最新閲覧日:

 私はピアノをやっているのですが、
 
 発表会では緊張して思いどうりに弾けません。
 
 他にも、大勢の人の前に立ち、しゃべると
 
 いつもと声が違います。
 
 手に多くの汗をかいたりします。

 どうやれば緊張のプッレシャーから
 
 さけられますか?

A 回答 (3件)

こんばんは。


私も以前楽器をやっていましたが、発表会では度を越す緊張のために、今はやめてしまいました。
「度を越す緊張」というのは、まず発表の曲調を忘れてしまいます。出だしがどんなだったか、から、どんな曲だったか、と始まって、結局思い出せずに、順番を待っている次の人に、この曲の出だしがどんなっだたか質問して、すごく変な顔をされたこともあります。
こんな私ですが、今は人前で話しをすることができます。
そのテクニックをお教えしますと、難しいことはないです。「自分が緊張してしまうタイプ」なのだから、徹底的に人前にでるのです。発表会が近いなら、家族や、友人を招いて演奏する。テープにとってだれにでも聞いてもらう。「人前に出ることが苦手」なのですから、なにかにつけて人と話しをします。
こうした事は一見荒療治のように見えますが、私がいいたいのは「要するに慣れ」ということではありません。
そうではなくて、「人間誰でも、人前に出れば緊張するし、ましてや発表会ともなれば、なおさらプレッシャーになる」ことを体験として知っておくことが大事なのです。
人前では、みんなが同じように緊張するのです。ということは、そういう経験が多い方が緊張の度合いが感覚としてつかめるようになり、そのうちコントロールできるようになってきます。そうすると「ここはもう少し緊張感を出そう」とか「ちょっと興奮し過ぎだな」とかその場に合った緊張感を演出することもできます。
ちなみに私はそれを完璧にできる訳ではありませんが、意図的に場数を多くした結果、そうした感覚をつかめるようになってきました。
説教みたくなってしまいましたが、non-naさんが「緊張のプッレシャー」を楽しむ日を迎えることを期待しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
変じが大変遅くなり、申し訳ございません。
最近は積極的に前に前にと…。
だんだん慣れてきたような気がします.

ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/15 11:29

私もです。


私は吐き気とめまいが・・・。(笑)
とまぁ、のどもと過ぎればで、冗談ぽくかいてますがそのときはほんとに気分悪くて無意味に泣きそうになります。
そして初めて会う人に対して声がかわります。(猫かぶりとよく言われますが)

これは私の場合は自分に自信がないこと、いいかっこしなことの二つのせいだと最近気づきました。
自信がないので飾りたがる、かっこ悪いことはできないから失敗するんじゃないかと必要以上に不安になることが理由みたいです。

でも、私も解決策は見つかってません。
ただ、ひとついえるのはあなたの年齢がわかりませんが、私は今22です。
昔よりは自分に自信が付きました。
そういう緊張とプレッシャーを感じることで成長しているのかも知れません。

自分を信じていい演奏をしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
変じが遅くなり申し訳ございません。

最近はなれてきたみたいです。
プレッシャーってなんなんでしょうね…。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/15 11:30

ああ、わかります。

自分とかも緊張するとしゃべる声が違うとか言われます。やっぱですね、それを直す為には「慣れ」が必要です。でも、なれろとか言われても無理っぽいですよね。某番組「ある○る大辞典」で呼吸の仕方で克服できるとか聞いたことあります。呼吸の仕方はよく吸って、よくはいての繰り返しです。ポイントなのは、常にまいにちそれを続けることらしいです。他には、もう開き直るとかもあるけど、これは結構いいですよ。開き直ればかんでも、気にならなくなります。しかしピアノについては、ミスるってわけにはいかないですよね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうごいました。
お礼が大変遅くなりまして申し訳ございません。
最近「慣れ」って大事だなぁと思うようになりました。
今まで前に立つ事は控えていたのですが、なるべく
出ようとするようになってからあまり緊張しなくなりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/15 11:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ