あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

能を関連のことわざらしいです。
「愛してい」るなどあえて口に出さなくても
感じで分かる。「べれべれしゃべらなくても人はわかってる」
それを表現するのことわざです。
一カ月ぐらい前の地方新聞の一面の「春秋」
にありました。
何百年前か1000年以上の前か忘れましたが
能で有名な歴史上の人物が言ったことわざです。
文章に使いたいのですが、忘れてしまいました。
よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    皆様早々ご回答くださいましてありがとうございました。
    知恵袋よりレスポンスの良さがいいです。
    重宝しています。
    これからもよろしくお願いいたします。

      補足日時:2019/04/03 11:05

A 回答 (4件)

世阿弥の「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」でしょうか。


https://meigennavi.net/word/002/002673.htm

上記の言葉と「春秋」で検索したらこれが出ました。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/articl …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答くださいましてありがとうございました。
ビンゴでした。
助かります。
早速文章に使わせていただきます

お礼日時:2019/04/03 11:04

能、お能と言われる面をつけて舞う・・・、能の関連・・・・ということですね。


現在では能ある鷹は爪隠す、のほうが一般的なのでは?。
>黙っていればバカも利口に見える
沈黙は金なり、がありますね。
「愛している」アメリカあたりでは、聞いた話では、毎朝いわないと離婚問題にもなり兼ねないらしいが。
日本では、「言ってしまえば過去になる」そんな感覚もあるらしいです。
NO2さんの引用先見ましたが。
>黙っていればバカも利口に見える
こんな説明ではないように思いました、逆は必ずしも真ならずなのに、逆も真なり、と勘違いしています。
    • good
    • 1

ちょっと思ったのですが、



黙っていればバカも利口に見える。

「愛してい」るなどあえて口に出さなくても感じで分かる。
「べれべれしゃべらなくても人はわかってる」
は意味が異なるような気がしますが。

後者は言葉に出さなくても本質は分かってくれる意味と思いますが、
前者は言葉に出さなければ本質をごまかすことができる意味のような気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答くださいましてありがとうございました。
前者は言葉に出さなければ本質をごまかすことができる意味
鋭い指摘だと存じます。

お礼日時:2019/04/03 11:31

無為不言=ブイブゲン    何もしていなくても、何も言わなくても全てがうまくいくこと。



これかな〜
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこのブラックジョークに意味を教えてください。 母親「お前は本当に悪い子だね。父さんなんか態度がよくて

このブラックジョークに意味を教えてください。

母親「お前は本当に悪い子だね。父さんなんか態度がよくて刑期が2週間も短縮されたんだよ」

Aベストアンサー

子供に父親を見習えと叱っているが、
そもそも父親だって犯罪者(さらに上を行く悪い子)というジョークですね。

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q重複はジュウフクと読むけど、慎重はシンジュウと読まない。なぜ?

ほんの思い付きの疑問です。

重複は「じゅうふく」という読みがほとんどOKになり、辞書にも載っています。
しかし、慎重を「しんじゅう」と読むのはほとんど聞いたことがありません。
誤字変換が多いIMEの漢字変換でも出て来ません。

「リストに重複がないかどうか、慎重にチェックしてください」を「ジュウフクがないか、シンジュウにチェックして」と言ったら、「シンジュウ?」と聞き返されるかもしれませんが、ジュウフクはおそらく見逃されます。

同じ「重」の読みなのに、なぜ変わるものと変わらないものがあるのか?と疑問に思いました。

ジュウフクは「重はジュウと読む」という固定観念からジュウフクに変わったのだと思います。
ならば、なぜ、慎重はシンジュウと読み間違えられないのか?

時の流れによって変わる言葉と、変わらない言葉は何がちがうのでしょうか?
それとも、慎重も、20年後にはシンジュウになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>学校のテストで、重複をジュウフクと書いても×にならなくなったのはいつ頃からでしょう?

良く分かりませんが、平成13年版の辞書には「ジュウフク」でも OK になっていますね。
私が学校で習った当時は「重箱読み(ジュウバコヨミ)」と云って、NG の代表とされていました。

本来の 日本語は、
「重(ジュウ)」は、主に「おもさ」を表す言葉に使います。
「重(チョウ)」は、主に「かさなる」の意味に使います。

普段使う言葉で「重」を「チョウ」と読むのは、「慎重」の他に
「重宝」「丁重」等がありますね。
尚、「自重」は、「ジジュウ」と「ジチョウ」では 意味が違いますね。

Q敬語は人と人の間の壁を作っていますか

日本語を勉強中の中国人です。最近、敬語はちょっと嫌になりました。日本人の秘書さんの言葉遣いは敬語がばっちりですが、冷たいと機械のように感じております。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「壁」とは区切りや境界のことですよね。その意味では敬語は人と人の間に上下の区切りを付けるのですから確かに壁です。
敬語は日本の文化に由来するものだと思いますので、特に仕事の上では粘り強く学ぶ以外はありません。ただ、付き合いが深まるにつれ、言葉遣いの上でもこの壁をむしろ取り除こうとするのも良くあることです。しばらくの辛抱かと思います。
ただ事務的メールと言うことであれば、対面ではないので丁寧な表現を維持する必要はあると思います。これはどの言語も同じです。

Aベストアンサー

「素直に応えて欲しい」
あれこれ考えすぎずに答えて欲しい、という意味。
嘘をつこうとする場合も、あれこれ考えすぎるものなので、嘘をつかないように、という意味で「素直に」と言う場合もあります。
ただ、単に「難しく考えすぎないで」という意味で使う場合もありますので、常にそうだとは限らない。

「正直に応えて欲しい」
こちらの意図は明白で、嘘を言わずに答えて欲しい、ということ。

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q病気しました?

皆さん、
私は日本語の学習者です。

「病気になりました」と「病気にかかりました」がわかりますが、「病気しました」は正しい言い方ですか。例えば、「私は病気しました」。
ググったら、「病気した時に...」しか出てこなかったから、もしかして「誰々病気した」と言わないですか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1970年代に「○○する」という表現が流行しました。お茶する、映画する、などですが現在はあまり聞きません。また日本語の「する」は「名詞+する」の形で名詞を動詞化することが簡単にできます。その安易な流れで、「病気する」という表現もあるのかも知れません。
検索すると「病気やけがをする」という表現が見つかります。いかにも「病気」も「する」と言えそうですが「けが」に引きずられて「する」が使われたものと思います。
「誰々病気した」は、意味は分かりますが使うべきではありません。通常は「~になる・~にかかる」が日本語として正統です。

Q「“におって”いただけますか」は、通常使う言葉ですか?

先日、テレビで、50代くらいの男性が、インタビューアに器の中の竹の微粉末を差し出して
「におっていただけますか」と声を掛けました。(もしかしたら、聞き間違いであるかもしれませんが)
この場面で、私なら、通常は「嗅いで頂けますか」とか「香り(匂い)を嗅いで頂けますか」と言う、と思います。
質問は「“におって”いただけますか」は、通常使う言葉ですか?

Aベストアンサー

方言
匂いをかぐ。《におう》京都府葛野郡631島根県725岡山県真庭郡747広島市785山口県729山口市791徳島県811高知県864熊本県天草郡936大分県941鹿児島県種子島054《にゆう》大分県大分郡・大分市941《におぐ》京都市621大阪市638

しかし、実は他動詞としての用法もあったわけです。
【二】〔他ハ四〕
(1)香りを発散させる。
*古今和歌集〔905〜914〕冬・三三五「花の色は雪にまじりて見えずともかをだににほへ人のしるべく〈小野篁〉」
(2)匂いをかぐ。かぎわける。   ←◎
*俳諧・続寒菊〔1780〕「徳利匂ふて酢を買にゆく〈芭蕉〉」
【三】〔他ハ下二〕
美しく染める。におわせる。
*万葉集〔8C後〕一六・三八〇一「住吉の岸野の榛(はり)に丹穂所経(ニホフれ)ど匂はぬ我や匂ひて居らむ〈作者未詳〉」

関西語は古い伝統を守り続けていて、それが現在では「方言」と見なされていることになります。

Q元号について

新元号が令和に決まり、その説明などを聞いているのですが、意味が全く分かりません

万葉集から取るのは分かったのですが、取ってる部分がなんでそこなの?と疑問に思います。

なんで、令月とか言う季節と、風和らぎの和なんですかね??

一文取るなら、そこの象徴的な部分を使うと思うのですが。。

これが奥ゆかしさってやつなのですか?一回り回って意味不明に感じます。

これまでの元号の選ばれ方おしえてください

Aベストアンサー

一度も使われなかったのには、それだけの意味があります。過去の元号の出典は明らかでないものも多いようですが、おそらく今回初めて、日本の古典から言葉を取るという意向があったようです。そこで「万葉集」と言うことになったのでしょう。しかし、万葉集の中心はあくまで和歌です。その和歌に当てられた漢字が「万葉仮名」です。その意味とはほとんど名前どおりの仮名です。(ほとんど表音文字)今回の出典は、歌の内容について書かれた漢文の中から取った漢字です。そういう形でしか元号に使う漢字(表意文字)が見つけられなかったのです。「日本の漢文由来の文字から選ばなければならない」という、選考委員に対する強制に近い意向が支配したと考えられます。日本人が書いた漢詩文も相当数あるのですが。「万葉集」という名前に惹かれたのでしょう。
 「和」については過去の元号に何度も出てきます。(18回)「令」は一度も使われた事がありません。
 私はこの「令」に問題あり、と思います。私の死に当たってこの元号を書かれたくない。
 因みに、明治以後の元号の出典を書いておきます。

明治(めいじ)〔相当西暦年〕1868~1912(明治時代)〔天皇〕明治〔改元理由〕即位による〔改元年月日〕慶応(けいおう)4年(1868)9月8日明治と改元、明治45年(1912)7月30日大正(たいしょう)と改む
 〔出典〕『易経』説卦(せっか)の「聖人南面而聴天下、嚮明而治」、『孔子家語(こうしけご)』巻5帝徳の「長聡明、治五気、設五量、撫万民、度四方」による〔勘申者〕不明

大正(たいしょう)〔相当西暦年〕1912~26(大正時代)〔天皇〕大正〔改元理由〕即位による〔改元年月日〕明治(めいじ)45年(1912)7月30日大正と改元、大正15年(1926)12月25日昭和(しょうわ)と改む
〔出典〕『易経』臨卦(りんか)、彖(たん)伝の「大亨以正、天之命也」などによる〔勘申者〕不明

昭和(しょうわ)〔相当西暦年〕1926~89(昭和時代)〔天皇〕昭和〔改元理由〕大正天皇の崩御、裕仁(ひろひと)親王の践祚(せんそ)による〔改元年月日〕大正15年(1926)12月25日昭和と改元、昭和64年(1989)1月8日平成(へいせい)と改む
  〔出典〕『書経』堯典の「百姓昭明、協和万邦」、『史記』五帝本紀の「百姓昭明、合和万国」による〔勘申者〕不明

平成(へいせい)〔相当西暦年〕1989~ (平成時代)〔天皇〕今上〔改元理由〕昭和天皇の崩御、明仁(あきひと)親王の践祚(せんそ)による〔改元年月日〕昭和64年(1989)1月7日改元を公布、翌8日施行
〔出典〕『史記』五帝本紀の「内平外成」、『書経』大禹謨(たいうぼ)の「地平天成」による〔勘申者〕不明

一度も使われなかったのには、それだけの意味があります。過去の元号の出典は明らかでないものも多いようですが、おそらく今回初めて、日本の古典から言葉を取るという意向があったようです。そこで「万葉集」と言うことになったのでしょう。しかし、万葉集の中心はあくまで和歌です。その和歌に当てられた漢字が「万葉仮名」です。その意味とはほとんど名前どおりの仮名です。(ほとんど表音文字)今回の出典は、歌の内容について書かれた漢文の中から取った漢字です。そういう形でしか元号に使う漢字(表意文字...続きを読む

Qこの画像の文章、おかしくないですか? 「忘れられた」が正しいと思いますが、どうして「忘れた」なのでし

この画像の文章、おかしくないですか? 「忘れられた」が正しいと思いますが、どうして「忘れた」なのでしょうか?

Aベストアンサー

船を擬人化した表現ではないですか。
船自身が自分の意思で進むことを忘れたような、と言いたかったのでは。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング