

脳梗塞、脳内出血、心筋梗塞、無呼吸症候群など

    • good
    • 0

脳溢血、心筋梗塞とか。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンが食事で消えたという本を購入しました。 前書きに筆者が医療関係者と話している会話が載っていました

ガンが食事で消えたという本を購入しました。

前書きに筆者が医療関係者と話している会話が載っていました。

医療関係者がはっきり抗がん剤はきかない。

大体は抗がん剤のせいでガリガリにやせ細って衰弱死してしまうから自分がガンになったら抗がん剤をせずクオリティオブライフをとる

という文が載っていました。

ネットではts1のようにいまは効く抗がん剤が出てきたなど目にしたことがありますが、

実際やはり抗がん剤をしたら寿命を縮めてしまうのでしょうか?
医療関係者が出版許可された本の中で抗がん剤の種類の有無もとくに言わず一概に効かないというということはやはり効かないのでしょうか?

70のガンが三箇所ある父が明日から通院で抗がん剤治療を始めますが全力でまだ始めない方がいいと止めた方がいいのでしょうか。

不安でねれません、、。

Aベストアンサー

僕がここに書いているのは、あくまで、自分達で見てきた事、経験したことに過ぎませんが、とにかく、一つだけ間違いなく言えるのは、抗がん剤治療は、いかに体力を温存するかとの戦いだと思って下さい!抗がん剤に耐えれるだけの基礎体力だけは無くさないように、日頃から気をつけて下さいね!僕は母を良く散歩に連れて行ったり、山歩き等を行い、基礎体力を維持させています。コレが正解なのかどうかは分かりませんが、やはり、いざという時には体力が必要不可欠です、、、僕はそう思っています。

Q大腸癌で、肝臓、播種、腹腔内転移。抗がん剤治療中。丸山ワクチンを兄から勧められている。喘息、大動脈解

大腸癌で、肝臓、播種、腹腔内転移。抗がん剤治療中。丸山ワクチンを兄から勧められている。喘息、大動脈解離、抗がん剤治療中アナフィラキシー発作あり。
この状態でどうなんですかね?

Aベストアンサー

一番危険なのが大動脈解離ですね、これは直ぐに手当て(手術)しないと直ぐ死に直結しますからね。
丸山ワクチン今でも購入できますよ、抗がん剤よりは副作用は少ないですからね。丸山ワクチンは本来は結核に対して開発されたのですが、丸山医師が東大の医学部に所属してなかったから承認されなかったらしいですよ、それと蓮見ワクチンと言うのも良いですよ、これは癌に対するワクチンですからね。

Q癌を早期発見するためには、やはり3ヶ月に1回くらいに癌検診に行くべきですか?

癌を早期発見するためには、やはり3ヶ月に1回くらいに癌検診に行くべきですか?

Aベストアンサー

>癌を早期発見するためには、やはり3ヶ月に1回くらいに癌検診に行くべきですか?

真剣に回答しますよ! 「癌を早期発見したいのでしたら、毎月一度は癌検診を受けてください」

これが確実です。

がん検診の目的は、早期発見により、そのがんで死亡する可能性を減少させることです。ただし、多くのがんを早期に見つけるだけでは、その目的を達成することはできません。

それは、がん検診により発見されるがんの中には生命予後に影響を与えない、すなわち死亡原因にはならないものが含まれている可能性があるからです。



死亡を確実に減少させることができるかどうかは、科学的な方法に基づく検証が必要です。そうした科学的根拠のある検診ではじめてがん検診本来の目的が達成できます。

効果があると判断されたがん検診の最大のメリットは、早期発見、早期治療による救命の効果です。



症状があって外来を受診した場合には、がん検診と比べ、進行したがんが多く見つかります。一方、がん検診は症状のない健康な人を対象にしていることから、早期がんが多く発見されます。早期がんはそのほとんどが治り、しかも軽い治療ですみます。一方、進行がんは、臓器によって程度が違いますが、治すことができない場合が多くなります。

がん検診によってがんが早期に見つかるばかりではなく、いわゆる前がん病変が発見されることがあります。子宮頸がんにおける異型上皮、大腸がんにおける大腸腺腫(ポリープ)等がその例です。このような前がん病変は、それを治療することでがんになることを防ぐことができます。実際、検診によりがんを減らせることが、これら2つのがん検診ではわかっています。

がん検診を受けて「異常なし」の判定が下ったとしましょう。多くの人々は「がんがない」ことで安心します。これもがん検診のメリットということができます。


ただし!  ここからも重要な回答ですのでよくお読みください。

癌検診で癌が100%見つかるわけではないのは事実です。

どのように優れた検査でも、100%の精度ではありません。がんが発生した時点から、一定の大きさになるまで検査で発見することはできません。その可能性は、がんの種類や検査の精度によって異なります。さらに、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合があります。このため、ある程度の見逃しは、どのような検診であっても起こってしまいます。



そして癌検診のデメリットには、結果的に不必要な治療や検査を招く可能性があることです。

検診では、本来生命状態に影響しない、微小でその後も進行がんにはならないがんを見つける場合があります。これを「過剰診断」といいます。今のところ、このようながんと普通のがんを区別することはできません。そこで早期に治療することを重点に考えた場合、このようながんにも手術などの治療を行わざるをえないことになります。


次に、がん検診によってがんの疑いがあると判定され、精密検査を行ってもがんがない場合も多くあります。これを検診での「偽陽性」といいます。この「偽陽性」はある程度までは避けようがなく、精密検査を行ってはじめてそれとわかるもので、精密検査をしないわけにはいきません。


早期発見、早期治療のためにはある程度やむをえないことですが、結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。


そして癌検査に伴う偶発症の問題まであります。


偶発症の具体例としては、胃の内視鏡検査で出血や穿孔(せんこう:胃壁に穴を開けること)を起こすものがあります。


極めてまれですが、死亡に至ることがあります。専門の学会の報告では、胃の検査では約1万件に1件(0.01%)、大腸の検査は約1,500件に1件(0.07%)となっています。


またX線検査、CT検査等による放射線被曝によりがんの誘発や遺伝的影響があることも、極めて低い確率ではありますが、否定することはできません。


例示した内視鏡検査では、検査を行う医師の技術向上や機器の改善が進められ、また、放射線被曝についても機器の開発、改善によってその影響を最小限に抑えられるようになっています。ただ、極めて低い可能性ですが、こうした偶発症が起こる可能性も理解しておいてください。


「ただし、とにかく癌を早期発見したいのでしたら毎月癌検診を受けることこそが早期発見に限りなく近づけるほうほうです」

>癌を早期発見するためには、やはり3ヶ月に1回くらいに癌検診に行くべきですか?

真剣に回答しますよ! 「癌を早期発見したいのでしたら、毎月一度は癌検診を受けてください」

これが確実です。

がん検診の目的は、早期発見により、そのがんで死亡する可能性を減少させることです。ただし、多くのがんを早期に見つけるだけでは、その目的を達成することはできません。

それは、がん検診により発見されるがんの中には生命予後に影響を与えない、すなわち死亡原因にはならないものが含まれている可能性がある...続きを読む

Q58歳、子宮頸ガン組織検査でlb1の結果が出ました。これからどう言う治療なされるでしょうか?怖い…

58歳、子宮頸ガン組織検査でlb1の結果が出ました。これからどう言う治療なされるでしょうか?怖い…

Aベストアンサー

ステージ1b1なら早期発見になりますね、健康保険を利用しての標準的な治療はこの様になります。
https://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/treatment_option.html

Qこの画像って、コラージュじゃなくて本物の画像なんですか?! だとしたらかなりまずいんじゃないでしょう

この画像って、コラージュじゃなくて本物の画像なんですか?!
だとしたらかなりまずいんじゃないでしょうか?
https://i.imgur.com/y7KIJhR.jpg

Aベストアンサー

まずいですね。憲法問題ですね。

Q大腸カメラって痛いですかね? 胃カメラぐらい苦しいですか?

大腸カメラって痛いですかね?
胃カメラぐらい苦しいですか?

Aベストアンサー

そんなに痛くはないですよ。
面白いのは、大腸が曲がっているところにカメラが当たる感覚があり、「あ、いまコーナー攻めてるな」っていうのがわかります。

 そんなに痛くはないのですが、その前の準備が大変です。
数日前から大腸内視鏡検査用の食事を取らされ、当日はめちゃ大量の下剤を飲まされては何度もトイレに駆け込み、ようするに口から肛門まで消化器官に何もない状態で挑みます。

そして検査後日常生活に戻り食事を取るわけですが、次のうんこがなかなか出ません(笑)
消化器官空っぽなわけですから。

Qタンポポで花粉症を治しました。4年くらい前まで、花粉症で医院に行ったり、薬局で薬を買ったりしてました

タンポポで花粉症を治しました。4年くらい前まで、花粉症で医院に行ったり、薬局で薬を買ったりしてましたが、3年前からタンポポを食べて、治すようにしました。私の外にもタンポポが花粉症に効いた方はいますか?

Aベストアンサー

花粉症には、β-カロテンを飲みますと粘膜が強化されてどんな花粉でも症状は出ません。私は、サプリで治しています。

Q嫁のお母さんが癌になってしまいました。 大腸ガンでステージ4との診断されて抗ガン剤治療が始まりました

嫁のお母さんが癌になってしまいました。
大腸ガンでステージ4との診断されて抗ガン剤治療が始まりましたが最近急劇な物忘れや日にちがわからなくなってしまいました。
これはどんな状態なのでしょうか?
嫁のお母さんは現在54歳です。

Aベストアンサー

私の母の病院では、全身に回る抗がん剤に耐えれる状態では無い、と判断した時などは、直接患部に、薄めた抗がん剤を投与するなどの工夫を、主治医が考えてくれています、、、抗がん剤は、くすりであり毒でもあります、、、判断の難しいところですが、お母様の様子を見ながら頑張って見てください。くれぐれも、体調の優れない状態の時だけは、たとえ数値が上がっていても、慌てず、予定日を変更してあげて下さい、、、抗がん剤治療は、いかに体力を温存するかの戦いです、、副作用が、今回の様に、キツ過ぎ他にも関わらす、全く変化が見られない時もあれば、また、別の抗がん剤で、ほとんど、副作用も無いのに、かなり大きなヒットを示すことも良くあります。とにかく、、、抗がん剤治療は、トライ&アウトの繰り返しです、いずれ必ずお母様の体質や体調に見合った抗がん剤が見えてくるはずです。頑張ってください。

Q94才 肺ガンステージ4はただ見守るだけですか?

94才になる父の肺のあちこちに影があり、医者からは十中八九悪性だろうと言われました。悪性であればステージ4とも言われました。先生は94才の高齢者に治療したことがなく、抗ガン治療をしても、かえって寝たきりになるであろうと言われました。現在症状がなく、普通に生活ができていれば経過観察をすすめられました。本人はいたって普通に元気で、シャキシャキ歩けるのですが、先生に余命を聞くと、人によって違うが、平均3ヶ月〜半年といわれました。
このまま見守るしかないですか?何か高齢者の身体に負担をかけないで治療する方法はないですか?

Aベストアンサー

抗がん剤は副作用が出ます。94歳と御高齢であれば積極的な治療はかえって体に負担を掛けてしまうと思います。今まで通りに普通に暮らすことが一番だと思いますよ。痛みとかが出てきたら、その時は麻薬などを使用することになります。状態観察や相談、緊急時の対応目的で訪問看護を入れると心強いと思います。

Q癌は 誰でも なりますか?

癌は 誰でも なりますか?

Aベストアンサー

僕は医者じゃありませんが,聞いた話では

・細胞の癌化はすべての人の体内で常に起こっているらしい。
・ただし,それを無効化する働き・抵抗力をすべての人は持っているらしい。だから癌細胞はできては消え,できては消えを繰り返しているらしい。
・無効化できなくても悪性ではない癌細胞はあるらしい。例えばある種の高分化(だったかな)腺癌とか。

のようです。間違ってるかもしれません。で,この抵抗ができなくなって悪性なものが増殖するとまずいということのようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング